TOPいや いや! 3歳児壊したり、壊されたり~

壊したり、壊されたり~

IMG_4193.jpg


私がカプラを高く積もうとしていると

勢いよく壊しにくる☆ちゃん(3歳10ヶ月)

「レオさんカプラして~」というので積み出すと

ここぞとばかりに壊しに~

その繰り返しを何度もやりました。


しばらく遊んでからまた「カプラをしよう」と

☆ちゃんが言い出し

今度は自分も作る気マンマンの様子。

一緒にカプラのお家を作りました。

はじめはなかなか上手く積めずにバランスを崩して

壊れていまいましたが・・・

それでも諦めずにチャレンジしてお家を完成させました。

せっかく完成したお家を、事も無げに・・・

お友達が勢いよく壊してしまいました~


☆ちゃんは無言でカプラを手で払いのけて

机から落としてしまいました。

とてもショックで悔しかったのでしょう。



この年齢の子ども達は

作った人の思いや相手が壊されて悲しい気持ちになることを

想像できません。だから人の積木を壊しても

目の前で起きたできごとだけを見て平気で大喜びします。

目的をもって自分で積木を積むようになってくると

途中で邪魔をされたり、壊されたりするととても怒ります。


壊したり、壊されたりする経験を何度も積み重ねて

始めて自分がされて悲しいことは

相手も同じように悲しいんだという認識が

できるようになります。

時間はかかりますが、子どもたちにとって

壊したり、壊されたりすることはとても貴重な

経験だと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |