TOP幼児教育について個性を認め、個性にあった教育を「ありがとう、フォルカー先生」

個性を認め、個性にあった教育を「ありがとう、フォルカー先生」

ありがとうフォルカー先生

今朝、1年前に東京に引っ越した☆ちゃんのママから

久しぶりに電話がありました。

☆ちゃんは発達に問題があったので以前から療育施設にも

通っていましたが、小学生になると今まで受けていた

支援が全て切られて通級指導施設で30名もいるクラスで

月に1回1時間だけの支援しか受けられないそうです。

☆ちゃんのママのお話では、そういう子がとても多くて

通級指導施設はいっぱいで入るのも大変だとか・・・。


・・・???☆ちゃんの問題というよりも、教育のシステムや

大人の問題が大きいのではないか?!と私は思います。

発達に凹凸はあるものの、頑張り屋さんで天真爛漫な

☆ちゃんはとても素敵な良い子です。

☆ちゃんのペースに合わせてコミニュケーションをとったり

勉強を進めていけば、全てがみんなと同じにはいかなくても

上手くやっていけるのではないかと思っています。


個性を認め、個性にあった教育とは何か?

大人のかかわりはどうすればいいのか?

上記に紹介した「ありがとう、フォルカーせんせい」

ぜひ☆ちゃんに送りたい本です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |