TOP2014年03月

年長さんお泊り会〜ご飯作り〜

夕食はカレー&サラダ

さすが年長さん、みんなやる気マンマン!!

CIMG2743.jpg

玉ねぎを切って炒めてます。

はりきっていた☆ちゃん涙・涙・涙・・・

CIMG2749.jpg

こちらも真剣に炒めています。

お肉を入れるタイミングはいつごろ?

CIMG2752.jpg

自分達で作ったカレーは美味しい

CIMG2764.jpg

モリモリ食べておかわりも!!

CIMG2766.jpg



朝食はオープンサンドと果物

包丁も使います!!

CIMG2776.jpg

大きな口でパクリ!!

CIMG2779.jpg

自分が好きなものをはさんで食べます。

何をはさもうかな?!

CIMG2780.jpg

昼食は公園でおにぎりをパクリ!!

白いおにぎりに海苔を巻いたシンプルな昼食

子ども達は「美味しいね!」といくつも食べていました。

空腹は最大のご馳走ですね

CIMG2793.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
年長さんお泊り会~陶芸~

年長さんのお泊り会で、美術家の安井健二さんに来て頂き

一緒に器をつくりました。

まずは安井さんから粘土を切り分けてもらいます。

CIMG2700.jpg

はじめは、粘土を机に叩きつけます。

CIMG2704.jpg

コロコロ粘土を丸めます。

CIMG2702.jpg

トントン粘土をのばします。

CIMG2710.jpg

器を使って型どりをします。

CIMG2706.jpg

作品作りに夢中!!

CIMG2726.jpg

なかなかいいでき満足!!

CIMG2727.jpg

釘を使って模様を描いたよ!

CIMG2728.jpg

慎重にフチを整えて~

CIMG2731.jpg

模様も段々複雑化してきます!

CIMG2725.jpg

自然と力が入ります!

CIMG2732.jpg

ステキな器できたよ 

CIMG2734.jpg

お皿のフチには可愛い模様!

CIMG2735.jpg

最後まで丁寧に作ったよ!

CIMG2736.jpg

どの子も手を動かすほどに粘土に魅了されて

段々と作品作りに力がはいります。

それぞれ個性的なステキな作品ができあがりました

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
年長さんのお泊り会に行ってきます!!

毎年、年長さん最後のリボンクラブはお泊り会です。


山登りでひと回り成長した子ども達

今日から1泊2日で熊本の子ども達と一緒に

陶芸をしたり、食事を作ったり・・・生活を共にします。

大きなけががないよう気を付けながら

いろんなハプニングを楽しんできたいと思います!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
小学校ってどんなところ?!

2年生の女の子が小学校のことを

新1年生のために描いてくれました!!

CIMG2698.jpg

下記の絵は、4月から1年生になる男の子が

小学校に行った時に印象に残ったことを

絵に描いて持ってきてくれました。

CIMG2631.jpg

1年生を迎える喜び

新たに1年生になる喜び

それぞれに、胸ふくらませながら描いてくれたんだろうなぁ~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
年少さんのお散歩会~電車に乗って木葉駅へ~

年少さんグループで電車に乗って木葉駅近辺をお散歩して

きました。下記の写真は子ども達の様子です↓

IMG_1039.jpg

遊具で遊ぶのも楽しいですが~

tamana31.jpg

近辺を探検するのも楽しい!

IMG_1066.jpg

公園の隣には西南戦争の戦没者のお墓があり

少し違った雰囲気です。

雨上がりで、コンクリートの階段からは白い蒸気が

モクモク見えるのも不思議~

IMG_1056.jpg

棒を片手に、妖怪探しをしている子ども達

なんとな〜くみんなまとまって行動してます。

IMG_1058.jpg

少し先へ進んで・・・お城の跡地の高台へ!

IMG_1063.jpg

IMG_1067.jpg

山登りにお手伝いに来てくれたお兄ちゃんが遊びに来て

くれました。

子ども達は、お兄ちゃんと鬼ごっこをして大興奮!!

IMG_1091.jpg

たかたか鬼っぽいルールで遊んでます!

IMG_1089.jpg


実はこの日いろんなハプニングがありました。

行きの電車に乗り遅れ、駅の近くの公園で遊んでる様子↓

CIMG2643.jpg

CIMG2642.jpg

CIMG2641.jpg

tama 1

道草も楽しい!木登りも大満足☆

この後、電車に乗ったまでは良かったのですが・・・

急に雨が降り出し、とりあえず木葉駅の休憩室で雨宿りを

しながらお弁当を食べている間に・・・ナント!ナント!

黒雲の間から青空とお日様の光が見えてきました☆

朝からママと別れるのが悲しくて大泣きしていた〇君が

おにぎりを食べて笑顔になった瞬間だったので

「〇君が泣いたら雨がふるけど、〇君が笑ったらお日様が

 でてくるんじゃない?すごいね!!」と言うと

〇君は「ハハハ」と大笑いをしてくれました。

その後、終始〇君はご機嫌でニコニコ!!

もちろん、お天気も良く絶好のお散歩日和と

なりました

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
金峰山登山に行ってきました!

バスを下りで歩道を歩いています。
CIMG2645.jpg
登山口からいよいよ山に登ります。
CIMG2648.jpg
子ども達にとっては険しい道です。
CIMG2651.jpg
歩く
CIMG2654.jpg
歩く
CIMG2659.jpg
歩く
CIMG2661.jpg
最後の急な階段を登りきったら頂上です!
CIMG2663.jpg
頂上ではさっそくお弁当タイム!
CIMG2665.jpg
CIMG2670.jpg
CIMG2671.jpg
CIMG2673.jpg
お弁当とおやつを食べた子ども達

休む間もなく活動開始!!
CIMG2674.jpg
周辺を探索中
CIMG2677.jpg
お手伝いのお兄ちゃんと「だるまさんがころんだ」

の遊びがはじまりました。
CIMG2679.jpg
「だ・る・ま・さ・ん・が」
CIMG2680.jpg
「こ・ろ・ん・だ!!」
CIMG2681.jpg
お次は「かくれんぼ」
CIMG2683.jpg
記念撮影
CIMG2688.jpg
下山もかなり大変です!
CIMG2691.jpg
最後のグループが無事到着
CIMG2694.jpg
バスの待ち時間もコンクリートの斜面をよじ登る子ども達

ズボンが擦り切れてお尻の部分がボロボロになった子達も

いました・・・

CIMG2695.jpg

みんなよく頑張りました!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
男の子はなぜ武器をつくりたがる?

CIMG2595.jpg

年長さんの男の子グループが毎回作るもの…

それは〜「武器」です。

鉄砲や剣等、とても精密に作られています。

男の子は強くなりたい願望が大きくあるようで

工作が苦手な子も、お友達の真似をして一人で

黙々と作り上げました。

私が覗き込むと「レオさんみらんで!!」と怒!!

作るたびに精度が上がっているようです。


ウィニコットの忠告に「子どもが攻撃性を持っている

ということを受け入れなければなりません」というのが

ありました。

自由を奪われた子どもは破壊性に向かうことがあるからです。

私たちの出来ることは、危険を回避すること、ごたごたを

調整すること、子どもの攻撃性を受け入れること、

月年齢に相応しいより良い環境を用意することなどが

考えられます。

      あそびのアトリエ ジジの記事より〜



あそびのアトリエでは、危険が及ばないかびり

武器作りを止めることはしません。

武器作りの自由を奪われた子ども達は、何らかの形で

破壊性に向うかもしれないからです。

思う存分に武器作りをした子ども達は、その後カプラ

遊びに熱中していました。

CIMG2577.jpg

攻撃性という言葉には、良いイメージはあまり浮かびませんが

岡田 督氏の「攻撃性の心理」という本の中に

「自己主張としての攻撃性は、知的な仕事を成し遂げる基礎であり

独立を達成する基礎であり、まだ、人間がその仲間の中にあって

己を持するために必要な正しい自尊心の基礎である」と定義

されています。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
山登り 行きたくな~い?!

4年生の☆ちゃんから「おひさまクラブでピクニックにいきたい!」

と提案がありました。

男の子達は「イヤだー!」と猛反発

☆ちゃん「サンドイッチをもってみんなで広い場所でいっぱい

     あそぼうよ!楽しそうでしょ!!」

男の子達「イヤー」

レオ「じゃあ何がいい?山登りなんかはどうかな?」

〇君「オレ山登りがいい!」

◇君「オレも!」

△君「オレ イヤだ〜」

☆ちゃん「じゃあさー多数決にしょう!」

ということで多数決をしたのですが2対2に分かれて

しまいました・・・

☆ちゃん「レオさんどっちがいい?」

レオ「ん~山にお弁当をもってピクニックに行きたいなぁ」

☆ちゃん「そんなのダメ!」

レオ「エーどっちも決めきらん~」

☆ちゃん「しょうがないなぁ〜じゃあさぁ、山にサンドイッチを

     持ってピクニックでいい?」

「は〜い」「いいよ〜」「えー」いろんな反応がありましたが

結果的には山登りピクニックに決定!!

お弁当は、頂上でサンドイッチができるように

それぞれ手分けをして材料を持ちよりました。


山での様子です。↓

お天気も良く、森林浴気持ちいい〜

山登りが初めての子はかなりきっかったようです

CIMG2596.jpg

頂上でさっそく駆け回る子ども達~

CIMG2599.jpg

頂上で食べるサンドイッチは格別!

CIMG2600.jpg

以下、子ども達が遊びながらとった写真です。

CIMG2609.jpg

CIMG2610.jpg

CIMG2621.jpg

CIMG2624.jpg

みんなの楽しそうな様子が伝わってきます〜


後で知ったのですが、ピクニックに反対した男の子達は

山登りかピクニックの選択肢しかないと思っていて

山登りはイヤだけど、ピクニックよりもましだから

仕方なかった…のだそうです。


山登り当日の朝も「朝からスイミングのテストがあるから

疲れているので山登りには行けません」と電話してくる

子もいましたが、サンドイッチの材料の役割分担は

どするか?△君が来ないと困ることを話すと

仕方なく納得してくれました。


実のところ、ピクニックの方がよかった子

仕方なく山登りに手をあげた子

行きたくなかった子・・・等

みんなで決めたものの、あまり乗り気でなかった

山登りでしたが、自然は子ども達を大きく包み込んで

くれます。走り回ったり、大声を出したり、木に

登ったり、転げまわったり、自由にのびのびと過ごす

時間は子ども達の心と身体を元気にしてくれます。










にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
6才児さんのカプラ作品

CIMG2577.jpg


CIMG2582.jpg

先頭の貨車は2階建て、汽車の先端や屋根は

子ども達のこだわりの部分です!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
モザイク遊び

年長さんの男の子グループに

小さなモザイク10個と大きなモザイク10個を並べて

どちらが多いか比べてもらいました。


CIMG2565.jpg

「こっちが多い!」と黄色い方をすぐに指さす子

慌てて数え間違える子、じっくりと数える子・・・

それぞれの個性が伺われます。


正解を教えるというよりも、ここで子どもが何に着目し

どういう思考をするのかを大切にします。

量の概念、数の概念をどのように子ども達が捉え

理解しているのか?

一緒に考えることで、お互いに刺激を受け合い

新たな発見があるようです。


モザイクで模様を作りました。

モデルを正確に見て作った子の作品↓
(少し自分なりにアレンジも入っています。)

CIMG2569.jpg

自分で考えて作った子の作品↓

CIMG2568.jpg

同じ素材を扱っても、それぞれのパーソナリティーの違いで

作る過程や出来上がりの作品は様々です。

違うから面白い!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
春をみ~つけた!

CIMG2553.jpg

自然の大好きな4才〇ちゃん

〇ちゃん「レオさんお花とりに行く約束やったろ!」

レオ「あー!そうやったね。じゃあお外に見つけにいこう」

外にでて春の花を採集しました。

部屋に入って白紙に花を貼り付けてみると

なんだかとても素敵です。

〇ちゃんも大満足で、花の周りに絵を描きたしています。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
6才児さんのカプラ共同作業

この日は「カプラで遊ぼう」ということになり

前半、子ども達のイメージが広がるまでは

鉄橋や汽車を私も熱心に作りましたが

後半になると、子ども達もだんだんイメージが膨らみ

「ここは僕がつくる!」と粘り強く作りはじめました。

色つき線路を熱心に作っています。↓

CIMG2571.jpg

前回から作っていた木製新幹線をパワーアップして

います。↓

CIMG2572.jpg

線路と建物をつなげる工夫をしています。

カプラをゴムでつなぐことを思いつき

つなげているところです。↓

CIMG2574.jpg

それぞれイメージがふくらむともう止まりません~

紙飛行機を作って自衛隊の基地を作る子、

恐竜の博物館を作る子、新幹線の荷物運びのレールを作る子、

階段を作る子、駅を作る子、駐車場を作る子、

橋の強度を強くする子、

電車を連結させる子、汽車にお客さんをのせる子、

椅子を並べる子・・・

それぞれに気づいたことをカプラやおもちゃを使って

形にしていきます。

時々イメージが食い違うと

Y君「それ違う違う!そこは新幹線の線路たい!」

S君「じゃあどうすればいいと?この階段壊して作り直す?」

Y君「そうして」

S君「わかった!・・・じゃあこうしたらどう?」

Y君「おーそれいいね!!」

自分の意見を相手に伝え、相手の意見も聞き入れて

妥協点を見つけて作り上げていく過程をみていると

みんな成長したなぁ〜と感心するばかりです。

CIMG2575.jpg

完成!!↓

1時間以上かけて作り上げたカプラ作品には

子ども達も大満足の様子でした。

CIMG2576.jpg



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2才児さん~ハサミと折り紙と糊を使って~

2才の男の子(左)と2才8か月の女の子(右)の

作品です。↓

CIMG2544.jpg


2才になったばかり男の子は、まだ上手くハサミが

使えずに紙を手でちぎり、指先で白い方に糊を付けて

裏返して上手に貼っていました。

糊をつけて貼ることが面白かったらしく

紙を貼りつけるたびに、喜びが溢れ出るようにニッコリ

嬉しそうな表情をしていました。

2才8か月の女の子は、ハサミや糊を上手に使って

貼り付けましたが、あまり強く興味を引かれることが

なかったらしく、チョチョッとやってしまうと

違う遊びに興味を示しました。

同じ学年になりますが、月齢や個人差によって

興味を示すところが全く違います。


大人は子どもがどんな所に関心を示して集中しているのか

よーく見て、子どもが何を喜んでいるのかをキャッチして

共感してあげるのが一番大切のように思います。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「生きる力」「考える力」を育てるとは・・・どういうことでしょうか?

「生きる力」「考える力」を育てよう・・・等と

大人は安易に口にしますが、私は本当にそれがどういう

ことを意味するのか?考えることがあります。


夫は肝移植をしている為に、時々大学病院に入院をして

検査を受けることがあります。

数値が悪くて検査入院というと、少しがっかりもしますが

数日入院しただけで、いろんな人との出会いがあるようです。

先日は、胆道閉鎖症でお母さんから生体肝移植を受けたという

高校1年生の男の子と出会ったそうです。

その子が、移植後の数値が悪くて7ヶ月も入院していると聞き

我子と同じくらいの子が、こんなに頑張っているなんて…

とショックを受けていました。

多感な時期で、夢を描いたり、いろんなことにチャレンジしたり

やりたいことはたくさんある年齢だろうに

病気と闘わなければいけないとは、本当に辛いことです。



三砂ちずるさんの講演会で「人間の歴史は、病気と災害と戦争

この3つとの戦いでした。」という話を聞いた時に

とても納得したことを覚えています。

絵に描いたような「幸せ」がいつもいつも人間の歴史の中に

あったわけではないのです。

勿論、それぞれの時代の営みの中での「幸せ」があったことも

想像できますが、しかしそれがずーっとが続くわけでもありま

せん。


東日本大震災のような大きな災害に突然襲われるかもしれません。

突然病気になるかもしれません。

戦争なんて…と思いたいところですが、世界を見渡すと

いろんな紛争が起きて、たくさんの貴い命が失われています。



では、私達は何もなす術がないのか?といえば

そうとは限らないと思います。

病気になっても、どういう気持ちで生きるかは選択できるし

災害に遭わないような対策や対応を考えることもできるし

戦争に対して反対の意思を表明できるし

生きている限り、多少の不自由はあっても

自由に考えること、話すこと、行動することはできます。

身体が不自由になれば、行動すること話すことが制限される

場合もありますが・・・思考する自由はあるはずです。



親は子どもを「心配する」のが務めかもしれませんが

同時に子どもを「信頼する」ことも大切なことです。

子どもを信頼するには、やはり小さい時からの母子関係

が大きな影響を及ぼすように思います。

幼い時から、子どもが心配で指示ばかりしている親ほど

子どもが大きくなって目が届かなくなると不安が大きく

なるようです。

逆に、幼い時から子どもを信頼して危険がない程度に

子どもを見守り、困った時にだけ援助をしてあげる親は

子どもが大きくなって目が届かなくなっても

心配はしても、どこかゆるぎない信頼感があるので

大きな不安を抱くことはありません。


幼い時から自己決定を許された子は

大きくなってから、大きな問題にぶっかっても

自分で考え、選択し、行動できる人になっていくと

思います。


大人が用意した問題を正確に早く答えることができ

優秀な学校に入ることに大きな価値をおく現代は

大きな落とし穴があるように思えます。


「生きる力」「考える力」とは、学力や知性だけをいくら

磨いても、それだけで身につくものではないのではないで

しょうか?

















にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
それぞれの年齢で遊べる万能おもちゃ

積木は、なめたり、打ち合わせたり、積んだり、並べたり

月齢に応じた遊び方がたくさんあります。

2才になったばかりに男の子はとにかくきれいに並べます。

2才8か月の女の子は、並べる、積む、重ねることができる

ようになり立体的な積み方をするようになってきました。

CIMG2542.jpg

3才と4才の女の子は、積木でお家や公園を作っています。

滑り台や、階段、家の屋根、お風呂・・・等

積木を操作しながら、たまたまできたものに

後から意味づけをします。

4才くらいになると、かなり目的を持って作るようになり

椅子やテーブル、家の入口、温泉も作っていました。

CIMG2549.jpg

木尺のそろったシンプルな積木は

年齢に応じた遊びが出来て、子どもの想像力を

かきたてる素晴らしいおもちゃです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
春が来ました!

室内遊びを十分に楽しんだ3才の男の子達が外に飛び出すと

小学生が掘った穴を発見!!

やはり穴に入ってみたかったようです。↓

CIMG2545.jpg

3月に入っていろんな花が咲き出しました!

普通の桜よりも開花の時期が早いようです。

5月には可愛いサクランボの実がなります!↓

CIMG2546.jpg

雑草も青々として元気に大きくなってます!

CIMG2547.jpg

秋に植えたスナックエンドウも花が咲きだしました。

CIMG2548.jpg

風は冷たいですが、春がきました!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
強くなりたい憧れ!~何ができたかな?~

入口の木片に興味を持った子ども達~

小さなものではなく、長い木片や貨車の付いた板に

釘を打ち付けますが上手くいきません・・・

次にセロテープで付けてみましたが上手くいきません

お次は、布テープでやってみたら上手くできたようです。

熱心に板を組合わせ、後から参入してきたお友達も

「オレもやりたい!」と言って作りだし

2人の作品が合体したところです。↓

CIMG2536.jpg

部屋の中から恐竜や工作で作った船やらメリーゴーランドを

持ち出してきて賑やかになってきました。

CIMG2540.jpg

「何を作ったの?」と聞くと

「センシャ」「レオさんをやっつける!バンバン!!」と

満足そうに説明してくれました。

男の子の「強くなりた~い」という憧れの気持ちは

まずは強さを象徴したものが表現されるようです。



女性には理解できない部分も多々あるので

ママは心配になることもあると思いますが・・・


この時期の表面的な強さへのあこがれが

成長と共に発達を遂げ

内面的な心の強さへと発展していくよう

大人はサポートしなければいけないと考えます。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
納得いかないはんぶんこ~大人の対応はどうする?

4才と5才の女の子達が

前回作った紙バックをまたまた作りたい!

ということで・・・バック作りに再度チャレンジ



まずは、画用紙を切り分けるところからやります。

はりきって画用紙を切りはじめた4才の〇ちゃんですが

片方の画用紙が少し破けてしまいました。

2人とも綺麗な画用紙が欲しく、火花が散ります!

(誰だって綺麗な方が良いに決まっています…)

〇ちゃんが破けたところをテープで貼って修理を

してから5才の☆ちゃんにそれを渡しましたが

☆ちゃんも勿論、綺麗な画用紙が欲しくて

無言で数秒間の引っ張り合いに~

5才の☆ちゃんが力づくで綺麗な方の画用紙を

取り上げました。

4才の☆ちゃんは納得いかないようでしたが

すぐに気持ちを切り替え、修理した画用紙を使って

バックを作りはじめました。


一度バック作りを経験した2人は手際よく作業

今回はキラキラの星や花やリボンを付けて

て豪華に出来上がりました。

(写真にとりそびれてしまったのが残念~)



私が新しい画用紙を出してあげることもできますが

大人がしゃしゃりでて問題解決をして

バックを作り上げても、子ども達にとっては

ただバックを作ったという経験だけになって

しまいます。

葛藤、自己主張、妥協、工夫、我慢等々・・・

いろんな気持ちを体験して問題を解決するプロセスが

子ども達にとっては一番大切な経験だと考えています。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子ども自身が考え行動するとき…大人はどう対応すれば?

この日☆君が一番集中してやったことは

レンガを壊れないようにくっつける作業でした。

レンガを全部移動して積み上げ、泥と水を練って

左官職人のような手つきで作業しています。


CIMG2505.jpg

CIMG2506.jpg

バケツに泥を入れる、水を汲んでくる、ほど良い固さに混ぜる

一連の作業を段取りよくするのは難しく

☆君は行ったり来たり、労をいとわずに作業をしています。

レオ「☆君ジョウロあるよ。使う?」

☆君「それいいね!」と提案をすぐに受け入れて作業を続行

レオ「☆君バケツは土の近くにもっていけばどうかな?」

☆君「そうだね!」と言ってバケツを運びます。

5才の☆君にはまだ作業の全体像をイメージして段取りよく

やることに大きな意味はなく

目の前のことを1つずつ考えてやっていくことが

一番大切なことなのかもしれません。


私も出来る限り☆君自身が考えて行動することを尊重して

見守るように心がけますが

大人はついつい効率だけを重視して、子ども自身が

気づくまで待てないことが多々あるように思います。

私もちょっと口を出し過ぎたかな?と反省しつつ…

大人が口をどこまで出すかはよーく考えなければ

いけません。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ペットボトル スノードーム

前回「こんなものを作りたい」と計画をした紙↓

CIMG2496.jpg

実際に材料をそろえてやってみることに~

CIMG2533.jpg

CIMG2531.jpg

キラキラのスパンコールやプラバンに好きな絵を描いた

ものやキラキラ絵具等をペットボトルに入れ

水と洗濯糊を1対1の割合で注ぎます。

細かいものをピンセットで入れたり

水や洗濯糊をこぼさないように気を付けて入れる作業は

かなり集中力が必要です。

年長さんの女の子達はりきってやってました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |