TOP2013年03月

合同年長さんお泊り会に行ってきます!

熊本・荒尾の年長さんのリボンクラブのお泊り会に

今日から御船の恐竜博物館&化石採集に行ってきます。

2日間お天気も穏やかそうで良かった〜

今回は大阪からジェリーさんとニーナさん親子も参加されます。

お二人の子どもさん達も同じ年長さん

にぎやかなお泊り会になりそうです。

今から行ってきます

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2才さんはどんな遊びが好き?

IMG_3127.jpg

2才さんはあそびが豊かになり充実する大切な時期です。

もちろんそれ以前の2年間の母子関係や生活環境、家族構成

又は性格や性差で個人差はありますが。



一般的に2才児さんが好きな遊びは

ごっこあそび・ままごと・人形のお世話・汽車・車

ひも通し・ペアカード・ペグ付きパズル、4ピースパズル

ハンマー・マグネット・ノリ・ハサミ・粘土…


積木を並べるたり、入れたり、秩序のあるものを好み

おもちゃや道具を用途に合わせて使えるようになってきます。

子どもによって興味を示すものは違いますが

子どもが興味を示したものに合わせて、子どものペースで

遊んであげることが一番大切です。

大人の「違うわよ、こうでしょ。」という空気や

教えようとする思惑は子どもは敏感に感じるので

この時期の大人のかかわりはとても大切になってくると

思います。


注意しておきたいことは

外あそびが少ない子は、上記に記た室内あそびよりも

外にでて体を動かしたがるので

やはり外遊びを保障してあげることは大切です。

逆に、外あそびばかりしている子は、注意して物を見たり

手先を使ったっ遊びが少なくなりがちなので

子どもの欲求にあった遊びの提案も必要なのかなぁ

と思います。


2才児さんの特徴はとにかく同じ遊びを繰り返します。

同じおもちゃで、同じ流れの遊びを好み

こだわりが強い時期でもあります。

ある子は車のタイヤの動きを寝転んで観察したり

ある子は毎回ままごと遊びに夢中になったり~


この時期は並行遊びと言って、子ども同士同じ空間にいても

遊びが交わることなく並行して遊ぶ時期でもあります。

交わる時は取り合いのケンカくらいでしょうか?!

並行遊びをしながらも子どもはお友達の遊びを

時々じっと観察し、何時の頃か?

その遊びを真似っこすることもよくあることで

なにげなく、お友達が近くで遊んでいる空気は

大切だなぁと思います。

もちろん取り合いのケンカも大事な経験です。


一人遊びが上手になる時期でもあるので

子どもの様子を見て一人で遊ぶ時間も保障してあげるといいかと

思います。



大人は2才さんの充実した遊びの邪魔をせず

保障してあげたいものですね。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
小学生おひさまクラブ春のお出かけ~玉名牧場へ〜

おひさまクラブの小学生と玉名牧場に行ってきました。

こんな近くにこんなすごいところが~驚き!!

人間、動物、自然、食・・・全てが無理なく循環しています。

自然の中で生きる動物たちはとても穏やかで

子ども達はすぐに溶け込んでいました。

難しい理屈を言い聞かせるよりも身体で感じることが一番!

子ども達の表情を見ているとわかります。


ニワトリ達と一緒に子牛が放牧されています。

ニワトリが食べきれない草を子牛が食べてくれて

草が大きくなり過ぎないのだそうです。

IMG_1566.jpg

IMG_1570.jpg

広い敷地で飼育されているのでニワトリはストレス

もなく穏やかです。ニワトリも触らせてもらいました。

IMG_1568.jpg

乳牛は東京ドーム3個分の広さの敷地で

30頭くらい飼われていていて

それ以上多くなると牧草が足りないのだそうです。

牛さんたちは自由に草を食べまわっています。

IMG_1576.jpg

牛の糞の匂いを嗅いでいます。

ビックリ!!ぜんぜん臭くありません。

タンパク質の飼料を食べていないから臭くないのだそうです。

IMG_1578.jpg

こんな糞です。

IMG_1611.jpg

豚さんは4頭いました。

雑草をよく食べます!子ども達大喜びで草を食べさせて

いました。

IMG_1602.jpg

昼食は~

玉名牧場さんのこだわりの素材を使ったピザランチ

前菜はホウレンソウサラダ&キッシュ

IMG_1583.jpg

メインのピザ

IMG_1585.jpg

デザートは牛乳とシフォンケーキ

IMG_1586.jpg

ご主人がトムソーヤの冒険のハックの家をイメージして

作られたというツリーハウス!素敵です〜

IMG_1588.jpg

子ども達が一番仲良しになったのは・・・

4匹のワンちゃん達

IMG_1581.jpg
IMG_1582.jpg
IMG_1624.jpg
IMG_1628.jpg
IMG_1629.jpg

まだまだずーっとワンちゃん達と一緒にいたかった子ども達…

帰りにはワンちゃん達の周囲をきれいにお掃除して

「また来るね!」と別れを惜しんで玉名牧場を後にしました。


無農薬・無肥料の自然な野菜

広大な敷地で野生に近い状態で飼われている動物

いろんな苦労をされて14年継続されている玉名牧場

の素晴らしさが少しずつ広まっていくのだろうと

思います。

ぜひ、リボンクラブの子ども達とも一緒に行きたい

です!!




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
春~お別れの季節~

2才前からリボンクラブに通ってくれていた☆ちゃん(5才9か月)が

お父さんの転勤で3月いっぱいでお引越しされます。

春はウキウキする楽しい季節なのですが

お別れが多い少し淋しい季節でもあります・・・


2才くらいの頃はチョロチョロとよく動きまわり

お友達と喧嘩したり、泣いたり、ぐずったり、怒ったり

大きな口をあけて大声で笑ったり~

いろんな☆ちゃん表情が思い出されます。

今ではしっかり者の可愛らしいお姉ちゃんになり

2ヵ月の弟のお世話もとても上手です!


☆ちゃん「夏休みに遊びにくるね!」と約束して

くれました。

遊びに来てくれる日を楽しみにしています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「昔話の深層」~母親の愛情とは?~

河合隼雄さんの「昔話の深層(ユング心理学とグリム童話)」は

母の愛情の裏に隠れた無意識の領域をグリム童話のお話を

例えながらわかり易く書かれています。

改めて、時代を超えて言い伝えられ生き残ってきた昔話の

偉大さを感じます。




神話や昔話などに登場する女性像には、慈悲深くやさいし

母親像と、このトルーデさんのように恐ろしい魔女の姿を

とるもの、二つの傾向があることに気づくのである。

この極端な両面性を、われわれはどう受け止めるべきであろうか。

古代に人間にとって「母」とは不思議なものであった。

母によって子どもが産みだされ、種族が維持される。

母こそ生命の源泉であった。これに対して、父の生殖にあずかる

意味は明確ではなかった。また生命を産みだす現象は、植物が

土から生まれ育ってくることにも認められた。しかも、冬になって

植物が枯れ、土に還ることを考え合わせるならば

土こそは「死と再生」の現象が行われる母体であると

感じられたに違いない。

    (中略)

地母神は同時に生の神であり死の神なのである。

これを示す一例として、日本神話におけるイザナミは、日本の

国を全て産みだした偉大なる母の神であるが

黄泉の国を統治する死の神でもある事実をあげておこう。

かくて母性はその根源において、生と死の両面性を持っている。


つまり、産み育てる肯定的な面と、すべてを呑みこんで死に

至らしめる否定的な面をもつのである。

人間の母親も内的にはこのような傾向をもつものである。

肯定的な面はすぐに了解できるが、否定的な面は、子どもを

抱きしめる力が強すぎるあまり、子どもの自立をさまたげ

結局は子どもを精神的な死に追いやっている状態として

認められる。両者に共通な機能として「包含する」という

ことが考えられるが、これが生につながるときと

死につながるときと両面をもつものである。

河合隼雄氏「昔話の深層(ユング心理学とグリム童話)」より〜





子どもとの関係がギクシャクしたり、上手くいかないとき

子どもに全ての問題を転化してしまうのではなく

自分自身も「母」としての無意識の負の部分を意識すると

少し問題の糸口が見えてくることがあります。

ある時は、大切に保護して育てる時期も必要ですが

子どもは日々心も身体も成長しているので

子どもの成長に合わせた対応が必要になってくるのだと

思います。

身長や体重は計れますが、心の成長は目には見えないし

計れないので、子どもとコミニュケーションをとりながら

親が調整していかなければいけないのかなぁと思います。


いろんな問題を乗り越えながら自立に向かっている我子を前に

少しさびしく不安になる私の気持ちを整理するのに

河合さんの本をピッタリだったように思います。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2回目山登り~雨で予定変更~

昨日の山登りはあいにくの雨・・・予定を変更して

熊本と荒尾の中間地点の玉東町福祉センターのホールを

借りて活動をしました。

残念がる子、山登りしなくてよかったという子…

子ども達の思いもそれぞれだったようです。


子ども達の活動の一部を写真で紹介します。↓

IMG_1527.jpg

IMG_1528.jpg

IMG_1529.jpg

IMG_1532.jpg

IMG_1537.jpg

IMG_1538.jpg

IMG_1544.jpg

IMG_1552.jpg

IMG_1550.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
山登りの後で〜どうぶつ将棋作り〜

山登りでは、小雨の為1時間ほど早めに帰り着いた子ども達

あそびのアトリエでお迎えを待つ間

どうぶつ将棋を見つけて遊んでいました。

前回「こびとずかんのすごろく」を作ったのが自信になったのか

どうぶつ将棋を各自せっせと作りはじめました。

「えーそんな時間あるの?!」という私の声など耳に入りません。

            ↓実物
41f-HzVPqFL__SL500_AA300_.jpg

  ↓子ども達が作ったもの

IMG_1503.jpg

IMG_1504.jpg

マスが1段多くなったり、動物が恐竜になったり

コマの動きが変わったりと…かなりアレンジされて

いますが、本人達は自分で作ったどうぶつ将棋に大満足!

コマの絵もかなり素敵です☆

各自大事に持って帰りました。




明日は年中さん達の山登りです。

天気があやしいですが、雨が降らないことを祈ってます!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
1回目の山登り行ってきました!

昨日年長さんたちと山登りに行ってきました。

JRで上熊本駅まで行き、バスで熊本の子ども達と合流。

バスから降りて、山頂に向って出発!

IMG_1463.jpg

登山道までの2キロの歩道を歩き

いよいよ山道を登ります!

はりきっている子は準備体操までやってます。

IMG_1466.jpg

山道は個々のペースで歩いて行きます。

IMG_1480.jpg

岩や根っこがゴツゴツ、歩きにくい〜

IMG_1473.jpg

ラストスパート階段を登ります!!

IMG_1489.jpg

ママの手作りお弁当美味しそう!

IMG_1496.jpg


みんなで記念撮影

IMG_1499.jpg

小さな雨がポツポツ降り出してきたので

車で下山するか迷いましたが、子ども達はやる気マンマン!

みんな体力もあったので思い切って下山することにしました。

小雨で岩が滑り易くなっていたので、数名の子ども達は

転んでしまいましたが、怪我もなく雨もひどくならずに

無事下山することができました。

IMG_1501.jpg

ちょうどいい時間のバスがなかったので駅までは

待機してもらっていた車で送ってもらいました。

年長さん達、まだまだ元気いっぱい〜

駅のホームでは、かけっこをしたり色つき鬼をしたり…

まだまだ体力あります!!

周囲の方には多少ご迷惑をおかけしました~

「すみません!!」

IMG_1502.jpg

今回、頂上で小雨が降りだすというハプニングが

起こりましたが、年長児さんが多かったこともあり

とても早いペースで下山できました。

帰りには、子ども達同士で声を掛け合って歩くペースを

調整する姿も見られました。

少し遅れて歩いてくる子が「ちょっと待って!」と言うと

先頭の子は歩く早さを調整したり

先頭の子が後ろを振り向いて「あれ〇ちゃん来てる?」

と遅れてきている子のことを心配したり

「まだ☆君がきてないからちょっと待って」と言ったり

「ここは滑るから気をつけてね」と声を掛け合ったり

転んだ子の心配をしたり・・・

子ども同士で気を配っている姿に感動しました。


多少のハプニングも子ども達にとっては良い栄養に

なるようです!!



明後日も山登りです!!晴れることを願っています☆

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
思い通りにできない積木

3才になったばかりの☆君と一緒に積木で

温泉とトイレに行く道を作りました。

IMG_1435.jpg


立方体と直方体を規則的に積んでお城を作っています。

IMG_1433.jpg

満足!

IMG_1434.jpg


上記の写真をもう少しだけ詳しく紹介すると・・・

温泉にトイレを作りたいと言いだした☆君と一緒に

積木で道を作りはじめますが、手先に集中をすると

身体や足が積木に当たり何度も壊れてしまいました。

イライラしてきた☆君命令口調で「レオさんして!」といいます。

私が「手伝うから☆君も一緒に作ろう!」と励まし一緒に

何度もやり直しました。

3才さんが手先に集中して積み木を積んでる時には

他の身体に配慮することは本当に難しいようです。

思い通りにいかないことを

大人に励まされ気持ちを立て直し再度チャレンジする

こういう体験は積木ならではの大切な経験です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
こびとずかんすごろくとサイコロ作り

年長さんの男の子3人が

方眼紙を使ってサイコロを作りにチャレンジします。

IMG_1448.jpg

自分で考えてミニサイコロを作っています。

IMG_1449.jpg

数字も書き入れます。

IMG_1450.jpg

すごろくのルールを一緒に考えながら折り紙を貼ったり

数字を書いたりしています。

色紙の下にこびとが隠れていて、すごろくで進みながら

こびとを捕まえていきます。

たくさんこびとを捕まえた人が勝ち

自分の作ったサイコロを使ってすごろくゲーム開始!

IMG_1452.jpg

みんなでワイワイ手作りすごろくゲーム楽しみました!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ぴっぐテンテンゲーム~10の合成~

pig10-box.jpg

最近「ぴっぐテンゲーム」にはまっている5才11か月の☆ちゃん。

このゲームは10の合成のゲームで

「2」のガードがでたら自分の手持ちのカードで「10」より

小さなカードをだします。「3」「5」とプラスしていき

「10」にした人がカードをもらえます。

まだ頭の中で数を操作できない☆ちゃんは

「レオさんあと何個?」と言って

私が出した指を根気よく数えて計算をしています。

ゲームを楽しむというよりも、指で数を操作しながら

体験しているという感じです。

他の子ども達は、まだそこには興味がないらしく

横目にみながらおままごと遊びに夢中になっています。

興味がないというか?プライドの高い子ほど未知の世界の

難しいことにチャレンジするのには抵抗があるようです。



今は意欲的な☆ちゃんですが一時期は

正解のあるようなパズルやゲームに対しては

ことごとく拒絶する時期が続き、おままごとばかりを

やりたがっていました。

工作に目覚めて自分のイメージしたものをいろいろ作る

ようになってからは、自分に自信がついてきたのか

何に対してもとても意欲的になってきました。


↓教育評論家の親野智可等先生の文章を紹介します。

「算数能力」「言語的能力」「コミュニケーション能力」

「自己管理能力」・・・・。いろんな能力がありますが

これらは人によって発達する時期が違います。

早くから算数能力が発達する子もいます。でも中学時代や

高校時代に発達することもありますし、大人になってから

発達することもあります。

今、算数の苦手な子どもは、算数の内容を入れる容器が

まだできていないのかもしれません。器ができていない

ところにいくら入れようとしても難しいのです。

それは努力が足りないなどという問題ではないのです。

子ども自身どうしょうもない、内側の部分で決まるのです。

そこを理解してあげないと、いたずらに子どもを苦しめてる

ことになります。(中略)

子どもはいつでも、少しずつ力をためているのです。

でも、それは目には見えないものです。

成果を求めすぎず、子どもへの働きかけを淡々と続けることが

大人に求められる態度です。

     (別冊宝島 頭がよくなる「算数力」教室より~)


最近の☆ちゃんの成長を見ていると、親野先生が言われていることが

ピタリとあてはまり、器を作る時期がとても大切だなと感じています。

そして☆ちゃんが意欲的でできるからといって、他の子ども達が

比べられたり、急がされたりする必要は全くないということ。

子どもが要求するときに、数に触れる機会をつくったり

(積木、ゲーム、ままごと、言葉かけ・・・)

子どもが必要とする要求に合わせて大人が付き合ってあげる

ことが器を大きくする近道のようです。

「目に見えないもの」とは遊びの中や生活の中にたくさん

あるのだと思います。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
野外活動と環境問題

山登りや年長さんのお泊り会の打ち合わせをする為に

今日は熊本で1日スタッフ会議をしました。

PM2・5の対応やマダニ対策を考えたり・・・

大半は今まで気にしなくてもよかった環境的な問題を

話し合ったのですが・・・

大きな環境問題を前に私達は何もできません。

警報がでた時には山登りは中止にし公民館を借りて活動を

する計画をしたり

マダニ対策は服装に注意をしたり、虫よけスプレーを使用

したり、できる範囲での対策を考えました。


「子ども達が危険だから何もしない方がいいのでは」

という考え方もありますが、ただでさえも少ない野外活動

体験を出来る限り保障してあげたいというのが

スタッフみんなの思いでもあります。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
紙コップで〜

IMG_1407.jpg

探索期真っ盛りの1才8か月の☆ちゃん

うろうろしてはいろんな発見をしているようです。

最近のブームは工作コーナーの紙コップを持ってきては

重なったものをバラバラにして、又重ねていきます。

お兄ちゃんのリボンクラブについてきた時も

自分のリボンクラブの時も・・・毎回紙コップを出して

飽きることなく遊んでいます。


☆ちゃんにとって「紙コップ」などんなものに見えるの

でしょうか?

「どうなってる?」

「あれれ?たくさんあるよ。」

「重ねたらどうなる?」

「あれれ?なくなってきたよ。」

というような感じで、作業を毎回繰り返しています。



この場合大人が「紙コップは飲み物を飲むための

ものだから遊んではいけませんよ。」と教えるのか?

☆ちゃんがあーだこーだする中で紙コップの意味を

自分で発見するのか?

遠回りのようですが、あそびのアトリエでは、子ども自身が

物の意味を自分で発見する過程を大切にしています。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
風船実験

小学生のおひさまクラブの子ども達から

風船の実験をしたい!!という強い要望があったので

いろん風船を買って実験をしてみました。

どんな実験をするかも自分達で話し合いをしました。



風船に小麦粉を詰めています。どんな感触になるでしょう?

IMG_1409.jpg

水と一緒にビーズ、アクアジュエルボール、スポンジカプセル等々

いろんなものを風船の中に仕込んでいます。

IMG_1410.jpg

いろんな物が入っているようです。

IMG_1412.jpg

バルーンアートもなかなか上手い!!

いろんな動物を作成してます。

IMG_1415.jpg

私が作ったホバークラフト

風船の空気でよく動きます!

IMG_1408.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
(続)両価的葛藤~あいさつ~

最近まで、はじまりのあいさつを強く拒絶していた5才の☆君

今日は「レオさん早くごあいさつしよう!」と自分から言いだし

てきました。ママも私もビックリ!!



以前から、幼稚園でもあいさつはかなり厳しく注意をされて

強制されていたそうです。

その反動で両価的葛藤が働き、あそびのアトリエに来たときには

かなり反抗して長い間あいさつを拒絶していました。

そんな経過を長い時間かけて見守ってきたので

☆君が自ら「あいさつをしよう!」という気持ちになったのは

本当にびっくりしました。

☆君に待つことの大切さを改めて教えられました。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
両価的葛藤

精神科医の岡田尊司先生の著書の中で

人の心の両価性(アンビバレンス)について

とてもわかり易く書かれていたので一部をご紹介します。



人は悩みにとらわれると動けなくなってしまう。

どんなに能力や行動力がある人でも、そうなってしまうと

お手上げだ。能力も行動力も低下してしまう。(中略)

悩みや迷いの根底には、どちらを選ぶべきかというジレンマ

(両価的葛藤)が、つきものなのである。

この両価的葛藤こそ、悩みの本質とも言えるだろう。

深い悩みほどこの葛藤は強まるのである。(中略)

両価的葛藤において、人は相反する気持ちを抱えている。

その状態は、ちょうど両側からバネで引っ張られているような

ものであるから、こちらがいいと思う方に無理にプッシュしようと

しても、反対側に余計に強く引き戻されるだけのことである。

ある行動を止めたいが止められない人に、止めなければならないと

無理やり説得しようとしたり、力づくで止めさせようとすると

その人はますますその行動に恥じるようになる。

こちらの目を盗んででもやるようになったりするのである。

やる気のない人に、やる気を出して頑張るように言えば言うほど

ますますやる気がなくなったり、言われたことに反発して

意地でもやらなくなったりしてしまう。(中略)

ではどうすれば・・・

こうした弊害を避けるためには中立的な立場を保ち、どちらか

一方の選択や結論に与しないことである。

そうすることで、逆説的な反応が起きるのを防ぐとともに

本人の主体性によって選択を行わせるという立場を貫くので

ある。なぜならばモチベーションというものは、本人が自ら

主体的な選択を行ったときに、もっとも強力なものとなるから

である。





両価的葛藤とは多かれ少なかれ誰しも抱えている悩みであり

もちろん私自身もですが

我子に関して言えば、どこまでを自立させて、どこをサポート

すればいいのか…子どもの成長と共に悩みは変わってきますが

いつも葛藤を繰り返しています。

あそびのアトリエのママ達も、子どもの悩みというより

自分自身の両価的葛藤を抱えていらっしゃるように思います。

どこまで甘やかしていいのか?

どこまで自由にさせていいのか?

躾はした方がいいのか?しない方がいいのか?

習い事はした方がいいのか?しない方がいいのか?

あそびのアトリエでは、とにかく両方の価値をたくさん話して

あーだこーだ言いながら、ママ自身が自分の着地点を

見つけると、子どもが落ち着いてくるようです。

(着地点を間違うと子どもは荒れるか…又は元気がなくなります)

子ども達を見ていても、例えば遊べずに散らかしまわる子に

「散らかしたらダメです!」と強く言えば言うほど、言葉とは

逆に作用して、自由な場になると散らかしまわります・・・

逆に散らかす行動を受け入れて待つことで、早く解決する

こともあります。


子育てをするときに、こういう心理を知っているだけでも

接し方が違ってくると思います。

意外に大人は逆な行動をしていることが多いような気がしますが

どう思われますか?

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
身体の声

先週、今週とお休みごとに体調不良です。

胃腸炎が良くなったかと思えば、次の週は熱発して

日曜日ごとに寝込んでいます。

何故か?ちょうど日曜日に体調が悪くなるので

休日診療の病院を探すもの面倒で

林田薬局さんの自己免疫を上げる原液ドリンクを飲んで

とにかく寝ています。


調子が悪い時に自分体と向き合ってみると

お腹が痛い時は1日何も食べたくなくて

翌朝「おかゆと梅干が食べたーい!」と体が求めて

いるのがわかります。

その時に食べたおかゆと梅干しは最高に美味しい!


熱が出た時も寒気がして関節がとても痛いのですが

自分の熱を上げることでウイルスを退治しているそうなので

1日頑張っていたら、その後は嘘のように体が軽くなります。


寝込んでしまうとやろうと思っていたことが出来ずに

イライラしたりもしますが

ゆっくりと自分の身体と向き合う時間だと思えば

これも大切なことかもしれません・・・。

今日は熊本のリボンクラブの日でしたがお休みさせて

もらいました。ご迷惑おかけしました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
サーティーワンアイス!

IMG_1379.jpg

弟が生まれた☆ちゃん

ママの出産前後はおばぁちゃんにお世話をしてもらい

ママには言えない我がままを言って

未知の経験をしたようです?!

リボンクラブに来る時の服装や持ち物も今までとは

違います。

フリフリのお洋服を着て

プリキュアのグッズや小物を持ってきたり~

写真はサーティーワンアイスだそうです。

きっとおばぁちゃんから買ってもらったのかな?!


そういえば娘が5才位の頃、夫が長期入院をしていて

淋しい思いをさせている負い目もあり

親やおばぁちゃんも甘くなって

いろんなものを買わされたことを思い出します。

娘はキャラクターの衣装まで着てましたからね~。


物で全ての心の淋しさを埋めることはできませんが

そういう大人の気持ちは子ども達にも伝わっている

と思います。

今になってみればキャラクター病は麻疹のようなもかなぁ?!

一度は感染した方がいいのかもしれません。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
恐竜ブーム到来!

今年の年長さんの合同お楽しみ会は1泊2日で

「御船の恐竜博物館&発掘体験」に行きます。

恐竜大好きの子ども達も多く、恐竜に対してのイメージが

むくむくと膨らんでいます。



↓かる~い紙粘土でトリケラトプスやプティラノドン制作

IMG_1354.jpg

↓新聞紙や模造紙を使ってトリケラトプス制作中

IMG_1400.jpg

↓紙粘土でティラノサウルス、トリケラトプス制作中

 結構精密に作っています!

IMG_1402.jpg

↓恐竜博物館制作中

 石を化石に見立てて飾りつけしています。

IMG_1403.jpg

この恐竜ブーム、小さな子ども達にも伝染しているようです。

↓蜜蝋粘土でトリケラトプスを熱心に作ってます!

IMG_1399.jpg

お隣のコンテナハウスはしばらく恐竜博物館に

なりそうです。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |