TOP2017年05月

夢中になって遊ぶ!

久しぶりにキュボロを出してみました。

年中さんの男の子達は予想以上にくいつきました!

普段から積木や工作が得意で熱心によく遊ぶ子達

なので、難しいキュボロの積木も、あーでもない、こー

でもないと試行錯誤しながらメキメキと上達!

傍でみていたママ達もビックリするくらい。

IMG_20170527_141111.jpg

積木が足りなくなると、お互いに遠慮しつつも「これ

ちょうだい」とか「かえっこして」という交渉を、大人の援助を

受けながらも、なかなか上手くやっていました。

面白かったのが、見本に私が作ってビー玉を転がしてみせると

ママ達はすごくビックリしてくれたんですが、子ども達は「・・・」

と無反応(笑)。全く関心なしで~す。

自分で手を動かし、考えてできた積木でビー玉を転がし

予想もしないところから玉が転がり出たり、玉が行方不明

になったりすると「おーすごい!」「えーどこ?」と大喜びし

ていました。

IMG_20170527_143924.jpg

その後も二人の熱は冷めずに

カプラのお家を作ったり↓

IMG_20170527_150954.jpg

グリーンランドの水のアトラクションを作ったり↓

IMG_20170527_150946.jpg


終了時間になっても終わらず、立派な工作まで作って

帰りました。すごく充実した時間を過ごしました。


オランダの歴史家ホイジンガは人間の本性は遊ぶことに

あるとみて「ホモ・ルーデンス」(遊ぶひと)という本を書いて

るそうです。(今度読んでみたいと思っています。)

「遊ぶことは考えること」逆に言えば「考えることは遊ぶこと」

こうして遊んでいる子ども達は現代のホモ・ルーデンス?!

大人があれこれ焦らずとも、情緒が安定している子は

周囲の物的環境、人的環境を利用して、遊びながら様々な

ことを学んでいるように見えます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
久々の再会~敏感な子が安定してくると~

あそびのアトリエに赤ちゃんの時から通ってきてくれていた

2年生の〇君と数か月ぶりに会いました。

〇君は小さい時から、とても敏感な子で、あそびのアトリエで

遊んでいる途中からお友達が入ってくるだけでも、敏感に反応

して泣き出したり、ママにしがみ付いて寝たふりをしたり、

少し大きくなると、誰とペアになるのかを聞いて、自分が苦手な

子だった場合は「行かない」とごねたり、幼稚園の1年目では何の

行事にも参加せずにママの傍で見ているだけだったり・・・それは

それは難しい子でした。

反面、遊びだすと年齢上に難しいものにチャレンジをしてとても

落ち着いていました。自分が納得すると、飲み込みも早く、物分

かりもよく、私に対してまでも配慮をしてくれるような子でした。

一番印象的だったのは、〇君がかなり安定をしていた時期

何の心配もいらないだろうと思っていた年長さんの合同

お泊り会。その時何故かどうしても「泊まりたくない」とごねて

お泊り会の当日も夜までメソメソ泣いていました。

親御さんと話し合いなんとか説得をしたのが忘れられません。

そんな、こんないろんなことをくぐり抜け「ひといちばい敏感

な子」を読んだときに一番に頭に浮かんだのは〇君でした。



今、2年生になった〇君はおひさまクラブは卒業をし

野球のチームに入りました。

お母さんのお話しでは、最近では学校のクラスでリーダー

的な存在となり、野球チームでは、素振りやキャッチボール

を自主的に練習して頑張っているのだそうです。

たぶん、小さい頃の〇君をしっている人は想像がつかない

だろうし、ビックリされると思います。

マイコさんが書かれていた息子さんの記事と重なるところが

ありました。→マイコさんの記事

久々にあった〇君の目からは自信に満ち溢れるものを

感じました。でも、どこかまだ可愛らしさも残っていて

「がんばれよ~」とエールをおくりたくなりました。

〇君は周囲の雰囲気や期待を敏感に感じ取ってしまう

子なのでとても疲れるだろうと思います。

まだまだ2年生なので自分をコントロールするのも難しい

でしょう。

〇君のおにいちゃんはおひさまクラブに来てくれているので

今後もお母さんとのお付き合いは続きます。

陰ながら応援していきたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:発達に凹凸のある子
ジジさんのコメントより~1歳児さんの発達を詳しく~

あそびの心理研究所のジジさんからコメントを

頂きました。とても詳しく書いて頂いてます。

ぜひ読んで下さいね↓

IMG_20170522_121723.jpg

IMG_20170522_105944.jpg


1歳2か月の★くんと、1歳7か月の〇ちゃんの行動を拝見していて、興味深く思いました。

★くんは、手に網のようなものを持っていますが、おそらく何かを捕えるものという認識はないと思います。

では、なぜ網を持つのだろう?

古代中国の話のようですが、かって狩猟採集の民族の時代では、未知の土地に移動することは、とても危険が伴っていたそうです。

そこで人々は、魔よけの旗のようなものを持って、探索に出かけたということです。

発達心理学の言葉で言えば「心の杖」ですね。

興味深いのは、その旗(印)には「あそぶ」という意味があったようです。

未知の危険から守ってくれるもの、「あそぶ」という言葉には、神々への祈りのような感情があったのかも知れませんね。

それにしても、1歳2か月で「手にモノを持って」歩くことができるのなんて余裕ですね。すばらしいです。


〇ちゃんは、ウッドデッキの板の隙間から見える地面に気づくと急に不安になったということですが、怖かったでしょうね。

「奥行き知覚」と言う言葉があります。板の隙間から見える地面が、無限に遠くに感じられたのかも知れませんね。

大人でもクレバスの隙間が、仮に30センチだったとしても、その底が無限に遠く感じられたとしたら、渡れないでしょう。

直立歩行ができるようになった子どもは、歩くことが大好きです。そして目に付いたものに、吸い寄せられるように近づいていきます。そして、それほど大きくないものであれば、手でいじろうとします。

「探索行動」と言われていますが、何を学んでいるのでしょう?

私たち大人は、この月齢の子どもが「何を学んでいるのか?」をほとんど知りません。

ですから、発達心理学を研究する学者は、そのことを知りたいと思ってきました。そして最近、「発達進化心理学」と言うジャンルの学問が注目されているようです。

赤ちゃん学会でも、「進化の視点から子どもを見なければ・・・」という考えをよく耳にします。

「空間認知」と言う言葉がありますが、これはハイハイや歩くことで身に着けていくようです。

大きい枠組みでは、方向性や距離、位置覚のことでしょう。位置覚とはモノの配置のことです。「どこにどのようなモノがあるのか?」それが分かつていると移動が楽ですよね。

きっと★くんも〇ちゃんも、今そんなことを学んでいるのかも知れませんね。

「手を使うこと」と「歩くこと」

これは、「ことば」の発達にも結びついているようです。

★くんは、折々に「ゆびさし」をしていると思いますが、これは「ことばの原初的な形」です。〇ちゃんは、延滞模倣やつもり行動、そして見立てあそびもできるようになってくるでしょう。

いずれも「ことば」と結びついた活動です。

大切に育んでいきましょう。


そうです!そうです!★君は指さししっかりやってます。

〇ちゃんも、模倣も上手で、見立て行動やっています。

二人は同じ学年ですが、半年の月齢差でこんなにも

違うんだなぁと驚かされます。

この時期の子が自分のプログラムに沿ってしっかり

大きくなっていることが、二人の行動をみていると

伝わってきます。

大人のよけいなお世話はいらないですね。

もう一つ、二人が安心して活動できているのは、ママ

(安全基地)との関係がとても良好だからです。

ブログには書いていませんでしたが、歩きが安定して

いないので転んで泣いてはママに慰めてもらったり

何度かママのところに行ってオッパイをもらって

また、安心して遊ぶ姿も印象的です。

〇ちゃんは、過敏なタイプの子ですが、小さい時から

安心できる場所で少人数で、ゆっくりと活動することで

緊張感もゆるみ意欲的に活動できています。


この年齢の何でもないような日常の光景ですが

ジジさんから子どもの行動を言語化して頂くことで、

ささやかな子どもの行動がとても貴重なことに気づか

されます。

この時期、いろんな情報に振り回されずに、お母さんが

安心して子育てをするのが一番!

そういうお手伝いができれば幸いです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
あそびは子どものペースで~

1歳2か月の★君

少し前までは、急ぐときはハイハイしていましたが

最近では、不安定ながらもとてもよく歩き回ります。

注意散漫なので、よく転びますが・・・めげずにウロウロ

よく身体が動きます。そして必ず手に何かをもっています。

IMG_20170522_121723.jpg

おでこに擦り傷、ほっぺに青あざができています・・・

子どもは多少のリスクを冒しながら自分の経験を広げ

ていきます。どこまで見守るかも大人によって違って

くるとは思いますが、この時期にできるだけ自由に動き

まわるとこは、心身の発達にとってとても大切なことの

ようです。

★君は段差があるところやお外にも行きたいのですが、

初めから勢いよくはいきません。周囲の様子を伺ったり、

大人の顔色をみたりしながら、少しずつ行動範囲を広げ

ていきます。

1歳7か月の〇ちゃんは、★君と一緒にウッドデッキで遊んで

いましたが、ウッドデッキの板の隙間からみえる地面に気付

くと、急に不安になりママに抱っこをされて、その後は外には

出ずに、★君の様子を中からジッと伺うだけでした。

ウッドデッキが大丈夫だと自分で納得するまでは、しばらくは

時間がかかるかもしれませんね。

丸と四角の積木の型入れをしています。↓

四角は角があるから難しい

IMG_20170522_105944.jpg

★君は冷蔵庫のおもちゃの扉を開閉↓

IMG_20170522_111429.jpg

キッチンコーナーでは、あれこれ出して

入れたり、出したりと大忙しのお二人さん↓

IMG_20170522_112956.jpg


朝起きて、ごはんを食べて、外遊びをして、お昼寝をして

おやつを食べて、遊んで、絵本をみて、お風呂に入って

~等々、子どもにとって日常の生活リズムは大切です。

それと同時に、子どもに合わせたゆったりとした時間も

同じように大事に考えて欲しいと思っています。

ゆったりとした時間は「生活」の中では難しいと思いますが

「あそび」の中では、大人の心がけ次第で十分にできること

だと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
やっとできた梅仕事!

土曜に男の子達グル―プは梅仕事ができませんでしたが

日曜日の女の子達はやる気満々でやってきました。

実は、女の子グループは日曜日に運動会がある子は1人

だけで、他はみんな秋にあるとのことでした。

という事情もあり、前日の男の子の嵐のようなおひさま

クラブとは打って変わって、何とおだやかなおひさま

クラブ!(笑)

人形劇ごっこ↓

IMG_20170521_134942.jpg

梅を収穫↓

IMG_20170521_143133.jpg

梅をきれいに洗います↓

IMG_20170521_151752.jpg

梅ジュースの下準備、梅の水分をふき取り

ヘタをとって、実に穴を空けています↓

IMG_20170521_153951.jpg

10日後には美味しい梅ジュースができると

思います!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
疲れた時には~

土日もおひさまクラブがありました。

土曜日は男の子グループで日曜日は女の子グループでした。

男の子グループの方は、全体的にイライラ、ピリピリ落ち着か

ない感じでした。私が一言でも何か提案しようものならば

「イヤー」「めんどくさ~」と反射的に反応。

「なんでだろう~?」と考えてみると、1週間後の日曜日に

運動会があるので「これ以上何も指示に従いたくない~!」

という感じでしょうか?仕方ないのかなぁ~と思い、予定していた

梅ちぎりには行きませんでした。

そのぶん、子ども達がやりたいことを存分に満喫しました。

一番盛り上がったのが、水風船投げと水遊びです。私もかなり

風船をぶつけられました。もちろん、ぶつけ返しましたが(笑)

水遊びもホースを出してきて、あちらこちらに水を飛ばし、車や

窓にジャンジャンかけてました。あ~あ~という感じ。

後半になると、反抗しつつもおやつは食べたかったようで

私が提案したホットケーキとカスタードクリームを作りました。

食べ物に関連して、庭にニラとスイセンが生えていたので

ニラとスイセンを探して違いを観察したりもしました。

帰るころには、イライラ感もなくなりスッキリしてみんな

帰っていきました。

成長過程でストレスも大事なことかもしれませんが

同時にストレスを調整する場も大切だなぁと改めて

感じました。



カプラにはまっている●君

「ベイブレイド」とい文字をカプラで作りました↓

IMG_20170520_161338.jpg

高い塔↓

IMG_20170520_151942.jpg

カードゲームにはまっている子は、レアなカードが買えない

ので自分でかなり精度の高いカードを熱心に作り、大満足

していました。

ゴタゴタした中でも、自分のやりたいことを見つけて集中

できる力もすごいと思います!!

子ども達は、その日、その日で違います。こちらに都合の

いいロボットではありません。

気分のいい日もあれば、悪い日もあります。

バタバタ、ゴタゴタもしますが、それでいいのだと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」

昨晩、NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」

という番組が放送されていました。途中からしかみてませんが

当事者の方の生きづらさや苦しみがひしひしと伝わってきました。

私達も日常の生活の中で、自分自身も生きづらさを感じたり、

周囲で困った子ども達はいないでしょうか?

映像を通して知ることも大切ですが、身近に困っている子の

声に真摯に耳を傾け、互いに理解を深め支え合っていける

社会になればいいと常々考えています。

NHKではこんなプロジェクトもあるようです。
      ↓
NHK発達障害プロジェクト

5月21日から1週間発達障害の特集番組が続くそう!
      ↓
5/21 (日) 総合 夜9時
NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」

5/22 (月) Eテレ 夜8時
ハートネットTV「弱点を笑い飛ばす 発達障害の漫画家・沖田×華」

5/23 (火) Eテレ 夜8時
ハートネットTV「もうひとつの居場所 -発達障害の人たちが集うサッカークラブ-」

5/24 (水) 総合 朝8:15
あさイチ「自分の苦手とどう付き合う?」

5/27 (土) Eテレ 夜11時
ETV特集「“いるんだよ”って伝えたい ~横浜・特別支援学級の子どもたち~」


番組の中で、井上雅彦(鳥取大学医学部教授)先生が

発達障害の人が苦しまないようにするためには

周囲の理解と寛容さが必要だというようなことを

言われていました。(話された言葉は違いますが・・・)

周囲の無理解が当事者の方をどれだけ苦しめて

いるのか?

「普通って何?」という問いかけも考えさせられました。



発達障害をカミングアウトされたモデルの栗原類君が

「いろんな嫌なこともあったけど、自分は母親と主治医

が悩みを聞いて気持ちを理解してくれたから良かった。」

「身体的に見える障害はわかりやすいが、発達障害は

目に見えないがゆえに理解をしてもらえない・・・」(言葉

は違いますが)というような内容を話されていたのが

印象的でした。

こういう番組を機会に、いろんな方といろんな話がオー

プンにできるといいですね!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:発達に凹凸のある子
マイコさんの記事紹介「ひといちばい敏感な子~」

「『オールアバウト』へ「ひといちばい敏感な子」の親が知るべき5つの事をまとめました&HSCに無用な苦しみを与えないように」

というタイトルでマイコさんが記事を書かれています。

あそびのアトリエにも、大なり小なり過敏な子は多くいます。

何気ない対応が、過敏な子にとっては私達が想像する以上

に大な影響を与えているようです。

とても参考になると思うので、ぜひ読んで下さいね。
    ↓
マイコさんのブログ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:発達に凹凸のある子
梅の季節

義理母の畑で収穫した梅

IMG_20170519_072711.jpg

梅ジュース、梅干し、カリカリ梅を仕込み中↑

週末には子ども達と収穫して梅ジュースを作る予定です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
恐竜の森

年中さんグループ、恐竜の森を作っています↓

IMG_20170512_161156.jpg

4歳児さんになると、平行遊びではなくなり

お友達と同じ目的を持って活動ができるように

なってきます。

それぞれの恐竜のイメージが、物を配列する

ことで、共有しやすくなります。

お互いに刺激もうけます。

IMG_20170512_161335.jpg

虹色のへびのカードゲームはもはやゲームではなくなり

とにかく長く長くつなげています。

これも面白いですね!

IMG_20170512_171600.jpg

年中さんの子ども達は、あそびのアトリエに来るのを

楽しみにしてきます。なぜ楽しみなのかと考えてみると

安心した場所で、自分のやりたいことが思う存分できる

こと、自分の負の部分を出しても許されることではないか

と思っています。

アクセル全開で自分を思う存分出すとき、ブレーキの

かけ方が、まだ上手くできない年齢なので、たいがい

やり過ぎてしまいます。

自分でも悪いことしたかな?と分かってもいるようです。

この時期の子は、安心できる環境の中で、ちょっとはめ

をはずしたり、失敗してやり直したり、悪態をついたり、

反対のことを言ってみたり、様々なマイナスな行動

を一度やってみることはとても大切なことです。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
虹色教室奈緒美先生の記事より~機能不全家族について~

虹色教室の奈緒美先生が興味深い記事を書かれています。

子育てをする中でどうしても向かい合わなければならない

問題ではないでしょうか?

私自身も子育てをする中で「頑張れば解決する」

とか「何をすれば良い」という根性論やマニュアル的なこと

で簡単に解決する問題ではないので、無意識的にも意識的

にも、すごく長くこのテーマと対峙してきたように思います。

興味のある方は是非、奈緒美先生の記事を読んで下さい。
   ↓
機能不全家族について 

私は、娘が生まれてから幸せな気持ちと相反するように

何故かすごく辛くて、不安で(何が辛いかもわからい状況)、

混沌とした中、賢治の学校を主催されていた鳥山敏子さん

のワークショップに参加したり、子ども劇場主催の斎藤君子

さんのワークショップに参加したり、本を読んだり、闇雲に

模索していました。

今考えると、子どもを振り回して本当に申し訳ないこと

をしたなぁ~と反省もしております。

そんな思いを心の片隅に抱えながら、あそびのアトリエの

仕事にたどり着いた私は、子どもの遊びや発達を勉強し

つつも、子育ての根底にある「母子関係」の問題にぶつかる

こととなりました。子どもが何らかの問題を起こすとき

機能的な問題とは別に、心の問題が隠れていることが

多々あります。機能的な問題を更に複雑にしてしまうのが

無意識の中にある心の問題ではないかと思っています。

あそびのアトリエで、子どもの問題行動を考えるときに

いつの間にか、お母さん自身が自分の問題と向き合って

いることがよくあります。親自身が自分の内面の問題を

言語化し自分のこだわりや無意識に気付くだけでも

子どもに対する見方や接し方が変わり、問題行動が

減っていくことはよくあることです。

そういう繰り返しの中で、私自身がお母さん達から学

びました。「あなたもそう思っていたの」「私も同じ」

「大変だったね」という共感の中で、それに関連した

本に巡り合い、私が抱えていたものが少しずつ

整理できたように思います。




私は息子と性格が似ていて、私の一番ダメな部分

嫌いな部分を、息子が鏡のように投影してくれます。

最近余裕があるときは、息子に対して「腹立つわ~」

とイライラしている自分と、「この嫌なところ私に似てる

わ~」と思えて笑ってしまう自分がいます(笑)。

息子は無念にも自分の行きたい大学には合格できず

自宅から大学に通っています。

何の信仰もない私ですが、これも神様が私と息子に

下さった試練だと思いつつ、息子と一緒に暮らせること

は、自分をもう一歩深く見つめなおせる機会でもあり

幸せなことなのかもしれません。

最後は、個人的な話になってしまいましたすみません!






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
自分の目的に向かって~

あそびの心理研究所のジジさんがよく言われている

「目標のものをゲットする力」というのは生後6か月前後から

みられるのだそうです。

あそびのアトリエは、0、1、2歳の頃から来てくれている子が

大半で、それぞれ小さい頃「そうそう!そうだったなぁ~」と

思い出します。

赤ちゃんであれば、目で見つけたものに手を伸ばし

つかんで口に持っていく、歩けるようになれば、目的に

向かって体を移動し、自分の欲しいものをつかむ

2歳前後になると必要なおもちゃを取り出して遊ぶ

4,5歳くらになると、あれやこれやいろんな素材を

利用して自分のイメージしたものを作り出す…など

遊びの中ではできるだけ子ども自身が自分の頭で

考え行動することを大切にしています。

もちろん、スムーズに成長するわけではないので

子ども自身が、自分で決めた目的に向かって意欲的に

活動するには、大人が焦らず見守ることが大切です。

家庭や学校等、様々な環境の影響をうけつつ右往左往

しながらも、そうして育った子ども達はこんな感じです。



日曜日の4,5年生のおひさまクラブの様子↓

紫陽花の葉っぱには毒が有るということを知った★君は

近所の人に紫陽花の葉をもらい毒ジュース作りを始めました。

◇君もそのアイディアに便乗し、食紅で色を付けた水をペット

ボトルに入れ、紫陽花の葉を混ぜ、商品を大量生産します。

IMG_20170514_141614.jpg

看板やお金の手配等のお店の準備は◇君の大得意分野

すぐにお店が完成します!

IMG_20170514_144219.jpg

5年生の☆君は先月作りかけていた漫画本の棚を

完成させるために、ヤスリで削ったり、高温のバーナで

板を焼いて焼板風にしています。

IMG_20170514_150100.jpg

丁寧にニス塗り

IMG_20170514_152540.jpg

完成!!私も欲しいくらい素敵な棚です。

IMG_20170514_154203.jpg

工作にはまっている〇君は、前回から計画していた

電車作りに没頭します。

まだ、釘やトンカチを使うのに自信がない〇君は

空き箱や布テープを使って自分のイメージした

ものを作っていきます。

IMG_20170514_141626.jpg

ドラえもんのタイムマシーンみたい!!

IMG_20170514_144944.jpg

その後は、大得意の火遊びです。

斧も気を付けながら上手に使えるようになりました。

大人が使う危険を伴う道具を自分の力で操作できる

ようになると、子ども達の表情はより真剣になり

自分に責任を持つようになり、自信がついてきます。

本当にしっかりしてきました!!

IMG_20170514_151118.jpg

5年生の子ども達はプログラミングにはまっています。

私も知識がないので、本を読んで調べたり自分達で

試行錯誤しながらやっています。

「ジャンプ」や「声を録音して音をだす」等の技も習得

しています。それを見ていた4年生も自分にも教えて

くれと頼みますが、子どもの世界は厳しいです。

「この本を見て、自分でちゃんと考えてやって~」

といアドバイス。厳しくもみえますが、自分で試行錯誤

しながら身に着けたことは、すごい力になりますよ!!

4年生の★君、めげずに根気よくやっていました。


おやつにカレーパンを作りました。

カレーが漏れないようにパン生地に包むこと

高温の油が跳ねないように揚げること

危険も伴うので、いろいろ注意点がありますが

さすが5年生しっかりやってくれました!

IMG_20170514_160326.jpg

あそびのアトリエは子どもと長くお付き合いをするため

乳児期の育ち、幼児期の育ち、学童期の育ち

が途切れ途切れになっているのではなく

一人の人の中でつながっているなぁと実感しています。

学童期の問題であっても、その年齢の問題としてとらえる

のではなく、乳幼児期に立ち返って見直すことが大切だと

考えています。

そしてもう一度、どんなに大きくなっていようとも、3歳の

反抗期で躓いている子は、3歳をやり直さなければ問題は

解決しないと思っています。

こちらの認識を少し変えて、体は大きくても「この子の心は今

3歳を経験しているんだ」と思って、3歳児に対応するように

接すると時間はかかっても、いつの間にか乗り越えている

ことはよくあることです。大人は、3歳だからと見下して対応

するのではなく「3歳の自分の中心をつくる時期」に経験が

できていなかったんだなぁと思って、「良かったね!しっかり

自分をつくるんだよ!」という気持ちを持って接することが

何よりも大切だと考えています。子どもは自分を大切に

されているのか、そうでないのかは敏感に感じますから。


ジジさんが言われている「目的に向かっていく力」は生後

6か月くらいから育まれていくそうですが、私も日々子ども達と

接していて本当にそう感じています。

大人になって「これから自分の好きなことをやりなさい!」

なんて突然言われても、赤ちゃんの頃から土台が育まれて

いない子はとても大変なことではないでしょうか?

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
元気に遊んで病気を吹き飛ばす?!

土曜日のおひさまクラブは、体調が悪い子が多かった

のですが、なんとか調子が戻ってみんな参加してくれま

した。

あまり無理はしない方がいいかなぁ~と思っていたの

ですが・・・みんなで公園に行きたいということで公園に

行きました。遊びだすと、あらら~元気のいいこと!!

1494769917897.jpg

水分補給のはずが、え~水遊び?!

1494769933692.jpg

シャツや靴がビショビショになった子も!

1494769944492.jpg

公園でひと遊びした後は~

おやつのドーナツ作り

IMG_20170513_161611.jpg

絵の具でお絵描き

水彩の淡い色が素敵です。

IMG_20170513_161632.jpg

4年生の★君が得意のカプラをはじめました。

IMG_20170513_161708.jpg

1年生のぼくも!

IMG_20170513_161652.jpg

ぼくだって!

IMG_20170513_163410.jpg

他にも、火遊びや穴掘りなど、みんなパワフルに活動

していました。

これだけ元気にしていたら、病気も吹っ飛んでいきそう

ですね

4年生の★君は、弟や他の1年生のお世話をするという

使命を持ってこの日に参加してくれています。

こう言っては申し訳ないのですが、ついこの前まで、手が

かかっていた子が~(笑) 何だかとてもお兄さん!!

驚いたことに、今まで拒絶をしていたどんぐり倶楽部の

問題をやりだし、難しいものを選んでやりだしました。

途中で止めてしまうかな?と思っていたのですが、

根気よく考え、最後まで解き切りました。
(おひさまクラブでは、チャレンジしたい子ができるように
問題だけは用意しています。)

体も心も頭もめーいっぱい使って、スッキリした表情を

をした★君、とても成長したなぁ~と感じました。


どんな子も、良くも悪くも環境や内面が変化するとき

我がままを言ったり、反抗したり、元気がなくなったり

意欲がなくなったり、攻撃的になったり・・・周囲から

みていて心配する時期が必ずあります。

そんな時期を、親子でしっかり乗り越えた子は、10才

前後になると★君のように、しっかりしてくるようです。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
サクランボ何個あるのかな?

数を数えるのが大好きな3歳児さんのサクランボの

食べ方は…「何個あるのかな?」と数えながら~

IMG_20170508_150913.jpg

「3こ!」「4こ!」一番多いのは5こありました~!

IMG_20170508_155102.jpg

数に対する敏感期の子は「何個あるかな?」と

一言問いかけるだけで、嬉々と数を数えだします。


今年最後のサクランボは鳥さん達が食べてしまい

ました~。また来年たくさんなるといいですね 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
やってみる→考える

入れ物からおはじきをひっくり返し、おはじきを出し入れ

しているところ↓

IMG_20170508_105452.jpg

キーボックスを開閉して中を確認中↓

IMG_20170508_111507.jpg


この時期の子は「教えて~」なんてことは言いません。

面白そなものをジーッと見つめ「よっしゃ!」と思った

ときに、必要な物に手を伸ばし、あーでもないこーでもない

と手を動かしながら、真剣な表情でゴソゴソと遊びます。

1歳児のいる家庭では、当たり前の光景かもしれませんが

こういう子どもの遊びを大人がどういうまなざしで見守るかは

とても大切なことだと思っています。

例えば

★「散らかしたらダメよ!」と片付けるのか?

★静かなのを幸いに、自分の用事を済ませるのか?

★使い方や、数など、あれこれと教えるのか?

いろんな関わり方があるだろうと思います。

どんなかかわり方が良いとか悪いではなく…

「この子は今何をしているんだろう?」「何を考えている

んだろう?」と想像力を働かせて子どもをみてみると

真剣な表情や物に向かう気迫が伝わってきませんか?

声をかけるのも申し訳ないくらい

中途半端に大人があれこれ教えるよりも、自分の力で

より深く学んでいるということが伝わってきます。

どんな小さな赤ちゃんでも、今自分に出来る力を駆使

して遊んで(学んで)いる姿すごいと思います

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
6,7が月のあかちゃんの様子

あかちゃんクラブに6か月と7か月の赤ちゃん3名が

参加してくれました。

お姉ちゃんのリボンクラブで私を覚えてくれている

赤ちゃんは、はじめからリラックスしてニコニ顔

初めての出会った2人は、私が声をかけるとジーッと

顔を見つけて気難しそうな顔をしています・・・

もしも、赤ちゃんがおしゃべりができたならば「この人は

いったい誰だろう?見たことない人だけど、大丈夫かな

?」と話すのかなぁ~と想像します。

6~7か月頃は、人見知りをする時期なので、人の顔を

じーっと見たり、ママがいないと泣き出したりするのは

成長している証拠。みんなしっかりした赤ちゃん達です。

少し慣れてくると、周囲の環境も気になりだし、クネクネ

バーンを追視したり、おもちゃに手を伸ばしてつかんで

それを口に持っていったりします。


3人でおもちゃを注視↓

IMG_20170510_130058.jpg

手を伸ばしてゲットしようとします↓

IMG_20170510_130321.jpg

身体的な発達は、お座りができる子、お座りができない子

ハイハイで前進する子、まだ進めない子・・・

個人差があります。遺伝的なもの、環境的なもの、性格的なもの、

それぞれの影響をうけながら、その子のペースがあるなぁと感じ

ます。

しっかり遊んだ後は、ママにオッパイをもらってしばしの休息~

目が覚めると、すぐに目をキラキラさせておもちゃをつかんだり

舐めたり、モビールを見つめたり…よく遊ぶ赤ちゃん達でした。

帰るころには、声もよく出して、私が声をかけるとニッコリ笑顔

になってくれました。


ママ達の感想は「今日はよく動いてびっくりしました」「家じゃな

いところでこんなに声をだしたのは初めてです」等、赤ちゃんに

とって安心できる程よい刺激のある環境は、大人が想像する

以上に大事なことなのかもしれません。

また、遊びに来てくださいね!




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
あそびが変化するとき

汽車の線路を繋げて街を作ったり、ビルダーシステムで

クレーン車を作るのが大好きな〇君(5歳)↓

IMG_20170408_103318.jpg

5歳のお誕生日を迎えてますますパワーアップしています。

興味を持つ素材や物に変化がでてきました。

外で乗れるくらいの汽車を作りたいと言い出し

空き箱、木、ストロー、ペットボトルなどをかき集めて

キャスター付きの板に、自分で考えたものを貼り合わ

せて、電車を作っています。

作りながらイメージが広がっていきます。

ライトもつけよう!お顔も描こう!↓

IMG_20170506_101548.jpg

紐を引っ張ると汽車が動きます。

試運転中↓

IMG_20170506_095933.jpg

子ども達の遊びには、内側から湧き上がる内的な動機と

外側からの刺激による外的な動機があるようです。

そのバランスの比重は個々の子どもの家族構成や環境に

よって違ってきます。どちらが大切ということではなく

子どもがよく考えて、表情がイキイキとし活発に活動して

いるときは、きっとバランスがいい状態のときなのだろうと

思われます。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
潮干狩り&サクランボ収穫

6日のおひさまクラブは、たまたま近くで潮干狩りが

2日間一般の人に開放される日だったので

急きょ時間を変更して、潮干狩りに行ってきました。

はじめは、なかなかアサリ貝がみつかりません

IMG_20170506_114651.jpg


漁協組合の方から、アサリの取れる場所を教えてもらって

大量にアサリをゲット↓

IMG_20170506_121314.jpg

カニやヤドカリはもちろん、ヘンテコなもの?発見↓

IMG_20170506_124527.jpg

たくさん捕れたよ↓

IMG_20170506_124653.jpg

有明海は海苔やアサリなどの海の恵みがたくさんあります。

近年は、以前よりも収穫がかなり減ってしまったとか・・・

自然の恵みに感謝しつつ、次の世代にこの自然を残して

いけるよう、環境についても考えていきたと思います。


ちょうどサクランボが食べごろ!!

IMG_20170506_150821.jpg

IMG_20170506_150751.jpg

IMG_20170504_055229.jpg

さくらんぼ沢山なってます。ここ2~3日が食べごろなので

近所に来られた際は食べに来て下さ~い

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
ペンキ塗り

昨日と今日は、ウッドデッキや野外の椅子や遊具の

ペンキ塗りの仕事を頑張っています。

お天気もよく外仕事をするには気持ちいい季節

ひとりでのんび~り仕事をするのもたまにはいい感じです。

とりあえずはペンキ塗りは終了したので、次は草刈りをしよう

かなぁ~

仕事のあいまにはもちろん、おやつを食べながら、本を

読んだりパソコンしたり~

マイコーさんのブログでとても共感する記事があったので

ご紹介します。↓

一次体験を堪能しておくと二次・三次情報に触れても 好奇心の勢いや理解の深さが違う


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
2017年4月 春のそとあそび

29日の祭日、とてもいいお天気の中「春のそとあそび」を

開催しました。

果林の里のご主人から野草を教えて頂きながらみんなで

野草を採集しました。

わらび、ぜんまい、ヨモギ、たんぽぽの花、オオバコ、スギナ

カラスノエンドウ等々・・・↓

IMG_20170429_104936.jpg

ママ達が中心になって天ぷらを揚げて頂きました。↓

IMG_20170429_113050.jpg

4年生の男の子たちが、ご飯やトマトスープを釜戸で

炊いてくれました。薪を集めたり、火をおこしたり、薪を

ナタで割ったり…炊くまでの作業も頑張ってくれました。

   ↓ ありがとう!!

IMG_20170429_113233.jpg

おにぎり作りは、ママ達と4年生の子ども達が

作ります。小さい子は「お腹空いた~」と言って

横でつまみ食いかかり(笑)↓

IMG_20170429_121205.jpg

火の係を頑張った〇君は最後にかまどご飯を

つまみ食い!美味しそう~(笑)↓

IMG_20170429_121755.jpg

一番頑張った4年生男の子トリオ↓

お料理のお手伝いは勿論ですが、年下の子ども達と

よく遊んでくれました。

IMG_20170429_123343.jpg

メニューは野草の天ぷら、ささ身の燻製、🍙、トマトスープ

IMG_20170429_123350.jpg

小さい子ども達もたくさん動き回ってお腹が空いたよう!

お行儀よくパクパクよく食べていました~↓

IMG_20170429_123451.jpg

小川でサワガニを見つけたり、草陰でトカゲを見つけたり

棒を振り回したり・・・それぞれに楽しんでいました↓

IMG_20170429_135244.jpg

小学生の女の子が少々緊張気味で2歳の子のお世話を

する姿もステキです↓

IMG_20170429_142659.jpg

記念撮影では4年生の子がひしゃくで水をまき散らす

イタズラをして、小さい子ども達は目を丸くして興味津々

大盛り上がりでした(笑)↓

IMG_20170429_150455.jpg

新緑の自然の中でエネルギーたくさん吸収できました!!


みなさまお疲れ様でした

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
| Top Page |