TOP我慢できるよ! 4歳児どっちが重たい?

どっちが重たい?

CIMG1396.jpg

子ども達の大好きなおもちゃの一つ「はかり」は

ほとんどの子がおもりだけでは足りず

ビー玉や石をお皿にめ―いっぱい入れていきます。

上記の写真の2歳児さんはとにかく入れることに

喜びを感じています。


リボンクラブに入会して間もない4歳の☆ちゃんに

「どちらが重たい?」と質問すると

「こっち」といってためらいもなく上にあがっている

方のお皿を指さしました。

石を入れてお皿が下がる様子を何度かやって見せましたが

下がったお皿の方が重たいということを理解するのが

なかなか難しかったようです。

こういう場合は☆ちゃんに「こっちが重たいんですよ」と

答えを教えるのではなく、まずははかりを使わずに

重たいものを持ったり、軽いものをもったり

体験をしながら重さの体感をするのが大切だと思います。


1歳過ぎた子が重たいものを抱えて歩いたり

2〜3歳の頃に、大きい―小さい、長い―短い、重い―軽い

等の比較をする時期に大人が子どもの興味に寄り添って

一緒にお話をしたり実験したりする等

遊びの中で体感したり、比較を体験した子は

はかりを使って重さを比べたときに、教えられなくても

「重い皿は下がって、軽い皿は上がる」ということが

直観的に把握できのだと思います。











にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |