FC2ブログ
TOP2013年08月30日

教育って何だろう・・・?

カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した是枝裕和監督の

若かりしき頃の作品をご紹介します。

是枝裕和『もう一つの教育』自然学習ドキュメンタリー


かなり昔の話ですが(20年以上?)賢治の学校を立ち上げられた

鳥山敏子さんの教育に共感したことを思い出します。

教育の現場で鳥や豚を飼って、クラスの子ども達がお世話をして

食べるところまでが教育として、本や映画となりました。

自分達が可愛がって飼っていた動物が、ある日食料になる…

大人の私でもかなりショック、しかしこれ現実。

宮沢賢治の「よだかの星」が頭をよぎり、胸が苦しくなります。




「もう一つの教育」では、子ども達の興味や意欲から

あらゆる学習が進められています。

1年間の牛のエサ代のを計算したり、牛小屋を建てたり

牛の出産を通して自分達の体についても学習したり

牛の飼育日記をつけたり、牛のエサについてどんな草が

いいのか調べたり・・・

牛を飼うために必要なことを積極的に学習したり、議論したり

そのなかで知識を深めていく学習は、本当にすごいなぁと

感動します。

今の日本の教育の主流は、大人側の一方通行の学習・・・

全ての子ども達がついて行くには無理がありますよね。

私自身、自分の興味のあることから学習をするタイプ

意味のない学習には興味を持てなかった落ちこぼれ

だったのでよけいに共感するのだと思いますが・・・













スポンサーサイト



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |