FC2ブログ
TOP2018年03月06日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
山登りで感じたこと

33 山登り_180304_0070

子ども達は自然を前にすると、嫌でも現実の厳しさを感じること

になります。凸凹した歩きにくい道、お友達との歩く順番、お腹

がすいても我慢・・・等々、山の頂上に着くまでにはたくさんの

不平不満がでてきます。

年中、年長ともなると、言葉もしっかりしてくるし、出来ることも

増えてきますが、山登りをしてみると・・・あらら~案外みんな

足元がぐらついて転ぶ子が多いこと💦

日常の生活がいかに過保護になり過ぎているかを強く感じ

ます。不安感の強い子や自信のない子は、やはり身体機能も

まだ未熟で転ぶことが多く、又はお友達との関係がスムーズ

いかなかったりするようです。それでも、子ども達は懸命に

山を登ったり、お友達に自分の主張をぶつけたり、不器用な

がらにも、頑張っている姿に感動します。

自然の中で、子ども同士の中で、子どもは切磋琢磨しながら

育ちあっています。今ここだけで問題を炙り出すよりも

子どもの周囲で起こる1つ1つの体験が失敗も含めて

子どもの成長の糧となるよう、大人は見守りサポート

してあげたいものです。
スポンサーサイト

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:感情・情動について
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。