TOP2011年07月

夏バテにご注意を!!

CIMG0480.jpg

我が家のネコちゃんもワンちゃんも

この暑さでバテ気味のようです~

2匹とも日中はゴロゴロして過ごしています。



人間はそういうわけにはいきませんが・・・

疲れたときはできるだけ休養をとったほうが

良いようです。 


明日は熊本でスタッフの勉強会で

明後日はリボンクラブ合同の海水浴の行事があります。

私もしっかり睡眠と栄養をとって体力をつけなくては~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
釣りざお作りの思い出

CIMG0539.jpg

家族で釣りざお作りの話をしていたたら

夫は小学生の頃、自分で竹を切ってきて

3段組み立て釣りざおを自作していたとか・・・

私が「他の友達も作っていたの?」と聞くと

夫は「いや~自分だけだったかなぁ

  みんな買った釣竿だったと思う。」

娘は「お父さんかわいそぉ~」と同情。

今の時代自分だけ手作りなんてありえないってこと

なのでしょう・・・。


夫の子どもの時代の遊びは、いらなくなった機械を

分解して組み立てることだったそうです。

昔は機械の仕組みもシンプルだったので

子どものおもちゃとしては最高だったようです。

そういう子ども時代のお陰もあってか、日曜大工や

故障した電化製品修理に関しては何でも器用こなしてくれます。

以前勤めていた会社では、道具を開発して特許をとったことも

あるそうです。(我が家には金一封しかありませんでしたが・・・)



子ども時代、快適に安全で何不自由なく過ごすこだけが

子どもにとっての幸せではないようです。

少し不自由で不便で苦労する経験も将来の生きる力に

なるのではないかと思います。

ちなみに夫は学校の勉強は苦手だったようです~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
釣りざお作り

「釣りには何が必要か?」

「いるのも」「どこにいくか」「何を持っていくか」「危ないとき」

等々、思いつくことを図にして一緒に考えてみました。

2年生には視覚に訴える方が理解しやすいようです。

紙に書き出すといろんなことで出てきました。


CIMG0541.jpg

さっそく釣具やさんに行って最小限のものを買いそろえて

釣りざお作りにチャレンジしました。

とても熱心に作っています。

CIMG0539.jpg
こんな感じかなぁ~?

CIMG0540.jpg

本番は上手く釣れるような気がしてきました

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
(続)子どもが嘘をつく心理とは

我が家では「虫歯になるから、歯磨きをした後に

甘いものは食べたらいけません」と言い聞かせていました。

その頃、5歳半くらいになっていた娘は、その言いつけを守って

歯磨きの後にチョコレートをおねだりはしませんでした。



しかし・・・後々娘が告白してくれたことですが

実はチョコレートの隠し場所を知っていて

毎晩、歯磨きをした後にこっそりとチョコレートを食べたのが

原因で虫歯になったのだと言っていました。


3歳児さんだったら「チョコレート食べたい!!」といって

泣いて、わめいて訴えるのでしょうが

5歳児ともなるとかなり手ごわくなってきます。

普段から親が隠しているチョコレートの場所をチェックしていて

親に見つからないようにコッソリとチョコを食べる。

口の周りは汚れていないか?ゴミはどこにすてるか?

かなり綿密に考えてチョコを食べていたようです・・・

私も全く気づかずに「何で虫歯になったんだろう?この子は歯が

弱い子なんだなぁ~仕方ないな。」くらいしか考えていませんでした。


娘が十数年後に嘘つきになっているかというと・・・

そうではなさそうです。(たぶん?!)

虫歯の治療がきっかけで「やっぱり、よくないことしたなぁ~」と

後になってわかったと本人も言ってました。

「美味しいチョコレート」→「食べたら虫歯になる」→「だから我慢する」

頭で理解はできていても、抑制する力は本当に難しいことだと思います。

大人でも、食べ過ぎたら太ってしまうことが分かっていても

タバコの吸い過ぎは肺がんのリスクが高いことが分かっていても

抑制できないことはよくあることですよね。


大人は自分が正しいと思うことを強制的に子どもに押し付ける傾向があります。

(それは私も含めて子どもの為にという愛情からなのですが・・・)

5歳くらいになると、ママの気持ちがかなりわかるようになってくるので

自分を防衛するには嘘をつくしか方法がないのかもしれません。

そして違う一面からみると、ママの立場になって物事を考えて

判断できるようになったという成長の証でもあります。











にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
嘘をつく子ども達の心理とは・・・

5歳になる男の子のママから

「最近嘘をつくんです・・・」と相談を受けました。



リボンクラブでの☆君の様子は

わざと冗談や悪口をいってケラケラと面白がる反面

ゲームではルールを守り、工作で危ないものを扱う時には

私の指示に従うこと等の制御がだいぶんできるように

なってきました。

以前は、行動を抑制しているぶん遠慮も多く

間違ってはいけない、自分には難し過ぎるという気持ちが強く

積極的に物事に向かうのを怖がっているような感じで

自分の好きなことしかやりたがりませんでしたが

最近は、いろんなものに積極的になってきました。


ママから相談を受けた「嘘をつく」というのは

こう言ったらママが怒るかな?

こんなふうに言ったら上手くいくかな?

というように、相手の気持ちを考えたり

先の見通しを立てたり、いろんな智慧をしぼって

嘘を言ってしまうようです。

全体的にみて☆君の嘘は賢くなっている証拠だと思います。



幼児期は特に心が開放されると知的な面が伸びてきます。

同時に抑制機能がゆるくなって、悪い面も一緒にでてくることが

よくありますが、悪いところを抑制してしまうと

良いところまでもが伸びなくなってしまうようです。



現に☆君は前回のサイコロゲームの時には

わざと一人で隠れてサイコロを振ってきて

一番大きい数字がでたと言い張っていました。

(もちろん嘘です~)

今回のサイコロゲームでは、「☆君隠れてやったら

ずる~い!」と言われ、誤魔化したり、嘘をつくことは

ありませんでした。

問題を抱えていない幼児期の嘘は大人からみればすぐにばれる

一過性のものなのであまり心配しないでいいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
極端な話ですが・・・

☆君ママ「長女(小2)がお爺ちゃんといとこと3人で

   夏休みに富士山に登るんですよ。」

私 「素敵なおじいちゃんですね~」


という会話が発端で☆君ママがこんなお話をしてくれました。

実は、お爺ちゃんは高校の登山部で全国大会にもいった強豪

チームだったとか・・・

その為に長女だった☆君ママはお爺ちゃんと同じ高校にいき

そこころ廃部寸前だった登山部を救うようにお爺ちゃんに

命じられ部に入ったそうです。しかも女子部員はたった1人。

いろんな所に登山に行き、屋久島登山の時は3泊くらい

テント生活で風呂にも入れずあまりにもの辛さに泣いて

しまったこともあるとか~

そこまでは「ウンウン」と頷けたのですが・・・

いろんな所に行くのは良いけれど道に迷って

しまったことも何度もあり

しかも登山部の先生が結構いい加減で山道をよく

間違えていたそうなんです。

(それって一歩間違えば遭難していたってこと?!)

一般的には先生がいれば安心、先生についていけば大丈夫

という信頼の元に学校生活が成り立っているという

幻想の中で生きている私達にとっては

(もちろんそうであって欲しいのですが

 絶対安全なんてありえません。)

ちょっとショッキングな話ですよね。

しかし、見方を変えてみると「自分の命は自分で守る」

という一番大事なことを経験することができたという

ふうにも解釈できます。

途中から☆君ママは、先生が道を間違えていないか

考えながら登山をするようになったそうです。


どれくらい危険な登山をされたかは私には見当がつかないし

もしかしたら先生なりの考えがあってのことかも知れませんが

高校生だった☆君ママにとっては、汚くて、きつくて、危険な経験を

され「先生だけを頼りにできない」「自分の命は自分で守る」という

貴重な体験をされたのだと思います。



私達大人は、多少危険な冒険を子ども達にやらせてあげる

器をもっているでしょうか?

子ども達が精神的な成長を遂げるには、大人と少し距離を置いて

自分を信じて自分の力で乗り越えた時に大きくなれるではないかと

思います。

もちろん安全は第一ですが、一方では子どもを大事に囲いすぎ

子どもの成長を阻害する危険性もあるのではと感じています。




☆君ママはきっと自分が登山の経験をして良かったから

お爺ちゃんに子どもを預けて富士山に行かせようと

考えられたのだと思います。

☆君ママのお話は極端な話かもしれませんが

とても考えさせられる良いお話でした。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
転勤先からの嬉しい便り~

今年の春に東京に引越しをした☆ちゃんのママから

連絡がありました。

熊本にいる時はいろんな事情があって幼稚園に

通っていなかった☆ちゃんは

悪く言えば、我が強い、わがまま、自己中心的

その反面、明るく、元気で、お友達大好きな女の子

リボンクラブを楽しみにしてくれていましたが

自分の好きなことしかせず

アクセルばかりを踏んでブレーキがきかない・・・

という感じでした。

5歳くらいになった頃から少しずつブレーキが

きくようになってくると

自分の意思はしっかりもちながらも

お友達思いの、とてもやさしい、しっかりした

可愛らしい女の子に変身してきました。

自分が嫌なことはしないので、他の子よりも

遅れて見えることはありますが

少しずつ知的な興味も広がってきている兆候は

ありました。



ママからの近況報告では~

幼稚園の大好きなお友達に毎日お手紙を書いたり

文字にもとても興味を持ち、自分の名前やお友達の

名前を書けるようになってきたそうです。

「熊本に帰りたいね。レオさんところに行きたい。」

と言ってくれるようです。

大変身した☆ちゃんをレオさんにも見て欲しい~

とママもとても嬉しそうに話してくれました。


☆ちゃんのママ嬉しいお知らせありがとうございました

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
指人形作り

CIMG0533.jpg

きる、折る、貼る、描く、細かな作業を熱心にやってます。

CIMG0534.jpg

犬、猫、ウサギの指人形完成~

自分で作った指人形に大満足の☆君です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
工夫する経験~金魚すくいごっこ~

とても暑い日にお外で金魚すくいごっこをしました。

針金で型をつくりコーヒーフィルターをテープで貼って

金魚すくいのできあがりです。

発泡スチロールに目を描き水に浮かべて金魚のできあがり。


CIMG0528.jpg

しかし・・・コーヒーフィルターが破けてしまいました。

応急処置でビニールをはってみましたが

子ども達が思うようにはすくえません・・・


4歳5ヶ月の男の子は自分でチョキチョキ、ペタペタと

作り直しを始めました。

ビニールを袋状にして、すくい易いように工夫しています。

CIMG0530.jpg

それに触発されて他の子も自分で作り始めました。

CIMG0531.jpg

最後は紙コップを使って作ってみました。

CIMG0532.jpg


始めに作ったコーヒーフィルターが破けたおかげで

子ども達がすくい易いものを工夫して作る姿が

とても感動的でした。

2,3才の時はテープ、糊、色紙をただ無駄に使っているように

見える時期もありましたが

その無駄の時期があったからこそ

今、自分の頭や手を使って物を作り出す土台が育っているのだと

思います。



あまり大人が完璧なものを作って与えてしまうと

子ども達が創意工夫する隙間がなくなってしまいます。


子ども達の発想やアイディアを形にする経験は

とても大事なことだと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「哲学する赤ちゃん」

哲学する赤ちゃん

「哲学する赤ちゃん」の著者アリソン・ゴプニックは

「心の理論」の研究の創始者の一人であり

子どもは科学者と同じやり方で学習するという説を提唱した

人でもあるそうです。

子どもに対する考え方があそびのアトリエととても近いものがあり

私達がやっていることをわかり易く理論的に説明されているようで

とてもピッタリとくる本だったので内容を少しだけご紹介します。





前頭前野は、脳のうちでも一番ゆっくりと成熟するところの1つです。

大脳皮質の一部であるこの領域では、神経回路の刈り込み、強化が

完了するのは二十代半ばです。


前頭前野には「抑制」の機能があって、それが脳の他の部分を遮断し

体験、行動、思考を絞り込みます。


想像力や学習能力を自由に働かせるには制御は逆効果です。

突拍子もない発想でも、芽を摘まずにおけばあとで何かの

役に立つかもしれません。

幼児期には前頭前野の制御がきかない方が都合がいいのです。

ただ前頭前野は、脳の中でも幼児期を通じて最も変化が著しい

部分であり、その意味では活動は盛んですし、完成した後も

幼児期の体験の影響が色濃く残ります。

幼児期の想像能力や学習能力からは、大人になってからの

計画的な行動をしたり、行動を知的に調整するために必要な

情報が得られます。知能指数は前頭前野の成熟の遅さや

可塑性と相関関係があるという証拠もあります。

抑制されない開かれた心を長く保つことが、賢くなる

条件の一つなのでしうょう。


                 本文より抜粋~



人間が20年もの長い歳月をかけて大人になるのには

とても大きな意味があるようです。

特に乳幼児期の一見無駄に見える探索活動やごっこあそびの

重要性をいろんな実験やデーターを元に理論立てて

丁寧に説明されています。

私達が日頃あそびのアトリエで接しているあかちゃんや

子ども達がいかに優秀で素晴らしいか!

あらためて感動です



私たちも日頃から子ども達と接していて感じることは

幼児期は抑制されていない脳の子ども方が

イキイキとしていて(大人からすると困った行動が多い子)

自分の興味のあるものに対しては集中力や意欲があり

エネルギーがみなぎっているなぁと感じています。

しかし制御の機能が脆弱なぶんいろんな問題が多く

親の心配はつきないとは思いますが

ここは親の我慢のしどころでもあるようです。

かんしゃく、噛み付き、甘え、わがまま、攻撃性等

日々のいろんな問題は子ども達が大きくなるために

多少は必要なことのようです。


まだまだ紹介したい内容がたくさんあるので

次回またご紹介しますね。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
前向き 横向き 後向き 

CIMG0507.jpg


CIMG0520.jpg


CIMG0521.jpg


CIMG0522.jpg

年長さんに私の顔の

「前向き、横向き、後向き」を描いてもらいました。

積極的なAちゃんは、はりきって「描く!描く!」と言って

恥ずかしがりながらも一番に描きだしました。(上記の写真の絵)

その隣でBちゃんは「恥ずかしい~」と言って

自分の気持ちが整うまでにとても時間がかかりましたが

諦めずにAちゃんと2人で最後まで描きました。

Cちゃんは「イヤ!」と言って知らん顔して一人遊びをしていました。

みんなよりも少し発達が遅いCちゃんは只今反抗期の真っ最中で

しっかり自分の意思表示をし自分に無理な課題には向かってきません。




課題にしっかり向き合って緻密に表現しようとするAちゃん

自信がなく恥ずかしいけれども頑張って描いたBちゃん

「やりたくない」とはっきり意思表示できるCちゃん

あそびのアトリエでは課題をクリアーすることが目的ではなく

それぞれの子の発達の課題が今どこにあるのかを観察し

それをサポートすることに重点を置いています。

同じ年長児さんでもそれぞれクリアーする課題が違うので

私はそれぞれの子をしっかり認めています。


大人から見ると課題をしっかりこなすAちゃんが都合が

いいかもしれません・・・が

Aちゃんは「いや!」と言って描かないCちゃんを見て

「こんど描かなかったらどうする?」と私に尋ねました。

私が「どうしても嫌な時は「いや」といってもいいんだよ。」

と伝えるととても不思議そうな顔をしていました。

Cちゃんがまだ描く力がないこともわかっていたので

(数ヶ月から1年後には描けるようになるとは思っています。)

自分にまだできないことを「いやだ」というのは

自分を傷つけないためにもとても大事なことだと思っています。

Aちゃんがそういうお友達を認めることもとても大事な

経験だと考えています。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
1歳児さんの能力(内なる自然)

リボンクラブで1歳児さんが遊ぶとき

母子関係が安定して安心して遊べるようになってくると

ママは近くにいても、私にいろんな要求をしてきます。


今日も1歳4ヶ月の男の子が缶を手に取ると

迷わずに私の方にトコトコと歩いて近づいてきて

開けてくれと言わんばかりに缶を差し出します。

ママがいなければ仕方なく一番身近な人に頼るのは

まだ理解できるのですが(保育園ではそうでした)

たった月に2回しか来ないリボンクラブで

ここはレオさんの所でこの人にお願いしたほうが良さそうだと

1歳児さんは知っているようです。


もちろんお腹が空いた時、転んで痛い時、眠たい時は

ママでないといけません。

でも遊ぶときはレオさんと遊んだほうが

「得?!」「楽しい!」という事を

誰が教えなくても知っているようです。








にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
梅干が・・・

CIMG0523.jpg

今年、初めて梅干作りにチャレンジしました。

写真は今朝天日干しにした梅干です。

かなり上手くいってるでしょ~


その後・・・大大大事件が!!

夕立に襲われて、びしょ濡れになってしまいました。

大失敗です・・・


今日、午前はヨガで体をしっかり動かしてスッキリし

午後は林田薬局さんの体験リボンクラブで

可愛い2歳の男の子と女の子とお友達になり

ママともいろんなお話ができて

とても充実した1日だったんですが

良いことばかりはありません・・・

でもまだ諦めませんよ~

明日からも天日干しします


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
夏休みのおひさまクラブイベント決定

IMG_0001.jpg


IMG_0002.jpg


IMG_0003.jpg

おひさまクラブ小学生3グループの子ども達が

夏休みのイベントをグループごとに企画しました。

今回は自分の所属するグループ以外の企画にも

参加を呼びかけるために

それぞれチラシを子ども達が作成しました。

内容、日時、場所、参加費、定員等

いろんなことを考えなければいけません。

1,2年生のグループはなかなか要領を得ずに

はっきりとしていないものもありますが

これも経験です。


今年の夏休み、どうなるかとても楽しみです






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
フルーツゲームの遊び方 パート3

IMG_1072.jpg

ベルを鳴らすのがとにかくやりたくてウズウズしている子ども達

果物の数だけベルをならす遊びが上手にできるようになったら

少しバージョンアップして果物の数にプラス1をしてベルを鳴らす

ルールを決めます。

数人でやる時は一人づつ順番でやります。

自分の番でない時は、お友達のベルの数は間違っていなかったか

審判員として集中して聞いておかないといけません。

慌ててベルをならすと結構間違えて鳴らしてしまうこともあるので・・・

スリルあり、集中力、計算力、判断力等の能力が必要になります。

はじめからあまり難しくせずに、間違いも大いに楽しみながら

「1の次は2を足してみようか?」と子どもの能力に応じて

楽しんでみてはいかかでしょうか?


ノルマでやるプリント学習よりも楽しんで身につける方が

子ども達は意欲マンマンです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
秘密基地作り~壁の隙間埋め~

CIMG0482.jpg

秘密基地の壁の隙間から小さな虫やアリが

入り込んでいたので

壁や床の隙間を埋める作業をしました。

熱い日中の作業は部屋の中はムシムシして

作業も難航しました~

それでも休み休み頑張って隙間を埋めましたよ。



あとは電気工事をセバスチャン(夫)にお願いして

電気と壁掛け扇風機(寄付で頂きました)がつけば

夜や多少の暑さはしのげるかもです・・・

それと床板(予算不足で寄付をお願いしているところ)

を張ればほぼ完成?!


子ども達、この秘密基地で夏のお泊まり会計画中です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
緊張感をほぐす「あっちむいて ホイ!」

5歳の☆ちゃんとあっちむいてホイをして遊びました。

とても賢くて慎重な恥ずかしがりな☆ちゃんですが

緊張しながらもあっちむいてホイ勝負にチャレンジ



なかなか1回であっちむいてホイが決まりませんでしたが

何度も繰り返してやるうちに

段々笑顔も増えて、緊張もほぐれてきました。


こういう遊びは無理にやる遊びではありませんが

相手とのコミニュケーションが上手くできないと

なかなか息が合わずに遊びが成立しません・・・

やはり第1子や一人っ子はこういう遊びは苦手で

何となくぎこちなくなってしまいますが

第2子以降の子はこういう遊びはピンカンと

とても良い調子で盛り上がります。

コミニケーションの苦手な子や

間違ってはいけないという緊張感の強い子は

大人が子どものペースにあわせながら

上手くいかない時も「ハハハ」と笑いあって

不安や緊張を取り除いてあげることが大切。



不安感や緊張の強い子はこういう遊びを通して

心(脳)をほぐすといいようです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
カエルさん さようなら!

CIMG0483.jpg

おたまじゃくしから2年間飼育していた

カエルのピョンキチくん

ずいぶん大きく成長しましたが

最近、体の色も緑から茶色に変わり、動きも鈍くなり

元気がなくなってきました。

あまりにも元気がなくなっていたので

そおっと~田んぼに帰してあげました。


「ピョンキチくん

 2年間ありがとう!!元気でね!!」




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
1年間の成長

CIMG0486.jpg


CIMG0487.jpg

7歳の双子の女の子です。

1年前にリボンクラブに来た時は

不安感が強く、表情も硬く、緊張していた2人が

1年たってみると・・・驚くほどの成長


甘えん坊さんではあるけれども

ママともスムーズにお別れができるようになり

自分のやりたいことを提案できるようにもなり

私が提案した課題にも、多少難しくてもあきらめずに

向かってくるようになってきました。


保育園でやっている縄跳びや、リズム運動、歌等の

課題も嬉しそうにお話をしたり、実演してくれます。


上記の写真は・・・

イチゴとウサギの指人形を製作している場面です。

保育園でできるようになったという玉止めや玉結びは

立派なもの~とても上手にできるんですよ。


超未熟児で生まれた二人は

体も心の成長も人並みのようにはいかず

ママもかなり苦労されただろうと思いますが

ママの愛情一杯で、ゆっくり しっかりと育ってきたぶん

他の子ども達にはない宝物をたくさん持っています。


1年前には予想もできなかっったんですが・・・

2人とも「大きくなりたい!知りたい!頑張りたい!」

という心がしっかりと育っているなぁ感じます。


「楽しい」「嬉しい」という喜びが子どもの成長の

原動力ですね

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
虹色教室―「持つ」教育「ある」教育ー

虹色教室のなおみ先生が

幼児期にとても大事なことをわかり易く文章にされています。

私もすごく納得する内容だったのでぜひ読んで下さいね

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ホウネンエビ

ホウネンエビ

おたまじゃくしを見つようと田んぼを覗きにいくと

なんと見たことのない生物が!!

子ども達と調べてみると「ホウネンエビ」という生き物らしく

昔からホウネンエビが田んぼに多く見られる年はお米が豊作

になると言われているそうです。

体は黄緑色で尾は濃いオレンジ色っぽい感じで

たくさんの足がもじょもじょ動いて観察するのも面白いです。


最近は農薬などの影響でホウネンエビも少なくなっているとか・・・



おたまじゃくしやタニシも見つけましたよ~

見つけたものは子ども達が大事にお持ち帰りしてます。

ホウネンエビ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもの内なる自然③~並べる~

CIMG0477.jpg

1歳10ヶ月の☆君が一人で車を取り出し

2,3台車並べましたが数が多くなってくると

なかなか上手くできません。

CIMG0479.jpg

今度はドールハウスの前に車を持っていき

1台ずつキレイに並べることができました。

☆君大満足でした。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |