TOP野外活動(続々)山登りの練習~お散歩会~

(続々)山登りの練習~お散歩会~

公園について一人だけ遊具で遊ばずに

走り回っている子がいました。

4才のY君です。

「何でかな?」と観察していると

高い所に登るのが怖かったり、安定感のないシーソーに

乗るのが怖いようでした。

シーソーにはチャレンジしようとするのですが

地に足が着かなくなると不安が大きくなりパニックに

なりそうになったので断念しました。


事前にママからは聞いていましたが、列車の歩道橋を渡るのも

怖がっていました。

しかしY君にとっては一大決心で「ぼく頑張る!」と宣言し

左手は私と手をつなぎ、右手は手すりをしっかり握り

決死の覚悟で歩道橋の階段の昇り降りができました。

語彙も豊かで、知的な面で優れているY君は

部屋の中で遊ぶときに困ることはありませんが

外に出ることで見えてくるものがありました。


Y君の今後の対応は

広い場所を駆け回ることは楽しい様子だったので

無理強いすることなく、高低のあるような斜面での遊びを

多く取り入れてバランス感覚を養うことが大切ではないかと

思いました。

そして、今回階段の昇り降りが出来たように

自分が不自由を感じた時、やりたいと思った時に

「あれ?やってみたらできた!!」という経験を重ねる

ことがY君の自信につながっていくものだと思います。




しかしながら、Y君を含む年少さんの男の子3人は

駅からリボンクラブまでの帰り道は疲れてしまったのか

最後尾をゆっくりゆっくり歩いて帰りました。

3人に付き添っていた娘は「みんな偉かった~!」

「何も文句言わずに頑張って歩かしたね!!」

と関心していました。


大人が心配せずとも子ども達は確実に一歩一歩成長

しています。大人は足を引っ張らないように

気をつけなければいけませんね。


今回のお散歩会は、成長の様子が見えた子

課題が見えた子、いろいろありましたが

私にとっても、子ども達にとってもとても

いい経験になりました。


パパさんママさんご協力ありがとうございました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |