TOP2010年03月

桜吹雪とよもぎうどん

IMG_4274.jpg

今日は第2班のよもぎうどん作りの日

会場について車から降りると

目の前の桜がヒラヒラと吹雪いていました。

それを見た2歳児さん達は

「雪が降っているね!」

「お花が落ちているね!」

「わーすごい!!」

口々に自分の目にしたものをお話していました。

この年齢は感動したことが口から飛び出してきます。

やはり体験するって大事ですね。


IMG_4290.jpg

果林の里の昼食のよもぎうどん本当に美味しいですよ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「何ができるか」よりも「どう生きるか」

今日はたまたま午前も午後も仕事がキャンセルになったので

予定を変更して母の病院&ランチに行って来ました。

ついでに娘と母の姉(叔母)も一緒に~

なんでこんなことを書いたかというと・・・


叔母は乳癌で手術後また癌が転移し

現在は抗がん剤で治療しながら自宅療養中。

母と叔母の会話を聞いていると

「昔は1日かけて○○から○○まで歩いて

買い物に行っていた」とか

「昔は自転車も高級品でお金持ちの人しか持ってなかった」とか

「父は真夜中に仕事が終わって歩いて帰って来ていた」とか

昔話を楽しそうにしながら

「今はいいねぇ~車でどこにでもちょっと行けるしねぇ」

と話していました。


そんなの昔は昔!今は今といってしまえばお終いなんですが

この年になって改めて昔の人はすごい!エライ!!と思うんです。

70過ぎた叔母はキャシャな身体で

癌になって抗がん剤で治療しながらも

以前よりも温和になり顔色も良く元気そう・・・

オンボロ自転車を押して近所を移動する元気者。

この強さはどこからくるのか不思議です・・・

きっと幼いの頃いろんな苦労が今の強さを作っている

ひとつなのではないのだろうかと思うんです。


人生必ずしも思うようになることばかりではありません

そして命は平等です。(長い短いはありますが・・・)

人間関係、病気、災害いろんな不幸な出来事に

出会う時は必ずあります。

同じ不幸な出来事に出会って

落ち込んでしまう人、前向きに頑張る人

人それぞれですよね。


人生長い目で考えると

「何ができるか」よりも「どう生きるか」ということを

視野にいれておかないといけないなぁと思います。


だからといって昔の生活にもどることはできないので

ささやかですが幼児期の子ども達が

喉の渇きや空腹、多少の怪我や病気の痛みや苦しみ

子ども同士のケンカ、欲しいものを我慢すること等々

こういう経験をすることは長い人生においては

とても貴重なことだと思うんです。

子どもが可愛そうだからと親が先回りして

喉が渇く前に水をやり、空腹の前に食べ物を与え

熱がでたらすぐに薬で熱をさまし

前もって怪我をさせないようにし

ケンカをする前に止めてしまっては

子どもはどこで我慢することや壁に突き当った時に

どうするかを学ぶのでしょうか?



昨日のうどん作りでは野菜(緑)ぎらいの男の子が

自分で作ったヨモギうどんを

変な顔をしながも文句言わずに黙ってチビチビと食べてました。

ママもわかった上で、あえて子どもがどうするか

チャレンジさせてくれました。

「楽しかった!美味しかった!!」の経験だけが

子どもを成長させるわけではありません。

好きなものを食べることが当たり前の☆君にとっては

こういう経験も大事なことだと思います。

こういことを書きすぎると子育ては厳しくビシビシ

しなくっちゃと思われるかもしれませんが

バランスが大事だと思います。

当たり前のことなんですが

やさしさと厳しさどちらも大切ですね~



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
よもぎうどん作り

今年も~

果林の里で「よもぎうどん作り体験」をしてきました。

みんなで作ったうどんは本当に美味しかったで~す。

IMG_4257.jpg

食後は~

森の中の手作りアスレチックで遊んだり

小川でサワガニを捕まえてたり

小さな子は果樹園の斜面を上り下りして

転げまわって大はしゃぎでした。

だた自然があるだけで子ども達はこんなに

遊ぶ力があるんですね。

IMG_4267.jpg

明後日は第二回目のうどん作りがあります。

お天気になることを祈っています~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
学歴が大事か?人格教育が大事か?

先日あそびのアトリエとは別の件で取材に来られた

新聞記者のOさんのお話しを少し紹介させて頂きます。

新聞社に入社した若い子達の教育がとにかく大変だということ・・・

彼らはもちろんエリート意識を持って入社してくるのですが

会社に入ると1から新しいことを学ばなければなりません。

先輩として指導をする時に

1つのことを褒めれば自分は素晴らしい才能があると舞い上がり

1つのことを注意すれば自分はダメな人間だと落ち込み

次の日にショックのあまり欠勤してしまう人もいるとか・・・

褒めることも叱ることもとても気を使わなければ

いけないのだという話をされました。


こういう問題は大人になってから上司が気を使ったり

教えるようなことではないですよね・・・。

幼児期から人格を大事に育てられているならば

ひとつの問題に対しての意見であることと理解し

困難に対して自分の力で頑張れると思うのですが

乳幼児期の人格の基礎を育てる大事な時期に

親や周囲からの期待に応えることを頑張り過ぎたり

良い子で頑張り過ぎた子は

ちょっとした注意ですら全てが否定されたように

感じるのではないでしょうか・・・?

Oさんとは幼児教育についてやあそびのアトリエの活動の

話しで盛り上がりました。


こういう話を聞いていると改めて

学歴だけをつけることが親の役割ではないことを痛感します。

残念ながら、子どもの人格教育は今の社会や学校では期待できないと

思っています。文科省の方針もそのつど変わり

先生方それぞれにもいろんな考えや意見が混乱しています。

究極は子どもの責任を負うのは親ですよね。

情報が氾濫する中で何を大事にして、何をすべきか

親が幼児期にどういう子育てをするかはとても重要だと思います。


Oさんは記者という仕事の合間をぬって

社会に訴えかけるすごい本を数々出版されています。

あそびのアトリエにも置いていますので

ぜに読んで下さいね。

「明日がある児童養護施設の子どもたち」

「こどもの権利を買わないで―プンとミーチャのものがたり」

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ことばの始まり~絵本「がちゃがちゃ どんどん」

IMG_4098.jpg

先日1歳半の☆君が

口モゴモゴさせて何かを言いたそうな口元をしていたので

絵本の「がちゃがちゃ どんどん」を読んでやると

「がちゃがちゃ」「どんどん」「ぱんぱん」「かーん」

「どさん」「ぴーぃー」「ぱちん」「ぷー」等々の

擬音ばかりの絵本を全て真似をして言い出しました。

言えるのが嬉しくて大喜びで何度も読まされ

そして、お家に本を借りて帰りました。


☆君は今いろんな声を出す練習の時期のようで

とにかく何でも真似て言おうとします。

意味のあることばをしゃべり始める前に

ちょうど真似をしやすいのが擬音や擬態語なので

☆君には大ヒットだったようです。

         

ことばを話し出す前に大事だと思うことは・・・

0歳の時期に親がどれだけ声かけをしたか

あかちゃんが笑う、泣く、訴える機会がたくさんあったか

1歳前後からいろんな声(擬音)をだして楽しんだか

遊びや生活の中であかちゃんのやっていることに

  関心をもってことばかけをしたか

第2者(ママ)と一緒に第3のものをたくさん共有できたか


あかちゃんが1歳半位でことばを話すようになるまでには

それまでの親のかかわり方が大きく影響してきます。

だからといって特別なことをするわけではないのですが

少しだけあかちゃんとのかかわりを意識して

始めは反応がなくても根気よく話かけたり

絵本を読み聞かせたりすることはとても大切なことです。

何度も繰り返すうちにあかちゃんから

反応が返ってきますよ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:乳幼児のことばについて
子どもの自立の為に親ができること

今日は第2回目の山登りの日。

昨日までの雨はすっかり止み

すがすがしい快晴で山登りにいどみました。


荒尾からの参加は4歳の男の子と女の子2人が

初の参加をしました。

荒尾から参加した4歳の☆ちゃんは身体が小さく

集団に慣れていない(おまけに風邪気味)こともあって

スタッフの人数も補充して万全の体制でいどみました。

そんなスタッフの心配をよそに☆ちゃんは

今日の山登りを楽しみにしていて

汽車やバスの中では鼻歌をうたい

歩く時はスタッフのお姉ちゃんと手をつないで

歌をうたいながら文句一つ言わずに一番後ろを

チョコチョコと頑張って最後まで歩き通しました。

            

毎年山登りをして感じることは・・・

親が心配し過ぎると子どもに親の気持ちが伝わり

子どもも山登りを嫌がったり、気持ちが沈んでしまいます。

逆に親が子どもを信頼して「頑張ってきてね!」と送り出すと

いろんなハンディーがあっても子どもは頑張ります。

ほとんどの子ども達はみんな山を登りきりますが

後のフォローで「疲れたの?大変だったの?もう行きたくない?」

と親が子どもに可愛そうなことをさせてしまった思うと

子どもは頑張った達成感よりも大変だった記憶しか残りません。

逆に「よく頑張ったね!本当にすごいね!」と親が子どもの

頑張りを評価してあげると子どもは「きつかったけれども楽しかった。

また来年も行きたい。」と頑張りのきく子になります。

そして2度目に登った時にはとてもスムーズに登ることができるので

自分に自信がつきます。

(山登りは子どもの1年間の心身の成長がよく見えます!!)


大切な子を山登りに送り出す勇気は

親が子どもから自立する第一歩でもあり

そして子どもはお母さんが一緒にいなくても

頑張れたという大きな自信になります。



子育ての中で大事な課題「親が子どもから自立すること」

頭の隅にいれて子育てした方がいいようです。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
カプラ作品~9階建てのマンションとビー玉の道~

IMG_4196.jpg

5歳の☆君とカプラで9階建てのマンションとビー玉の道

を作りました。


マンション周辺のビー玉の道は☆君が1人で

根気良く作りました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
山登りの後で~5歳児☆君の成長~

IMG_4193.jpg

5歳の☆君は

いつもはリボンクラブの入り口のところでもじもじしたり

言葉数も少なく黙々と自分の好きな遊びに

没頭する内向的な子ですが

2日前に山登りに行ったことがきっかけになったのか

今日はパパよりも先に部屋に入ってきて

「レオさん!レオさん!」と驚くほど元気いっぱい

私の会話にもしっかり答えてくれるし

自分からも楽しそうにお話ししてくれました。



写真はノリノリの☆君と一緒にカプラで遊んでいるところです。

慎重派の☆君はカプラが壊れるのが怖いらしく

始めは自分で積もうとしませんでしたが

段々調子がでてくると慎重にカプラを積んでくれました。

マンションからイメージがふくらみ

その後はビー玉の道を一人で根気よく作り出しました。



今日の☆君の目はキラキラしていて信頼、自信、意欲の

ステキな表情でした。

山登りは☆君にとってとても良い体験だったようです。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
山登りに行ってきました!!

IMG_4155.jpg

昨日はお天気もよく山登りには最適の日和でした。

おしい空気、緑の木々や草花、桜の花が咲く中を歩き

とても気持ちのいい一日でした。


今年はリボンクラブの卒業生(現在高校2年生)

の女の子がお手伝いに来てくれ

すごく落ち着いて小さな子ども達のお世話をしてくれました。

とても心強いスタッフでした。

お手伝いに来てくれたAちゃんに感謝!感謝!

子どもの成長した姿がリボンクラブの歴史です。

今後もこういう子ども達が次々に出てきてくれると嬉しいなぁ。

       

今回初めて山登りにチャレンジした4歳2ヶ月の

☆ちゃんはみんなの一番後ろから遅れながらも

「頑張ってね!」「大丈夫?」とみんなのことを

心配しながらニコニコして文句一つ言わずに

山を登りきり、頂上でおいしそうにお弁当を

食べている姿が忘れられません~。

        

荒尾から参加した子ども達は帰りの路面電車は

満員電車で疲れただろうと思いますが

ニコニコ元気に最後まで頑張りました。


山登りは子どもにとっては

楽しいばかりの経験ではありませんが

今の時代だからこそあえて困難にチャレンジする

ことはとても大事なことだと思います。

子ども達を送り出された親御さんも

とても心配だったと思いますが

山登りの経験は親も子も成長する

良いチャンスだと思います。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
明日は山登り!!

明日は4,5,6歳児さんの第1班の山登りの日です。

汽車に乗ってバスに乗って山登りにチャレンジです

いろんなドラマがある1日となることでしょう。

ご報告お楽しみに



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
咳・のど風邪にご注意を!!

今日のリボンクラブは体調が悪くてお休みする子が

午前1人、午後1人・・・

リボンクラブに来た子とママも咳や鼻水が・・・。

実は私も数日前からのどが痛くて、咳がでるようになり

昨日はとうとう林田薬局さんに薬を買いに行きました。

日頃は病院や薬には縁がないんですが

来週からの強行スケジュールを乗り切るために

しっかり体調管理を整えておかなければ―

来週は山登りが2回

再来週は果林の里でのうどん作りが2回

週末には年長さんの1泊2日の卒業合同合宿

落語の公演等々

楽しい活動がたくさんです。

何をするにも健康第一ですね

みなさん健康に気をつけて楽しい春休みを

過ごして下さ~い

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
古くて新しい「オムツなし育児」

先日6ヶ月の☆ちゃんのママが

「おむつなし育児」の講演会に参加して

さっそくオマルを買って家で実践してみたら

「本当におしっこがでたんです!!」と嬉しそうに

話されました。

最近、林田薬局さんやあははサークルさんの活動で

「おむつなし育児」の講演会を何度か開催されて

ジワジワとママ達の意識が変わってたように思います。



私が第1子を育てた15年前は紙オムツはあっものの

まだまだ布オムツが主流

その2年後の息子の子育ての時には

周囲はほとんど紙オムツに変わっていました。

私は布オムツ派だったので1歳前からオムツをはずしてパンツに。

失敗して着替えるということが当たり前だったので

いつも着替えを4~5枚持ち歩いていました。

たまたまトイレにいって行って成功すればラッキーという感覚でした。



保育園ではトイレに行く時間が決まっているので

オムツがはずれるのが必然的に早くなりますが

それでもトイレを嫌がる子もいるし

失敗する子もたくさんいました・・・。



オムツなし育児で大事なことは「失敗をしないこと」を前提にすると

親もイライラするし子どももトイレが嫌いになります。

子どもは調子のいいときは喜んでトイレに行きますが

遊びに夢中になったり、ご機嫌の悪い時は「いや」「いかない」

と言って失敗することは多々あります。



自分の意思でおしっこに行きたいと感じて

我慢してトイレに行くようになるには

身体的には3歳過ぎでないと難しいそうです。

(大人が時間を決めてトイレに行かせれば別ですが・・・)

1歳でオムツがはずれても2~3歳の反抗期の

時期にはまた失敗が多くなることもよくあることです。


子どもの身体はまだ未熟な段階にあるということを

念頭におきながら

おしっこは失敗して当たり前・・・ゆっくりと構えているくらいが

ちょうどいいのではないかと思います。


いつもママたちにはお話しているんですが・・・

あそびのアトリエではお漏らしOKだから

安心してパンツで遊びに夢中になっていいです。

お漏らししたら雑巾で拭けばいいだけですからね

気楽にいきましょう



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2歳児さん音読中

IMG_4094.jpg

2歳6ヶ月と2歳4ヶ月の女の子です。

2人とも絵本大好き、おしゃべり大好きっ子で

語彙も豊かでとても落ちついています。


はっきりと自分の意思表示をし

「☆ちゃんはおねぇちゃんになったからできるもん!」

「レオさんもお洗濯手伝って!」

スラスラと会話ができるようになってきたので

私も2人とお話するのがすごく楽しいんです。


写真は★ちゃんが選んで持ってきた「うさこちゃん」の絵本を

私が1回読んであげるとその後は

「★ちゃんが読むから!」とはりきって絵本を開いて

読み始めました。

もちろん字が読めるわけではありません・・・

絵本を見ながら絵を読み取ってお話ししてくれます。

「お花が水をやりました・・・?」「あ!間違った!!」

と言いながらも熱心に読む★ちゃん。

それに刺激されて☆ちゃんも椅子に座って読み始めました。

「むかし むかし 三匹のコブタがいました・・・」

自分の知っているお話をしたり

絵を見て「ライオンさんがいました」等々

2人が熱心に読んでいるつもりの様子が

とても可愛くて真剣な表情がステキでした。


こういう遊びができるようになるには

語彙が増えてことばの世界が豊かにならないと楽しめません。

今後の2人の成長が楽しみですね。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
カプラ作品~東京タワー~

IMG_4090.jpg

5歳と4歳の男の子2人で作った「東京タワー」

始めは5歳の☆君がリーダーシップをとって

「僕が足を2本作るね!」「もっときれいに積んでね!」

と指示しながらはりきって作りました。

それにつられて作り出した4歳の●君も

段々と東京タワーのイメージわいてくると

ワクワク、ドキドキしながら大興奮で

椅子を2つも重ねで最後まで高く積み上げました。

「はじめはみんなで作ってね

高いところは僕が一人で高くしたよ!!」と

ママに自慢げに話していました。

始めての大作に大満足の●君でした。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
猫のチャッピー~おひるねの巻~

気持ちよさそうにおひるねしてます。

見ているこちらも癒されます

IMG_3912.jpg

中学生の娘や息子もよく遊んでもらっています~

IMG_4020.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
お洗濯物ごっこ

IMG_4065.jpg


洗濯物を熱心に干している☆ちゃん(3歳)。

洗濯バサミで挟むのがが難しくて

苦戦しながらも頑張ってたくさん干しました。

お家でママのお手伝いも上手にできますよね


今日は3歳の男の子がおもちゃの大根を洗濯ばさみに

はさんで干していました。

んんん・・・ いろんな物が干せるんですね~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ごっこあそび
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「きくちふるさと水源交流館」に行ってきました!

今日は娘と娘のお友達の中学の卒業報告に

きくちふるさと水源交流館に行っていました。

TS3D0226.jpg

地元の食材を使ったランチです!!

すごく美味しくてお腹いっぱいになりました。


TS3D0227.jpg

ツリーハウス建設中!!うらやましい~

きくちふるさと水源交流館」は我が家の第2のふるさと

のようなところ・・・

娘や息子が保育園時代から友達や従兄弟を誘って

一緒にお泊りして農業体験や調理体験をさせて頂き

活動の中でたくさんとの人々との

出会いがいあった思い出の場所なんです。


スタッフの人も子ども達が小さい頃からの

お付き合いなので

娘達の成長をとても喜んでくれます。


ここでは人のつながりを大切にした活動を

されているので

子ども達はいろんな人と交わりながら

たくさんの体験をさせてもらいました。

子どもが小学3年生になったころには

夏休みに子どもだけの1週間のキャンプにも

チャレンジしました。



私達家族にとっては子どもを一緒に

育ててもらった大事な場所なので

子どもが高校生になる前に

久々にごあいさつに行ってきたというわけなんです。

      

あそびのアトリエも子ども達の心のふるさとに

なれるような場所になれたらいいなぁ~














にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Y君の成長記録(2歳8ヶ月)

IMG_4084.jpg


Y君は車や汽車が大好きで毎回リボンクラブに来るたびに

ミニカーを持ってきてはその名前を私に教えてくれます。

今回は「テレビ中継車」でした。

乗り物カードの中から電車、モノレール、地下鉄の

カードを見つけて大はしゃぎ

「にしてつでんしゃ」「ものれーる」「ちかてつ」

と何度もカードを裏に向けたり、表に向けたりしながら

興奮しておしゃべりしてくれました。

列車大好きのY君は常に列車に関して好奇心旺盛で

貪欲に何でも覚えたがります。

ママと列車に乗ったり、絵本やカードを見たり

おばーちゃんの家で列車のDVDを見たりする中で

いろんな列車の名前を覚え

大人でも見分けがつかないような

列車の細かい違いも瞬時に見分けられるそうです。

すごいです!!

この年齢はスポンジのようにいろんなものを吸収し

理解し記憶する時期です。

        

上記の写真は大工さんセットで細かい作業をしている様子

やはり作っているものは「汽車」です。

四角を横につなげ丸をタイヤに見立てています。

汽車一色のY君ですが、ただ汽車に詳しくなって

オタクっぽくなってしまわないように

汽車に関連したものからいろんな遊びに広がっていくように

配慮して遊びを提案しています。

もちろんY君の「好き!楽しい!やってみたい!」という

気持ちを大切にしながらです。



いろんな素材を使って汽車を作ってみたり

車、船、列車、飛行機等の乗り物カードを分類したり

汽車の車両やタイヤを数えたり

車、列車、飛行機の音に耳をすましたり

私も☆君と一緒に汽車の世界を楽しみたいと思ってます。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
娘の卒業式

★

今日は娘の中学校の卒業式でした。

15年間よく成長してくれたものだと

嬉しいやら悲しいやら感動するやら・・・

みんなの笑顔輝いていました






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
今年の春も沖縄から笑がやってきます!!

突然ですみませんが

昨年に引き続き~今年も落語の公演を企画しました

桜咲く季節今年も沖縄から笑いをかかえて

おきらく亭すい好さん(夫)袋小路とも八さん(妻)夫婦が

やってきます。

昨年来て下さった方はもうおわかりと思いますが

親子で楽しめる落語です。

昨年の様子

あそびのアトリエのみなさんぜひ参加して下さいね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:芸術鑑賞
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
畑で収穫した大根です!!

あそびのアトリエで収穫した大根です

IMG_4040.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
マイナスな感情をだすこと「はなくそばばぁ~!!」

もうすぐ年長さんの☆君は

「おばけカルタをしよう!!」とハリキッていましたが

お友達がくるとテンションが下がってしまい

突然大泣きしはじめました・・・

☆君には妹と弟がいてお兄ちゃんとして

我慢したり頑張っているので

普段のいろんな気持ちがあふれでたのか

しばらく泣き続けていました。


こういう時は☆君の気持ちに大人がしっかり寄り添って

思いっきり感情を出させてあげます。


☆君もしっかり泣いた後はすっきりとして

ご機嫌でおばけカルタやふうせんゲームにチャレンジ

元気な★君に刺激されてテンションが上がってしまい

一緒になって「はなくそババァ~!!」(私に)と大喜びで

悪口を言いまくってはしゃいでいました。

泣いて、言いたいことを言った後は

椅子に座ってニキーチンの積木に集中して取り組みました。


普段我慢している感情や攻撃的な言動を

大人が押さえ込み過ぎると

自分の気持ちを出せない子になってしまいます。

大人がユーモアとして受け流して楽しむくらいが

ちょうどいいようです。

子どもが安心して気持ちを素直に出せる場はとても大切です。

自分の気持ちを出してこそ

相手の感情を受け入れられるようになるのだと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
子ども達のカプラ作品~犬~

IMG_4034.jpg

ママ達のカプラ作品に刺激されて

6歳児の子ども達が「犬」を協力して作りました。

子ども達のすごいところは

犬を作るだけではなく

犬の背中にトーテムで椅子を作ってお人形を座らせたり

ベッドを作ってあかちゃんを寝かせたり

楽しそうにいろんな工夫をして作っていました。

子ども達の発想はすごいですね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
続・春が来た!!

菜の花

IMG_4022.jpg


昨年植えたサクランボの苗木に花が咲きました

IMG_4021.jpg

まだまだ寒い日もありますが・・・

あそびのアトリエで春を感じながら幸せな

時間を過ごしています~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「3びきのコブタ」に親子で参加しませんか?!

IMG_4060.jpg


3月25日に日中合作「3びきのコブタ」の公演があります。

大牟田文化センター小ホールで

  17時~四川省公演の報告

  18時~中国語通訳版「3びきのコブタ」の公演

文化庁「地域文化芸術振興プラン」の支援があるので

参加費は無料です。

参加希望の方は劇団道化又はあそびのアトリエで招待券を

預かっていますのでメールフォーム又は携帯でお問い合わせ下さい。

詳しくはホームページをご覧下さい→


IMG_4062.jpg

肥後民家村の古民家でフルートとギターの

大人向けのコンサートがあります。

とてもステキなコンサートだそうですよ

詳しいチラシはあそびのアトリエにあります。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:芸術鑑賞
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
韓国、済州(チェジュ)島の劇団「ザパリ研究所」

昨夜は菊池ふるさと水源交流館のご招待で

韓国、済州(チェジュ)島の劇団「ザパリ研究所」

「しまものがたり」を観劇してきました。

ちょうどおひさまクラブの日だったので急きょ

4名の小学生の女の子達と菊池まで車を走らせて~

なんといっても無料公演だったので


IMG_4041.jpg


IMG_4043.jpg

思ったいた以上に素晴らしい作品で

言葉の壁を越えて大人から子どもまで一緒に

楽しめる作品でした。

子ども達は2列目でかぶり付きで見入っていました。

役者さんの息遣いや飛び散る汗を目の前にして大爆笑 大興奮

私も大大満足思い切って行って良かった。

もっとたくさんの人に見てもらいたかった~(後悔)

3月末に杷木国際子ども芸術フェスティバルの中でも見れますよ!!

詳しくはこちらで→ ☆   パンフ

2日間でたくさんの児童劇団と出会えます。

春休みの楽しい思い出にぜひ参加してみませんか?

子どもさんの年齢に合わせて作品を選んで観に行かれるといいですよ!

(私も子ども達が小さい頃、毎年参加していました!)

          

作品も良かったのですが

車中の道中も4人でワイワイおしゃべりに花がさき

みんな違う学校なので、それぞれの学校の話や

好きな男の子の話まで・・・話がつきません~

私は耳をダンボにして聞き耳をたてていました

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:芸術鑑賞
カエル、カタツムリ、カメさんに春が来た!!

IMG_4036.jpg

今朝、水槽を覗くと・・・

カタツムリとカエルが冬眠からお目覚めしていました。

カエルさんはとても痩せっぽちになっていたので

慌てて餌探しをして青虫とアブラムシを水槽に入れてあげました。

2~3cmほどの小さい身体で4~5ヶ月間の冬眠生活を過ごし

生還してくれました!!ホントに感激です。


ついでにカメさんもかぶせていたワラをとってキレイなお水に

入れ替えてあげると元気に動き回っていました。

みんな元気に春を迎えられて良かったです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「つくるんクラブ」楽しそう!!

虹色教室の新しいブログ「つくるんクラブ」

とても楽しそうなのでご紹介します。

虹色教室通信 別館  つくるんクラブ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ケーキゲーム

IMG_4029.jpg

お皿にのっている小さな玉に息を吹きかけて

その玉を自分の好きなケーキの穴に入れると

ケーキのカードがもらえます。

たくさんケーキをとった人の勝ちです。


直接玉を手で触らずに息を吹いたり

箱を傾けて玉を移動させる行為は

案外難しく集中力と忍耐力が必要になってきます。


思わず手を出したくなりますが

勝負の世界はそんなに甘くはありません・・・

子ども達同士の中でも厳しく注意を受けるので

真剣勝負で頑張っていますよ~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ゴキブリポーカー

IMG_4027.jpg


嫌われ者の「ごきぶりポーカー」

害虫をできるだけライバルの手元にそろえさせ

ちょっぴりブラックなユーモアたっぷりのカードゲームです。

裏返したまま害虫のカードを出して

場に出したカードの表に描かれている絵をコールします。

害虫は、こうもり、ハエ、ゴキブリ、ひきがえる、

ドブネズミ、サソリ、くも、カメムシの8種類。

「ウソ」と「本当」を上手に使い分けながら

ライバルのプレーヤーが同じ種類の害虫が4枚揃うように

仕向けていきます。

子どもたちは、ユーモアを楽しめる年長から

小学生くらいがおススメです。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page | Next