TOP子どものあそび心理研究所あそびの心理研究所 第2回ジジの連続講座

あそびの心理研究所 第2回ジジの連続講座

昨晩も寒い中、講師のジジさんは熊本から駆けつけ

参加者の方は、家族の協力を得て子ども達を家に残し

全員参加で講座ができました。


学習内容はといいますと・・・

イギリスの小児科医、精神科医、精神分析家であった

ウィニコット(1896年4月7日 - 1971年1月28日)の文章を引用し

聞きなれない言葉に???をいくつも抱えて

普段使わない頭をかなり頑張って使いました~

参加者の方の感想は・・・

「昨日の話は・・・なかなか難しかったですね~

言い回しが難解で、自分なりに噛み砕いて消化するのに

時間がかかりました。ジジさんの言わんとすることは

なんとなくわかるんですが。」



「昨日の勉強会は、すごく言葉が難しかったです。

参加者の方のお話も聞きいて、もう少し仲良くなれると

質問やいろんな話もしやすくなると思います。

ジジさんの具体的なお話ももっと聞いてみたいです。」



「昨日はあまり聞きなれない言葉であったり、難しい言葉

であったり、難しい内容ではありましたが

「プレイング」と「レッスン」の違いなど

「あそび」の本質に触れられたような気がしました。

今までは、「遊ぶ」ことで理解力、表現力や感覚などと

いったものが養われると、結果的な面で考えていました。

しかし、この2回の講座を受けてみて

「遊ぶ」ことは子どもにとって

また人間にとっても原始的なものであるが

より将来的なものであると感じました。


今は、子どもの持つ内なる「興奮」をどうしらた理解できる

だろうかと考えています。」




私達スタッフが何年もかけて勉強してきたことを

一度で理解するのはどう考えても難しいはずです。

少なくとも私は苦戦しましたので・・・

私も企画をした責任としてというか

もっと参加者同士が仲良くなれるといいなぁと思い

別枠で次回のジジさんの講座の前に

事前学習会を計画しようと思っています。

ジジさんの伝えようとしていることは

結果がすぐに見えにくく、つい見過ごされてしまうようなこと

なのですが、とても価値のあるものだと思っています。

今回参加されている方は、すごく勉強熱心で感覚の良い方

ばかりです。

私自身もみなさんから学ぶことがたくさんあります。

みんなでこの講座を良いものにしていきましょう。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |