TOP2011年02月

双子ちゃんキリン作りにチャレンジ

IMG_5834.jpg


IMG_5835.jpg

双子ちゃんが力を合わせてキリン作りに

チャレンジしてます。

カプラをとる人、カプラを積む人

何故か・・・きちんと役割分担ができています。

本当にびっくりするくらいに2人の息がピッタリ

とあって作業をしています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
御船町子育て支援センターで~

今日は御船町の子育て支援センターから依頼があって

「おもちゃ」についてのお話をしてきました。

子ども達がおもちゃで和やかに遊ぶ中

お母さん達は熱心に話を聞いて頂きました。


「おもちゃの役割」や「なぜ遊びが大切なのか」

あそびのアトリエでおもちゃで遊ぶ子ども達の

様子等を交えてお話させて頂きました。

「うちの子のことを言われているみたいでした」

「この子がこんなに集中している様子をはじめてみました」

等、嬉しいご感想も頂きました。



子どもの遊びやおもちゃについて一緒に考えたり

学びあう先生やお母さん達の輪が少しずつでも

広がっていくことをとても嬉しく思います。

もっともっとわかり易くお話ができるように

私も精進していきたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
焚き火でマシュマロ焼き

雨上がりでなかなか火がつかず

とても苦労しましたが・・・

やっと火がつき

子ども達の念願のマシュマロを焼いています。

火であぶって食べるととろ~りとなって

何ともいえない美味しさになるんです。

IMG_5853.jpg

枯れ草を集めてきたり、のこぎりで木をきって

焚き火にしています。 がんばれ!!(下写真↓)

こういう時の子ども達の行動はなんと機敏なことでしょう・・・

私が一言えば走り回って集めてきます。

IMG_5850.jpg

マシュマロを火に近づけ過ぎると焦げてしまうし

煙が来るところでは目が痛くなるし

ほど良いあぶり加減はどれくらいがいいのか?

子ども達はいろんなことを考えながら

おいしそうなマシュマロを焼いていました。


ささやかな体験でも、自分から動くこと

考える経験はとても大事なことだと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
東京からのお客様

年に2回ほど里帰りをした時に熊本のリボンクラブに

遊びにきてくれる☆君の様子です。

IMG_5864.jpg

車が大好きな☆君

はじめは車の本とカタログを熱心に見て

ダンプ、バス、ハシゴシャ、クレーンシャ等々

いろんな車を指差して教えてくれました。

(東京からわざわざカタログを見に来たの~

もうすぐ2歳ですが二語文もでて上手におしゃべりします。

IMG_5862.jpg

リグノをいれています。

二分の一の円柱が上手く入らずに試行錯誤していましたが

感覚で理解できたようで全部きれいに入れきり大満足でした。

IMG_5865.jpg

色板を並べています。

IMG_5866.jpg

積木のトンネルに車を入れて

入る車は「小さいね~」

入らない車は「大きいね~」と何度も

出し入れして大小の概念を体験しています。

IMG_5867.jpg

私が積木をつんで見せると

何度もこわして大喜び~

その後・・・自分で上手に積み出しました。

IMG_5875.jpg

もうすぐ2歳なのでハサミにもチャレンジしてみました。

手先は器用で道具の操作も上手なので

ハサミに興味がでてきたら

すぐに上手に使えるようになるでしょうね。


久しぶりに会った☆君は

しっかりとした2歳児さんに大変身していました。

この時期は遊びの中で繰り返し道具を操作しながら

体験を通して思考する力を身につけるんだなぁ~

と☆君を見ていて改めて思いました。

また半年後の☆くんの成長が楽しみです






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ガソリンスタンドと洗車機

IMG_5817.jpg

子どもは自分に興味のあるものを目ざとく

探し出す天才です。

ガソリンスタンド&洗車機を見つけた1歳10ヶ月の

☆君も夢中で遊んでいます。(上記の写真)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
花STAGEさんでの育児講座

IMG_5857.jpg

昨日は花STAGEさんで育児講座を開いて頂きました。

上記の写真は花STAGEさんの様子

ウキウキお雛祭りvol.4

2011.2.19(土)-2.27(日)

花STAGEの中で期間中、雛人形・さげもん(吊るし雛)等の

展示のほか、様々なイベントを開催します


お話し会

羊毛あそび

育児講座

パンやお菓子の販売

etc...


あそびのアトリエから徒歩5分くらいの所に

とてもステキな古民家のお花やさんがあります。

お店の方とお知り合いになり

今年のおひな祭りのイベントで

育児講座を企画して頂きました。

とてもステキなところで講座をさせて頂き

私の方がウキウキ楽しい気持ちで参加させてもらいました。

今週いっぱい開催されていますので

お近くにお越しのさいはぜひ足をお運び下さい。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ガンバル3才児さんの素敵なカプラ作品

IMG_5843.jpg

最近おうちでカプラ遊びをしている3歳9ヶ月の☆ちゃんは

びっくりするほどカプラが上手に積めるようになってきました。

以前私が作った階段を覚えていて同じように作ろうとしたり

カプラが倒れても、倒れても根気よく愚痴一つ言わずに

黙々と積んでいました。

その集中力と根性は大人顔負けです。

自分の満足いくものができると清々しく「おわり~!!」

と言って次の遊びを始めていました。

IMG_5842.jpg

☆ちゃんの姿に刺激されて3歳7ヶ月の★君も

カプラに初挑戦。

はじめに私が積んでみせると段々イメージが膨らんで

つかさ湯の温泉やエスカレーターや駐車場を次々に

お話ししながら作り出しました。

大好きなエスカレーターをいくつも作って

「ねーねー見て!見て!エスカレーターいくつあるでしょ?」

と大人の注目を集めたくて一生懸命アピールしていました。


まだ2人で一緒にカプラを作ることはありませんが

お互いに刺激されてそれぞれが本当に熱心に作る姿は

とてもステキでした。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
和風大根ポトフ

IMG_5847.jpg

今日はおひさまクラブの子ども達と「和風大根ポトフ」を

作りました。

鶏がらスープの味と柔らか~く煮た旬の大根の味がマッチして

とても美味しかったです。

キャベツを入れ忘れてしまいましたが

子ども達は全然平気~

逆に入れない方が良かったみたいです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ミニチュアのブランコ

IMG_5816.jpg

あそびのアトリエで新しく購入したブランコ

保育園に通っている2歳5ヶ月の☆君は

一体の人形をブランコに座らせて動かし

次に「順番かわってね!」ともう一体の人形を持ってきて

ブランコで遊んでいました。

保育園で経験していることをしっかり再現しているようです


子ども達にとってはとても身近な大好きなブランコ

大人気です



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あそびのアトリエ保育園の様子

IMG_5827.jpg

なぜかタコ糸を取り出してロフトベッドの上から

たらしてみたり、巻いてみたり・・・

マイペースで何度も繰り返す☆君(3歳4ヶ月)

IMG_5828.jpg

お友達に刺激されて

ワンランク難しいパズルにチャレンジする☆君(3歳7ヶ月)

IMG_5831.jpg

何となく車の道路作りを3人で上手くやっています。

男の子2人は車を動かす方に興味があり

女の子(3歳10ヶ月)は道路の行き止まりの所に

公園を作って大満足していました。

子ども達がとても落ち着いて遊び込めるので

私はゆったりと子ども達を観察して

必要な時だけ援助をするだけです。

私がとても楽な仕事をしているようですが・・・

そうなんです!!子ども達が物と向かい合って遊べるように

なるとかかわる大人はとても楽チンになります。

そこに至るまでの子どもとの関係性や

準備や配慮は欠かせませんが・・・。

ミニ保育園をすることであそびのアトリエの理念が

改めて実感できました。


昨年の春から実験的にあそびのアトリエ保育園を

月に2回やってきました。(2、3歳児さん対象)

ママとお別れして2~3人の子ども達と私で

おもちゃで遊んだり、お散歩に行ったり

お昼ごはんを食べたり、絵本を読んだりしながら

一定のリズムでゆったりと4時間を過ごします。

ちょうど母子分離が確立する微妙な時期なので

泣いたり、不安が強くなったり、嫌がったりする日も

ありましたが、今では「行って来ます!!」と言って

元気に楽しみに来てくれるようになりました。

中にはリボンクラブの日も「ママ帰っていいよ」と

言う子もいるくらいです。

(保育園の日の方が時間も長いし楽しいのかな?)

みんな母子分離がしっかり確立し

4月からは不安も少なく幼稚園生活を

楽しんでくれると思います。


今日始めて参加した3歳7ヶ月の☆君は

始めは我慢して頑張っていましたが・・・

帰る30分前くらいになると

どうしても我慢ができずに泣き続けていました。

ちょっと大変でしたがよく頑張りました!!

偶然にも明日は☆君のリボンクラブの日・・・

☆君どんな表情でやってくるかなぁ~。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもとの距離間

最近大変身した3歳10ヶ月の☆ちゃんのママに

「最近☆ちゃんに指示することが少なくなりませんでしたか?」

と私が聞くと、☆ちゃんのママは「そうかもしれないです・・・

言っても聞いてくれないから諦めました。(笑)」とのことでした。

下には1歳の弟がいてママも☆ちゃんばかりに目がいかなく

なったのが良かったのかもしれません。


3歳児さんはママの視線は独り占めしたいものの

ママからの指示や命令は大嫌い

子どもとの距離が近くなり過ぎて

ついつい指示や命令が多くなると子どもは

元気がなくなったり、強く反抗する場合があります。

かといって全く無視されることはもっと辛いことです。


子どもとのほど良い距離間は

        とても大事だと思います。










にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
お母さんも観察力をつけよう!!

リボンクラブでは子どもを観察することを大切にしています。

私達スタッフは距離を縮めて子どもと一緒に遊んだり

少し距離をおいて遊びの様子を観察したりします。

そういうスキルを身につけることで子どものことが

よくわかるようになってきます。



最近お母さん達にお願いしていることは・・・

「リボンクラブの時間が始まったら

子どもは私(スタッフ)に任せて下さい。

きちんと躾をしなくっちゃとか

レオさんに申し訳ないとか思わずに

しっかり任せて我が子を観察して下さい。

でないと本当の子どもの姿が見えてこないし

リボンクラブに来ている意味がないですよ。

ここでは子どもの様子を客観的に観察して

口うるさく言わないで下さい。」とお願いしてます。


我が子を客観的に見ることは簡単なようで

とても難しいことです。

あるお母さんはリボンクラブに子どもが来て

暴れて散らかす様子を見続けるのが辛くて辛くて

リボンクラブに来るのが自分が苦しくて

何度も辞めたいと思ったことがあります・・・

と言われていました。

在るがままの我が子を受け止めるのはとても

大変な時期があります。

真面目なお母さんほど人に迷惑をかけないようにとか

躾をきちんとしなくてはとか周囲のことばかりを気遣って

子どもの発達を無視して大人の考えばかりを押し付けてしまうと

よけいにこじれてしまうことがあります。


まずは子どものあるがままを直視して

それからどう対応するかを考えていくという

過程がとても大事だと思います。

育児書の知識だけで親が一人で我が子を観察すると

とても不安になるケースが多いので

やはり専門的に経験を積んだ人と一緒に

我が子を観察することはとても大切だと感じています。






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
秘密基地作り  ステキな天井完成!

IMG_5811.jpg


IMG_5812.jpg

そっけない天井を「どうにかしたい!」という子ども達の意見と

何とか部屋を明るくできないか・・・等の意見を 

いろいろ考えたあげく上記の写真のような天井が完成しました。

子ども達がデザインした型をお父さん達が機械で

くり抜いていてくれました。

今日はうちの旦那さん(セバスチャン)と☆ちゃんのパパが

大活躍をしてくれました。(ありがとうございました。

子ども達も出来るところはお父さんと一緒に電気ドリルで

ネジどめをしたり、部屋の中の掃除をしたりしました。


今日は天気予報通り午後からはとても冷え込んできましたが

みんな寒さに負けずに頑張りました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもが安心できる環境作り

IMG_5797.jpg

辻井先生の学習会でもお話がありましたが

小さい子ほど毎日同じ場所で同じリズムで同じ人と

安心して過ごす環境はとても大事だそうです。

あそびのアトリエでも同じようなことを心がけて

環境作りに配慮をしています。


子ども達は大人の想像以上に何がどこにあるかを熟知しています。

(個人差はありますが・・・)


先日もままごとコーナーのガスコンロの部分を

ビーズが挟まらないように別の物に付け替えていたら

「レオさんこれなに?違うよ!!」と言って取り外され

そして以前のコンロをしっかり同じ場所に

セッティングされていました。

それも1人の子だけではなく何人もの子が

同じようにセッティングしているのです。

最近は私も諦めて子ども達がどうするのか

観察をすることにしました・・・。


不思議なことに「きちんと片付けない」と言うと

絶対にやらない子が以外にこういう細かいところに気づいて

きちんと元通りにしているのには驚きます。

新しいものが増えていたり、元の場所に物がなかったり

いつもと違う人がいると敏感に気づきます。


特に幼稚園に入園する前の1、2、3歳児さんは

ほとんどの子ども達があそびのアトリエの部屋に入ると

挨拶もそっちのけで真っ先に自分のお気に入りのおもちゃ

を見つけて安心したように遊びだします。

あそびのアトリエには2週間に1度しか来ないのに

子ども達の記憶能力に驚かされることが多々あります。

同じ場所に同じ物がある環境はとても大事なことだなぁと

改めて実感しています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
長さの体験

5歳の☆君がビーズのひも通しをやりだしました。

隣でおしゃべりしながら私もひも通しをやっていると

後から来た同じ年の○君もつられてやり始めました。

だだ通すだけでは面白くないので3人のひも通ししたビーズを

全部つな繋ぎ合わせてみましたが・・・

今ひとつ長さが実感できません 

熊本のリボンクラブの建物は4階まであるので

階段を上って長さを調べてみようと提案してみました。

「このビーズ何階まであるかな?」と質問してみると

2人とも少し考えて「・・・100回!!」との答え。

(この年齢は体験していないことを

 予測をたてるのは難しいことなのでとりあえず

 自分の知っている大きな数字を言ったようです。)

2人でノリノリで階段を駆け上がって

長くつないだビーズを上からたらしてみると・・・

4階から下までは届きませんでした。

3階からはもう少しで下に届きそうだったので

2人で駆け下りてビーズに手を伸ばしてみました。

2階からは長過ぎてしましました。

ママの車と長さを比べたりもしてみました。


ひも通しは2歳児さんが喜ぶ遊びなので

4~5歳児の子ども達はひも通しだけをやっても

2歳児さんのような達成感はありません。

4~5歳児さんは長さや数の比較、長さを体感することで

もっと大きな喜びになります。


年齢や個性によって子どもの達成感や喜びは変化します。

辻井正先生の学習会でもお話されていましたが

喜びや笑いは子どもの緊張をほぐして

脳の活動を活発にしてくれるそうです。

個々の発達にあった喜びをもたらす遊びと

きちんと子どもの活動を評価できる大人のまなざしは

とても大事なことだと思います。

ビーズをつなぐ→長さの予測をたてる→実際に長さを体験する

等々・・・こういう些細な体験の積み重ねが

学習の大きな根っこになっていくのだと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
私はお姫さま☆

IMG_5765.jpg

4歳の☆ちゃんは将来はお姫様になりたいそうです。

上記の写真は積木でお城を作っているところ

大きな布をドレスのようにまとって

キラキラアクセサリーをたくさんつけて

気分はすっかりお姫さま

話し方も仕草もすっかりお姫様になりきっています。

お姫様になるとお片付けやご挨拶も

きちんとできるんですよ~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ごっこあそび
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
辻井 正さん学習会

一昨日は(5日土曜日)辻井 正先生をお招きしての学習会が開催されました。

九州各県の園長先生方の勉強会だったのですが

幸運にも私はえるむの木のお手伝いをしながら

隅の方で辻井先生のお話を聞かせて頂きました。

(あまりたいしたお手伝いができずすみません~


病院や保健所ではどうしてもサポートできない

重要な部分を担う保育の重要性をふまえ

現代の社会の背景にある子どもを取り巻く環境の急速な変容。

私が20年前に保育士をしていた頃の保育園の役割は

仕事をするお母さんの代わりに子ども達のお世話をするところ

怪我をさせないように、安全第一で生活をするところ

躾や集団生活をするところ

製作、音楽指導、文字指導、等の教育をするところ

というような漠然とした仕事をこなしていました。


辻井先生のお話の中で

小さい時から保育園にくる子はいろんなリスクを抱えている場合が多く

そのリスクをケアできるのは毎日子どもとかかわる保育士。

保育士がもっと専門的な知識をもって

親とのコミニュケーションを上手くとり

家庭生活での親の不安を少しでも取り除き

的確なアドバイスをできることが

大切だとお話されていました。

私も20年前にこういう先生と出会って

毎日の保育にやりがいと使命をもって仕事ができたら

人生変わっていたかなぁ~なんて考えてしまいました。


しかし、保育に対して絶望していた私が幸運にも

あそびのアトリエのジジさんやボッスさんに出会うことが

できたことも奇跡かもしれません。(多少遠回りはしましたが・・・)

そしてジジさんが長い年月をかけられて

保育士とは違った視点でおもちゃのことや子どものことを

いろんな角度から分析されて信念をもって仕事をされてきた結果

おもちゃを通じてたくさんの保育園との繋がりをもたれて

私が知っている限りですが、今までとは質の違った

内容の深い学習会ができていったのではないかと思います。


私は今は保育士としての仕事はできませんが

えるむの木を通してこういう素晴らしい勉強会の場に

いれただけでも本当に幸せです。

保育スタイルは様々でも辻井先生が提案されたような

理想の保育に近づいていけば

多くの親や子ども達が救われると思います。



あそびのアトリエの仕事とも通じるところがたくさんありました。

自立し人たちが、いろんな立場で、いろんな角度から

子どもの問題を正面から捉え、考え、行動にうつして

いくことが本当に大事なことだと改めて実感しました。

私も微力ながらそんな一人になれるように頑張りたいです。















にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
アップルパイ作り

リンゴの皮むきをしているところです。

少し皮が厚めですが・・・頑張って包丁を使っています。

IMG_5798.jpg

IMG_5799.jpg

子ども達の希望で2度目のパイ作り

今回は自分でいろんなアレンジをして

パイの中身はリンゴだけではなく

チョコレート、キャラメル、チーズ、栗の渋皮煮、等々

いろんなものを入れて作りました。


キャラメルパイや栗パイも美味しかったで~すよ


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
新しいお友達よろしくね!

IMG_5723.jpg

今年の初めに我家の新しい家族になった

犬のノアちゃん(6ヶ月)です。

とても人見知りで寂しがりやさんの女の子です。

あそびのアトリエの子ども達の人気者です



イライラしていたり、気持ちが沈んでいる子も

ノアちゃんをだっこすると

すごくやさしい表情になっているんです。

動物パワーすごいです


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
3歳児さん 驚きの集中力!!

IMG_5796.jpg

3歳9ヶ月の☆ちゃんがアフリカの2重パズルにチャレンジしています。

年末にサンタさんからオーストラリアの2重パズルをプレゼントで

貰って以来・・・パズルにはまっている☆ちゃん。


今日は☆ちゃんの大変身に驚くことばかり

いつものごとくいろんなおもちゃが散乱していたので

私が「お片付けしてから次の遊びをしようね。」と言うと

☆ちゃんが「は~い」と言って片付けをしたのです。

いつもなら「ダメダメダメ!!」といってお片付けは

私がやるのもダメだったんですが・・・。

拍子抜けするくらいにあっさりと片付け

をやってのけた☆ちゃんの様子に

私が一番びっくりしてしまいました。

片付けの後は・・・

数ヶ月前に私と一緒にやった時はまだ手助けが必要だった

アフリカの2重パズルを今日は一人で黙々と

文句一つ言わずにやりあげました。

(もちろん私は手も口も出しはしていません。)

5回も繰り返しやり

その後も他のパズルにもチャレンジする始末・・・

挨拶のあともやり続けて2時間以上も

パズルに集中し続けていた☆ちゃん。

これって本当にすごい力だと思います。

かなり高度なパズルなのでそうとうに頭を使った

と思われます。

帰る間際は「イヤだ~!」「帰らない~!」とママに

甘えてわがままを言ってましたが・・・

まだ自己制御ができない年齢なので

やり過ぎてしまうと後が大変です。


自分のできることが増えて自信がつくのと

比例するように、苦手なお片付けや

反抗が目見えて良い方向に向かっていきます。

質の高い遊びは子どもの情緒や心の成長までも

手助けしてくれるようです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
頑固な子ども大歓迎!

あそびのアトリエにくる子ども達は頑固な子ども達が多い

はじめはママの言いつけ通りに挨拶をしていた子も

あそびのアトリエの自由な空気の中で

いったん気持ちが開放されると

はじまりの挨拶1つをとってみても

無視をしたり、「イヤ」といったり、ふざけて言ったり

普通の幼児教室では考えられない光景かもしれません・・・。

あそびのアトリエにきて行儀が悪くなった!!と

思われる方もいらっしゃるかもしれません。


先日3歳半の☆ちゃんママがこういう話をしてくれました。

「リボンクラブに通う前は(1歳)お友達と比べて

乱暴で落ち着きがなく心配していたんですが

久しぶりにお友達とあったら娘が他の子に比べて

とても落ちついていたのでびっくりしました。」


私が始めて☆ちゃんに会った時は

好奇心旺盛で何にでも興味を示して触りたがり

机の上に登ったり、よく動くとても元気な子でした。

感受性豊かな☆ちゃんは

1歳台の探索期、だだこね期にママの不安を感じて

☆ちゃんの持っているエネルギーを思いきり発散

できなかったのかもしれません。

リボンクラブに通うようになった2歳台は

私の言うことは頑固にほとんど聞かず

(リボンクラブには喜んで来てくれていました。)

ごっこ遊びに夢中になり、しっかり反抗期を通過し

3歳になって幼稚園に通うようになり

幼稚園の負担感も多少はあったようですが

最近とても落ち着いてきました。(3歳6ヶ月)


「頑固な子」は大人の思い通りにはなりません・・・

2歳~3歳児さんは「イヤ」「ダメ」「チガウ」「ジブンデ」を

繰り返しながら「自分とママは違う」「自分はできる」

「自分はこうしたい」という自我が育っていきます。


これを通過していない子は

意思がなく大人の顔色ばかりを気にする(元気がない)

行動のコントロールがきかない(自制心の制御)

大人の見えないところで問題行動をおこす(情緒の問題)

等などの何らかの問題がでてくることがります。



昨日も「○君頑固ですね~」と思わずパパさんに言ってしまいましが

私がいう「頑固な子」はとてもいい意味で使っていますので

ご了承下さい。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
| Top Page |