FC2ブログ
TOP2015年07月13日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
トランポリン

作業療法士の木村先生の本では、即実践できるものが

たくさんり、子ども達も大喜びです。

大人が子どもの手を持ってジャンプをする遊びは、大人の

体力が続かないので、トランポリンを購入しました。

何も言わなくても興味津々で遊びだす子ども達。

2歳の女の子↓

CIMG5803.jpg

年少さんの女の子↓

CIMG5816.jpg

年中さんの女の子↓

CIMG5811.jpg

年中さんの女の子↓

CIMG5810.jpg

年齢や経験の違いで飛び方も子どもによって様々

どの子も飛んでいるうちに上手くなっていきます。




五感はどういう感覚なのか実感しやしい感覚です

(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)。しかし「適応力」の

源となる3つの感覚は、ほとんど無自覚につかっている

ため、ピンときません。この3つの感覚につてい理解する

ことが、子どもの状態を読み取るてだてになります。

「感覚」がうまく使えないと動作や行動に問題が生じます。

例えば「見えていないものにぶつかる」のは、触覚や

固有の回路にトラブルがあるからです。

「聞こえるのに振り向きもしない」のは、3つの感覚が

未発達なため、注意のコントロールが苦手なのです。

3つの感覚の崩れが「小学校で困ること」を生みだし

ます。


『「小学校で困ったこと」を減らす親子遊び10』より抜粋


トランポリン運動はバランス感覚の回路を活性化する

のに良い運動だそうです。

スポンサーサイト

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。