TOP2017年05月17日

虹色教室奈緒美先生の記事より~機能不全家族について~

虹色教室の奈緒美先生が興味深い記事を書かれています。

子育てをする中でどうしても向かい合わなければならない

問題ではないでしょうか?

私自身も子育てをする中で「頑張れば解決する」

とか「何をすれば良い」という根性論やマニュアル的なこと

で簡単に解決する問題ではないので、無意識的にも意識的

にも、すごく長くこのテーマと対峙してきたように思います。

興味のある方は是非、奈緒美先生の記事を読んで下さい。
   ↓
機能不全家族について 

私は、娘が生まれてから幸せな気持ちと相反するように

何故かすごく辛くて、不安で(何が辛いかもわからい状況)、

混沌とした中、賢治の学校を主催されていた鳥山敏子さん

のワークショップに参加したり、子ども劇場主催の斎藤君子

さんのワークショップに参加したり、本を読んだり、闇雲に

模索していました。

今考えると、子どもを振り回して本当に申し訳ないこと

をしたなぁ~と反省もしております。

そんな思いを心の片隅に抱えながら、あそびのアトリエの

仕事にたどり着いた私は、子どもの遊びや発達を勉強し

つつも、子育ての根底にある「母子関係」の問題にぶつかる

こととなりました。子どもが何らかの問題を起こすとき

機能的な問題とは別に、心の問題が隠れていることが

多々あります。機能的な問題を更に複雑にしてしまうのが

無意識の中にある心の問題ではないかと思っています。

あそびのアトリエで、子どもの問題行動を考えるときに

いつの間にか、お母さん自身が自分の問題と向き合って

いることがよくあります。親自身が自分の内面の問題を

言語化し自分のこだわりや無意識に気付くだけでも

子どもに対する見方や接し方が変わり、問題行動が

減っていくことはよくあることです。

そういう繰り返しの中で、私自身がお母さん達から学

びました。「あなたもそう思っていたの」「私も同じ」

「大変だったね」という共感の中で、それに関連した

本に巡り合い、私が抱えていたものが少しずつ

整理できたように思います。




私は息子と性格が似ていて、私の一番ダメな部分

嫌いな部分を、息子が鏡のように投影してくれます。

最近余裕があるときは、息子に対して「腹立つわ~」

とイライラしている自分と、「この嫌なところ私に似てる

わ~」と思えて笑ってしまう自分がいます(笑)。

息子は無念にも自分の行きたい大学には合格できず

自宅から大学に通っています。

何の信仰もない私ですが、これも神様が私と息子に

下さった試練だと思いつつ、息子と一緒に暮らせること

は、自分をもう一歩深く見つめなおせる機会でもあり

幸せなことなのかもしれません。

最後は、個人的な話になってしまいましたすみません!






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
| Top Page |