TOP幼児教育について子どもの発達障害と情緒障害

子どもの発達障害と情緒障害

子どもの発達障害と情緒障害

最近になって、発達障害への関心が非常に高まってきました。

その一方で、子どもの情緒的な混乱について、十分に注意が

払われていないのではないかと感じることがあります。

発達の凸凹が学校や家庭での生活において

さまざまなトラブルにつながりやすいことは確かです。

しかしそれだけで、対応に困るほどの問題が起きてしまうことは

稀です。

ところが発達に凹凸のある子は、周囲からの低い評価、親からの叱責

ときとしては体罰まで受ける可能性が高くなります。

その結果、自分はダメな子、あるいは悪い子、意地悪な子などといった

自己イメージをもってしまします。

このような情緒的なこじれが子ども側に生じたときに、はじめて

周囲が対応に苦慮するような大きなトラブルへと発展して

しまうのです。

逆に、心理的な問題が最初に生じている子どもの場合も

たとえば、学校に行きにくくなった、友達と仲良く過ごすことが

難しくなったなどの問題が、子どもの発達に必要な経験を

せばめてしまいます。

この状況が長く続けば、なんらかの発達の問題にまで進むことも

稀ではありません・・・

                         (本文より~)




あいち小児保健医療総合センター 保健センター長兼心理科部長の

杉山 登志郎氏は発達障害が注目されて情緒障害が見過ごされている

と危惧されています。

情緒障害とは心の動きのことで

子どもが強いストレスや不安を受け気持ちが乱れた状態で

発達障害と重なって生じることが多く

どちらの障害にも目を向ける必要があるとも言われています。


あそびのアトリエでも以前、診断がどちらともつかない

グレーゾーンの男の子がいましたが

お母さんとしっかり話をし、子どもを受容し

子どもとのいい関係を作ることで

とても良い方向にむかっていき

現在は小学校に普通に通っています。

私達の仕事は診断をしたり障害に対応するという

仕事ではありませんが

基本的には障害があろうがなかろうが

大人だろうが子どもだろうが

人と人が対等に真摯に向かい合って良い関係作る

ことに誠心誠意努力しています。

大人が真摯な気持ちで向かい合えば

子どもは必ずその気持ちに答えてくれます。

言葉でなかなかお伝えすることが難しいんですが

そういう人と人との関係があそびのアトリエで

一番大切にしていることなんです。

そして、子どものSOSの信号に早く気づいて対応することも

大切なことだと考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |