TOP番外編出会い

出会い

息子「友達が理科の過去問で○○点もとらしたげな!すごいね!」

私「それって塾であったと?あんたどうだった?」

息子「俺、自習室で勉強しよるだけやけん、受けられんやん!」

私「あ!そっか~大変やね。また学校でもあるやろ?」


息子「そうそう!今日電車に乗り遅れるかと思った!」

私「なんで?」

息子「だって○○先生の授業が終わるのが遅くなって

  それから今日勉強したノートを見てもらっていたら

  電車の時間ギリギリになって、危なかった~」

私「そう。○○先生毎日見てくれらすと?」

息子「ウン!そうばい。」

私「ありがたいね~」

息子「そうやね~」



大人から期待されたり、コントロールされることを敏感に嫌い

部活も塾も習い事もすることなく、友達とワイワイしたり

ゲームをしたり、ベースを弾いたり、音楽を聴いて

楽しんでいた息子。

表向きはお気楽に見えても

今思えば本人が一番悩んでいたのかもしれません・・・

何が打ち込めるものが欲しいけれども、自信はないし

自分が何をしたいのか分からない・・・といった感じで

そのことを大人から指摘されるのをとても嫌い反抗していました。

親は無神経に息子の一番辛いところを攻撃してしまう習性が

あるようです。(未熟者です)

こういう悪循環に陥った時は

「家庭内だけで問題を解決することはできない〜!」と

白旗を上げて協力してもらえる第3者を見つけることは

とても大事なことだなぁと改めて実感しています。

息子の場合はたまたま塾の先生で

「基礎学力をつけること、学習する習慣をつけることは

どの高校に行っても大事なことだから頑張ろう。」

という言葉が息子の心に響いたのか?!

息子は先生の言われることはとても素直に聞き入れ

ずぐに実行しているようです。

人との出会いは不思議なものだなぁとしみじみ感じます。

人生のターニングポイントで出会った人の言葉や生き方は

自分のその後の人生に大きな影響を与えます。


仕事の内容ややり方は違っても

個々の子どもを大切にするという意味で

私自身が先生から学ぶものがたくさんあります。


乳幼児期、学童期、思春期と途切れ途切れで

考えるのではなく一つのつながりとして見通しを持って

人の成長を考えていかなければいけないと思います。






















  

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments
2012/01/27
from ジェリー
#- URL
熊本弁のやりとり!目に浮かぶようでほっこりしましたよ~
ブログを読んで、励まされました!
2012/01/31
from レオ
#- URL
私の愚痴?!(笑)

読んで頂いてありがとうございます〜

最近めっきり落ち着いてきた息子

私も親として少しでも成長できていればいいですが。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |