TOP我慢できるよ! 4歳児Y君の成長記録(4歳8ヶ月)〜苦手を克服できた!〜

Y君の成長記録(4歳8ヶ月)〜苦手を克服できた!〜

未熟児で生まれた為、普通に生まれた子どもさん以上に

大切に大切に愛情いっぱいで育ったY君は

素直で理解力もありとても可愛いお子さんです。

大切に育てることはとても良いことなのですが、

反面、運動面の未熟さ(遅れ?経験不足?)を感じることがあります。

それはどうしてなのでしょうか・・・?

大人側が危険なことに対する禁止事項が無意識に多くなったせいか?

自分の身体機能の未熟さをカバーする為の防衛本能なのか?

原因はいろいろあるかもしれません。

これはY君に限らず未熟児で生まれたという子どもさんに多く

見られます。


今年1月に行ったお散歩会までは、歩道橋の階段を上るのも

怖がっていたY君ですが、それ以降くらいから少しずつ自分自身で

苦手なものにチャレンジするようになってきたそうです。

下記の写真は、自分で机や椅子を運んできて窓に描いてある絵を

触ろうとしているところです。

ユラユラ椅子がして怖いけれども、我慢して用心しながらの

ぼっています。

IMG_0029.jpg

私からのリクエストで、椅子からのジャンプもしてくれました。

IMG_0031.jpg

風船遊びは大ハッスルで大喜びでやっていました。

ロフトベットのはしごは、お友達が上る様子をみて

自分も1段目だけチャレンジしていました。


ママのお話では、数か月前からカーズになりきって

ぐるぐると広い場所を走り回るようになり

最近では低い段差からジャンプができる

ようになったということでした。


Y君の表情、体の動き、声、全身から喜びにみちた

イキイキとした様子が伝わってきます。

こういう発達の節目を一緒に共有させてもらうことは

私にとっての一番の幸せです。



大人側のものさしだけで、子どもの発達をみていたとしたら

Y君は他の子と比べられて、運動面が遅れているからと

早くから訓練を受けて、もう少し早くできるようになったかも

しれません。

しかし、自分で気持ちを調整して苦手なことに向かっていくという

心の成長をするとはなかったでしょう。


多少の遅れはあろうとも、周囲の大人がゆっくりと見守り

ときには励ますことで、子どもは自分の苦手を克服する力が

備わっているのだなぁ〜と改めてY君に教えられました。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |