TOP乳幼児のことばについて語彙と生活体験のバランス

語彙と生活体験のバランス

語彙が多いことは大事なことだということは

言うまでもありませんが・・・

最近・・・???と感じることがあります。


語彙が多く、言葉使いも上手く、よくお話しする子の

見落としてしまいがちなマイナス面があります。

私が子ども達とあそぶ時に気をつけていることは

少し離れたところから(年齢や個人差で声かけは違います)

例えば・・・

ままごとでは「コップは棚の2段目にあるよ」

パズルでは「上と下反対に回してみて」

落としたものを探している時「机の下に落ちているよ」

と言葉で伝えるように心がけています。

日常的にママやパパが家庭の中で無意識に

子どもの手足になってやってあげ過ぎていると

言葉と行動が一致ぜず言葉の意味が理解できない子も

多いんです。



ここで注意しなければいけないことは

子どもの成長とともに親と子の距離間を少しだけ

意識することが大事なことだと思っています。

一心同体
   
少しだけ距離をおく
   
同じく空間でまなざしだけで遊べる
   
同じ空間にいなくても遊べる

子どもとの距離を置くことで見えてくるものもは

たくさんあります。

親が過剰に手を出し過ぎたり、口を出し過ぎたり

し過ぎるとやはり子どもにもいろんな影響がでてきます。

個人差と言ってしまえばそれまでですが

あまりにもバランスが悪すぎると

後々子ども自身が困ることになり

親子関係も難しくなってくることもあります。


語彙の多さだけに目を奪われずに

生活の中で体験することの大切さを

改めて感じています。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:乳幼児のことばについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments
2013/05/24
from はぴ
#- URL
レオさま

こんにちは。過去記事にコメント失礼いたします。
子どもが早く寝たし、主人も飲み会で、コーヒー飲みながらゆっくりブログを拝見させていただいておりました。

ズバリ。私が今、一番心配していたことがしっかり記事になっている〜っ!
感激したのと同時に、さすが!!恐るべしレオさん&リボンクラブ。と改めて尊敬!!

おしゃべり大好きなムスメ。よく話しかけていたとか、絵本を呼んでいたとか、まったく意識していたわけではないのですが、春から未就園クラスに行くようになり、言葉がかなり多いのでは。。。と、レオさんの記事にあるように不安になっていました。

書いていただいていることが、すごくわかるのですが、果たして本当にわかっているのか???
今度のレッスンのとき、もしくはブログでお時間ありましたら詳しく教えてください。

私のまわりのママ(幼稚園のママです)も、言葉が気になっているママでいっぱいです。

よろしくおねがいします。



コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |