TOP子どものあそび心理研究所もどかしい~

もどかしい~

ゴールデンウィーク中に勉強した

「言語と思考」について私のスカスカの頭で

グルグル グルグルと考えているものの

いざ言葉にしようとすると

なんだか薄っぺらいものになりそうで・・・

具体的な事例で文章にしょうとすると

そう簡単なことではないようです・・・


「母語は大切」「絵本は大切」「あそびは大切」

どれも言葉にすると当然のこと過ぎて

「わかっています。いったいそれが何ですか?」となりそうです




思考と言語が別々のルートを持っていることを

発見したのはヴィゴツキーです。

ウィニコットの「現実的に感じること」とは

対象との関係を取り入れて少しずつ内化していくことだそうです。

表象とはそれらの内化された世界ということ・・・






難しい文章ですが・・・

あかちゃんの成長過程でどの段階から思考し

内的表象世界がスタートするのか

それと言語がどう関連するのか

とても興味深いところなんですが・・・

上手く言葉にできない自分がもどかしい~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |