TOP2015年03月

巨大ピタゴラスイッチ

子ども達の大好きなピタゴラスイッチをイメージ

しながら、巨大ピタゴラスイッチを作りました!



組み立てクーゲルバーンだけでは足りないので

椅子や透明の箱を利用して長いスロープを作り

ビー玉のゴールは箱の中

→箱はロフトベッドに引っ張り上げる

→長い筒を作って元の位置に戻る

という仕組みを作りました。↓

CIMG5265.jpg

手動ですが、子ども達は大仕掛けに大満足!

CIMG5267.jpg

ダイナミックに遊んだ後は、小さな大工さんに集中↓

CIMG5268.jpg

4月からは年長さんになる子ども達

1年間の成長が楽しみで~す 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
ホラー展示会&お別れパーティー

5年生の☆ちゃんがおひさまクラブを卒業します。

卒業するにあたって☆ちゃんはコンテナハウスで

「ホラーてんじかい」を企画。(数か月前から準備してます!)

そして、みんなでお食事を作りました。


まずは、とてもいいお天気だったので子ども達は元気に

外で水遊び!水鉄砲やペットボトルでびちょ濡れ

本当に子どもらしい子ども達です


一段落した子ども達から作業開始!!

ミニホットケーキを焼いて、生クリームを泡立てます。

経験者のお2人さんがはりきってやってくれます。

CIMG5251.jpg

ピラフの野菜を小さく刻んでいます。

包丁の苦手な◇君が頑張って切ってます

CIMG5252.jpg

手慣れた手つきで〜

CIMG5253.jpg


ホットプレートでチキンをこんがり焼いて

お米や野菜を炒めます↓

CIMG5254.jpg

各自、ミニホットケーキを生クリームやイチゴで

デコレーション↓

CIMG5255.jpg

みんなから☆ちゃんに一言

「もっと☆ちゃんと遊びたかった~」

「バトミントン頑張ってね」等々

CIMG5258.jpg

☆ちゃんが飾りつけしたホラーてんじかい↓

CIMG5259.jpg

CIMG5260.jpg

CIMG5263.jpg

CIMG5264.jpg

春休み中展示しています!

ぜひ、みなさん覗いて下さいね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
小岱山登山に行ってきました!

おひさまクラブの子ども達と山登りへ行きました。


出発です!

CIMG5212.jpg

5年生の〇ちゃんを先頭に歩きます。

リボンクラブの時代にいった金峰山を思い出して

「こんな所に行ったよね」と会話も弾みます。

女の子達は少しばて気味・・・「レオさんお腹痛い」

「足痛い」と言いつつも、頑張って上りました。

いつもと違うコースにチャレンジしたので、かなり

遠回りになってしまい、子ども達からのクレームが

殺到

頂上にたどり着いた時には、大歓声でした!!

CIMG5217.jpg

お昼の時間も過ぎていたので、皆お腹ペコペコ。

お弁当は、各自でにぎった爆弾おにぎり

鶏肉のパン粉焼、キュウリ、トマト&おやつです!

CIMG5221.jpg

大きな爆弾おにぎりににガブリ!!

CIMG5224.jpg

頂上からは、雲仙、玉名、荒尾、有明海を一望

CIMG5226.jpg

記念碑でハイチーズ!

CIMG5228.jpg

記念碑によじ登っているのは…実は、高い所が

苦手な子ども達。「私ジャングルジムの1段目まで

しか上ったことない」と言いながらも高い所に

チャレンジしています。

誰から指示をされたわけでもないのですが

自発的に苦手な事を克服しています。

CIMG5232.jpg

タオルとりゲームを提案すると、みんなやる気マンマン!

男の子チームと女の子チームに分かれて、中心のタオル

を取り合うという単純なゲームです。

女の子チームにどうしても負けてしまう男の子チーム…

5年生の女の子にハンディーをつけて、男の子チームは

作戦会議をして再度ゲームにチャレンジします。

CIMG5237.jpg

男の子チームの作戦勝ち!

CIMG5239.jpg

頑張ったけど・・・やっぱり負けてしまった~

CIMG5240.jpg

みんな転がって、大笑いして、大盛り上がりの

ゲームでした。

下山は通常の道を通り、怪我なく無事に帰り

つきました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
「積む」と「壊す」経験

CIMG5069.jpg

10個の箱を積んで満足そうな表情をしている〇ちゃん

そして、積んだものを大喜びで壊します。

「せっかく積んだのにもったいない」は大人の発想。

子どもは、エネルギッシュにグチャグチャに壊して

大喜びして、それからまた積みます。

これを何度も繰り返します。

壊す勇気がないと、高く積むことは難しい

失敗しても、間違えても、1からやり直せば

必ず積上げることができるという貴重な経験を

しているところです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
年少さん春のお散歩

年少さんの春のお散歩は電車に乗って木葉駅

近辺の探検に行ってきました。

いろんな事情で参加少なかったのですが

子ども達は元気いっぱい楽しんできました。



あそびのアトリエから駅まで歩きます。(約1・5㌔)

CIMG5156.jpg

電車に乗って~(20分位)

CIMG5160.jpg

木葉駅から数百メートル歩いていきます。

探検気分の細い道!!

CIMG5161.jpg

お楽しみのお弁当

CIMG5167.jpg

腹ごしらえをしたら、さっそく元気に動き回る

子ども達~

CIMG5176.jpg

CIMG5181.jpg

CIMG5187.jpg

お次は、高台の方に探検

CIMG5190.jpg

たくさんのお花を集めてスープ作り

CIMG5203.jpg

CIMG5197.jpg

お花鉄砲!!(子ども達発案)

CIMG5195.jpg

自由にしゃべり、自由に動き回る子ども達の

エネルギーは、小さくてもすごいものです。


電車の中では、トンネルに感動の大声を発し

草花をちぎりまくり、肌着1枚になって駆け回り

周囲のことはお構いなしの子ども達。

子どもの、破天荒な行動に大人はどう対応

すればいいのか・・・いつも考えさせられます。

例えば、元気のない子が大声をだしたり

(たとえどんな汚い言葉であろうが)、肌着1枚で

駆け回わったりする姿を見ると嬉しくなります。

心が安心して解放されると、行動や思考がより

自由になるので、マイナス面もみえてきますが

プラスな面もたくさんでてきます。

プラスな面は、笑顔が多くなります。

おしゃべりが多くなります。

行動がイキイキしてパワーがあります。

信頼関係ができてくると、いろんな会話が

できるようになり、いろんなことを考えよう

になります。

逆に、躾や道徳が厳しすぎると、大人の目

ばかりが気になり過ぎて、怒られないように

するにはどうすればいいか?ということだけが

気になり、子どもの思考が停止してしまわいか?

とても心配になります。

大人は怪我や事故には注意が必要ですが、

多少のことは大らかに見守ったり

子ども自身が考えるような言葉かけを

心がけることが大切ではないかと思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
山登りに行ってきました!

昨日は、お天気もよく山登りには最適の日でした

子どもは荒尾7名、熊本12名、計19名。

スッタッフ9名で役割を分担し子ども達のサポートを

しました。

ママやパパに見送られてJRみなみ荒尾から出発!

CIMG5092.jpg

バスで熊本と合流して、峠の茶屋から歩きます。

CIMG5096.jpg

登山口からは、一人の力で登ります。

先頭集団はお兄ちゃんの後ろをついてきます。

CIMG5108.jpg

こんなところを登っていきます。

CIMG5110.jpg
CIMG5113.jpg
CIMG5116.jpg
CIMG5118.jpg
CIMG5120.jpg

カマキリの卵を見つけたよ!

CIMG5138.jpg

しっかり歩いた子ども達、頂上でお楽しみの

お弁当&おやつの時間

CIMG5139.jpg

熊本・荒尾一緒にハイチーズ!

CIMG5149.jpg

荒尾だけでハイチーズ!

CIMG5151.jpg

下りは、慣れない凸凹道で、子ども達は何人も転んで

いましたが、それぞれに自分の力で立ち上がり

お友達に「大丈夫!」と声をかけ合い

大きなけがもなく下山することができました。


みんなお疲れ様でした!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
演劇フェスティバルに行ってきました!

21日は小学生の子ども達と演劇フェスティバルに行って

きました。

たくさんの作品の中から、それぞれが観たい作品を

出し合って、時間やコースを組んで調整しました。

「マジカル1・2・3」(マジックショー)
    ↓
「ヨーヨーパフォーマンス」
    ↓
「あらしのよるに」(演劇)or「あそびワークショップ」(工作)
    ↓
「いまからいえでにいってきます」(演劇)


「マジカル1・2・3」でお手伝いに選ばれた○君!

ステージでは少し緊張気味です。
CIMG5084.jpg

「マジカル1・2・3」で私が貸した1万円が半分に破られて

半分が燃えてしまいました

心配ご無用!マジックで元通りに!

おまけつきで返して頂きました。

これには子ども達ヒヤヒヤしたようです(笑)

CIMG5086.jpg

神出鬼没のヨーヨーパフォーマンスにも運よく

遭遇できました!家族できていたおひさまクラブの

☆ちゃんのパパがお手伝いをして、子ども達も大喜び!!

CIMG5089.jpg

どうしても工作をしたいという◇君達が

韓国の劇団の方と一緒にダンボール作品を

作りました。

本人達も大満足!!

剣や鉄砲や車型のティッシュケースを作って

いました。

CIMG5090.jpg

5年生の女の子達と私はその間、隣の体育館で

「あらしのよるに」を観劇しました。


その後、合流して「ぼくいえでにいってきます」を

最後に観劇。


普段で会えないいろんなジャンルのものを1日で

味わうことができ、充実した1日でした。

ぜひ来年は、みなさまもご参加下さい☆

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:芸術鑑賞
芸術フェスティバルと山登り

明日は、小学生の子ども達と芸術フェスティバルに

行ってきます。→朝倉市国際子ども芸術フェスティバル

我子が小さいころよく参加していました。

今回、久々におひさまクラブの子ども達と一緒に

行くことなり、とても楽しみです!!

(*誰でも参加できて当日参加でもOKです!)
 


そして、明後日は年長・年中さんの山登りです。

今年、はじめて参加する子も多いですが、頑張って

登ってきたいと思います!!


2日ともお天気もよさそうなので良かったです。

事故のないよう気を付けて行ってきま~す

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
お友達と一緒に遊べるようになってきたよ!

3歳児さんの遊びの様子です。

一人が組み立てクーゲルバーンのおもちゃで

遊びだすと(私が手伝って作りました)

他の2人も興味津々で近づいてきます。↓

CIMG5040.jpg

こっちでも↓
CIMG5042.jpg

パズルも↓

CIMG5047.jpg

最後は☆君のお姉ちゃん(1年生)に入って

もらってフーセンゲームをしました↓

みんな真剣は表情です!

CIMG5046.jpg

3歳児さんはそれぞれのペースで自分の興味の

あるもので遊びます。かといってお友達のやっている

ことも気になるのですが、近づきすぎるとケンカに

なります。

年齢的に自分の気持ちを主張するだけで精一杯、

お友達の気持ちを察することはできないからです。

ケンカをして泣いたり、泣かせたりする体験はとても

貴重なことですし、大人が介入する場合、言い聞か

せるよりは、「〇君も欲しいんだって」とか「次にかして

くれるかな?」とか、相手の気持ちや本人の気持ちを

代弁したり、「どうしがらいいかな」と考えたりすることが

大切です。

大人が入ってですが、順番を待つ、簡単なルールを守る

等、一緒にゲームをすることもできます。

この3人は第2子さんなので、お友達との距離間が

自然に上手くとれています。大人の援助が少しあれば

上手く遊べます。子どものタイプによって大人の援助を

調整することが大事なポイントです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
ダンボールで何ができる?

引っ越しのダンボールを沢山頂きました。

そのダンボールをみつけて一人が作りだすと・・・

みんなそれぞれに、熱心に制作開始!

↓タイムマシーン
  日本語、笑語(英語)、カタカナ、中国語等の
  文字の翻訳機能付き!
  この後、屋根もできていました。

CIMG5059.jpg

↓潜水艦
 大きな窓を開けて、ラップで貼り合わせるのに苦戦!
 本人も大満足の力作ができました。

CIMG5061.jpg

↓宇宙ステーション
 2人でダンボールを貼り合わせていきます。
 貼り合わせる部分は、とても几帳面できれい!!
 ガムテープが足りなくなったので途中で中断しましたが
 次回、続きを作るそうです!

CIMG5064.jpg]

↓潜水艦
 この潜水艦はちょっとボロですが・・・(笑)
 ギャーギャー笑いながらテンションもマックスで
 2人のおもしろ発想、とても楽しそう!

CIMG5065.jpg

それぞれに工夫するところ、こだわることこが違い

みんな素敵です。

カッターや目打ち等の危険な道具も使うので

多少の怪我もありますが、子ども達はそこで危険な

道具の使い方を学んでいきます。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
ぽかぽか春です!子ども達は~

春の陽気に誘われて~

子ども達も外で元気に!!

バドミントン↓

CIMG5049.jpg

ミニゴルフ↓

CIMG5052.jpg

5年生の女の子は買い出しにいって

みんなのおやつ作り↓

CIMG5066.jpg

フルーツパフェの出来上がり!!

CIMG5068.jpg

様々な子ども達の悲しいニュースを耳にすることが

多い昨今ですが、空間と仲間と時間がそろえば、

元気にイキイキ活動する子ども達…私の子ども時代

と変わらないなぁと感じます。

子どもの遊びには大人が決めたような規律のある

ルールはありませんが、かといって秩序のないもの

でもありません。

誰かを仲間外れにすることもなく、嫌になれば抜けて

もよし、新しい発想のルールも柔軟に取り入れて

自分の得意分野を発揮し、様々な遊びが展開します。

こういう安心できる場所が子ども達の周辺にたくさん

あって欲しいと願います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
あそびの心理研究所勉強会「経験すること」

昨日は朝から夕方まで、あそびの心理研究所の勉強会

がありました。大阪のジェリーさんも前日からの参加です。

昨年から研修を受けいるスタッフも参加されているので

とても賑やか~

それぞれにいろんな個性があって

内向的な人外向的な人、長所や短所、みんな違っていて

これも私にとってはいい刺激で、勉強になります。


内容は「経験すること〜クオリアからメタ認知まで~」

というテーマで学びました。

「一時経験は、子どもがあそびや生活を通して身につけて

ゆく知識や技術のことです。これに対して二次経験は、視覚

性言語と言われる文字や数式などの記号を操作することで、

主に学校で学び身に付けていく総合的な力として、一次経験

から獲得していく「メタ認知」に焦点を当ててみました。

これは「計画を立て、実行し、目的をはたすこと」に置き換える

ことができます。個人差があるようですが、おおよそ7歳くらい

から身につけてくると考えられています。

他者の視点と自分の視点を比較できるようになるのが、9~

10歳と言われています。メタ認知とその後の学力との相関関係

も研究されているようです。」

         あそびの心理研究所ジジさんの資料より〜


現代の風潮は二次経験だけをとりあげて「できる・できない」と

評価をし、訓練をします。

しかし、その基盤となるものは、あそびや生活の中で獲得

する個人的な経験(一次経験)が、大人が想像する以上に

大切なことのようです。

クオリア(五感を通して自力で感じること)

見立てること

ごっこあそび

ことば

自己中心性

見立てる、並べる、分ける、数える、記憶すること

行動制御と心の理論

エピソード記憶

内言

メタ認知


上記の課題は、どれも自発的に子ども達が遊びの中で

環境や物を利用して試行錯誤しながら、自力で獲得

していく課題です。

大人が焦ったり、不安になったりしないで、子どもの

一つ一つの課題を見守り援助してあげることが

なによりも大切です。


学ぶことで、大切なものが見えてきます。

それを、少しでもお母さん達にお伝えできるように

頑張りたいと思います!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
人形作りはじめました!

CIMG5039.jpg

久しぶりに、荒尾でも人形作りをはじめました。

今日1日で人形のボディは出来上がり!!

形になっていくと嬉しいですね。

顔の輪郭、手足の柔らかさ・・・同じ作り方なのですが

一人ずつ違います。

それぞれに、いい味があって素敵です!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
腹が減ったら?!

「お腹すいた~レオさん何か食べたい!」

と1年生の☆君が訴えてきました。

「ん~どうする?おにぎりとかホットケーキとかなら

材料はあると思うよ」と言うと

「おにぎりがいい!オレおにぎり大好き!」と☆君。

ということで、お米を洗うところから準備してもらい

お鍋でお米を炊いて、各自好きな分だけ

おにぎりを作りました。

言い出しっぺの☆君は3つもにぎって食べましたが

まだ足りなかったようです~

CIMG5035.jpg

自分でにぎった塩おにぎりはサイコウ!

みんな美味しそうに食べていました。

CIMG5036.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
感情のコントロール

2人で(5歳児さん)、アフリカの2重パズルを

協力してやってます。

CIMG5028.jpg

☆君(5歳)はパズルに対しては苦手意識が強く

今までもパズルをやることはほとんどなかったのですが

同じ年の〇君がやっていると、途中から入ってきて

熱心にやりだしました。

〇君は、パズルのピースを取られまいと握りしめて

いるものの、途中から入ってきた☆君を受け入れ

一緒にパズルを完成させました。

2人をみていて大きくなったな〜と感心します。


あそびのアトリエでの子ども達の行動は

大人が教育をしたから良くなったのではありません。

小さい時から、自分の気持ちを主張をし、思い通りに

ならないときは大泣きし、お母さんから慰めてもらい、

そして立ち直る・・・いろんな感情を経験して、少しずつ

自分の感情をコントロールできるようになったのです。



当たり前のことのようですが、

「子どもを信頼して、黙ってあたたかく見守ること」

大人は、頭でわかったつもりになってはいますが

実際に問題が起こった時、失敗をした時、親の不安

がいろんな形で表われます。

一番困っていて、苦しんでいる子どもを追い込んで

しまうのは、親なのかもしれません…。

これは、親として私自身にも当てはまる、大きな課題

でもあります。受験生の息子に対して、イライラしたり

説教してしまったり・・・お互いが、先の見えない不安

に対して、八つ当たりをしてケンカになります〜

当事者でもない私が不安になるのは、子離れしてい

証拠・・・器の小ささを感じてしまします。

逆を言えば、お母さん達の子どもに対する不安感は

痛いほど理解できます。

私は、子どもが失敗したとき、上手くいかないときに

自分の力で、どんなふうに立ち上がるのか、気持ちを

切り替えるのかが、とても大事なことだと思っています。

それは、子ども達から教えてもらったことです。


話は少し変わりますが、

今日の新聞に、東日本大震災から4年ということで

「希望のありか」という記事が目にとまりました。

東大社会学研究所が2005年、社会の中での

希望の意味とありかを探る「希望学」プロジェクトを

始め、翌年から岩手県釜石市に実地調査で通い

続け、震災後も聞き取り調査をされたことが

書かれてありました。

「全国から、支援の手がさしのべられることに

甘えるなと自戒する声があったのも、印象的です。

「与えられた希望は本当の希望じゃあない」

そういって自ら立とうとする気概は、衰退する

まちをなんとかしようと、震災前からじたばたしてきた

釜石だからこそ持てたものに違いありません・・・(略)

希望学プロジェクトは作春、東北関東地方に住む

20~50代に調査を行い、1万人余りから回答を

得ました。興味深いのは、「希望を抱いている」と

回答した人の割合が最も高かったのは、震災で

「ある程度被害を受けていた」人たちだったこと

です。68.5%で、回答者の大多数である「まったく

被害を受けなかった」人よりも9ポイント高い。

挫折や試練を経たとしても、将来に希望を抱くこと

はできるんだ、という私達の仮説が裏付けられた

結果だと感じています。

もっとも、とりかえしのつかない深刻な被害を受けた

人々に向って、安易に「希望をもちましょう」とは

言えません・・・(略)」


「与えられた希望は本当の希望じゃあない」

「挫折や試練を経たとしても、将来に希望を抱

くことはできる」
とても心に響く言葉です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
サクランボ(桜桃)の花が咲き始めました!

今日はとても寒く、朝から雪がチラついています~

寒さに負けずに、あそびのアトリエの畑のサクランボの

花が咲き始めました!↓

CIMG5038.jpg

きれいで~す

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
年中さんパワー~並べる・数える~

パワー全開の年中さん達の様子です。

ごっこ遊びの流れから、宝探しをすることに~

私は「宝を守る人」という役割を頂いたので

試練をクリアーできた人が宝を貰えるルールにしたいと

提案すると、子ども達もノリノリで大賛成!!

●あっちむいてホイで勝てたら→宝1つ

●なぞなぞが正解したら→宝2つ

●算数クイズが正解したら→宝3つ

宝を10個集めたら、もっといいお宝と交換ができます。

3つの中から選んで試練にチャレンジできます。


一番人気だったのは、お宝3個の算数クイズ!!

問題「リスさんが木の実を20個集めました。  
    5人で分けたら何個ずつでしょうか?」

CIMG5022.jpg

問題「5人のかたつむりさんが、一人3枚ずつ葉っぱを

   拾いました。葉っぱは全部で何枚あるでしょうか?」

CIMG5023.jpg

算数クイズは、道具を使って考えていいよと提案

すると、生活体験の豊かな☆君は、すぐに理解して

道具を操作してスムーズに問題を解くことができました。


☆君は5年生の姉と2年生の兄がいる3兄弟の末っ子で

特別に、幼児教室に通ったり、家庭で教材をやったり

お勉強の先取りをやっているわけではありません。

ママからお聞きした話では、日常生活の中で、おやつ

や食事を分ける時、☆君は自分が損をしないように

数を数えて目を光らしているそうです。

「自分が損をしないためにはどうすれば?」という

生きるための身近な問題意識から、数学的な

センスを磨いています。

このような遊びの中で、聴覚情報を、道具を使って

視覚イメージに置き換え、秩序だてて考える力が

子ども達の中に、しっかりと芽生えていることが

わかります。


ありあまる年中さんのパワーは、時には汚い言葉

として現れたり、武器や剣等を使った攻撃的な

行動だったりすることがあります。

成長過程で通過する、情緒的な問題を上手く

クリアーできた子は、自分の興味から入る知的な

活動では、すごいエネルギーを発揮します。


もちろん、この子達も例外ではなく「レオのバカ!」

「ウンコ」「シッコ」と言いたい放題、お手製の剣で

私をやっつけに来る、元気な子ども達です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
転がす

1歳児さんは「転がす」という行為が大好きです。

転がすおもちゃはたくさんありますが、いろんな場所で

いろんな物を使って試みることができます。

CIMG5016.jpg

どこから転がしたらいいか?

どっちに転がるのか?

子ども達は考えて転がしているわけではありませんが

行動を起こすことで、「あれれ?」「何かな?」「おもしろい!」

「もう一回!」等々いろんな感情に突き動かされて、何度も

何度も繰り返し転がしているように見えます。

CIMG5017.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
1歳児さんのコミニュケーション力

1歳9か月と1歳7か月の女の子ペアの様子です。

初めての顔合わせで、なんとなく緊張感が漂います

大人はできるだけ口を挟まないで様子をみていると

距離をとったり、様子を伺ったり、おもちゃをあげてコミニュ

ケーションを取ろうとしたり・・・

1歳児さんなりに、どれくらいの距離でコミニュケーションを

とればいいのかを試みている行動が伺えます。



下記の写真は、前半かなり警戒していた1歳9か月の

〇ちゃんが、後半になって1歳7か月の☆ちゃんに、

2つの同じ色のスプーンを持ってきて、1つを「どうぞ」と

渡しているシーンです。↓

CIMG5015.jpg


社交的☆ちゃんは、〇ちゃんの風船は黄色、自分は風船は

ピンクだとしっかり認識した行動をとります。

☆ちゃんが遊びに夢中になって黄色い風船を転がして

いると、〇ちゃんは黄色い風船を拾って☆ちゃんに何度も

持っていてあげていました。

自分はピンクの風船、☆ちゃんは黄色い風船とお互いに

しっかりと認識し、それぞれの色の風船を大切に抱えていたり

シール貼りをしたりしました。

小さなぎこちない手ではありますが、2人ともシールの裏表を

しっかりと確認して、風船にたくさんのシールをはりました。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
プロペラ飛行機

プロペラ飛行機を組み立てた子ども達

ゴムの力を利用して~

CIMG5001.jpg

飛ばしてみます!

CIMG5002.jpg

風の方向を考えたり、飛ばす角度を考えたり

どうやったらよく飛ぶかを試行錯誤しています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
人体模型ゲーム~子どもが考えるいろんな遊び方~

新しく購入した人体模型のゲーム↓

子ども達はどんな反応をするのかな?

好んで遊ぶのかな?あまり遊ばないかな?

人体模型

おもちゃっぽい模型なので怖くはないよね〜と

思っていたら。以外にも男の子達は恐々…

遠目にみていたり、音はならさないで!!と言ったり

予想以上に怖いようです。


膀胱や膵臓等の細かい内臓は、かなり慎重に入れて

いかないといけないので集中力と手先の器用さが

必要です!

CIMG4999.jpg

小学生の子ども達は「人体模型ゲーム屋さん」を考案

しました!たまたま2人が意気投合し

1年生の男の子は、受付や小物のセッティングや

チケットやお金の手配をします。

もう一人の2年生の男の子は、ゲームのルールを

考えます。

赤色のカードの臓器は3点
青色のカードの臓器は5点
黄色のカードの臓器は1点

受付でお金を払ってカードを臓器カード4枚引いて

時間内にカードの臓器を上手く模型にセッテイング

できたら、お金や景品がもらえるというシステムです。

そして二人で一緒に

ゲーム屋さんの周囲を布で囲って暗くし

中は、懐中電灯で不気味に照らします。

雰囲気もバッチリ。

他の子ども達に宣伝をして、商売大繁盛!!

見えづらいですが、この中でゲームをやってます↓

CIMG5009.jpg

上記の子ども達のように想像が膨らんでゲーム屋さんに

発展する子もいれば、

子どもによっては、臓器の名前に興味を持つ子

壊さないように全ての内臓を入れることに熱中する子

楽しみ方は、子どもによって一人一人違います。

同じ物でも、何を感じるか、何をやりたいか、何が喜び

になるのか?は個々によって全く違うことを思い知らさ

れます。


自由にできるからこそ、一人一人の感じたことや考えを

形にして個人の力を発揮できます。

大人から指示されたルールをただ従順にこなせるだけ

では本来の自分の力を発揮することはできません。


「ゲーム屋さん」を考え付いた男の子達はぞれぞれに

とても気難しい子です。

気分が優れないとき、イライラしたときは、そっぽを向き

悪態をつき、何もやりたがりません。

しかし、自分の力が生かされ発揮できる場を見つけると

水を得た魚のようにイキイキと思考も体も動きだします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
卒業式

昨日は、息子の高校の卒業式でした。

子どもの成長は早いものだなぁ〜としみじみ感じます。


進路が決まっている子もいますが、大半は試験の結果

待ちでもあり、後期試験に向けてのラストスパート

の時期なので、緊張と不安の中にいる子ども達。

来賓や先生たちの挨拶も複雑です・・・。


寒~い卒業式の中、私が一番心に温かくしみた

あいさつは、定時制高校を卒業する方のあいさつ

でした。

その方は、小中不登校で学校にはほとんどいけず

高校は定時制高校に決め、アルバイトをしながら

4年間勉強や部活を頑張ったそうです。

接客のアルバイトで「ありがとう」といわれ

感謝されたときが一番やりがいを感じたこと。

部活ではバドミントンをはじめ、全国大会に出場したり

その影響があってか、団体戦でもいい成績をだせたこと。

残念なこととしては、当初15名いたクラスメイトが

妊娠や勉強の意味が見いだせずに辞めていき

9名になってしまったこと・・・等々を自分の言葉で誠実に

語られ、私も感動しましたが、息子も「すごいね〜」と感動し

珍しく意気投合しました。


息子のクラスの担任の先生は、理系の淡々とした印象。

先生がクラスに戻って述べられた言葉は「みんな進路に

あたっては私の言うことをよく聞いてくれてありがとう・・・」

と言われていました。

家に帰って、息子にその言葉の意味を尋ねてみると

息子から言わせると「先生が、俺たちの言うことを聞いて

くれらしたつばい」とのこと。「ここを受けたい」と言えば

「じゃあ、もっと頑張れよ」とか「ここに変更したい」と言えば

「わかった」と言って受け止めてくれたそうです。

親はついあれこれ口出しをしてしまうので、ありがたい

ことです。


この高校3年間が息子の中でどんなふうに熟成して

糧になっていくのかは、まだ未知数ですが

とりあえず、ここまで成長してくれたことに感謝です

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
| Top Page |