TOPおひさまクラブクッキー作り~失敗したらどうする?!~

クッキー作り~失敗したらどうする?!~

子どもたちの希望でクッキー作りをしました。

みんな熱心に粘土遊びのように作っています~

CIMG0958.jpg


CIMG0960.jpg


CIMG0961.jpg

可愛い~美味しそうなクッキーのできあがり!!

CIMG0963.jpg


2人組みのペアでクッキー作りにチャレンジ!!

私が「順番にバターは湯煎にかけて溶かしてね。」

と言ってちょっと目を離したすきに~

ワーワーとみんなの大きな声が聞こえてきたので

どうしたのかと覗いてみると・・・

5年生ペアの女の子がバターを直接お湯の中に

入れてしまい溶けているではありませんか!

慌ててすくい上げましたが殆ど溶けてしまったバター~


私「クッキー作ったことあるって言ってたじゃない?」

子「だって湯煎にかけるってどうしていいのか知らないもん!」

私「みんないつもはレンジでやってたんだ~」

子「そうそう!!」


私→「5年生」「知っているはず」

子ども達→「やったことある」「誰かが知っている」

お互いなんとなく大丈夫だという思い込みから

失敗にいたってしまったようです。


私も反省しつつ、この失敗を何とか生かそうと・・・

失敗して意気消沈した子ども達と周囲で見ていた子ども達に

「あららら~バターが足りなくなっちゃった~

どうすればいいと思う?」と問題をなげかけました。


周囲で見ていた子は

「自分が失敗したから食べなくていいんじゃん!」(2年生)

「分けてあげる!」(1年生)

「3つを4つ分に分けたらいいよ」(2年生)

「・・・それどういうこと?」(5年生)等々

みんなニコニコ平気な顔をして言いたい放題~

失敗した当事者達はどうしていいか分からない様子。

私が少し意地悪して「バター無いから作れないかな?

・・・レオさん200gのバター2つ買って

100gを3つ使ったから残りがあるかな?

他にも何か方法あるんじゃない?それとももう作らない?」

5年生の女の子達はニコニコしながら

「あ~!レオさんバター下さい。お願いします!」


慌て者の☆ちゃんは、結構こういう失敗が多いよう・・・

反面、明るく天真爛漫でとても素敵な子です。

☆ちゃんが小さな失敗に萎縮せずに

次にどうすればいいかをきちんと考えて行動できる

ようになって欲しいなぁと密かに願っています。



私は小学生の子ども達とおひさまクラブで活動をしていて

感じるのですが、子ども達が失敗をした時に

どうしようか考える時間を大人が奪っているのではないかと

思うんです。

失敗した時、子ども達は大人に頼りきるか、固まってしまうか

のどちらかで、自分でどうしようか考えようとしません・・・

と言うよりも、自分で考えるなんて思いもしていないのかもしれ

ません。

バター事件に関して言うと、大人主導で問題を解決すれば

①罰としてクッキーは作れない

②みんなに分けてもらう

③次のバターを準備してあげる

どんな素晴らしい解決策を大人が準備してあげても

子ども達にとってはどうでしょうか?

「自分で問題を解決する」経験をすることもなく

だた大人の指示に従っただけになってしまいます。



子ども達が本当に身につけるべきことな何なのでしょう?

上手にクッキーを作れること?

大人の指示に従える子?

今一度大人が問いかけられている問題のように思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |