TOP2011年08月

天使さんと悪魔さんがいる?!

2年生の☆ちゃんのママが話してくれました・・・


「私(☆ちゃん)がどうしようか迷っていると

悪魔さんがでてきて「そうそう、やらなくていいんだよ!」

って言ったり、天使さんがでてきて「やらなくっちゃいけないよ!」

って言うんだよ。そして悪魔さんの言うことを聞いてしまったんだ。」

といっていい訳をするんからパパがすごく怒るんですよ・・・。




私はその話を聞いて、☆ちゃんらしいなと思いました。

☆ちゃんは2歳からリボンクラブに通っていて

お姉ちゃんとは対照的な子で

感覚が優位で、パターン化された作業が苦手

言葉は遅かったですが、ごっこ遊び得意な子で

ゆっくりと発達をしていました。

ママとは、お姉ちゃんと比較をしないようにして

☆ちゃんらしくあせらずに子育てしていこうと話をしながら

見守ってきました。

2年生になった今でも学校の勉強はやはり苦手だそうです。

学校も家庭も社会全体がどうしても「学力重視」の傾向が

☆ちゃんのような子ども達を苦しめているような気がします。


☆ちゃんの良いところをあげればたくさんあります。

発想力が豊か、意欲的、お友達の気持ちがわかる

行動力がある、責任感がある、自分の意見が言える等々・・・

少々、甘えん坊さんではありますが

気持ちのやさしいとても素敵な子です。

☆ちゃんがいるだけで周囲が楽しくなりなります。


学校の勉強というひとつのものさしだけで

どこまで☆ちゃんの良い所を評価して伸ばせるのか?

疑問が残ります。


多くの学業不振の問題は、子どもの神経パターンや

 発達の時刻表(個人差)と学校や家族の期待の不一致に

 根源がある。

発達が少しずれている子どもも、他の子と同じレールの

 上を走っている。この種のちょっとした遅れは

 おそらく当初は神経系の未熟さから生じているのだろう。

 しかし、そのような問題は、通常の医学的検査や学校の検査

 では多くの場合発見されない。

子どもの生活経験が神経系の発達スケジュールと相互作用する。

 ①身体の健康と運動の発達

 ②社会性と情緒の発達

 ③学習へのかかわり

 ④言語の発達

 ⑤認知(思考技能)と一般認知

準備ができていない脳に学習を強要することは

 何の利点もない。しかし若い脳は柔軟性がある。

 子ども達の脳はその子の個性を尊重した教え方によって

 学業の世界へと導くことができる。

                       (「よみがえれ思考力」より)



☆ちゃんが小さい時から一人でごっこ遊びに没頭する

時間が多かったのも大事な意味があったのでしょう。

☆ちゃんは自分の心の中を天使さんと悪魔さんという

表現でお話ができるほどの能力をもっています。


幼児期や低学年の時に学力だけが高くても

自分がどんな気持ちかわからない

お友達の気持ちを察することができない子は

高学年や思春期になった時に心配をします・・・。


現時点では☆ちゃんの発達の時刻表と学校の

学習が一致せずに困難はあるかもしれませんが

家庭やあそびのアトリエでは☆ちゃんの

個性を尊重し、学習の世界へ入るきっかけができる

場にしていきたいと思っています。



~ゆっくり しっかり まちがってもいい~


☆ちゃんの成長しっかり見守っていきたいと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
年少児さん合同リボンクラブ

日程を何とか調整して頂き時間を延長して

年少児さん(3,4歳)の合同リボンクラブ(4名)が実現。



スライム作りに2人の子は積極的に参加

他の2人の子は「いや~」「しない~」といって自分の

好きな遊びを始めました。

時々様子を見にきたり、横目に見ていましたが・・・

CIMG0733.jpg

昼食のバジルチーズパン作りもはりきって作る子

少しだけしてやめてしまう子・・・それぞれです。

CIMG0737.jpg

それぞれ好きな遊びも違います。

CIMG0741.jpg


CIMG0742.jpg

「おばけのすごろくゲーム」は3名参加。

3歳半の子は気にはなりつつも、他の遊びをしながら

チラチラと横目に見てニコニコしていました。

CIMG0744.jpg

パンの焼ける匂いを嗅いで「お腹すいた~」と言う子ども達・・・

「12時になったらお昼ご飯にしようね。こんなふうに時計の

長い針と短い針が一番上のところなったらね。」

とジェスチャーでやってみせると

子ども達は時計のことがとても気になり始めました。

12時になって、やっと「いただきます

CIMG0745.jpg

食後もみんなよく遊んでいます

CIMG0746.jpg



子ども達の様子をよく観察してみると・・・

積極的な子は、アクセルを踏みすぎて

スライムの色を混ぜ合わせたり

できたてのパンをつまみ食いしたり

なかなかストップがききません。


逆に殻に閉じこもりがちの子は

みんなの様子をじっと観察をして

自分のペースで遊びますが

私の提案にはなかなかのってくれません。

この年齢の子ども達で大事なことは、どちらが良い、悪い

というわけではなくその子が安心して楽しんでいるかだと

思うのです。

とくに年少児さんは本人の意思だけでは

自分の心のコントロールが上手くできないので

困った問題が目立つ時期だということを

大人が頭の隅に入れていたほうがよさそうです。


私は、泣いたり、笑ったり、怒ったり・・・一喜一憂しながら

頑張っている3歳児さんがとても愛おしいです。


この子達の半年後、1年後の成長が楽しみです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
おひさまクラブ~秘密基地でお泊り会~

8月26~27日 おひさまクラブの子ども達が企画した

お泊り会がありました。

事前にプログラム、メニュー、参加費、役割を計画して

当日を迎えました。



秘密基地作り~床にマットをひいています~(下記の写真)

カッターやハサミを使って大きさを合わせました

CIMG0713.jpg

みんなで食材を買出しに行って~

夕食は焼きそばとおにぎり(下記の写真)

朝食はロールパンのオープンサンド

昼食はクリームパスタ

CIMG0715.jpg

夕方雨が降り出しましたが・・・その間はお風呂の代わりに

室内プルーに行きでみんな大はしゃぎ~

帰ってくる頃には、雨も止み星もでていたので

外で花火もできました。

花火の後もみんな元気だったのでしばらく遊んで

12時過ぎに就寝 

秘密基地では4人の子が寝ました~私は「レオさんは入らないから!」

と言うことで入れてもらえず2人の子とあそびのアトリエの部屋で寝ました。



CIMG0718.jpg

翌日も食事の準備や片付けはありますが

いろんな遊びをして楽しみました。

みんなでジェスチャーゲームを楽しんだり

人形劇が始まったり、ゲームをしたり~

どれだけ時間があっても足りないようです。

さすが、遊びはみんな大得意 


CIMG0721.jpg

CIMG0725.jpg

CIMG0727.jpg


昼食後~解散~





今回のお泊まり会は5年生の子に会計をお願いして

収入と支出、残ったお金、残金をみんなで分けるところ

までやってもらいました。

学校では勉強しているはずの計算も

実際の生活の場面での応用となると

不安も多く難しかったようです・・・。

室内プールに行った時にはお金を忘れてきていたので

みんなで一瞬青ざめるシーンもあったり

私がお財布を持っていってたので、お金を貸してもらって解決しましたが)

子ども達を見ていると、いろんな実生活の場面では

年齢よりも幼さを感じます。

学力に問題があるわけではないのですが

やはり実体験の少なさなのでしょうか?


テンションが上がり過ぎると周囲がみえなくなって

お店やプールで周囲の人に注意をうけたり

コップの水がこぼれても自分のものでないと

全く無関心だったり

いろんな場面で・・・?と感じることがありました。


1泊2日子ども達と生活をしてみると

子ども達のいろんな面をみることができます。

私自身もとても良い勉強になりました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
1歳児さん~目と手と頭を使って学ぶ姿~

IMG_0958.jpg

1歳5ヶ月の☆君は最近4人乗りバスを全員入れきる

ことができるようになりました。

2ヶ月前くらいまでは、1人は入るものの・・・

2人目、3人目は同じところに入れようとして

全員入れきることができませんでした。

ここ2~3ヶ月、毎回リボンクラブに来るたびに

自分でバスを持ってきてはチャレンジ~

前回くらいから上手に入れることができるようになりました。

本人は嬉しくて嬉しくて、ママや私の顔を見ては

自分で両手をパチパチして自分を褒めていました。


何でもないあそびの一コマではではありますが

1歳児さんが、2週間に1度しか来ないリボンクラブで

毎回、自分でバスを見つけてきては出し入れし

何度もチャレンジして自分で入れきるようになる

ことってすごい事だと思いませんか?

1列目から順番に2列目、3列目と確認しながら

入れていました。まだ横の窓から確認して

入れることはできないようです。


IMG_1157.jpg


他にも、リグノを出してやると☆君は

立方体を5つ積みました。

立方体の積木が壊れると

今度は円柱を選んで3つ積みました。

形の分類もできているようです。



☆君はまだ言葉はほとんどでないので

一見幼く見えますが・・・行動をよく観察していると

賢さがキラリと輝いています

子ども達が自分の目と手と頭を使って

懸命に学ぶ姿は本当に感動的です。















にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
夏休み子ども体験教室

今日は夏休み子ども体験企画の「料理」でした。(レオ担当です!)

前回に引き続き参加をしてくれた子もいたので

ピザ、パンプキンスープ、ポップコーンの他に

今回はカレーパンをプラスして作りました。

CIMG0706.jpg


CIMG0708.jpg


CIMG0710.jpg

結構美味しくできあがりました~



夏休み子ども体験企画の算数教室のイベントを

虹色教室ブログで紹介して頂きました。

ありがとうございました

算数教室は経験豊富なララさんが
    (以前は塾講師をされていました)

担当されています。

具体的に物を操作をしながら学習をする経験は

子ども達にとってとても大切なようです。






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あそびは進化の産物?!

今日の夜は、スタッフの勉強会でした。

ニーナさんも奈良から1泊2日で実践と勉強会に参加です。


学習会では「あそびは進化の産物である」という仮定を前提に

学習をしてきました。

私達の仕事は子ども達と向き合いながら「?」を常に探求して

いく時間のかかる根気のいる仕事です。

明日も熊本行きです!!

今日学習したことはもう少し自分で噛み砕いて説明できる

ようになりますね~






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
夏休み年長さんのリボンクラブ

スライム作り

CIMG0637.jpg

たこ焼き作り

CIMG0649.jpg

お昼ごはん「いただきま~す!!」

CIMG0650.jpg

ミニパフェ作り

CIMG0651.jpg

前回、イマイチだったアイスが

今回は美味しくできました~

みんな大満足

CIMG0653.jpg


みんな幼稚園や保育園も違い、個性もそれぞれ

違いますが、とても素敵な子ども達です。

年長児さんとあって、私の話を理解して

きちんといろんな作業ができるようになって来ました。




ホウ砂は口に入れたら危険なものですが

プニョプニョした感触のおもしろいスライムができます。


包丁は手を切ったり危険なものですが

野菜やウィンナーが細かく切れます。


火は火傷をする危険性がありますが

焼いたり、煮たり調理ができます。




みんな大きくなって、きちんと話を聞いて

ルールを守れるようになったから

いろんな危ないものを使って

楽しいことができるようになったんですね。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
おひさまクラブイベント~エコクラフト作り~

エコクラフト作りは大人気の企画で1年生~5年生まで

9名の参加がありました。

人数が多かったので、3チームに分かれて作りました。


まずは紙テープをはかって切ります。

CIMG0629.jpg

テープを設計図通り組み立てていきます。

みんな苦戦しています

CIMG0630.jpg

子ども達同士で分かるところは教えあって作って

います。

CIMG0631.jpg

完成!!~帽子にもできる~?!

CIMG0635.jpg

もう少し!!

CIMG0636.jpg

持ち手もつけて完璧!!

CIMG0632.jpg


1,2年生には少し難しかったようですが

みんな何とかカゴができあがりました。


エコクラフトを企画した4年生の女の子2人が

先生役をしてくれましたが・・・

教え方もそれぞれ個性で全く違いました。

一人の子はさっさと自分が率先して作るので

ついていける子は良いのですが、ついていけない子は

「わからん~」と大騒ぎ。

もう一人の子は自分が作るのが遅いので

ゆっくり作る子には良いのですが、早く作りたい子は

待ちきれずに「教えて~」とここも大騒ぎ。

それぞれのペースに合わせて教えるって本当に

難しいことです・・・

子ども達同士で教えたり、教わったりする経験も

今までにない発見や課題が見えてきて

とても良い体験になりました。


出来上がった作品を見て・・・

ママたちが言うには「色や形がその子らしい~!!」

という感想を頂きました。

本当にそうなんですよ~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
簡単実験

CIMG0612.jpg

上記の容器に水を注いで

コーヒー、洗剤、レモン汁、うがい薬、入浴剤、歯磨き粉、等

自分の好きなものを溶かす実験をしてみました。


水をこぼさないように器に注ぐことだけでも緊張・・・

そして、まずは匂いを嗅いでみます。

こぼさないように気をつけていろんなものを入れていきます。

沈んでから溶けるもの、浮いたまま溶けるもの

雪のように沈んでいくもの、模様を描くように溶けていくもの

ブクブク泡だって吹きこぼれるもの

混ぜ合わせてみると、上下に色が分かれているもの

子ども達は自分で試しながらいろんな発見をします。

4歳児さんは入れるだけに意識がいってどうやって溶けて

いくかまでには意識はいきません・・・

年齢によって、かなり気づくところが違いました。




口に入れないこと、ガラスは割れるから気をつけること

等を大人が危険なことを子ども達に伝えると

失敗を怖がる子はとても不安になって「しない」と

言う子も多いんです。

大人は子どもを励まし、失敗しても大丈夫なことを伝え

子ども達が一生懸命にやっていることを認め

一緒に共感できたとき・・・

子ども達は自信と信頼で満面の笑顔になります。



簡単でとても楽しい実験です~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
たんけんクラブ~魚釣り体験~

夏休みに子ども達と一緒に企画した

たんけんクラブの「魚釣り」の様子です。

自作で作った釣竿では全く釣れません~

人が近づくと魚はすぐに逃げてしまします。

どうやら魚の方が賢いようです・・・

CIMG0616.jpg

名水百選に選ばれるほどのきれいな湧き水で

泳いでも気持ち良い~

でもすごく冷たいんです。

CIMG0619.jpg

草陰に魚が隠れているので

アミで捕獲をしようと頑張っています。

CIMG0620.jpg

自分で作った「ばくだんおにぎり」が昼食

シャケ、シーチキン、唐揚げ、梅干

自分の好きな具、数種類が入っています。


CIMG0617.jpg

結局、収穫した魚は、アミで捕まえた小さな魚2匹と

めだか2匹でした。

一番大きな魚は2年生の☆君が「こんな岩陰に魚はおるとばい!」

とたまたま指差した所に魚がいてアミで捕獲しました。

みんなの反対も聞かずに☆君は魚をバケツに入れて

大事に家に持って帰りました。

夜に☆君のママからメールがありました~

「お疲れ様でした。お魚ちゃんは、何とかして食べることが

できました。

私が生きている魚に包丁を入れるのは初体験で、私もよい

思い出になりました。」



実は☆君は夏休みの計画を立てるときに

「ホテルに泊まりたい!」「東京に行きたい!」と

自分達でやれることと、やりたいことがとても

かけ離れていました。実際に計画を立てるときは

近辺のテーマパークの本を持ってきてどこにいこうか

考えていました。

私は「あまり遠くないところ、予算のかからないところ」を

考えて計画を立てるようにお願いしました。

☆君たちは一生懸命に考えてやっと一致したのが

「魚釣り」でした。

(もちろんママ達はとても心配だったようです。)

今日の「魚釣り」は☆君にとって大変だったけど

楽しい充実した思い出にのこる1日になっただろうと

思います。

私が帰りの車の中で「ねぇ ねぇ また釣りに行きたい?」と聞くと

☆君はすかさず「僕、もうこりごり~!!」と言ってました。

これでいいんだと思うんです・・・

釣りって大変なんだ!

魚屋さんで売ってある魚がどんなに貴重なものか?

いろんなことを感じたのだと思います。


計画を立てる→行動する(魚釣り)→結果(釣れない、食べる)

このような実体験がつながる活動は

子ども達の本当の血肉となった自信や知識となって

いくのだろうと私は思っています。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
母子の愛着関係

CIMG0615.jpg

写真は1歳11ヶ月の☆君が図形パズルにチャレンジしています。

初チャレンジでしたが結構、型をよく見ていれています。


☆君は甘えん坊さんで、いつもママが近くにいないと不安ですが

前回くらいか一人で椅子に座って遊べるようにもなってきました。

☆君は3人兄妹の末っ子なので、いかにして自分がママを

独占するか懸命に頑張っているのがよくわかります。

この年齢の子ども達は本当に「ママ命」でママが見えなくなると

何事が起こったのか?!とビックリするくらい大泣きをします。

遊んでいる時も常にママの気配を感じながら遊んでいます。


1歳5ヶ月の子も「ママちょっと車に行って来るね」と言って

「ウン」と頷くのですが、ママが外に出たとたん

「ワーン」と大泣きをし、ママが帰ってくると

ケロッとして泣き止んでいました。


1歳児さんはママとの良い愛着関係と育む中で

知的好奇心も活発に活動するようです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
3歳児さん「困った行動?」or「科学者的な行動?」

☆ちゃんが3才半くらいの頃・・・


あそびのアトリエの部屋はいつも日が差して明るい日は

自然光なんですが・・・

その頃☆ちゃんは電気のことがとても気になるようで

「レオさん電気がついてない!!」と言って

いつも自分で電気をつけていました。

電気のスイッチは同じところに3つあり

室内の電気は上と下、真ん中は外の電気なんですが

☆ちゃんは来るたびに何度も電気を点けたり、消したり

するうちに、どこの電気のスイッチが室内の電気なのかを

つきとめたようなのです。

その後も偶然ではなく、☆ちゃんが電気を点けた時には

上と下のスイッチだけがちゃんと点けてありました。

電気のスイッチをマスターした☆ちゃんは

いつのまにか電気に関心がなくなってしまいました・・・。


みなさんは☆ちゃんの行動をどうとらえますか?

リボンクラブにきて、大人の言うことも聞かずに

電気のスイッチにこだわる☆ちゃんの行動は

大人の目線から見るととても困った子ではないでしょうか?

しかし、☆ちゃん自身は科学者のように観察したり

何度も試したり、毎回来るたびに熱心に実験していたのです。

☆ちゃんのようにして学ぶのが幼児期の子どもの特徴だそうです。

幼児期の子ども達は、大人のような合理的な学び方ではなく

科学者のような学び方をするそうなのです。
















にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
カプラ作品(5歳児)

CIMG0613.jpg

帰り際になって突然カプラを作り出した☆ちゃん

私は上の方のつなぎ方だけを手伝うと

後は黙々と一人で一心不乱に積み始めました。

☆ちゃんなりに工夫した部分も見られる

素敵な作品ができました。

2箱(400ピース)をきれに使い切って大満足でした~


少しだけ、昨日の話にもどりますが・・・

こんなに素敵な作品を作るようになった☆ちゃんですら

ママの話では3、4歳くらいの時には

すごく子育てが大変で悩まれていたそうです。

ママが☆ちゃんの気持ちを理解し、共感し、認める

ことができるようになると

子どものキラキラした良いところがたくさん見えて

☆ちゃんの発達のサイクルが良い方向に向かって

きたのだと思います。










にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
こじか広場

今日の午前中は、子育て支援のこじか広場で

(0,1,2,3歳児さんの親子の広場)

子ども達を遊ばせながら自由にママ達から質問を

受けるという形式で参加させて頂きました。



支援の先生の絵本の読み聞かせや手遊びは

子ども達のペースに合わせたゆったりと温かい雰囲気で

親子共にほっこりとあたたかい気持ちになりました。

子ども達も目をキラキラさせていました。


その後は、新しく購入されたというたくさんのおもちゃで

子ども達は自由に遊びながら

それぞれのママ達とお話をさせて頂きました。

私自身どこまでかかわっていいのか迷いもありましたが

顔見知りのママ達もいらっしゃったので

リラックスした雰囲気の中でお話できました。


一番悩みが多かったのが

3才前後の子ども達の対応のようでした。

わがまま・かんしゃく・甘え・乱暴等々・・・

よその子は良い子なのに、我が子だけが大変な子に

感じてしまう・・・。

理屈で分かっていても怒ってしまう→自己嫌悪に陥る

とう悪循環を繰り返して心身共に疲れ果ててしまう

子育てに熱心で、子どもを愛している素敵なママほど

こういうジレンマが大きくなってしまうような気がしました。


地域や家族の中で子育てをする機能や伝承や失われ

その代わりに、溢れんばかりの情報と物の中から選択をし

責任をもって子育てをしなければならない状況は

親にとっては過大な責任だと思うのです。

そんな空気を敏感に感じとっているママ達にとっては

本当に子育てはとてもしんどいものだろうと思います。



その他にも・・・

戦隊者のビデオを見過ぎていないか?

ひらがなの音の出るおもちゃは与えたほうが良いか?

毎回買い物の時にお菓子を買ってあげてもいいのか?


こういう質問も「これは良いです。」「これは悪いです。」

と簡単に答えられる質問ではありません。

子ども個性や家庭環境や親の思いも含めて考えながら

その子にあった発達のサイクルが良い循環になるように

援助していくことが大切ではないかと思っています。


短時間で伝えること、文章で伝えることは本当に

難しいことです・・・。

これは私のこれからの課題でもあります。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
スライム作り

熊本で開催されている夏休み子ども体験教室

実験教室でやったスライム作りが大好評だったと聞いて

速攻、私もやりたくなり

3,4歳児さんとさっそくスライム作りをやってみました。

特に小さい子は口に入れたら危ないので

危険なお薬を使うから絶対に口に入れないことだけを

しっかり約束して作り始めました。

子ども達、自分の身の危険にかかわる話はよく聞いています。

ママにもしっかり説明をしていました。(エライです!)


水を線まで入れること(調整)

CIMG0600.jpg

素早く混ぜること

微妙な加減でスライムの硬さが違ってきます。

固まっていく様子が面白くて大はしゃぎの子ども達

CIMG0601.jpg

バッタ採りにも夢中

なかなか上手くつかまりません~

CIMG0602.jpg

今日は特別におにぎりとカボチャのスープの

お昼ごはんも一緒に食べました。

自分達で切って混ぜて作ったスープは格別に

美味しいようです。塩味だけなのですが・・・

CIMG0603.jpg

食後はそれぞれ遊んでいましたが

最後はみんなマグタッチに集まり

思い思いにマンションやお家を作ってました。

CIMG0604.jpg

ララさん教えてくれてありがと―

熊本の実験教室あと2回あります。きっと楽しい実験が

あると思うのでぜひご参加下さい

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
積木作品~恐竜ランド~

CIMG0564.jpg

リボンクラブに入会したばかりの5歳の☆君

最近、ドラえもんシリーズで恐竜がでてくる

DVDをみて恐竜に目覚めたとか・・・


上記の写真は☆君と一緒に作った作品です。

恐竜の名前、草食か肉食か等々

次々にお話をしながら楽しそうに作っていました。

5歳くらいになると直接体験だけではなく

映像からかなりの情報を取り入れて

自分なりの世界を積木やモザイク等を

使って表現できるようになるようです。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子ども体験イベント~料理~in熊本

夏休み期間、熊本のリボンクラブでは

子ども体験イベントが開催されています。

今日は私の担当の料理の日でした。

ピザ・パンプキンスープ・キャラメルポップコーン

の3品を作りました。

まずはピザの生地・・・はかりで粉を量っています。

CIMG0565.jpg

生地をこねています。

CIMG0570.jpg

いただきま~す

CIMG0573.jpg

今回は料理がメインのイベントということもあり

私なりに子ども達用にレシピを作ったり

目的をたてたりしてみました。

料理からいろんな広がりがでてきます。

 算数→100g、65CC、等を道具を使って量る

     ピザ生地を3等分に分ける

 国語→聞く、語彙をふやす(こねる、もむ、うちつける等)

 理科→イースト菌が発酵して膨らむ

 社会→ピザやポップコーンの発祥の地

 感覚→皮膚感覚、臭覚、味覚

 美的感覚→ピザのトッピング

上記の内容を料理をつくりながら子ども達が

意識できるように配慮しています。

しかし、子ども達みんなが同じように興味を

持つことはありません。

はかりに興味を持ってきっちりと量ろうとする子。

「こねるってどうするの?」「もむ?」「うちるける?」

と言葉に興味をもって質問する子。

2倍に発酵したピザ生地に驚く子。

かぼちゃの匂いをかいで「スイカみたいな匂いがする!」

と感動をする子。

ピザのトッピングにこだわる子等々

それぞれの子がいろんな発見や体験をする様子が

とても印象的でした。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
生活体験をごっこ遊びで楽しむ~

CIMG0372.jpg

1歳10ヶ月の男の子と女の子ペアさん

2人が同じように大盛況だった遊びが

ゾウやキリンやウマの小さなお人形を

「ねんね」と言って布をかぶせて寝せたり

「シッシー」「ウンチ」と言ってトイレに行かせたり

「ごはん」と言ってご飯を食べさせたり

何度も、何度も、繰り返し飽きずに遊びました。


まだこの年齢では、子どもだけでイメージを膨らます

ことは難しく、大人のかかわり方が大事なようです。

「ねんね」「シッシー」「ウンチ」「ごはん」という

言葉を添えてあげるだけで

子ども達は日常の生活をイメージして

イキイキと道具を使って遊びはじめます。

何度も繰り返すことで言葉も真似をするようになり

言葉と動作が一致してきます。



2人でケラケラ大笑いしながら何度も繰り返す

様子はとても微笑ましく

日常の生活習慣や言葉を知ること、分かることが

面白くて仕方がないという感じでした。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
海水浴

昨日は熊本・荒尾合同で海水浴に行ってきました!!

親子で50名くらいの参加があり

パパもたくさん参加して頂きました。

CIMG0548.jpg

ボートに乗ったり~

CIMG0550.jpg

カニやヤドカリを探したり~

CIMG0563.jpg

小さい子ども達は海が怖くて入れない子

怖いもの知らずでジャンジャカ入って行く子

昨年は喜んで入っていたのに

今年は怖くてなかなか入れない子

その逆の子もいました。

子ども達の反応はそれぞれです・・・。


年に1度の海水浴ですが、1年、2年・・・と

長いスパンで観察をしてみると、それぞれの

子ども達の体と心の成長がよく見えてきます。


今年、海に入るのが苦手だった子も

来年はどういう反応でどういう行動をとるのか

とても楽しみですね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |