TOP子どものあそび心理研究所物を操作して遊ぶ時期~新幹線玉名駅~

物を操作して遊ぶ時期~新幹線玉名駅~

CIMG0118.jpg

2歳半の☆君は1人で汽車のレールを丸くつなげようと苦戦

少し前まではレールを長くつなげるだけだったのが

先の見通しをもってつなげようと意識が変わってきました。

一緒になんとかレールをつなげると

今度は「トンネルを作る」と言うので

直方体の積木でトンネルを1つ作って見せると

☆君も同じようにトンネルをきれいに並べて

作り出しました。


次に積木を高く積んで駅を作って見せると

☆君の知っている新幹線の玉名駅とピッタリと

重なったらしく

「玉名駅!玉名駅!玉名駅!・・・・」と呪文の

ように唱えながら自分も積木を高く積んで

玉名駅をつくりました。


3月に開通した新玉名駅は何もない田んぼのど真ん中にあって

私から見てもとても高く大きく感じます。

きっと☆君も玉名駅と唱えながら興奮して積木を積む時・・・

高くて大きい駅をイメージして作っていたのでしょう。


この年齢の子は言葉で玉名駅を説明することは

まだできませんが

遊びの中で物を操作して高くて大きな玉名駅を

作ることはできます。


子どものあそび心理研究所のジジは

「2歳前後~物をシンボルとして遊ぶ時期

 4歳前後~音声をシンボルとして遊ぶ時期」

だと言っています。

まさに☆君の遊びの様子は

2歳児さんの物をシンボルとして遊ぶ姿でした。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments
2011/03/30
from 恵子@大牟田
#- URL
レオさん、人形作りお世話になりました!
二人共気に入ってくれたみたいで。
特に長女のツボにはまったみたいです。
名前はうさちゃんになりました。(^-^)/

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |