TOP2010年02月

キュボロの作品

IMG_4014.jpg

キュボロは積木の中と外の作りを考えてビー玉の

道を作るので大人でもなかなか難しい積木です。

写真は3年生の☆ちゃんが苦戦して作りました

時間をかけて苦労したぶん出来上がった時の喜びはひとしおです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
お片付けも楽しい人気のおもちゃ「マグタッチ」

IMG_4010.jpg

木製の木箱にきれい収納できるのでみんなお片付けも大好きです。

小さい子から小学生まで年齢に応じた遊びができる人気のおもちゃです。


IMG_4012.jpg

3,4歳の子は立方体を作るのが大好きで

作る過程で自然と立方体の展開図を体験できます。

立方体をマスターしたら高層マンションを作って

自分のお家が何階にあるか数えながら作ります。

その後は正三角形や二等辺三角形等の違った形を

取り入れておもしろい作品を作ってくれる子ども達です

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ママ達の作品~カプラのキリン

IMG_4016.jpg

最近密かにママ達の中でカプラが流行中

子ども達の遊ぶ隅で・・・

ママ達が共同でカプラでキリンを製作。

子ども達も時々横目に見ながら「キリンさん!!」

「首長いね」「大きいね」と興味深々~

ママたちが熱心にカプラを積む姿は子ども達に

とってとても良い刺激になります。


ママ達も作りながら「おもしろい!!」「なんだか落ち着くよね!」と

出来上がる喜びを楽しみながら作られていました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子育てと親の介護話~

今日は林田薬局さんでの体験リボンクラブの日。

私の行った時にちょうど熊日さんの雑誌の取材中で

厚かましくも私まで写真に写ってしまいました・・・良かったんでしょうか?

取材は子育て支援をしているお店ということでのようでしたが

まさに林田薬局さんは食事のこと、病気のこと、不妊治療のこと

母乳のこと、心のケアetc・・・

子育てをする時に出会っていればいろんな情報が得られる

本当にすごいお店です。

それから紙おむつ、ミルクを販売していない信念がスゴイ


私も一緒に少しだけでも関わらせて頂くことで

いろんな情報をもらったり、刺激やパワーをもらっています。

         

体験リボンクラブ終了後、お店を出ると

偶然にも私の大好きな○○さんと出くわし

午後からは○○さん宅でしばしのおしゃべりタイム~。

私よりも10歳年上の○○さんは子育てのこと、親の介護のこと

実際にいろんな経験をされているぶん

話に重みがあり説得力があります。

私も最近母のことで悩んでいたので

一緒に話ができて本当に心が軽くなりました。


話の勢いで自然食クラブの□□さんの新築のお家へ

訪問することになり

暖炉のあるステキなお家でまたまたおしゃべりタイム~

やはりここでも親の介護の話・・・。

「子どもは確実に成長していくけども

お年寄りの介護はいつまで続くのかわからないもんね。

こんなこと言ったらいけないけれど

期限があればやさしくできるのにね・・・。」という話を聞いて

現実の厳しさをひしひしと感じ

物忘れが激しくなった夫の母

鬱ぎみの私の母

避けては通れない親の介護の悩みは

みんな同じなんだなぁと感じました。

今日の午後からはいつもとは違う貴重な時間を過ごさせて

頂きました。感謝

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
気になる子ども達②

たくさんの子ども達と接して感じるんですが

あそびのアトリエで心身共に開放される安心した空間の中で

全く課題に向かおうとしなかったり

手当たりしだい物をひっくり返したり

暴力的になったり

暴言をはいたり

ママにくつっいて離れなかったり等

大人の顔色を伺いながらも普段とは違った

マイナスな面をみせる子がいます。


そういう子ども達に対して

私達スタッフが厳しく注意したり

断固とした態度を示したり

逆に子どものご機嫌をとって上手くのせて

子どもの行動をコントロールすることもできるでしよう。

しかし、子どもの行動をコントロールしてその場だけを

上手く過ごしたとしても

子どもの抱えている根本的な問題は解決しません。


かといって子どもを受け入れて何でも自由にさせればいいと

言うわけでもないんです。


子どもは大人が思っている以上にいろんなことを感じています。

パパが忙しくて遊んでもらえなかったり

何をするにもママが口うるさかったり

親の期待に応えて頑張り過ぎたり

夫婦、祖父母等の家庭の問題を抱え込んだり・・・

自分の感情を抑えて頑張り過ぎて

いろんな問題行動となってでてくることがあります。



子ども自身そういう根本的な問題を解決することができないので

ワガママを言ったり、散らかしたり、攻撃的になったりします。

親が根本的な問題から目を背けて

表面的な子どもの要求を受け入れたり

厳しくし過ぎてしまったり

その場だけを取り繕ってしまうと

自分の感情を押さえて良い子を演じて自信のない子になるか

自己中心的なワガママな子になってしまう可能性が高くなります。



大人側の問題が解決されたり

親が子どもの気持ちを受け入れてあげることで

子どもの行動は大きく変化します。

気になる子ども達たくさんいるんです・・・。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
み~んな おやすみなさい☆

IMG_3923.jpg

3歳になったばかりの☆ちゃんが

人形を一人ずつ丁寧に寝かしつけています。

ごっこ遊びの中では

日常では上手くできないことでも根気よくできます。  

       

よく人のお世話はすごく気がきいてできるのに

自分のことができない子ども達がいます・・・

親は「人のことよりも、まずは自分のことをしなさい!!」

とついつい言ってしまいがち

ごっこ遊びも同じで

こんなにできるのにどうしてできないの?!

と感じることもあるでしようが

できないことを注意するよりも

できたことを褒めてあげる方が

次のステップへとつながっていくのではないでしょうか





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ごっこあそび
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2歳児さんの積木の作品


IMG_3981.jpg

とっても熱心な表情がステキです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
気になる子ども達・・・

以前からとても気になっていることなんですが・・・

笑顔がとても可愛らしく、挨拶もしっかりでき

幼稚園では先生の言うことを聞いて何でもできる良い子が

遊びの中でちょっと困難にぶつかるとすぐに

「できない~」と諦めてしまう子がいます。

        

「別に遊びだからいいんじゃないの?」と考える人も

いらっしゃると思いますが

私が一番心配していることは

大人の期待に応えることは得意でも

自分からやりたいと思って取り組むことが苦手な子。


小さいうちは大人の期待に応えて褒められて

何の問題もなく過ごしていけるかもしれませんが

自立に向かって成長する過程で大きな壁にぶつかる

ことになるのではないでしょか?

「自分とは何か?」「自分は何をしたいのか?」

親から自立して考える時に「自分」が育っていないと

何を基準に考えていいのか混乱していましす。


乳幼児期の遊びは子どもの自主性を育て

やる気や根気や考える力を自然に育みます。


ゆっくり しっかり まちがいながら

子ども達はゆっくり ゆっくりと

育っていくのだと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
もうすぐ1年生!!(涙)

子ども達のリクエストで今日はピザ作りにチャレンジ

IMG_3990.jpg

ピザ生地をこねた後、発酵をさせている間に・・・

椅子に座って課題に取り組みました。

時計を見ながら「この時間まではお勉強しようね」と

約束をして始めます。(少し意識することで時間に関心を持つようになります)

質問(名前、年、住所、電話番号、家族のこと、幼稚園のこと)

動物、虫、果物、おかし等の種類を出し合う

お話を聞く問題

図形の問題

季節の問題

間違い探し問題

積木の問題は自分で同じように作って数えてみました。

こ1~2ヶ月で2人ともしっかりとしてきて

人の話もよく聞けるようになり

いつ1年生になっても大丈夫

IMG_3993.jpg

40分くらいワークをした後は・・・

ピザを形成して具をのせてオーブントースターで焼きました。

IMG_3998.jpg

「お家のピザよりも美味しい~」と大好評でした。



2人とも小さい時からの長いお付き合いなので

よく成長したなぁ~と感激です。

私が何かしたとかいうことではなく

右往左往しながらも子ども達はしっかりと

自分の力で大きくなっていくんだなぁと実感します。

私自身が子ども達から教えられることがたくさんあって

本当に素晴らしい仕事をさせて頂いているなぁと

感謝!感謝!です。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
五平餅&ポテト餅

早く来た人からジャガイモの皮むきをしてもらってます。

包丁使い上手になりましたよ~

IMG_3983.jpg


ご飯を使った料理を2品つくりました。

五平餅&ポテト餅

IMG_3985.jpg

美味しいね

IMG_3987.jpg

その後は・・・

日本一週お土産を集めるゲームをしています。

IMG_3988.jpg

小学2,3年生になると自分のおばぁちゃんや

いとこのいる県を探したり

熊本と北海道の大きさはどっちが大きいか比べたり

いろんな発見があったようです。


料理をするのもゲームをするのも

みんなでやると数倍楽しいようです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
冬野菜達です!

青虫に葉っぱをムシャムシャ食べられながらも

ブロッコリーが育っています。

IMG_3967.jpg

小さいながらもキャベツが葉を巻いています。

IMG_3968.jpg

とてもみずみずしいレタスです。

IMG_3965.jpg

大根も大きくなってきました。

IMG_3964.jpg

今日は3歳の☆ちゃんが畑のカブを収穫して

どうしても調理したいと言い出し

カブを洗って、包丁で切って、塩味だけで蒸し煮をしました。

5分ほどでカブが柔らか~く煮えて

美味しく頂きました。

反抗期の☆ちゃんですが・・・自分のやりたいことはテキパキと

なんでも上手にできました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
Y君の成長記録(2歳8ヶ月)

「これ何?これ何?」とすぐに聞いてきて

「積木よ」と答えると

「積木する!」とはりきってやり始めたY君

難関の三角が上手に入るようになりました

積木を出し入れするドアを開閉しながら

「ドアがしまりま~す。」とエレベータに見立てたり

車の自動ドアに見立てたりして丁寧に開閉して遊んでいます。

IMG_3969.jpg

板の釘のところをトンカチでトントンやってます。

IMG_3970.jpg

釣りにチャレンジ

車の大好きなY君はクレーン車に見立てて

落とさないように気おつけて運んでいきます。

IMG_3973.jpg

サングラス似合うでしょ~

IMG_3979.jpg

ここ数ヶ月で語彙が急激に増えたY君は

私との対話がスムーズになってきて

お話するのがとても楽しいんです。

しっかり対話ができるようになったY君の次の段階は母子分離です。

「イヤ~」「ダメ~」とママに反抗しながら自立の第一歩を

踏み出していくでしょうね。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
おごちそう!!

ハンバーガーを作っています。

IMG_3934.jpg


ケーキ  お寿司  ドーナッツ 

IMG_3933.jpg

どれもフェルトの手作り作品です。

・・・私が作ったんじゃありませんが~

数年前にリボンクラブのママからプレゼントして頂きました。

ハンバーガーにお肉、レタス、トマト、チーズをはさんだり

お寿司ランチを作ったり

ドーナッツ屋さんをしたり

ケーキを切り分けたり

大活躍しているおもちゃです。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
5ヶ月のあかちゃん☆

IMG_3961.jpg

今日から5ヶ月の☆ちゃんがリボンクラブに仲間入りです

実は☆ちゃんのお兄ちゃんは・・・

8年前に荒尾のリボンクラブが誕生したばかりの頃の

会員さんたったんです。


H君家族と再会できるなんて本当に嬉しいことです。

あそびのアトリエ続けていて良かった~ 

またまた長いお付き合いができて嬉しいです。


4~5ヶ月頃から通ってきてもらうと

月齢ごとの発達の大事な節目を観察して

ママといろいろなお話がじっくりできるので

とても理想的なかかわりができると思います。

これからの☆ちゃんの日々の成長が楽しみです。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
出会いと時が育くんでくれるもの~

娘が「明日、いろんな高校から先生が来て

高校生になってからの心構え?

携帯ダメとか服装のこととか・・・いろんな注意があるみたい~

高校になる前からうるさいよね~。」と話していました。

       

次の日、娘が「うちの高校の先生の話しね

「高校の話は学校に入ったらわかるので違う話をしますね。」と言って

最高齢でエベレストの登った人の話

野球選手の話

4年間浪人して京都大学に合格した人の話

入学式に1日だけしか来れなかった白血病の人の話・・・

何を目指すにも険しい山がそびえたっていて

それを諦めずに頑張った人はすごいんだね!!」等々

自分が感動した話を機関銃のようにしてくれました。

「○○先生の話を聞いて私も頑張ろうと思った!!

私は何のために生まれてきたのか

何をすべきかよく考えて生きなくっちゃいけないよね。

ただ生きているだけじゃ生まれてきた意味がないもん!!」

のんびり屋の娘がこんなことを熱く語るなんてビックリ

数ヶ月前までは「私は安定した仕事について高い給料がもらえる

仕事につくために勉強頑張ってるんだら!

給料のいい仕事についたらダンスとか趣味とかいろいろできるやん!」

と親の仕事を批判して強気発言をしていた娘だったんですが・・・。

1日にして娘の心に何の変化か起こったのか???



他の高校の先生は学校の規則や禁止事項を話されたところも

多かったようですが

娘の行く予定の高校の先生は

子ども達が未来に希望をもてるような話を熱く語られ

「生きるとは何か」「自分はどう生きたいのか」

自分と向き合うきっかけをもらったようです。

       

私は、娘が15歳の春にして自分の生きる意味について考えられるように

成長してくれたことが嬉しくて感激です

人との出会いや時間が子どもを豊かに育んでくれることを

実感するとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

私自身も自分の生きる意味を見失わないように

子ども達に恥じないようにしっかり生きなくては




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
熊本リボンクラブ 4,5歳児お散歩会

IMG_3954.jpg

今日の午後は4,5歳児さんとお散歩に行ってきました。

3月の山登りに向けてウオーミングアップということで

熊本のリボンクラブからスタートしてたくさん歩きました。

途中の公園では・・・かけっこをしたり

鬼ごっこやだるまさんがころんだをして遊んで

みんな元気いっぱい


子ども達の行動で興味深かったことが・・・

5歳さんは誰かが「○○遊びしよう!」と言って

集団遊びを好んでやりたがり

4歳児さんは遊びの中に入っているつもりですが

気持ちだけが先走ってルールが理解できず

身体の制御が難しいようでした。

本人はとにかく嬉しくて飛んだり跳ねたりおおはしゃぎなんですが・・・

5歳児さんは「エー!!」と言いつつも気にせずに

上手に遊んでいました。

4歳児さんの男の子は2人で○○レンジャーになりきって

戦いごっこにはまっている子もいました~

子ども達が10人そろうとそれぞれの個性がキラリ

年齢によっての遊びの違いがはってり見え

本当に楽しいお散歩会でした。

写真は水前寺公園にあるいきなり団子屋さん

このお店のいきなり団子でおやつタイムをしました。

おいしかったで~す



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
お話し12ピースパズル

IMG_3937.jpg

3匹のこぶた

3匹のヤギのガラガラドン

3匹のくま

赤ずきんちゃん

4つのお話の12ピースパズルです。

3歳児のパズル大好きっ子は

集中して1つ1つを作り上げて大満足のご様子です。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
伝承遊び「だるまさんがころんだ!」の力

IMG_3945.jpg

おひさまクラブの子ども達が外にでて

「だるまさんがころんだ」をして遊んでいる写真です。


       

私が子どもの頃(30数年前)の「インド人のくろんぼ」と

いう遊びと同じものですが・・・

「インド人のくろんぼ」は差別用語と言うことで

たぶん「ちびくろさんぼ」の絵本が問題になって

販売中止になった頃くらいに

「だるまさんがころんだ」に変わっていったように

記憶しています。

その後「だるまさんがころんだ」も差別用語だということで

子ども達がこういう遊びをしている姿さえ見られなくなりました。



そういう社会的な言葉の問題はあったにしても

私の子ども頃も

保育士していた頃の子ども達も

子ども劇場で子ども団の活動をしていた頃も

我が子の子どもの頃も

この遊びはいつの時代の子ども達も大好きで

イキイキとして夢中になって遊んでいました・・・

今、思い出しただけでもドキドキしてきます。


鬼以外の人はスタート地点から鬼にタッチをする為に

動き出します。

鬼が目を隠して「だるまさんがころんだ」と言っている間に

できるだけ鬼に近いところまで進みます。

鬼が言い終わって振り向いた時に、みんな絶対に動いてはいけません。

動いたのを見つかった人は鬼に捕まります。

その繰り返しをして誰か1人が鬼にタッチをしたら捕まっていた

人ともみんなできるだけ鬼から遠くに走って逃げます。

鬼がストップといったらみんなその場で止まります。

鬼にタッチした人が鬼が進む歩数を決め

例えば大股10歩、中股3歩、小股5歩と指示された歩数を

鬼は進み一番近い人にタッチできたら鬼交代です。

       

みんながルールをきちんと把握して緊迫した空気の中で

鬼の声をよく聞いて 走る→止まる→走る→止まる・・・を繰り返し

静止する時は微動だも許されません。(勢いあまって動いてしまうとアウト)

聞く、見る、集中する、身体の動きを制御する、ルールを守る

予測をたてる等どれ1つが欠けても遊びが成立しません。

伝承遊びのすごさは、大人の指示や介入なしで子どもの自主性によって

上記のよう大事な力が身につくということです。

子ども達が元気に遊んでいる姿を見ていて

改めて伝承遊びの大切さを考えさせられました。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
シルクの布

IMG_3932.jpg

1枚のシルクの布がドレス、エプロンになったり

人形のお布団、お弁当包み、敷物、海になったり・・・

いろんなものに変身します。

やさしい色合い、気持ち良い感触の布は

想像力が膨らみごっこ遊びをより豊かにしてくれます。



綿の布に比べて感触がいいので

「気持ち良いね~」と言って手触りを楽しむ子も・・・

この前は2歳2ヶ月の女の子から「どこでかってきたの?」と

質問されました。

しっかり者の女子です。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
地獄のそうべえすごろく

IMG_3944.jpg

落語を絵本にした「地獄のそうべえ」のすごろくです。

絵本を読んだ後にすごろくをすると

絵本のストーリーと同じようにすごろくが進んでいくので

大盛り上がり

さんずの川やふんにょう地獄やじんどんきのお腹の中・・・

を通ってゴールです。

文字を読めるようになった子は文字を読むもの楽しいようです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
色水遊び

IMG_3918.jpg

絵の具でお絵かきをしていると

色を混ぜるほうに興味を持った2歳2ヶ月☆ちゃん・・・

もっとやりたそうだったので

台所に移動して食紅の赤・緑・黄の3色を

混ぜたり、移し変えたり、水を足したりして

遊び始めました・・・

それを見ていた●ちゃんもすぐに仲間いり 

2人ともお腹のすくのも忘れて色水遊びに夢中になり

しっかり楽しんでいました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「答えが一つ」の遊びと「答えが無限」の遊び

知的な遊びにはいろいろな種類があり

その中に問題解決能力を促す遊びがあります。

一つの正解を求める通常の授業や知能テストで好成績を

を出すためには収束的問題を解く能力が必要とされ

逆にブロック遊びやごっこ遊びのような活動は

拡散的問題を解く能力だそうです。

この種の興味深い研究の取り組みを紹介します。

とてもかわいい3歳半のアマラは年齢以上にしっかりとした子です。

マイケルはたくましい小さな男の子で、何にでも熱中するタイプです。


アマラとマイケルはそれぞれのグループに入って遊びます。

アマラのグループには収束的な遊びを要する

遊び道具(例えばパズル)をたくさん与えられる。

一方、マイケルのグループには拡散的な遊び道具(積木やブロック等)

を与えられる。

それぞれのグループで仲間と楽しく遊んでいます。

やがて実験がはじまり、両者のグループにいくつかの拡散的問題がだされ

例えば、45個のブロックを使って村を作るという問題です。

研究者達はそれぞれのグループを詳しく観察します。



そして、それぞれに組み立てた構造物の数と

それらの構造物を名づけるときに用いられる、独創的な名前を集計する。

マイケルのグループは拡散的な遊び道具で遊んでいたせいか

よりたくさんの構造物と独特の名称を思いついた。

彼らは作業に熱中し行き詰ってもあきらめることはなく

試行錯誤を何度も繰り返した。

一方の収束的なおもちゃで遊んでいたアマラのグループは

行き詰るとそこで立ち止まり、何度も同じことを繰り返していた。




年長児のAちゃんとBちゃんの個性の違いを書いた記事
         
子どもの個性をどうとらえますか?

Aちゃんは収束的問題を解く能力が高く

Bちゃんは拡散的問題を解く能力が高いのだなぁと思います。

学校の勉強や習い事は収束的な問題を解く能力が身につきますが

逆にいろんな発想や答えのない問題にぶっかった時は

拡散的問題を解く能力が大事になってきます。

拡散的問題は評価しにくいので

どうしても1つの答えがある収束的問題で

子どもを評価してしまいがちですよね・・・。



子どもの個性によってはどちらかの遊びに夢中になり

偏ったように見える時期もありますが

よほど何か身体的又は情緒の問題がない限りは

子どもは収束的なおもちゃや問題も

拡散的おもちゃや問題も興味をもって取り組みます。


特に子ども達に不足しがちな拡散的問題解決能力は

今後は学校に入ってからの学習の中でも重要になってくると

いろんな教育者の方々が言われています。


乳幼児期からの遊びの質やどんなおもちゃで遊ぶかは

教育の場面に限らず、生涯にわたっても最も基本的で

かつ重要な能力につながるのではないかと考えます。








にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもを育む愛情とは~

IMG_3927.jpg


IMG_3925.jpg

もうす3歳の☆ちゃん

小さな大工さんや

乗り物のパズルに夢中です。

写真を見ただけでも集中している様子わかりますよね。

ごっこ遊びも大好きで

ママや私に料理やスプーンや飲み物を

忙しそうに運んでくれます。

          

お家では・・・庭にお砂場を作ってもらって

妹とお砂場遊びを楽しみ

お家の中ではママの手作りキッチンをリビングに設置して

ままごと遊びに熱中しているそうです。


あそびのアトリエの月に2回のレッスンで

子どもの様子見守り観察するだけでははなく・・・

ママやパパの☆ちゃんに対する愛情や思いを

家庭の中で少しずつ実行していくことで

子ども達は大きく成長するのではないかと思います。

私も☆ちゃんのお家のキッチンや砂場見てみたいです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもの個性をどうとらえますか?

年長さんのAちゃんは大人の言うことを

しっかり聞いてなんでもこなせるしっかり者

文字を読んだり書いたりするのも完璧です。

大人の意に沿って頑張り過ぎるところがあります。


同じく年長児のBちゃんはその逆で

大人の言うことを聞くよりも

自分のイメージの世界で遊ぶのが大好きな子で

文字を読んだり書いたりするのが大嫌い。

Bちゃんとは真逆の性格の姉に反抗しているような

行動が多くみられ、大人の期待にこたえるのが大機い。

       

先日2人と集中ワークのお話の問題をやってみると

文字を読んだり書いたりすることが苦手なBちゃんの方が

お話をよく記憶して答えが早い・・・。

一方Aちゃんの方は喜んでやっているものの

お話の記憶が苦手のようでした。

        

この違いは何かな?と考えてみると・・・

人間の記憶はただ覚えるよりも頭の中でイメージした方が

より記憶に残るそうです。

象徴遊びが大好きなBちゃんは

日常的に頭の中でイメージをふくらませて遊び

お話を聞いて自然に頭の中でイメージができるので

そういう問題が得意なのだと考えられます。

       

それぞれ個性の全く違う2人ですが・・・

AちゃんはBちゃんとごっこ遊びをするのが大好きで

BちゃんはAちゃんに刺激されて読み書きを頑張って練習しています。

5~6歳になるとそれぞれが個性を認め合い

お互いに刺激しあって成長していくんだなぁと感じます。

もちろん喧嘩もやってすぐに仲直りしています

とても良いコンビです。


いろんな個性の子ども達と接し思うのですが

同じ子は一人もいないし

長所、短所はだれにでもあり(大人も)

長所が短所でもあり、短所が長所でもあり

良い子、悪い子のレッテルは大人の都合で決め付けているのでは

ないかなぁと思うんです。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ミミズ発見!!

IMG_3931.jpg

今日はお天気が良かったので朝から

畑を耕してみると・・・

ミミズ発見!!

まだまだ良い土ではありませんが

ミミズがいるということは

昨年よりも良い土になっている証拠

良い野菜が育つには良い環境(土壌)が大切

地道に環境作りに励みたいと思います。


この時期に畑を耕して寒さに土をあてることが

美味しい野菜が育つポイントだそうです。

自然の厳しい寒さも大事な試練なんですね。


なんだか子育てと似ているなぁ~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Y君の成長記録(2歳7ヶ月)

IMG_3930.jpg

1月はリボンクラブをお休みしていたY君・・・

今日を楽しみにしてきれくれました。

1ヶ月あっていないだけなのに~すごい成長

まずは・・・私の顔を見てあいさつするのが恥ずかしくて

横を向いてしまいました~

感情が分化して恥ずかしいという感情が芽生えてきたんですね。


語彙が急激に増えてお話がぐ~んと上達し

会話がスムーズにできるようになってきました。

自分の意思表示もはっきりとしています。


ロフトベッドの階段登りにもチャレンジしました。


今日のお気に入りはホウキでお掃除(上記の写真)

「おんなじ おんなじ」と言いながらホウキを2本持って

私にもってきてくれたり

「汚れているね」「とれないね」等おしゃべりしながら

部屋中を掃いてまわりました。

Y君かなりのきれい好き


自分のお気に入りのおもちゃであそび

楽しそうにおしゃべりして大満足のY君でした。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
猫のチャッピー「病院へ行くの巻」

IMG_0216.jpg 子猫のころ


PA0_0029.jpg 少し大人になりました



夕方に娘と一緒に猫のチャッピーの予防接種に行ってきました。

年末にハムの紐を飲み込んで大変な思いをした

動物病院だったので警戒しまくり・・・

やはり猫も病院は嫌いのようです

便の検査までしてもらって暴れまくりましたが

無事に予防接種完了。


        

息子はよくチャッピーにちょっかいをだして

ケンカをしています~

なんだか兄弟喧嘩をしているようで笑えます。

娘は抱っこして「可愛い~」と癒されているようです。

私が娘や息子を怒っていると「ニャー」といって猫パンチをして

止めてくれます。

夫は食事担当でブツブツ言いながらもキャットフードや

竹輪を買ってきてくれます。

私が朝夕台所に立つと「竹輪くれ~」と前足でトントンと

催促してきて本当に可愛い家族です


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
カプラ作品「お家と階段」

IMG_3856.jpg

年長さん2人がカプラで作ったお家と階段です。

「あ!こうすればいいよ!」と言いながら

屋根や階段を自分達で工夫して作っていました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
先を見通す力 (2)

4~5ヶ月の赤ちゃんに「いない いない ばぁ」をすると

でてきた顔を見て喜びます。

個人差はありますが10ヶ月前後になると

「いない いない ばぁ」をすると以前よりいっそう

大喜びする時期がきます。


さて・・・なぜ喜ぶ反応が変わったのでしょうか?

赤ちゃんが先のことを見通して予測ができるようになった証拠です。

「いない いない」といって顔をかくすと

次におこる事を予測して目をキラキラさせて待っている

表情が読み取れます。

「ばぁ!!」と言って顔をだすと大喜び

この時期に赤ちゃんの期待を裏切らないように大人が一緒に

遊んであげることはとても大切なことなんです。

        


上から下に転がる玉を繰り返して何度も転がす

積木でイメージしたものを作りあげる

頂上を目指して山を登る

年齢によって先を見通す力は少しずつ変化します。

       

最近中1の息子と将来について話をするようになってきました。

思春期で反抗期の息子と親子喧嘩しながらも

親の仕事の話やいろんな職業の話をしたり

息子の話を聞いたりコミニュケーションする

時間はお互いに楽しい時間です。

まだ息子は自分の将来についてはっきりとした

ビジョンはないようですが

親子で一緒に将来についての話をすることは

子どもの頑張る原動力になるようで

「勉強しなさい!」と何十回言うよりも効果的のようです。

最近少しだけ教科書を開いて勉強する時間が増えてきた

息子です・・・

将来の自分の夢を見通す力は赤ちゃんの時からの

良い母子関係やコミニュケーション力や遊びの中から

育まれていくのだと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |