TOP2009年09月

口に入れて物を確かめるあかちゃんの行動の意味

「生まれたばかりのあかちゃんが授乳をする時に

口の周りには五つの感覚器官のうち三つが働いていて

それは、触覚、味覚、臭覚です。

これらの感覚機能を通して得られた知覚内容は

あたたかい、やわらかい、なんらかの味や臭いということで

対象に輪郭がないことが特徴です。

こうした知覚内容は融合的知覚といわれています。

触覚、味覚、臭覚、聴覚などの感覚機能から集められた情報が

視覚によって統括されることで対象を見分けることが

できるといわれています。」


(子どものあそび心理研究所 ジジが言ってました。)



あかちゃんが、つかんだものを口に持っていく光景は

よく見かけますよね。

個人差はありますが、5~6ヶ月位から1歳前後まで

手にしたものはお決まりのように口へ~

衛生面からいえば不衛生かもしれませんが

この時期、あかちゃんが口から得る情報は

とても大切なことのようです・・・。


今月からリボンクラブに入った1歳になったばかりの

☆君は2週間前に来た時は

とにかく手にしたものは何でも口に入れていたんですが

次のに来た時は~

ナント!ナント!

おもちゃをほどんど口に入れることなく遊ぶようになっていました。

☆君の2週間の成長にビックリビックリマーク

口から得られる感覚情報から

視覚によって対象を見分けることができるようになり

物に対しての関わり方が劇的に変化した☆くん。

         絵文字名を入力してください

例えば・・・

押し車にくっついている玉を口にいれていたのが・・・

押し車を自分で押してみたり、引いてみたり

引き車の紐を何度も引っ張ってみたり

ハウスクーゲルバーンの玉を転がしたり

自分が行動を起こして、物がどう動くかということの

おもしろさに気づき始めてきたようです。絵文字名を入力してください

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
り☆ん☆ご

IMG_3302.jpg

今年の初めに植樹した林檎の木に

直径5センチくらいの実がなりました。

アルプス乙女という小さな実の品種ですりんご

実が10個位なったので

包丁で1/4に切って皆で少しずつ味見しました・・・

小さいですが、しっかりとした実で

ほどよい酸味と甘みがあり

とても美味しい林檎でしたキラキラ

来年はもっと収穫できるといいなぁ絵文字名を入力してください

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
形を認識する 積み木を箱に入れる遊び

IMG_3275.jpg

立方体、立方体の2倍体、3倍体、1/2、1/4

直方体、直方体の1/2、1/4

1/2の三角形

9つの種類の積み木を箱に入れます。

大きい積み木が残ると最後が入りません・・・。


写真は・・・4歳の☆くんが2度目のチャレンジで

上手にいれることができました。嬉しい

         クマ

隣では、2歳の弟君が立方体だけを箱に

入れて遊びました。

弟君もお兄ちゃんと同じように積み木を箱に入れて

大満足のようでした。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもの発達の年齢について~

「ブログで0~3歳までの過ごし方 というのをよく見かけますが

3歳というのは、4歳になる前の3歳の事なのでしょうか?・・・」

というご質問をメールで頂きました。

私が「1歳児~」「2歳児~」と年齢ごとのカテゴリーで

記事を書いているので

もしかしたら、読んで頂いている方に

「この年齢はこうでなければ・・・」というような

不安を与えるような書き方をしていたらば

本当に申し訳ありません・・・。@困る


誤解のないように訂正しておきます。

あかちゃんの体の発達の一般的な順序は・・・

首がすわる→寝返り→お座り→ハイハイ→つかまり立ち→歩行

というような順序があります。

首の座りが一般的に3ヶ月と言っても2ヶ月でしっかする子もいれば

4ヶ月くらいまで安定しない子もいます。

ハイハイをとび抜かして、つかまり立ちをする子もいます。

この違いは、出産時の状況や親のかかわり方や環境

子どもの個性によって一人ひとり違うようです。


それと同じで、1歳児が「探索期」とはいっても

探索期を充分できなかった子は、2歳児さんでも探索をします。

反抗期も早い子は2歳前半からくる子もいますし

4歳~5歳までひきずる子もいます。


ここで私が一番言いたいことは

年齢や、早い、遅いにこだわることではなく・・・

ハイハイをあまりしなかった子は

1歳、2歳になってからでも

急な斜面を登ったり、ワニさんになって床を這って

遊んでみるのもいいかなと思うし

探索期におとなしかった子は、2歳になって少し遅れてでも

いろんなものに興味を示して活発になってきたら

とても喜ばしいことだと思うんです。

ママに甘えたり、、反抗したり、いたずらしたりの行動は

子どもが大きく成長する前段階か

何か不安がある時の子どもからの信号でもあるので

ママが不安にならずに子どもを見ておくことが大切だと思います。

          キラキラ

一番注意して欲しいのが、ママの不安を解消するために

子どもの背中を押したり、急がせたり、期待したりすると

親子関係がギクシャキクしてくることも多いようです・・・。

         こまった桃

ママが不安な時は、信頼できる身近な人に相談したり

子どもを、あせらず、ゆっくりと見守って欲しいと思います・・・

結果的には、子ども自身が解決したり、時間が解決してくれることも

多いように感じます。 きらきらはあと


メールをして下さった○○○さんありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
コンバイン

今日のあそびのアトリエの周辺の田んぼは

どこそこで、コンバインで稲刈り。

その様子を車で見てきた4歳の☆君は

大興奮で「レオさん!レオさん!コンバインがいっぱいあったよ!!」

と来るなり息せき切って話してくれました。

お隣でもコンバインで稲刈りをしていたので見学させてもらいました。

IMG_3293.jpg

コンバインの行くほうに動いて行って熱心に観察する☆君と弟君です。

IMG_3296.jpg

☆君が一人で考えて積み木でコンバインを作りました!!

IMG_3276.jpg

小さい頃から乗り物が大好きな☆君にとっては

今日は思う存分、コンバインを見れてラッキーだったね星

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ひと回り大きく成長した子ども達~

連休中に熊本のリボンクラブを卒業した

小学1年生の双子の☆君と○君兄弟がママと

遊びにきてくれました。

        ハート2

元気な双子の男の子ですが

実は・・・1年前はお勉強が大嫌いだったんです。ぱんだ

その時期に、お母さんが慌てずに辛抱強く

子どもさんの成長を待たれのが良かったんでしょう・・・

久々に会った二人は以前の元気はそのままで

数の知的なゲームに根気よく熱中して遊んだり

自分がイメージしたものをストローや紙コップで

試行錯誤して工作したり

心理ゲームのようなものも喜んでやっていました。

リボンクラブは小学校入学と同時に卒業なので

こうして時々子どもさんの様子を見せて頂くと・・・

その後の子どもさんの成長がよくわかって

本当に嬉しいです。絵文字名を入力してください

「ゆっくり しっかり まちがってもいい」

やっぱり、大事なことだなぁ~と改めて感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
ふくらむ クマさん

IMG_3268.jpg

ストローで息を吐くとビニールのクマさんが膨らみます。



1歳前後の子は膨らんで大きくなる様子を

ジッーと凝視していました。

2歳前後の子は息の吐き方がわからずに

ストローを吸っている子も・・・

「フーッ」と上手に息を吐くことはとても難しいようです。絵文字名を入力してください

息を吐く練習にもなります~



簡単にできる工作なので家庭でも

作ってみてくださいねハート2



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
簡単折り紙絵本であそぼう!!

↓ニンジンとアイス

IMG_3248.jpg

↓チューリップ

IMG_3249.jpg

↓キツネとイヌ

IMG_3250.jpg


見てのとうり、どれも簡単な折り方です。

コピー用紙を絵本のようにして

作ったものを糊で貼るだけ!あか

注意するのは、全部を貼り付けないで

折り紙を1枚に広げられるように貼り付けることだけです。


1歳児さんは片方の中にシールを貼って

「どっちにあるかな?」と言いながら、隠れた物を探す

「いない いない ばぁ」のような遊びを喜びます。


2歳児さんは折り目がついているので

折り目にそって折る遊びを喜びます。


折り紙に興味がでた3歳児さんは一緒に

絵本作りをするのもいいかと思います。


1,2歳児さんが折り紙を折るのはまだ難しいので

子どもから破かれても気にしないで下さいね!

折り紙で遊んだ後はビリビリ破くのも楽しい遊びになります。キラハート

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
Y君の成長記録(2歳3ヶ月)

水疱瘡や湿疹で2週間ほど保育園をお休みしていたY君

今日は1ヶ月ぶりにリボンクラブにきて元気いっぱい遊んでくれました。にっこり

病気を乗り越えて一回り大きく成長した感じがしました。

下矢印シリンダーを熱心に入れてます。

IMG_3263.jpg

下矢印ピクチャーチェーンを並べています。

IMG_3264.jpg

下矢印立方体の積み木を積んだり、並べたりしています。

  角と角を合わせてきれいに積もうとするようになってきました。

IMG_3267.jpg

下矢印☆君がトーテムを積んでいるのを見て、自分も積みだすY君

IMG_3265.jpg

下矢印☆君が作ってくれたお料理を一緒に仲良く食べてます。

IMG_3266.jpg

遊んでいる様子は写真でわかると思いますが

今回私が1番びっくりしたのは!

Y君の語彙が急激に増えて、発音もかなりはっきりと

聞き取り易くなっているのにビックリしました。

自分で絵本を持ってきて「じゃあ じゃあ」「びり びり」「かん かん」と

楽しそうに絵を見ながらお話したり

「かえるの歌」を歌いながらカエルを観察したり

自分もカエルさんのように両足揃えてピョンと~

気持ちだけは飛んでいました。

もう少しで両足揃えてのジャンプもできそうです。


4ヶ月年下の☆君と隣同士でそしらぬ顔をして遊んでいるようでも

お互いに意識しあって気になる様子でした。

この年齢の子は一緒に遊ばなくても

お友達が隣で遊んでいるだけでも

とてもいい刺激になるようです。


今日のY君は病気で活動できなかったぶんをとりもどすかのように

とても活発に活動していました。

元気ななって良かったね。ふんわり





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
他者の視点を理解することとは?

子どもの「心」についての興味深い研究があります。

一人の研究者がブロッコリーをさも美味しそうに食べ

クラッカーを嫌がって食べるそぶりを見せた。

その後あかちゃん達はクラッカーとブロッコリーを

研究者と分け合うように言われた。

14ヶ月のあかちゃんは自分の好きなクラッカーを

自分も食べて、研究者にも渡した。

18ヶ月のあかちゃんは自分の好みに関係なく

研究者が美味しそうに食べていたブロッコリーを

渡したそうです。


この結果はあかちゃんは他人の欲求を理解

できていることになります。

・・・だからといって、人々が自分と異なる信念をもちうることを

理解しているとはいいがたい・・・とも言っています。

他人の立場に立って物事を見る

ものの見方が一つだけではないことに気づくことでさえ

発達という意味では大きな一歩である。

研究者はそのような一歩を「心の理論(TOM)の発達」と呼んでいるそうです。




例えば、3歳児さんに・・・

子どもの大好きなチョコの入った箱に、母親が別の部屋にいってる間に

子どもと一緒に、箱の中のチョコを鉛筆と入れ替えたとします。

大 人 「箱の中に何がある?」と聞くと

子ども 「鉛筆」と答えます。

大 人 「お母さんが戻ってきた時に箱の中に何があると思う?」

子ども 「鉛筆」という答えが返ってくると思います。

個人差はあると思いますが、これが4~5歳くらいになると

母親の立場にたって考えることができるようになってくるので

「チョコ」と答えるようになるそうです。



*自閉症やアスペルガー症候群の子ども達は

 通常は普通に発達する心の理論(YOM)のハードルが

 超えられない為に

 大きくなっても、相手の気持ちがわからず

 対人関係が上手くいかないということだそうです。


この結果、他人の視点で考慮できないということは

子どもが困った行動をする時、悪意や復讐心をもってそれをすることは

ありえないということです。

2,3歳児が、お友達のおもちゃを奪ったり、噛み付いたり、叩いたり

する行為は、相手に意地悪をしようとか、困らせてやろうと

思ってやっているのではないんです。

1歳児が、水をひっくり返したり、おもちゃを散らかす行為は

ママを困らせようとしてやっていることではないんです。


相手の気持ちを思いやったり、やさしさい心が育つのも

時間がかかるというとこではないでしょうか?

逆に「乱暴な子ね!」「ダメな子ね!」「意地悪な子ね!」

と親が子どもに対してマイナスのイメージを持つことは

子どもに悪影響を及ぼすことにもなりかねません。

目に見えないのでわかりにくいのですが・・・

子どもの心の成長も時間と経験によって少しずつ

成長していることを知っておくと

少しだけ子育てが楽になるかもしれませんね。絵文字名を入力してください

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
広島からのお客様

IMG_3259.jpg

今日は広島から4歳の☆君親子が遊びにきてくれました。

内向的な☆君ですが、おもちゃをじっくりと見定めて

自分にピッタリとあったものでしっかりと遊びこみます。


マグネットで一緒に遊び、私がクルクル回るコマを作ると

☆君はそれを横目に見ながら

マイペースで自分のイメージしたものを作りました・・・

それから、自分で作ったものを

回るように試みていました。

☆君、見ていないようでしっかり見ているんです。チュッ

私が話しかけても興味のないことには知らん顔ですが

しっかりと話は聞いてくれていて

自分が答えたいときは少しずつお話もしてくれました。

後半はカプラや車で遊びながら、幼稚園の話や

お友達の名前の話を自分から話してくれるようになりました。


上記の写真の絵は後半に描いてくれたんですが

シンケンジャーのブルーを描いていて

段々描くのがおもしろくなってくると

大好きな青色の絵の具1色を使って

力いっぱい描いていました。

もう1枚といって2枚目も青一色で描いていました。

エネルギーいっぱいの☆君です。


好奇心の強い☆君は、マグタッチ、ままごと、大工さんセット

組み立てクーゲルバーン、描画、車、流しそうめん・・・

いろいろな遊びを真剣に楽しんでくれました。

一生懸命に取り組む表情がとても印象的でステキでした。キラキラ

       うさ(のぼせ)

反抗期もあってこちらの提案することには

すぐにのってきませんが

数の対応や取り出しもスムーズにできていて

こちらの質問に対しても的確に答えができました。

一見大人しい子に見えるんですが

内面はしっかりした意思をもっている☆君だなと思いました。

また機会があったら遊びに来てくださいね。ねこ(はーと)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
押し車

IMG_3258.jpg

1歳児さんの人気のおもちゃ「押し車」は

足、腰がしっかりとして歩行が安定してくると

これを押してヨチヨチ歩くようになります。


今日も1歳半の☆君が押し車を押して

部屋中をぐるぐると歩き回っていました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもが変わる一番の近道とは~

IMG_3253.jpg

今年の春からリボンクラブに通ってきている

2歳7ヶ月になる☆ちゃんが

最近大変身しています。

心配していた言葉の遅れも

近頃、はっきりはしなくても

自分から話そうとしたり、私の言ったことを喜んで

何度も真似をして言うようになってきました。

遊びは・・・パズル、リングさし、色の分類、ハサミや糊を使う

ひも通し、ままごと、汽車レールをつなぐ等しっかり2歳児の

発達の遊びをしています。

ママから離れて安心して遊び、少し不安になると

ママに抱っこされて愛情を充電して

また安心して遊びに熱中します。

絵本もしっかり聞けます。



☆ちゃんのリボンクラブの日はパパが仕事を休んで

下の子の面倒を見て下さっているので

ママと二人きりで通ってきます。

☆ちゃんはママを独り占めで大満足のようです。絵文字名を入力してください

それから現在・・・

ママは☆ちゃんと妹の為に人形作りに挑戦されています。

着せ替え人形なので手間隙かかる大変な作業ですが

リボンクラブ終了後に頑張って作られています。


そんなパパやママの愛情と頑張りや変化が

☆ちゃんにはしっかり伝わっています。

リボンクラブが☆ちゃんを変えたのではなく

リボンクラブがきっかけでパパとママが行動した

ことが☆ちゃんが変る大きなきっかけとなったんです。

       チューリップ


親が子どもの欠点ばかりを見て、悲観してばかりしていては

子どもは変わりようがありません・・・。

子どもの姿を見て親が学び、親が行動を起こすと

必ず子どもはいい方向に変わっていきます。

逆に、子どものせいにばかりにしたり

他人任せにしていては

根本のところは何も変わらず同じ問題の繰り返し

になってしまいます。


何もかも変えたり、頑張ってばかりでは親も疲れるので

はじめは、小さな一歩でもいいんです。

☆ちゃんちのように

パパに協力を求めたり、手作りのお人形を作ってみたり・・・


子どものペースに合わせてお散歩をしてみたり

1日20分でも30分でもいいから子どもとしっかり

向かい合って遊ぶ時間を作ったり・・・

子育てはその小さな一歩が大切なんです。赤ちゃん

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あそびのアトリエの人気者

IMG_3246.jpg


IMG_3247.jpg

あそびのアトリエで飼っている

カエルとカメの本を購入しました。

写真がとてもステキでわかり易く説明が書かれている図鑑です。

今日はおたまじゃくしを捕まえてくれた☆ちゃんが

カエルのブランコを増設し

カエルの餌(アリやイモムシ)を捕まえてくれました。

本当に☆ちゃんは生き物が大好きなんですハート

・・・それからタニシのピンク色の卵を見つけて

またまたアトリエで飼育してみることになりました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもにとっての本当の意味での子育て支援て何でしょうか?

IMG_0826.jpg

今日、熊本のリボンクラブのママとお話をしていて驚いたんですが・・・

児童館に行って子どもがぬいぐるみを投げれば怒られる

近くの公園は時間帯によっては子どもが遊べない時間がある

公園で自転車に乗ることは禁止等々・・・

本当に子どもがいたずらをしたり、自由に遊べる

環境がますます減っているんです!!がーん


公園からはシーソーもジャングルジムも消え

ボール遊びや野球は禁止・・・

危険なものは全て取り除かれています。



大人が喜ぶ少子化対策や子育て支援をいくらしても

本当に子ども達は幸せでしょうか?

お金をいくらばら撒いても、子ども達が自由に遊べたり

いたずらできる環境ができるでしょうか?


数週間前の新聞だったと思うんですが・・・

子育て支援のお金を狙って

子どもに関する企業がビジネスチャンスをつかもうと

早くも事業展開を始めているとい記事がありました。


表面上は、若い世代の経済的な負担をなくすことが目的でしょうが

実際、そのお金は子どもにどう使われるかは

家庭によって大きな差がでてくるでしょう・・・

ただ、子どもが喜ぶから、子どもの将来の

為だからという言い訳をして

親の自己満足の為に、子どもを着飾らせ、習い事に通わせる・・・。

それで、将来の日本を支える人が育つのでしょうか?

世界で活躍できる子ども達が育つのでしょうか?

このままでいくと子ども達は今以上に大変な状況に

なるのではないかと危惧しています。


子ども達が、親の経済格差で三度の食事ができない

修学旅行に行けない、高校や大学に進学できない・・・

等の最低限の生活や教育の保障をすることはとても大事な

ことだと思います。

しかし、安易にお金をばら撒くことで企業の利益にはなっても

子ども達が不利益をこうむる事にもなりかねません。


「おおらかな大人のまなざしと

子ども達が自由に遊べていたずらできる場所」


大人が真剣にそういう環境を考えていかないと

子ども達の未来はどうなるのか

私は本当に心配です・・・。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
1歳児の攻撃性って何なんでしょう?

「攻撃性」と聞くと一般的には・・・暴力、喧嘩、リンチ、反抗、

暴動、闘争、破壊、競争、争い、殺人、憎しみ、不満、仲間はずれ

怒り、妬み、恨み、敵意、復讐・・・

上記のような悪いイメージを連想しませんか?

しかし攻撃性には「防衛」「自己主張」「目的獲得」も良性の

攻撃性もあるんです。

もう少し具体的に子どもの攻撃性について考えてみたいと思います。

女の子今日午前中は・・・

始めてリボンクラブに来きた1歳10ヶ月の☆ちゃんは

一つ一つのおもちゃで楽しそうにとてもよく遊ぶ子です。

好奇心旺盛で、絵本もよく聞き、しなやかな指先の動き

体もよく動き、お話もとても上手です。

リングさしのリングを器に入れてしまうと

リングを1、2個床に落として、ニコニコ笑顔で私とお母さんの顔を

何度も見て私達がどんな反応をするかうかがっています・・・

しかし、その場はではリングをひっくり返すことはしませんでした。

その後、私にも心を許してくれたのか、ご機嫌でままごとをして

ビーズをひっくり返してニッコリしていた☆ちゃん。

私に遠慮することなく☆ちゃんがおもしろがってビーズを

ひっくり返せて良かったなと思いました。


男の子午後からは・・・

1歳11ヶ月の☆君のリボンクラブでした。

車が大好きで動かしたり、並べたり

車のパズルは年齢以上の難しいパズルもできます。

先週家族で沖縄旅行に行った☆君は

パズルの飛行機を見ると空を指差しながら「ブーン!ブーン!」と

言って嬉しそう~とても印象的だったようです。

普段は穏やかな☆君ですが・・・

あそびのアトリエでだんだんと元気が出てきて

リラックスしてくると

積み木を壊したり、「ダメ!」と言ったり攻撃的な

一面をちょっと覗かせます。

そういう時の☆君の表情はニッコリしてイキイキしていて

とてもいい表情をしています。

☆君はもっと自分をだしていいんじゃないかなと思っています。


      ニコッ    汗   笑

この年齢から大人の顔色ばかりを気にして

自分の好奇心や欲求を抑圧していると

良性の攻撃性が育ちません・・・。

物をひっくり返したり、ばら撒いたりする攻撃的な行動は

大人からすると困った行動ではありますが

この攻撃性を抑え込むのではなく

良性の攻撃性に変換できるかが大切なことなんです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
お腹すいた~!

IMG_3243.jpg

お腹がすいたらどうする?

そうで~すナイス畑の作物を収穫するんです!!

ちょうどサツマイモの収穫時期だったので

芋掘りをして蒸かし芋に~さつまいも



お腹が空いたらお金を出して買って食べることが当たり前

待つことも、我慢することもなく、すぐにお腹を満たせる時代。

でも・・・あえて我慢して

芋を掘って、洗って、包丁で切って、蒸かして・・・

手間隙かけてやっと口に入るお芋は

格別に美味しいですよ。ハァト

空腹の時にこそ、本当の食物の美味しさが

わかるはずです!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
親の価値観が問われる時

娘が3歳くらいの頃(12年位前)

娘が信号の赤色を見て「みどり」と言っているのを聞いて

ママ友から「○ちゃん まだ色わかってないの?」と言われて

私も「あら~そうね!」と笑えていた時代・・・。

お互いに、そういう会話をしても、何の焦りも気負いもありませんでした。


しかし・・・ここ数年なんだか空気が違ってきました。

1歳代の子ども達に、何度も色を教えようとしたり、形を教えようとしたり

子どもが覚えてくれないと真剣に悩むママが増えているように思います。

人よりも早くできないと遅れをとったような、取り戻しもきかないような

気分になるのでしょうか・・・。

それではせっかくの子育てが辛くなるばかりですよね。



何故、私がこういうことを書いているかというと・・・

中3の受験生の娘のことで最近いろいろ考えさせられる

ことがあるからです。

表面には出さない負けず嫌いの娘が

中学になってからの試験結果に一喜一憂するようになって

「結果だけじゃないから?」と言っていた私も

受験が近くなるにつれて「どうだった?何点とれた?平均点は?

頑張りが足りなかったんじゃないの?・・・」等と

とても穏やかな気持ちではなくなり

意地悪な言葉が口から出てきます・・・。

娘からは「ほらね!またでた!そんなに言わないでよ!」と

自分でもわかっていることを親から言われてカチンときています。怒り

私も火がついて「あなたの将来のこと心配しているんでしょ!」

と言い返す・・・怒って黙り込む娘・・・

そんな最悪の悪循環を繰り返しています。ションボリ

あまり子どもに多くを望まず干渉しない夫でさえも・・・

「高校をでて就職するか、大学をでて就職するかでは

給料が全然ちがうんだよ。」なんて言い出す始末~。

学校の三者面談での先生の言いたいことは「勉強!勉強!」

保護者同士の話では、成績や高校の話ばかり・・・。

こういう小さな世界の中で物事を考えて判断していると

私の頭も少しおかしくなってきそうです~。



娘が幼い頃「みどり」がわからなくても安心していられたのは

それよりも、山の緑、草の緑、森の緑、木の緑・・・

たくさんの緑を見て触れて感じた体験をしていたので

私は信号の緑がわからないことなんて

なんの問題も感じませんでした。

娘は、実際に一度教えるとすぐに覚えてなんの支障もなく

大きくなりました。3歳になっていたから当たり前ですけどね~。

これは色の問題だけではなく、形や数等の知識全般に

いえることだと思います。

この考え方は大きくなってからの学習にもつながると思うんです。

どんなに知識が豊富で点数や順位が良くても

多面的に物事を捉えて、応用できる力をつけておかなければ

意味がありません。


今、娘を脅して口やかましく言って勉強をやらせることは

できるかもしれません・・・しかしその先に何があるのでしょうか?

実は私も学校の勉強は大大大嫌いだったから

娘には学校の勉強をただ頑張りなさいって強気で言えません・・・。


私が娘に言えることは・・・

「人生は一生勉強。何の仕事をやるにも

わからないことばかりだし、失敗することもあるし、間違いもある。

そんな中で、いろんな人に出会って刺激を受けて、自分に必要なものを

勉強(探求)していくことが大切だということ。」です。

私があそびのアトリエの仕事をしていていつも感じていることを

正直に伝えるだけです。

口先だけではない親の価値観が問われる時期にいています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
葡萄と林檎

今年初めに苗を植えたばかりですが

少しだけ実になりました。

↓葡萄(デラウエァー)

IMG_3106.jpg

↓林檎(アルプス乙女)

IMG_3229.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
2種類の茄子

↓まるまるとした「米ナス」

IMG_3227.jpg

↓「長ナス」

IMG_3230.jpg

次々にナスがなって大きくなっていきます。

本当に美味しいナスなんです絵文字名を入力してください

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
稲がグングン育っています!

4月に田植えをした稲が

9月にはこんなに大きくなりました。

お米になっています。タメル君ブルー

IMG_3242.jpg

10月になったら稲刈りができるでしょう。アップロードファイル


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
新型インフルエンザ撃退法?!

自宅でとれた朝契りのぶどうを子ども達に食べてもらいました。

ぶどうが苦手な☆君もお友達と一緒に

おいしそうに食べてくれました。さとと-ぶどう

自分で皮をむいて種をとって食べてもらいます。

子ども達が家庭でどうやって食事をしているのか様子がわかります。

ここでは、できるだけ自分で食べてもらいますよ~。顔-ニコ

周囲はベタベタ、ぐちゃくちゃになってしまいますが・・・苦笑い

集中して皮をむいているお二人さん。
IMG_3239.jpg

2歳半くらいになると上手く息を吐いてしゃぼん玉ができます。

IMG_3238.jpg

2歳前の子は自分で息を吹くのが難しくて苦戦・・・

「ふうーふうー」と口で言うだけでなかなかしゃぼん玉ができません。

しゃぼん玉をおいかける方が楽しいかな~シャボン玉

IMG_3234.jpg


そうそう新型インフルエンザについてですが・・・

林田薬局さんにもよく記事にしてありますが

しっかりした食事をとって免疫力をつけて無理をしない

ことが大事だそうです。

それから、心が元気なことも大切だと思います。

普段から無菌状態で過ごすよりも

多少の雑菌を取り入れて抵抗力をつけたり

熱がでたら座薬などですぐに下げずに

熱を上げて自分の力でウイルスを撃退することが

大切だそうです。

(重症な場合は別でしょうが・・・)

体と心の健康の大切さを改めて考えなければ

いけないですね。絵文字名を入力してください

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
虹色教室のお友達が遊びにきてくれました!

IMG_3226.jpg

大阪から3歳の☆君親子が遊びにきてくれました。

写真をとりそこなったので、後で☆君が描いてくれた絵を写しました。

        はーと  はーと はーと

好奇心旺盛な☆君は自分の好きな汽車を見つけて

ずぐに線路をつなで遊び始めました。

積み木でトンネルを作って見せると

☆君も一緒にトンネルを完成させてニッコリ満足。

木を並べて森を作ったり、動物を並べて動物園を作ったり

終点に本屋さんとお水屋さんを作ったり・・・

自分で遊びを見つけて、どんどんイメージを広げて

ごっこ遊びの世界がひろがっていく☆君です。

遊びが終了すると、作ったものを「壊していいよ」と私が言うと

少しためらってママと私の顔を見て安心すると

ニッコリしてから線路やトンネルを壊しました。

(壊す時の表情はとてもイキイキしています。)

      クローバー

その後はもっと自分を出してきて

自分の気に入らないおもちゃは少し遊んでから

「こんなん おもしろないわ!」と言いながらも

大工さんセット、マグタッチ、線路、車、組み立てクーゲルバーン

乗り物のカードやパズル等々・・・いろんなおもちゃであそびました。

大好きな消防自動車のパズルを集中して仕上げた時には

ニッコリ大満足の☆君でした。

集中して遊んだ後は、カードや積み木をぐちゃぐちゃにして発散したり

「こんなん おもしろないわ!」と言葉で反抗したり

ちょうど3歳児の発達段階をいっている☆君です。

最後に書いてくれた描画は、とてもすっきりした色使いの絵を

描いてくれました。


母子関係も良好で、安心してママと距離を置いて遊べ

壊していいか悩んだ時にはママの顔をみて確認したり

しっかり反抗もできる関係です。

          笑顔

ママは☆君の落ち着きのなさ、指先が不器用、図形の認識力が弱いと

いろんな心配をしていらっしゃいましたが・・・

汽車レールをつなぐ、小さなものを扱う、パズルをする

☆君の様子を観察しているとママが心配することは

ないことばりです。

そして、何よりも大切な情緒の部分がしっかり安定しています。



今後は虹色教室さんでますますいい方向に伸びていかれる

だろうと思います。

また機会があったら遊びにきて下さいね。アイコン名を入力してください

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
1~2歳児のしゃぼん玉あそび

しゃぼん玉は小さい子も大好きびっくり

でもストローでは液を飲み込まないか心配ですよね。

針金とモールで作った枠ならば

風や息を吹くだけでしゃぼん玉ができます。

(息の吹き加減は難しいですが・・・・)


IMG_3193.jpg

しゃぼん玉であそんだ後は・・・

お洗濯ごっこの始まり~


IMG_3196.jpg


お外のカメさんを見つけた子ども達・・・

3人でカメさんに餌をあげました。

みんなカメさんに夢中です。わーい

IMG_3197.jpg


この年代の子ども達は集中する時間は短く

あれこれと目に入ったものに気移りしますが

一つ一つのことには真剣UPでしょっ

自分で遊びを見つける→集中する→ウロウロするの繰り返しです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
フルーツゲームの遊び方 パート2

IMG_1072.jpg

フルーツゲームの魅力はなんといっても

「チーン~」と鳴るベルの音!!

        アップル君8

最初は「いや~しない~!」と反抗していた4歳の☆君でしたが

ベルの音に興味を示して「やる!やる!」

と飛びついてきました。

ルールは簡単「カードについている果物の数だけベルを鳴らす」です。

注意することは子どものペースにあわせてあげること。

カードのフルーツを見て瞬時にベルを鳴らすのは

子どもには案外難しいようです。

勢いあまって多く鳴らしてしまったり・・・絵文字名を入力してください



普段、大人の誘いにあまりのってこない☆君ですが

このルールでのフルーツゲームは・・・

1,2,3個まではベルを鳴らせますが

4,5個は自信なさげに私の顔を見ながらベルを鳴らしていました。

とにかくベルを数だけ鳴らしたら「イエーイ!」と言って一緒に喜ぶと

☆君はだんだんと自信がついてきて

集中してベルを鳴らせるようになりました。



「4歳にもなって3まで・・・」とママは少し心配かもしれませんが

今の☆君は「できるーできない」という問題ではなくて

数に対して興味を持ったり、自分に自信を持つことの方が大切。

「数が楽しい、おもしろい、もっとやってみたい」

という気持ちが高まっているかを見てあげることが大事です。絵文字名を入力してください

集中してがんばり過ぎた☆君はゲームが終わると

清々しい笑顔で「あ~疲れた!!」と大の字になってゴロン~

その後もまた新しいゲームにチャレンジしたり

一人で積み木あそびに集中していました。

☆君にとっては程よい刺激と達成感がある遊びだったようです。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あ~あ~あ~朝寝坊!

今日から息子は集団宿泊で2泊3日少年自然の家へ~

昨晩、弁当の準備もバッチリすませて

いつもよりも1時間早く起きるように携帯のアラームをセットした

はず・・・でしたが

朝からアラームが鳴らずにいつもの時間に起床。

時計をみてビックリ仰天!!

大慌てで息子を起こし、夫にコンビでおにぎりを買ってきてもらい

私は速攻でおかずの準備 (昨夜準備していて良かったsn

ギリギリセーフで間に合いました。

あー良かったにこにこ

朝の10分で1日のエネルギー使い果たした感じです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
しゃぼんだま実験

夏休みに福岡青少年科学館に行った子ども達と

しゃばんだま実験をしました。

科学館でしゃぼん玉のサイエンスショーを食い入るように

見ていた子ども達・・・。

今日は各自、自分でしゃぼん玉の枠を針金とモールで作り

水(8)・せんたくのり(7)・台所用洗剤(1)の割合で

しゃぼんだま液も調合しました。

みんな真剣です。アップル君4

IMG_3200.jpg


外でしゃぼん玉を飛ばしました。

風が吹いていたので、風の力でしゃぼんだまが次々と飛んでいきます。

サイエンス実験で見た、金網でのしゃぼん玉飛ばしも大盛況でした。


IMG_3204.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
VISIONの掲示板を読んで~

虹色教室通信の中で紹介してあるVISIONの掲示板

すごく熱いく皆さんの幼児教育にたいする考え方を語られていて

とても考えさせられました。


以前の私は「早期教育=悪」と図式化して、子どもは自由に元気に

遊ぶことが大切なんだと硬く信じて我が子の子育てをしてきました。

私が勤めていた保育園はどちらかというとヨコミネ式スパルタ園

に近い保育で私には全く合わない考え方だったので

よけいに反感をもつようになりました。


早期教育アレルギーになっていた私ですが・・・

子育ての中に「あそびのアトリエ」のジジさんやボッスさんと出会い

教えない幼児の教室があってもいいのかなと考えるようになりました。


以前にも書きましたが、我が子を育てる時に

どうも子どもと歯車が合わないなぁと感じることがありました。

鮮明に覚えているのが「パズル」です。

娘も息子も家にあるおまけやお土産のパズルを引っ張り出して

一心不乱に黙々とやった時期がありました。

娘は自分のレベルに合わずにヒスを起こしてパズルを投げ出してました。


もう一つは「積み木」です。

基尺のそろったいろんな形の入った積み木を出しては

箱に詰める作業を何度も繰り返していました。

私は、そのことに一つも共感できずに、大人目線で

「想像力のない子・・・」と沈んだ気持ちになったことを覚えています。



今の私ならば・・・

子どもの能力よりも少しだけ難しいパズルを用意して

パズルの達成感をもっと味あわせてあげることができたのに・・・

積み木を箱に入れる子ども達をみて「すごいね!できたんだね!」と

心から共感してあげられてのに・・・

と後悔することばかりです。



子どもの発達を親が知り、それを援助したり、環境を整えたり

励ましたりすることが早期教育になるのでしょうか?

もしかしたら早期教育になるのかもしれませんね・・・。

私は、我が子にしてあげられなかったことを

アトリエにくる子ども達にはしてあげたいと思っています。

(娘よ!息子よ!ごめんなさいね・・・泣き顔




はじめは虹色教室さんのブログを半信半疑で読んでいましたが

だんだんとなおみ先生の考えが文章の中から伝わり

私の勉強に対しての抵抗や反感が薄らいできました。

なおみ先生自身が勉強に対してのハードルが低く

遊びのように楽しいものだと感じていらっしゃることが

文面からビンビン伝わってくるんですよね~。

そして、実際にお会いしてお話をさせて頂き

とても共感するものが多かったんです。

子どもの「あそび」と「学び」ってなんだろう~と考えさせられます。

特に幼児期はこの境界線なんてないような気がします。

大人だけがみょうにこだわっているのではないかなぁと・・・。


私が一番注意しているのは・・・

子どもは親が喜ぶことや親から褒められることに敏感です。

子どもの感情を無視した、親のエゴの早期教育は

一見は子どもの能力が高く、おりこうさんに見えますが

本当の子どもの心は不安で一杯です。

そういう子どもの気持ちを無視した早期教育は

私は断固反対です。

他の早期教育の教室とあそびのアトリエで確実に違うと

言い切れることは子どもが「NO!」と言えることと

まちがってもいいことです。

つまり、子どもが自分の気持ち安心して出せること

自分の頭で考えようとする行為を大切にすることです。

たぶん虹色教室さんでも同じかなぁ思うんですが・・・。

話にまとまりがつかなくなりましたが「VISIONの掲示板」

を読んで私が感じたことを少し書いてみました。

みなさんはどう感じましたか?






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
大きい数の体験と10の数の体験

IMG_3188.jpg

今日は熊本のリボンクラブの子ども達と

4月に植えたひまわりの種を数えました。

子ども達は大きなひまわりを見てビックリ!ぱんだ

午前のグループと午後のグループでぜ~んぶ数えました。

10個づつ袋詰めにして、全部で1130個ありました。


IMG_3189.jpg

丸く円にした葉っぱ10枚とひまわりの種10個を

数を言わずに置いて

どちらが多いか子ども達にクイズを出しました。


やはり大きな葉っぱが多いと答える子ども達が多く

「同じ」と答えた子も「・・・?」少し不安になって

「葉っぱ?」と答えていました・・・。

大きさが違うと子ども達にとっては難しくなるようです。

どうしたらいいか子ども達に考えてもらうと

葉っぱの上にひまわりの種をのせて確かめよう!

ということになり・・・(上記の写真)

葉っぱとひまわりの種が同じということを

みんなで体験しました。

円に並べると「9個?」「11個?」「10個?」それぞれ違う答えに・・・

最後に一列に並べて10個あることを確認しました。

数がはっきりして、みんなスッキリ!!という表情でした。顔-ニコ



ある時、石で遊んでいたその友人は、石を並べて円を作った。

石が何個あるか数えようと、彼はある石から数えはじめ

「6」という答えを得た。

次に別の石から数えはじめたが、やはり答えは「6」だった。

驚きだった。どの石から数えても同じ答えになるのだ。

彼は順序を問わない原理を発見したのだ。

この原理は、どんなものでも数えられるだけでなく

どういう順序で数えてもいいことを教えてくれる。

これはのちに数学者になったピアジェの友人の

子どもの頃のエピソードだそうです。


そんなの当たり前だと感じるか

自分で発見したことに感動を覚えるのかでは

大きな差があります。


たくさんの子ども達を見ていると

早期からプリント学習で正解をばかりを求められてる子は

自分が発見したことに対する感動がありません。

ひまわりの種を10個ずつ数えるのもおもしろくありません・・・。


逆に、ゆっくりでも、わからなくても、根気良く10個を数えたり

100個はどれくらいか真剣に向かい合う子は発見や感動があります。

目先のできる、できないにとらわれずに

自分で100個や1000個を数えた

数は大きいものも1個、小さいものも1個がわかった

という体験を通して、数の世界を楽しんで

いけたらいいなと思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
自分でできるよ!

2歳5ヶ月の☆ちゃんは、今日は来るなり

パズルやカードの箱を引っ張りだしてただひっくり返すだけ・・・

「あ!」という間もないくらいの早業です。

今日は新しいお友達との組み合わせだったので

敏感な☆ちゃんは何かが違ったんでしょう・・・。

       頭に花

私も一緒にお手玉投げをすると大喜び!

お手玉をかごに入れて滑車で上にあげてみせると

大興奮で二人で大笑い~

動くものにとても興味があるようでした。


☆ちゃんはまだ集中して遊び込むのは難しく

探索しておもちゃを出したり、ひっくり返したりですが

私が絵本を読み出すとしっかりと集中して聞く力は持っています。

(全ては聞けませんが・・・)

お友達が泣き出したり、姿が見えなくなると

「お友達は?」と言ってお友達を心配したり、探したりする

やさしさい面もあります。


最後に、みんなで「ぶどう」を食べました。さとと-ぶどう

元気なわりには、繊細な☆ちゃんは

ぶどうをむいてくれ!種をとってくれ!と訴えてきましたが・・・

私はこうして食べるんだよと食べて見せました。

☆ちゃんはママに頼ることなく、自力で食べ始めました。

ぶどうがよほど美味しかったのか、☆ちゃんは黙々と皮をむいて

種を摘みだしてパクパク食べていました。

         プリキュアクローバー

子どもは大人が思っている以上に、自分ことは自分でできるんですよ!

「食べる意欲=生きる意欲」

小さな種を必死に取り出す集中力もとても大事なことです。


今の☆ちゃんは破壊的で攻撃的な面が前面にでていますが

指先の巧緻性、好奇心、集中力、やさしさもしっかり育っているので

月日とともにいい面が前面にでてくると思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page | Next