TOP2010年12月

ブログ10日ほどお休みします。

ネット環境の都合でブログが、

10日ほど更新できなくなりました。

少し早いですが、

みなさまよいお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
「ホットケーキ焦げちゃった!」理想と現実とのギャップ

IMG_5660.jpg


IMG_5659.jpg


おひさまクラブの小学生の子ども達と

ホットケーキを作りました。

ホットケーキ作りの得意な☆ちゃんが

トップバッターでホットケーキを焼きました。

ちゃんと作り方も読んでホットプレートの温度も

設定していたのですが・・・

いつも自分が焼いているようにホットケーキが

焼けなかったのに怒って

「レオさんのせいできれいに焼けなかった!

家のフライパンではきれいに焼けるのに!!

焦げて美味しくない!」とブツブツ文句の連続・・・。

私が「え~何でレオさんのせいになるの?!

(~あーだこーだと言い合いながら~)

作り方に書いてあった設定温度が間違っていたんだよ!

レシピも全部は信用できないね~。」と話をしましたが


☆ちゃんはきれいに焼けなかったことに腹が立って

気持ちがおさまるまでしばらく時間がかかりました。


それを見ていた次に焼く○ちゃんはすごく慎重になって

「レオさんこれでいいの?」と何度も聞きながら

とても緊張してホットケーキを焼いていました。


こういう出来事があると

気まずい雰囲気になったり、意見がぶつかりあったり

誰かのせいにしたり、言い訳をしたりマイナス面がでてきます。

理想どうりにホットケーキが焼けなかった☆ちゃんの怒り。

その場の空気を感じて失敗することが怖くなった○ちゃんの不安。


マイナスな出来事に遭遇した時ほど子ども達とどう向かい合うか

大人の姿勢が問われるなぁ~と思います。

できれば「大成功!!よくできたね!」で終わりたいのが

無意識かもしれませんが大人の思惑ではないでしょうか?

子ども会等の集団活動では子どもが失敗しないような

簡単な活動をしたり(バイキングに食べに行く、ボーリングに行く)

学級活動では子どもを楽しませてあげる活動になりがちで

極力もめ事のないように配慮をします。

そんな中で育った子ども達はもめ事や失敗を怖がるようになって

毎日をとても緊張した状態で過ごさなければなりません。


お迎えに来た☆ちゃんのママがとても良いことを言ってくれました。

「あら~そうね!家のフライパンとレオさんところのホットプレートは

とは違うとたい。失敗は成功のもと!!アハハハ~」

と☆ちゃんを励ましてくれました。


現実は理想どうりにはいきませんよね~

こういう経験も大事なことだと思います。









にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2010年あそびのアトリエ音楽会

今日は熊本と荒尾のリボンクラブ合同の音楽会でした。

WILLさんの素敵なマリンバの演奏

IMG_5680.jpg

サンタさんのパネルシアター

IMG_5681.jpg

「あわてんぼうのサンタクロース」の曲に合わせて

手作り楽器で子ども達も演奏に参加させてもらいました~

IMG_5683.jpg

小さな子も熱心に一緒に演奏しています。

IMG_5686.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:芸術鑑賞
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
キャンドル作り

IMG_5656.jpg


IMG_5657.jpg

3年生の☆ちゃんのリクエストでキャンドル作りにチャレンジしました。

蜜蝋クレヨンをカッターで少量削って白い蝋と一緒に

湯煎にかけて溶かします。

(熱いので火傷しないように~)

しっかり溶けた後でアロマオイルを数滴たらして

混ぜ合わせて型に流し込みます。

少し固まってきたところで芯を差し込みます。


素敵なオリジナルのキャンドルが完成しました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ディズニーランドのお城

IMG_5642.jpg

最近ディズニーランドに家族旅行に行った

3歳8ヶ月の☆ちゃんが

「ディズニーランドのお城を作る!!」と言って

はりきってお城を作ってくれました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
発達の自己運動 2

3歳10ヶ月の☆君熱心に組み立てています。

壊れれも壊れても何度もチャレンジして車 を作っています。

IMG_5628.jpg

下の2つの写真は☆君につられて他の子が作った作品です。

飛行機  

IMG_5627.jpg

船  

IMG_5626.jpg

☆君達の通う幼稚園は子ども達の自主的な遊びを

大事にする園です。

☆君達は情緒が安定して不安感や不満も少ないので

遊びに真剣に集中できます。

ここ数ヶ月間の☆君達の遊びの様子を観察していると

発達の自己運動の軌道がきちんと確立しています。


発達の軌道は個々の子どもによって違い

一律に大人が指導して同じような軌道で発達していく

というわけではありません。

その子に一番あった発達の軌道は

遊びの中で見つけていくのが一番良い方法だそうです。

見守ること、共感すること、環境を準備することが

大人の大事な役割です。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2010年 クリスマスツリー

積木とビーズでクリスマスツリーを作った写真です。

IMG_5646.jpg

熊本のリボンクラブで ハイチーズ 

IMG_5638.jpg

荒尾のリボンクラブで ハイチーズ 





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
発達の自己運動 1

IMG_5610.jpg


IMG_5608.jpg

積木やカプラが苦手だった☆ちゃん(6歳)が

積木の階段やカプラの塔を作りました。


未熟児で生まれた☆ちゃんは全体的な発達も遅く

情緒面も不安定です。

半年前にリボンクラブに来た時は

自分の好きなごっこ遊びばかりをしていましたが

最近は私が積木を積んで見せると

はじめは遠目に見ていたのが

段々近づいてきて少しずつ積み始めるようになりました。

上記の階段の写真は☆ちゃんがほとんど1人で作りました。


安心できる空間で自分を出せるようになってくると

行儀が悪くなったり、反抗したり、口が悪くなったり

マイナス面が出てくる反面、情緒面が落ち着いてきます。

情緒面が落ち着いてくると遊びに変化がでてきます。

気になるマイナス面は遊びが豊かになってくると影を潜めてきます。


最近の☆ちゃんは今まで停滞していた発達が

一気に加速しているかのような成長ぶりです。

ここまでくると発達が軌道にのって☆ちゃんのペースで

しっかりと成長していくと思います。









にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あやとりに夢中

IMG_5633.jpg

IMG_5634.jpg

前回のリボンクラブでは

あやとりでホウキができるようになった☆ちゃん

今回のリボンクラブは汽車ができるようになっていました。


自分でできることが嬉しくて嬉しくて

「レオさん見て!見て!」と何度も何度も繰り返し

やってみせれくれました。



遊びの中で子ども達が真剣に取り組む課題は

達成感や自尊心を育むはずです。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
トンカチ上手に叩けるよ!!

もうすぐ2歳の男の子

これ叩いてみようかな!

IMG_5622.jpg

道具の使い方、目と手の協応動作がとても上手く

できています。

☆君は運動能力が高く2歳児さんとは思えない

力と速さでトントン叩きます。


IMG_5624.jpg

あんまり力を入れ過ぎてトンカチが自分のおでこに

あたってしまって「あいたたた~」

IMG_5623.jpg

その後も立ち直ってトンカチを叩く☆君でした。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
病院ごっこ

IMG_5598.jpg

最近、予防接種や耳鼻科で病院に行った3歳のお二人さん

聴診器をあてたり、体温計で熱を計ったり、お薬を飲ませたり・・・

病院ごっこに夢中です。

現実の病院では患者さんの子ども達ですが

ごっこあそびの中では、言葉使いや口調まで

お医者さんや看護師さんになりきっています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ごっこあそび
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
スクリプト ―子ども達の遊びの様子―

IMG_5495.jpg

線路、汽車、積木、車、動物、ビー玉等を使って

お話が広がっています。


IMG_33901.png

キャンプに行ったときの様子を再現しています。


IMG_4738.jpg

料理を作ったり、寝かせたり、洗濯をしたり

お人形のお世話をしています。

IMG_3785.jpg

汽車にのって大牟田駅から久留米駅へ

お人形を乗せて、お弁当をもって楽しい汽車の旅です。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
スクリプト形成力

スクリプトの言語の意味をインターネットで調べてみたら

演劇や映画、ラジオ、テレビなどの台本。脚本

又は、ITの専門用語として使われていて

わかり易い説明が難しいのですが・・・



子どものあそびの心理研究所で指すスクリプト形成力は

2歳半から3歳の時期くらいから、遊びを有機的に繋げる力の

ことを指しています。

1歳児さんは運動機能や感覚情報の世界(探索活動)をしっかり体験し

2歳児さんになると内的表象世界(ごっこあそび)が成立してきます。

3歳前後になると積木やドールハウスの家具、人形、動物等

いろんな素材のものを組みあわせて有機的なつながりのある

あそびをはじめます。

子どもの家庭環境、経験、個性によってあそびの内容は違いますが

自分が体験したことやイメージしたことを人形や積木等の物を

使って構成する力はとても大事なことです。

次回は、スクリプト形成力について子ども達の様子を通して

わかり易く説明できればいいかなと思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
磁石で動く自動車

IMG_5629.jpg

画用紙に道路を書いて、車のシールにシートの磁石を貼って

下から磁石で動かすと車が動き出します。

道路を少しずつ複雑にすると迷路にもなるし

家やデパートや公園を書いて目的地に車で移動するのも

イメージが膨らんで面白かったです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
たき火

IMG_5620.jpg

昨日の雨で草や木が湿ってなかなか

火がつきにくく苦戦しながらも・・・

空気の通り道をつくってうちわや竹筒で

風を送って何とか火が燃えだしました。

火が一段落して炭ができたころに焼き芋開始

本能でしょうか・・・子ども達は火から離れずに

目をキラキラさせて火を囲んで楽しんでいました。

子ども達はいろんな発見があったようです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
もめごと・・・

下記の写真を見て子ども達の様子伝わりますか?

IMG_5583.jpg

組み立てクーゲルバーンを一緒に組み立てて

  大はしゃぎでビー玉を転がす3人の男の子

  飛び跳ねて大喜びしています。

IMG_5584.jpg

はしゃぎ過ぎて積木が壊れてしまい

  壊した子にブツブツと文句を言ってます。

  壊した子も凹まずに言い返しています。


それでも大喧嘩することもなく、また一緒に組み立てて

遊ぶことができました。

さすがもうすぐ4歳児さん

しっかり自分の主張や意見は言いますが

気持ちの切り替えや、立直しもしっかりできます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
手回しオルゴール

IMG_5578.jpg

真剣な表情で2歳2ヶ月の男の子が小さな握り手を

指先でつまんでオルゴールを回しています。

音がでるとニッコリ嬉しそう~

お隣で・・・1歳児さんがその様子を真剣なまなざしで

見つめています。

小さな手回しオルゴールを囲む2人の様子が

とても印象的で素敵でした。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |