TOP2012年07月

夏休みおひさまクラブ

幼児さんの夏休みおひさまクラブの様子

熊本のリボンクラブからもお友達が参加してくれ

ました。

はじめはママと離れることに抵抗がありましたが

活動をはじめると、ママから離れて熱心に

トレーにお化けの絵を描き

水鉄砲で的あてをしました。

調子にのってホースで的あてをする子も~

IMG_0693.jpg

子ども達からの要望でスライム作り

IMG_0696.jpg

ちょっとした分量の違いでボールのように

固くなったり、ねっとりしたスライムになったり

柔らかすぎたりします。

下記の写真は固いスライムをボールのように

丸めています。

IMG_0697.jpg

お昼ごはんは「そうめん」です。

お借りしたそうめん流しの機械が大人気!!

IMG_0699.jpg

おやつはわらび餅を作ってたべました。

簡単に出来るので子ども達と一緒に作るのには

いいおやつですよ。

IMG_0702.jpg

年長さん、年中さんの男の子5人

年長さんは年長さんらしく

年中さんは年中さんらしく

とても良い雰囲気でみんなで楽しみました。

水鉄砲の取り合いで喧嘩になったり

譲り合ったり、注意し合ったりします。

私の役割は

「△くん~ 〇君が貸してほしいんだって~」

「〇君、☆君にハサミのある場所を教えてあげて」

「◇君がポテト屋さんやってるよ。みんな買いにいかない?」

等々子ども達同士のコミニュケーションが上手くいくように

少しだけお手伝いをすることです。

大人中心ではなく、できるだけ子ども中心で

子ども達同士で問題解決をするよう心がけます。

4〜5名くらいの少人数では余裕をもって子ども達の

関係を見ることができ、援助もやりやすいです。

援助は大人の価値観や考え方によって様々でしょうが

子どもは子どもなりに問題委解決能力はあるようです。

子どもの力を信頼して(失敗も含め)見守ることは

大切なことだと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
熊本・荒尾合同~海水浴いってきました!!~

毎年恒例の海水浴です!

ロッタさんのブログにも海水浴の写真がのってま~す。

IMG_0668.jpg

イソギンチャク・ヒトデ・ヤドカリ・小さなフグ等々

いろんな生き物を発見!!

5才の☆ちゃんは家に帰るとさっそく自分が見つけた

海の生き物を図鑑で探していたそうです~

IMG_0670.jpg

IMG_0671.jpg

少し遅れてきた〇君も海のお魚を見つけようと

はりきってま~す。

IMG_0674.jpg

子ども達に大人気のスイカ割り!

IMG_0688.jpg

午後からは満ち潮で波が荒くなってきました。

少し荒い波を楽しんでいる子ども達です。

IMG_0692.jpg

生まれて初めての海を体験した子も多くいて

海の広さ、深さ、波の勢い等々に圧倒されて

海に入ることを怖がったり、戸惑ったりする子達も

たくさんいました。

2回目、3回目と参加している子は海水浴を

毎年楽しみにしているようです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Y君の成長記録(5才1ヶ月)

IMG_0633.jpg

奈緒美先生の工作ワークショップに参加した子ども達

の影響を受け、Y君も工作にはまっています!!

自分で作りたいものがはっきりとイメージできるようになり

やってみたい気持ちが膨らんでいるようです。

しかし、Y君はしっかりしたイメージがあり過ぎて

完璧に作りたいので、どうしても自分で作るには

躊躇してしまいます。

Y君の説明を聞きながら、仮面ライダーの足に

ついているドリルを画用紙を丸めて作り、ゴムで足に

引っかけるように作りました。

仮面ライダーのドリルに気をよくしたY君

お友達の☆君に影響されて、双眼鏡、メガネ、バック

を一緒に作りました。

☆君は工作大好きで、一人で黙々と作ります。

Y君はすぐに「できない〜」と諦める癖があるので

「ここは手伝うから、こちっはY君がやってね。」と

少しでも自分でできるところをやってもらいます。

どうしてもできないときは、お友達の☆君に作り方を

教えてもらったり、手伝ってもらったりしました。


子どもの興味があるものは何か?

大人がどこまで手伝うのか?

子どもにどこを任せるのか?

子ども同士の接点をどこでつくるか?

双方向コミニュケーションを大切にしながら

作ります。

最近のY君はお家でも工作にはまっているそうです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ゼリー作り

一人の子の提案で

ゼリー作りにチャレンジしました。

材料は果汁100%のジュースと砂糖とゼラチン粉で

作ります。

IMG_0637.jpg


IMG_0636.jpg


IMG_0635.jpg

ゼラチンを溶かす熱湯を使ったり、量を計ったり

こぼさないようにカップに注ぎ分けたり

集中力と注意力が必要です。

子ども達は自分のやりたいことには

とても熱心にとりくみます

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
おひさまクラブOB自主企画~お泊り会〜

今年4月におひさまクラブを卒業した5人が

自分達で連絡を取り合い

あそびのアトリエの空いている日に

お泊り会を企画~

6年生のFちゃんがママと話し合いながら

みんなに連絡を取り、時間や持ってくる物を

分担してくれました。

私の担当は場所を提供することと

プールの送迎をすることをお願いされました。


今回は子ども達のプログラムの従い

私は口出しを極力避け、できるだけ距離をとりながら

見守ることに徹しました。

待つことや距離を置くことで子ども達の良い面が

よくみえ、大きな収穫がありました。

自分達で昼食のホットケーキを焼き

誰かが自分から率先して片付けをしたり

(遊んでいる子もいるのですが・・・)

協力したり、助け合ったり、許しあったり

ほんわかみんなで和気あいあいとした雰囲気

午後からはお化け屋敷のお手伝いをしてくれて

ますます充実したお化け屋敷ができあがってきました

IMG_0652.jpg


みなさんお楽しみに~








にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
一語文の第一歩!

以前赤ちゃん講座に参加して下さった方で

リボンクラブ初参加の1才5か月の☆君の様子です。


ママに挨拶を促され、私が「こんにちは」と頭を下げて見せると

自分も頭をコックリと下げ、私の顔をじっ―と見て様子を伺って

いました。


私がハウスクーゲルバーンの玉を2~3度転がして見せると

ママのから離れ、引き寄せられるように近づいてきて

自分も玉を転がし始めました。

ここは大丈夫だとわかると、キョロキョロと周囲を見回して

好奇心旺盛に動き回りおもちゃを物色して遊びます。

元気な探検家の1才児さんらしい行動です。


ママは他の子と比べて少しだけ言葉が遅いことを

心配されていたので

遊びの中での思考力や物を操作する力はしっかりと

育っていることをお伝えし

お散歩をして子どもが指さしをしたものを言ってあげたり

子どもが好む擬音語や擬態語を入れたおしゃべりをしてあげたり

絵本を読むときにママの口元が見えるようにしてあげたり

等々を取り入れたらどうかと提案しました。



60分くらい遊ぶと急に疲れたようでママに甘えてオッパイタイム

オッパイを飲みながらウトウト30分くらいお休みです~


お目目が覚めてちょっとぐずっていましたが

絵本の「じゃーじゃー びりびり」を読んであげると

すぐにご機嫌になり、ママに抱っこをされて興味津々で

絵本に見入っていました。

勿論読み手の口元にも注目していました。

1度読み終わるとすかさず絵本を取りに来て

自分で絵本をめくりはじめました。

めくったところのページを私が「じゃーじゃー」と

いったり「かん かん かん」と言ってみせると

ページをめくっては私の顔を期待した表情で

ジーッと見つめるようになりました。

はじめは聞くだけでしたが

何度も繰り返すうちに自分の口をモゴモゴと動かし

はじめ、真似をして言葉を発しようとしている様子が

手に取るようにわかりました。

真剣な表情で絵本を開き、私の口を見て、言葉を耳で聞き

自分の口で再現しようとする☆君の姿は

「すごいね~!えらいね~!」というエールを

送りたくなるし、子どもってすごいなぁ〜と感動

せずにはいられません。

☆君が意味のあることばを懸命に獲得しようとしている

場面に立ち会えて私も嬉しかったです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
お化け屋敷作りスタートしました!

お化けと言えば「お墓」?!

「私この前お墓詣りに行った!行った!」と言いながら

ダンボールを使ってお墓を作ることになりました。

まずは糊作り~小麦粉と水を火にかけて焦げないように

かき混ぜています。

IMG_0640.jpg

「何色になると思う?」「匂いはするかな?」

「サラサラの小麦粉がどうして糊になるのかな?」

といろんな不思議を話しながらかき混ぜます。

段々と粘り気がでてきています。

IMG_0643.jpg

ダンボールのお墓に紙を貼り付けます。

IMG_0644.jpg

色塗りをしています。

IMG_0646.jpg

部屋を黒ビニールで囲んで暗い雰囲気をだし

お墓と井戸をセッティング!!

IMG_0648.jpg

100均で買ったご自慢のカラスも飾っています。

IMG_0649.jpg

とりあえずはお化け屋敷の雰囲気はできました。

コンテナハウスは夏休みいっぱいお化け屋敷になります。

見学OK!お化け屋敷をもっと怖くしてもOK!

ご自由にご参加下さい〜

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ドリンクバーと引っかけもの

IMG_0632.jpg

ままごと大好きな☆君がストローを使ってドリンクバー

と引っかけものを作りました。

観察力が優れている☆君は人が気付かないような

細かいとろまでよく見て再現します。

本人としては大満足のドリンクバーができたようです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
4〜5才児の社会性の育ち

兄妹や従妹が少なく安心して気軽に遊べるお友達が

少なくなった子ども達の状況を考慮して

リボンクラブでは少人数という利点を最大限生かして

同年齢と組んでみたり、年上と組んでみたり、年下と組んで

みたりしています。

ペアになる相手によって子ども達は自分の立場を察し

行動を制御している様子が見られます。



5才と4才の男の子ペアの様子です。

IMG_0631.jpg

つい最近までは2人とも自己主張が強く

リボンクラブのときは必ずと言っていいほど

ケンカやおもちゃの取り合い等のトラブルが勃発して

いました。

今回のリボンクラブでは・・・

5才の☆君はちょっと強気に

4才の〇君に指示や命令をしていました。

☆君の言いつけをしっかりと聞いて必死に守ろうと

行動する〇君の行動には驚きました。

☆君が同年代のYトリオで遊ぶときには

そういう指示や命令が通用する時もありますが

全く無視されたり、トラブルの原因になることもあります。

しかし今回は1才年下の〇君が自分の指示や命令を

素直に聞き入れてくれるのに気をよくして

帰る頃にはとてもお兄ちゃんらしく

〇君にやさしい対応をしていました。


☆君の支配的な態度は大人としては気になる

ところかもしれませんが

大人が口で言い聞かせるよりも、お友達同士で

ケンカしたり、無視されたりしながら

どういう態度が受け入れられるのかを学んで

いくのだと思います。


〇君は今はお兄ちゃんと遊びたい一心で、言いつけを

守っていますが、年下の子や同年代の子とペアに

なった時には、同じように支配的な態度になる時期が

くるだとうと思います・・・。

しかし、支配的な態度と言っても悪い面ばかりではなく

将来リーダーシップをとる資質にもつながってきます。

今はまだ、年齢的に相手の立場にたって考えることが

できないので我がままに見えてしまうのですが

数か月後、1年後に相手の立場にたって物事を

考えられるようになってくると

子ども達の関係は大きく変わってきます。


数か月後の子ども達の関係の変化が楽しみです






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ごっこ遊びの得意な子

2才4か月の☆君はおままごとが大好きで

私や〇ちゃんにご飯やジュースを作ってくれます。

ジュースをもらって嬉しそうにしている〇ちゃん

IMG_0629.jpg

私がお財布を出しておもちゃのお金を

払ってみせると・・・

自分にも財布を貸してくれと手を出してきたので

「☆君もしてみたい?

じゃあそっちに行ってお客さんになってね。」

私がお店屋さんになって「アイスクリームでいいですか?」

と言ってアイスを渡すと

真剣な表情でお財布の中を覗き、お金を払いました。

お店の人~  ジュースを渡すお金をもらう

買い物をする人~  アイスをもらうお金を払う

ごっこあそびが大好きな2才児さん

日常の身近な生活場面をイキイキと再現します。

IMG_0628.jpg

得意なごっこあそびを十分に楽しみ

あそびの幅を広げてあげることで

相手の立場になって考えることが出来きたり

観察力にも優れ、人の話に耳を傾けたり・・・

子どもの良い所をたくさん発見することができます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
夏休みおひさまクラブの予定

夏休みおひさまクラブの予定が決まりました

7月23日(月)たんけんグループ「お化け屋敷づくり」

7月24(火)夜~25日(水)OBの会「お泊り会」

7月31日(火)幼児グループ「水遊び&実験&カプラ遊び」

8月10日(金)スマイルクラブ「手芸&おもちゃ作り」

8月24日(金)ごっこクラブ「プリンセスになろう!」(予定) 


今年は、春におひさまクラブを卒業した子ども達が

連絡を取り合ってあそびのアトリエで「お泊り会」

を計画をしています。

何時に集合するか?食事はどうするか?レオさんには

何をお手伝いしてもらうのか?子ども達が考えて計画

しています。


たんけんグループでは、待合室にしているコンテナハウス

を使って「お化け屋敷」を制作する予定です。

先日子ども達と、お化け屋敷の為の材料を買い出しに

行きました。100円ショップをウロウロして

「あーだこーだ」とワイワイ話をしながら材料を

購入しました。

どんなお化け屋敷になるのか楽しみです~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
雨・雨・雨・・・想定外のできごと~

熊本や大分の一部では昨日からの豪雨で大きな被害がでている

ところもあり、まだまだ警戒が必要なようです。

被害に合われた方、ご冥福をお祈りします。

あそびのアトリエ近辺はこれといった被害もなく通常通りに

生活しています。

今年春から電車通学している息子は、豪雨の為に電車がストップし

何時に来るか分からないという事態にどうしていいか分からずに

夫や私の携帯に何度も電話をしてくる始末・・・

中学までは雨の日は、カッパを着てびしょ濡れになりながらも

自分の足で行けたので、そういう不安を経験する機会は

ありませんでしたが今回、自分ではどうすることもできない

ハプニングに遭遇しかなり動揺している様子でした。

(こういうことをいうと息子に怒られそうですが・・・


私自身にも言えることですが、便利で快適で不自由のない生活は

自分で悩んだり、考えたり、危険を回避したり、不安を抱えたり

する機会が極度に少なくなっているなぁと感じます。

息子からの電話で、すぐに駅まで迎えに行って車で学校まで

送ることもできたのですが、少しは息子に考えてもらおうと思い

「駅員さんにどういう状況か聞いてみたら?

同じ学校の人と相談してみたら?もう少し待ってみたら?」

等とアドバイスをしました。

2時間近く足止めをくらってしまったので

結局は夫の出勤のついでに駅に迎えに行き学校まで

送りましたが・・・。


今回の息子のハプニングは大したことではないのですが

車も動かせない、携帯電話も使えないという状況になった時に

私も含め子ども達が落ち着いて、冷静に判断ができるだろうか?

想定外の事態が起きた時にどう対処するのか?

冷静に判断できる力はとても大事なとこだなぁと

改めて感じました。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
5才児さん作品~ビー玉ころがし~

IMG_0619.jpg

5才児男の子の作品

箱、トイレットペーパーの芯、紙コップ、モール

等を使って作ったビー玉転がし

斜面の角度、モールのトンネルを苦戦しながら

作っていました。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
1人子の作品から広がるイメージ「循環」

時の記念日に、幼稚園で教えてもらった

紙コップの時計をリボンクラブで何個も制作してくれた

5才の3か月の☆ちゃんの作品です。

IMG_0614.jpg

あまりにも上手にできていたので時計を一つだけ頂き

飾っていると・・・それをすかさず見つけた

おひさまクラブの1年生の女の子達が

「私も作りたい!」と言い出しました。

時計は紙皿で作ることにしました。

数字を書く場所が難しいようだったので

一緒に書く場所を定規を使って12箇所つくりました。

さすが1年生!!しっかりと数字を書き入れ

色塗りも念入りにやっていました。

IMG_0615.jpg


この1年生が作った時計を、次のリボンクラブに来た時に

見つけた☆ちゃん「これ誰が作った?」と聞いてきました。

「1年生のお姉ちゃんが、☆ちゃんの時計を真似して

作ったんだよ。」と話すと、なんとも言えない嬉しそうな

表情を浮かべていました。


私が感心したのは、5才の☆ちゃんも1年生の子も

1つの作品をみて「誰が作ったの?」と聞いてくることです。

「知っているかな?☆ちゃんだよ」と答えると

「あ〜三つ編みをしていた子だよね!」と覚えています。

たぶん山登りやお散歩会で2~3回あっただけなんですが

子ども達にしてみれば「あの子が作ったんだ!!」と

分かると、一段と身近に感じるようです。

こういう感覚は道徳的に教えられて育つものではなく

人が好きだったり、人に対して興味がなければ

イメージできないと思います。

「誰が作ったの?」と尋ねてきた子ども達は

決して社交性のある子ではなく、どちらかと言うと

恥ずかしがり屋さんで、お友達の中に入るのに時間が

かかる子です。

こういう質問をしてくる子は、本当はお友達が大好きで

仲良くなりたいけれどもどうして良いのか分からずに

思い悩んでいるように見えます。

こういうタイプの子ども達は、ゆっくり

じっくりとお友達を作っていくのだろうなぁと思います。



1つの物から過去や未来をイメージしたり

いろんな国の人の暮らしや文化をイメージする力を

備えた子ども達は

機械的に暗記するだけの学びよりも

自分が興味をもったものに対しては、いろんなイメージを

脹らませながら、楽しく、息長く

学習を継続していくのではないかと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
発掘作業?!

一人の子が外に出てスコップで穴を掘りはじめました。

他のの2人も興味津々で穴掘り開始!!

IMG_0621.jpg

発掘したものを水で洗っています。

IMG_0622.jpg

これは何だ?

IMG_0620.jpg



私も小さい頃、家の庭で穴を掘りながら

「宝物がでてくるかも・・・

小判かな?もしかしたらすごいお宝がでてきたらどうしよう?」

とドキドキ、ワクワクしながら穴掘りをした記憶があります。

そういう気持ちを思い出しながら~

穴を掘りをしている子ども達といろんな会話をしました。

レオ「何かでてきた?宝物がでてくるんじゃない?」

〇君「ちがう!ちがう!恐竜がでてくるとたい。

   ティラノサウルスがでてくるとばい。」

レオ「エーこわ~い~。食べられちゃうよ」

☆君「俺がやっつけてやる!」

◇君「剣でやっつけよう!」

レオ「でもティラノサウルスのお口はこんなに大きいから

   食べられちゃうんじゃない?」

〇君「わかった!俺が後ろから行ってカンチョ―する!」




レオ「あ!何かでてきたよ」

〇君「貝殻がでてきた」

◇君「これなんだろう?」

レオ「洗ってみたら?」

貝殻、貝殻が砕けて固まったもの、石、陶器の欠片

等が発掘されました。

表面の土を掘っていくと次に白っぽい土がでてきたり

固い土にいき当たあると、水を入れて柔らかくして

掘ることを考えついたり・・・

水を入れて遊びだすと、水遊びが楽しくなって

掘るのを忘れて水遊びになりました。


この時期は1つのことを詳しく調べたり覚えたりする

ことよりも、遊びの中で興味のあることに触れたり

考えたりする体験が大切ではないかと思います。

もちろん遊びなので興味が他にうっつてもOKです!



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
我家のかわいい家族達~

IMG_0617.jpg

無防備にお昼寝中のノアちゃん(2才)

人見知りで怖がりのノアちゃんは生後半年くらいに我が家

に仲間入りしました。

ペットショップでの環境が悪かったのか

我家に来てからしばらくはとても萎縮していました。

吠えない、鳴かない、食べない、ウンチやオシッコもしない・・・

はじめのうちは心配していましたが、家が安心できる場所で

自分の家だとわかると、生活のリズムもできて家族にも

懐いてくれました。ノアちゃんは家の中で私がボスだと思って

いるようで、いつも私の後をついてきます。

とにかく人が来たら吠えまくります。1時間でも2時間でも

吠えているんです。(体力あり過ぎ〜

虹色教室の奈緒美先生が来られた時、吠え続けるだろうなぁ~

と心配していたのですが、思いのほか吠えなかったのにはビックリ!!

勿論、吠えはするんですが、いつもよりも時間は短いし

尻尾を振って近づこうとします。

奈緒美先生はノアちゃんの波長に合わせて、威圧感を感じさない

空気を作られるので、ノアちゃんも少し気が緩むようです。

奈緒美先生の見立ては「ノアちゃんは神経系に問題はないよう

な気がします。やはり生い立ちの中で何か大変ことがあったの

でしょうね。どうやってお友達になっていいのかわからない

ようですね・・・」と言われました。

私もそう思っていたので、短時間でノアちゃんの

ことを理解して下さって本当にうれしく思いました。



今年に入ってノアちゃんにも少しずつお友達ができつつあります。

実家の母が飼っている同じ犬種のダックスちゃんと仲良くなり

2匹でじゃれあって遊ぶまでになりました。

実家のダックスちゃんはまだ子どもなので、ノアちゃんは

お姉さんぶりを発揮して、じゃれた時に甘噛みの加減もしている

ようだし、一緒にご飯を食べるときは、自分は遠慮して後から

残り物を食べています。


春くらいからは、ご近所の中型犬3匹と一緒に

怖々とですがお散歩をするようにもなりました。

その中の1匹こゆきちゃんと仲良しで、自分の倍以上もある

犬とどうやって仲良くしていいのか分からないらしく

勢いよくワンワン吠えてちょっかいを出してアピールします。

(他の2匹のワンちゃんには吠えません。)

こゆきちゃんは吠えられて怖がりはしても、吠えかえすことは

なく、とても優しいのです。

最近は、なんとなくこゆきちゃんの横をトコトコ歩いてお散歩

できるようになりました。

時間はかかるかもしれませんが、人見知りで怖がりな性格は

少しずつ改善しつつあるかも?しれません。

動物も幼児期に形成された性格はなかなか変えることは

難しく根気と時間が必要なようです。

IMG_0623.jpg

猫のチャッピー君

彼もまた無防備にソファーの肘掛けにまたがって

くつろいでおります。

動物は飼い主に似ると言いますが・・・

やはり飼い主も、ノアちゃんやチャッピーのように

ぐぅたらし過ぎているのかもしれません〜

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
耳を澄ますと・・・

久々に、あそびのアトリエ保育園の希望があり

2人の2歳児さんの男の子が参加をしました。

リボンクラブではママのまなざしの中で安心して遊べますが

ママが不在となるとどうなることやら心配をしていましたが

はじめは「ママ帰ったらダメ!」とママにくっ付いていた子も

もう一人の子のママが帰ってしまうと、自分なりに納得をして

「ママいってもいいよ」と言ってママから離れることが

できました。

前半はご機嫌で室内で遊び

昼食のおにぎりをしっかり食べて

(おかずのかぼちゃコロッケと卵焼きは口に合わなかった

ようであまり食べませんでした・・・

その後は、雨も止んでいたのでお散歩にでかけました。

白黒のねこちゃんが歩いていたので、その後をついていくと

ナント!!猫ちゃんが逃げ込んが空家の門にヘビが巻き付いて

いました

近くに小石を投げてみると、音に驚いてニョロニョロと

逃げて行ってしまいました。

その間2人はヘビの動きに釘付け・・・



田んぼの周辺を歩いていると

気持ちのいい風が吹いてきて、田んぼの稲が

「カサカサ カサカサ」と音をたてます。

「コケコッコ―」とニワトリの鳴く声

「カンカン」と鳴る踏切の音

「ガタガタガタガタ」と電車の走る音

「プープー」という車のクラクションの音

外に出て耳を澄ますといろんな音が聞こえてきます。

子ども達に「何の音が聞こえる?」と聞いてみると

真剣な顔をしてジッ~と耳を澄ましています。

お散歩しながら、いろんな音に耳を澄まして

子ども達とイメージをふくらませながら

会話をするのはとても楽しいものです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
工作遊び「循環」してます!!

工作大好きの5才3か月の☆ちゃんが

奈緒美先生の工作ワークショップ後に作った作品を

リボンクラブに貸してくれました。


興味のある子は☆ちゃんの作品を熱心に見ます。

IMG_0592.jpg

もうすぐ3歳の〇ちゃんはピンク色で可愛いものに

心がくすぐられるようで

☆ちゃんの作品を手に取ってじっくりと眺めていました。

私が「〇ちゃんも作ってみる?ピンクの紙コップあるよ」

と誘うとすぐにのってきて、創作開始!

ピンクのペンやピンクのモールを自分で選び

テープでくっ付けたり、描いたり熱心に作業をしていました。

ピンクのリボンの取っ手をつけて

可愛らしいバケツのできあがり!!

IMG_0613.jpg

1歳6か月の◇ちゃんも〇ちゃんがやっていることに

興味津々のまなざしを向け、手を出してきました。

◇ちゃんには紙コップにシールを貼ってもらいました。

◇ちゃんにはジャストの作業だったようで

熱心にシールをはがしてペタペタ貼りつけて

最後にモールで取っ手をつけて出来上がり!!

IMG_0610.jpg

2人とも大満足だったらしく

可愛らしいバケツを大事に持って帰りました。


☆ちゃんの作品から、目にはみえない「循環」を感じる

ことができました。

一つのものから見ない人や何かを感じ取れるような

環境づくり、とても大切だと思いました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
紫蘇ジュースと実験

IMG_0552.jpg

「赤紫蘇の実験しようか?」と小学生の子ども達に尋ねると

あまりいい反応ではなく・・・それぞれ縫物をしたり

おもちゃ作りをしたり忙しそうな子ども達~

「興味があったら見に来てね!」といって

私が紫蘇の葉をちぎって

水で洗い、熱湯で煮出していると

紫蘇の葉の香りにつられて

1人、2人と子ども達が興味津々で覗きにしました。

IMG_0553.jpg

紫蘇の煮汁を取り出して実験をしてみました。

「私がやる!」「私から!」と我先に競って実験が

始まりました。

酢、漂白剤、アルカリ水、酸性水を紫蘇の煮汁に入れると

赤褐色や緑っぽい色に液体が変化してきます。

酸生が強いと赤色っぽくなり、アルカリ性が強いと

緑や黄緑色になります。



残りの煮汁に砂糖を溶かして最後に酢をいれると・・・

とってもきれいな赤褐色の液体に変化して

赤紫蘇ジュースのできあがりです!!

氷を入れてみんなで美味しく頂きました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
小学生ちょっと苦手?!「見る」「手を使う」「考える」体験

4月に子ども達が種から植えたキュウリが

今年は雨が多くてキュウリが育つにはとても良い環境

だったらしく、2か月半ほどで大小デコボコの10本の

キュウリが収穫できました。

3年生の子ども達は大喜びで収穫したのですが・・・

葉っぱに隠れたキュウリを見つけるのに苦労していました。

「見る」ことが苦手な子ども達なのでとてもいい経験です!!

IMG_0596.jpg

2人とも指先が不器用なのですが、自分で収穫したキュウリを

食べる為に・・・

「レオさん~失敗した~」と言いつつも

「大丈夫!失敗しないと上手にならないからね!」と励ますと

危なっかしい手つきで熱心に包丁で切っていました。

IMG_0597.jpg

子ども達が考えた味付けにしました。

塩味、甘酢味、キムチ味・・・どれも美味しかったです〜

IMG_0598.jpg


キュウリを調理した後は・・・

奈緒美先生に教えてもらった

画用紙にビー玉を通す課題を考えてもらいました。

はじめは、ポカンとしていた2人ですが

道具を使っていいことを伝えると

ペットボトルを使ったり、鉛筆で丸を描いたり

ハサミを使ったり・・・自分で考えて手を動かし始めました。

自由に考えていいとわかると、次々に良い発想をします。

IMG_0600.jpg


自分の好きなもの、興味のあることに対しては

純粋に楽しめることができる子は

多少のデコボコや苦手な部分があっても

苦手を乗り越えて「見る」「手を使う」「考える」

という作業を楽しんで意欲的にやります。

大人はそういう環境を準備したり

少し気長に付き合ってあげることが大事なようです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ネコとたい焼きのモビール

IMG_0547.jpg

5才4か月の男の子が折り紙で作った

ネコとたい焼きのモビール

なかなかいい味でています~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
学ぶことは楽しい!成長することは嬉しい!~私の反省点~

あそびのアトリエ帯山ルーム→奈緒美先生親子レッスン☆報告

熊本での奈緒美先生のレッスンを終えて

しばらく時間が経過しました。

レッスンでのママ達の雰囲気や子ども達の行動

奈緒美先生との会話を通していろんな気付きがありました。

そして、自分自身の弱点と向かい合うことにもなりました。

正直な気持ちを書くには、自分の中である程度の時間が

必要だったのですが、下記の奈緒美先生の貴重な記事を読んで

私も自分なりに気持ちを整理して書いてみたいと思います。

虹色教室→子育ての悩みと問題はこんがらがってくるほど多種多様 



私自身が感じた弱点を2つ書きたいと思います。

☆あそびのアトリエでは集団活動は幼稚園や保育園、サークル等で

 保障されているだろうという前提のもと

 個を大切にした遊びを通して子どもの発達をサポートして

いること。

☆専門家でもない私が子どもの問題点を指摘したり

障がい児扱いをするのではなく

子どもにプラスになるサポートをしていくこと。


どちらも間違った考え方ではなく、私自身も誠意をもって

懸命に頑張ってやってきたつもりではあります。

しかし、視点を変えるとそこに大きな問題があったのだと

思います。

子育てサークルでは、我が子にしか目がいなかい又は放任の親

指導型(全て指示をする)や放任(子どもを見ていない)の

幼稚園、保育園

残念ながら、このような機能不全の集団では子ども達が社会性を

学ぶ機会がないようです。

もっと子どもの全体を見ながら対応をすべきだと反省しています。


子どもの問題なのか?親の問題なのか?

神経系的に問題があるのか?情緒的に問題があるのか?

そこには複雑な問題が絡み合い、奈緒美先生が指摘されている

ように多種多様だと思いますが、問題を一つに限定せずにあらゆる

角度から試行錯誤しながら解決の糸口を見つけていくことが大切

なのだと改めて感じています。


私自身、あそびのアトリエで子ども達が十分に楽しめたり

自分を発揮できることはとても大切なことだと思っていますが

子どもはいつも、いつも大人が理想とするような行動をするわけ

ではなく、時には困った行動や何らかのSOSのサインを出すことが

あります。

そんな時に、子どもの長所や短所をママ達と率直に語り合ったり

ママ達の不安や不満を率直に語り合ったり

子どもの行動を変えるのではなく、その原因を探ろうと努力したり

時には時間をかけて見守り待ってあげる中で

大人が右往左往していると、いつの間にか子ども達が見違えるほど

素敵に成長している時があります。

大切なことは、親だけの視点ではなく、他人が少し斜めの視点から

子どもを見て、気持ちに寄り添ってあげることも大事なことです。

・・・そんな時ふっと感じるのは、大人の方が子どもから出された

問題に真摯に向き合っていくことで

成長させてもらっているのかな?

と思うことさえあります。


あそびのアトリエでできることは限られています。

しかし、限られた時間を最大限生かせるよう最善を尽くすことは

大事なことです。その為にも客観的に欠点を自覚することは

さらなる改善策を見つけることに繋がります。

そして欠点を見つけることで、あそびのアトリエの良いところも

より深く自覚をすることができ、そこを更に伸ばしていくことも

できます。


奈緒美先生の勉強熱心さと行動力には頭が下がります。

私も、学び→行動→反省する循環を大事にしながら

頑張りたいと思います!!


私自身の反省文になってしまいました。スミマセン





 

 


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |