TOP2018年02月05日

「子どもに正しい体内時計を身に付けさせる」(三池輝久先生)「ヒトの行動発達と生体機能リズム」(小西行郎先生)学習会

3日の土曜日はあそびのアトリエのスケジュールを

やりくりして、三池輝久先生と小西行郎先生の学習会

に参加してきました。

お二人の先生の研究に対する熱い思いが伝わる

あっとい間の貴重な時間でした。

三池先生の研究に基づいた睡眠のお話は、何度も

聞くことで実践と結びついてきます。前回三池先生の

お話を聞いた後に、あそびのアトリエのママ達と睡眠の

話を何度も重ねてきました。並行してNHKの子ども応援

キャンペーン「くう ねる あそぶ」の特集では、ときどき

三池先生や小西先生が出演されていたり、あそびのアト

リエに先生方の著書を数冊置いているので、睡眠や

発達障害の話が多角的な視点からできるようになって

きたように感じています。

三池先生のお話を一部抜粋してご紹介します。

●2歳までに睡眠のリズムを整えることの大切さ

●睡眠と発達障害との関係(早期発見できる)

●睡眠のリズム→起きる時間、寝る時間が毎日同じ

●夜間睡眠→遅くても21時までに就寝7時までに起床

●睡眠時間→10時間睡眠、不足した分は睡眠負債になる

●過剰な夜泣き不機嫌の背景には睡眠障害あり、発達障害の明確な予測因子

●生活リズムは生体リズムのずれをもたらす

●体内時計がズレて狂ってしまうと→日中に居眠り・イライラ感・集中力低下・午前中不調で夕方から活気・対人関係トラブル(被害意識)・成績や生産性の低下・交通事故・怪我をしやすい・学校社会から離脱

三池先生は様々な研究や事例から睡眠の大切さを訴えられ

ていますが、現実の社会生活の中でそれを実行するのは難し

いことも理解されてもいます。「具体的にどうするかは丸投げ

ですが・・・」と苦笑されていました。

小西先生のお話は、「赤ちゃん学会」を立ち上げた思いや

今後は研究者の研究が現場の子ども達のために生かされて

いくことを強く願われていました。

私も同感!!こんなに地を這うような研究が何十年となされ

ているにもかかわらず、子どもと向かい合う現場の変わらなさに

苛立ち、何もできない自分に苛立ち、焦りばかりがあります。

なげいてばかりもいられないので、今現実の問題から目をそら

さずいかなければいけません。幸いにもあそびのアトリエとい

う実践の場でダイレクトに子どもやママ達に届けることができ

ます。しかしながら私の頭で理解してお伝えすることはごく

一部💦もっと頭良くなりた~いと苛立ちを感じてます😢

学習会終了後に小西先生に質問をぶつけてみました。

「園や学校から病院に行くように勧められ

すぐに発達障害という病名がつきお母さん達はとても困

惑されていますが…(略)どう思われますか」

「良い先生もいますが・・・すぐに診断を下すような先生は

あまり信用しないほうがいい」とのこと。

私は具体的に「学校から言われて病院へ行き、病院では

一回の受診で診断がつき、言語療法をすることになり…」

と気になる子のお話をすると「診断は子どもさんの一生が

かかることだから慎重にしたほうがいいですよ。

私だったら言語療法よりもOT(作業療法)たPT(理学療法)

の方をすすめますよ・・・」と答えられました。

小西先生のお話では、赤ちゃんは動くことで脳が発達する

とのこと。そういう面から考えれば、言葉よりもまず動作

からでは・・・と素人の私でも理解できます。

それから「セカンドオピニオンも大切です」とも助言してもらい

ました。

セカンドオピニオンという言葉は耳慣れてきましたが、それでも

まだまだ、医者が言う言葉は神の言葉のように捉える親御さん

は多いものです。

小児科でも様々な専門分野があり、まだまだ原因も解明して

いない「発達障害」に関しては、診断基準はあるものの、

かなり個人の主観がはいるのだろうと推測されます。

子どもは、いつも一定ではなく、家庭環境や気分によって

かなり違ってきますから・・・それを考慮しないで診断される

と「?」な診断がつくのだろうと思われます。

小西先生が言われた「セカンドオピニオン」「信頼できる

医師に」といわれても、現場では信頼できる医師とどこ

でどう出会えるのか?手がかりもありません。

きっと、このような学習する場や赤ちゃん学会が

信頼できる人や場の手がかりになっていくのだろうと

思いますが・・・。

学ぶことはいいことですが・・・これを現場で生かさな

ければ、どんなに素晴らしい知識もただの絵にかい

た餅になってしまいます。

私も身を引き締めて、現場で子どもとかかわる大人

として頑張りたいと思います!


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
| Top Page |