TOP2018年04月12日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
子どもの成長・発達を考慮した親の対応

様々な子ども達と接していると、それぞれに大なり小なりの問題を

抱えています。大人が子どもの問題ばかりに気がいってしまい

焦ったり、やらせようとしたりすると、子どもの心が傷ついたり

反抗がひどくなったり…大人の対応次第ではますます問題を

悪化させてしまうのではないかと感じることがあります。

かといって問題から目をそらせばいいということでもありません。



心配をしつつも、それよりも日々の生活の中で子どもと心の

通った双方向のコミニュケーションを大切にすることは

問題を肥大化させて、子どもを追い詰めてしまうよりも

大きな成果があると実感しています。

そうした方が、子ども自身安心して自分のペースで成長し

続けることができます。


文字ではありませんが、右の形を左に書き写す課題

5歳の頃に書いたもの。名前もまだ書けません↓

KIMG0616 - コピー

数か月後に書いたもの。名前は出していませんが

名前もしっかりした字で書いています↓

KIMG0617.jpg

文字ではありませんが、1年生になる前には

私が言った言葉をイメージして絵にしています。

「公園にネコさんが3びきいました。あとから5ひき遊びに来ました。

公園にネコさんは何匹いますか?」というお話を絵に描いてくれま

した。数か月前までは、自信がなくて絵を描くのを嫌がっていたの

ですが、こんなに素敵な絵をイメージして描けるようになっている

のに感動しました!ブランコや滑り台、鉄棒、のぼり棒、平均台

等、「公園」と聞いただけで経験したことをイメージし、しっかり

描いています。

KIMG0618.jpg

この女の子は、3歳前後までおしゃべりをしませんでした。

こちらの言葉は理解をしていたので、心配をしつつも

お母さんとお話をして、見守っていました。

原因はおそらく、おばあちゃんが、〇ちゃんがおしゃべりする

のがあまりにも可愛くて、何度も言わせたり、言い直しをさせ

していたことと、自分が苦労をして言わなくても、何の不自由も

なく生活ができていたことだろうと予測していました。

〇ちゃんは幼稚園に行きだすと、とにかくおしゃべりをしないと

先生に何も伝わらないことがわかると、いつの間にか

おしゃべりな女の子に変身していき、お母さんと一緒に驚かさ

れた記憶が鮮明に残っています。


文字も同じで、お兄ちゃんは文字に興味をもつのが

早かったのですが、〇ちゃんは文字も、お絵かきも

他の子がやっていても、「しない!」の一点張りで

全く興味を示しませんでした。

5歳の頃にはじめてチャレンジしてみたものの、すごく

か細い自信のない線で書いたのも印象的でした。

年長さん後半頃になると、いつの間にか、字も絵も

お友達と一緒に楽しんで書くようになっていました。


どんなに小さくても子どもには意思があり、子ども自身の

心が成熟するまで待つことの大切さ。みんなと同じ時期

に同じようにはできないのだなぁと〇ちゃんに教えられました。

仮に無理にでもやっていたら・・・と想像していみると、

〇ちゃんがあんなに楽しくイキイキと公園とネコさんの絵を

描くことはなかったのではないかと思います。


スポンサーサイト

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
新1年生 ようこそおひさまクラブへ!

新1年生には2年生の女の子メインのグループに入って

もらいました。今回は3年生の男の子も来ていて

その子がリーダーシップをとって自己紹介をしてくれました。

2年生や3年生の子ども達は少しお姉ちゃんお兄ちゃんらしく

見えます

3年生の★君が「今日はオレの誕生日!」というと

2年生の女の子数名が「じゃあケーキを作ろう!」と盛り上がり

ました。文字を書くのが苦手な女の子が材料を紙に書き出して

くれました。材料を準備してさっそくスポンジ作りからスタート!

KIMG0588.jpg

ケーキ作りに興味のない子は

オセロ

KIMG0590.jpg


将棋

KIMG0592.jpg

編み物

KIMG0594.jpg

スポンジケーキを焼いている間に生クリームの泡立て

をして、スポンジケーキに飾り付け

KIMG0596.jpg

イチゴはきれいに包丁でカットして飾りつけ

KIMG0598.jpg

きゅうきょ、ケーキ作りには参加しなかった男の子達の

出し物が始まりました。人形劇、手品?!

KIMG0600.jpg


写真は、みんなが楽しそうに過ごしている場面なんですが

この合間、写真に収めていないところではどれだけの

ハプニングがあったことか💦

まずは、「イヤダ!帰りたい!」「レオ キライ!」と言って

大泣きしてくる子(この件についてもたくさん書きたいことが

あるのですが・・・とりあえずは様子だけ)

テーブルにのせていたケーキを落としそうになり、イチゴが

床に落ちて大泣き、いろんな不安と重なって「帰りはパパじゃ

なくてママのお迎えがいい~」と駄々をこねる子、

外でスプレーやペットボトルで水をかけあってふざけて遊ん

でいたのが、水が顔にかかって大泣きする子、

かと思えば、一番心配をしていた1年生の男の子が以外にも

3年生の★君とギリギリのところでじゃれ合ったり、一緒に

女の子に水かけて悪さをして、二人で逃げ回ったり・・・

すごく友情が育っていたりする場面もありました。


波瀾万象の半日でしたが、新1年生達はどうだったでしょうか?

これからおひさまクラブの仲間として、一緒に笑って、泣いて

怒って・・・いろんな経験をしていこうね!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。