TOP2009年08月

子育て不安ウィルス蔓延?!

今日の午後からは月に1度の母と子のサロンラクテアさんでの

体験リボンクラブの日でした。

ラクテアさんを主宰されている助産師さんは

とても熱心な素敵な方です。

助産師としての仕事をしながら

困っているママや子ども達の為にと

ベビーマッサージをしたり、マクロビのランチを作ったり・・・

何人分もの仕事をこなすスーパーウーマンという感じです。

私も毎月おいしいティ-&スィーツを頂いています。絵文字名を入力してください


      グリーンハート

今日体験にこられた1歳9ヶ月の女の子は

発達も良く、コミニケーション力もある、しっかりとした賢い

子どもさんでした。

今日お会いしたママに限らず

子どもさんはしっかりしているんだけど・・・

「何だか子育てが不安・・・」という

子育て不安ウィルスが蔓延している世の中のような感じがします。

新型インフルエンザも怖いですが

この子育て不安ウィルスもとても怖いと思うんです。


その不安を駆り立てるようなメディアの放送や

早期教育や教材の販売。


不安の大きい親や、気難しい親に育てられた子は

親に甘えたいときに甘えられない・・・それどころか

いつ親の不機嫌を買うかと、いつもビクビクしている。

本当に心から親に甘えられた子は、甘えの心を克服し

不安を自分の感情にしないですみます。

しかし、小さい頃甘えるどころか、気難しい親に対して

いつも恐怖にかられて、ビクビクした人間は

その後も不安にかられて生活するようになり

神経過敏になる・・・
と加藤諦三氏は言っています。



神経過敏な人は何事にもビクビクして、緊張しているために疲れやすく

心がすくんでしまって、学習に力が入らない、やる気がでない

自信がない、他人ともうまくいかない・・・

ひいては、体や心のバランスも崩してしまうことがあるそうです。

「行動できない人の心理学」加藤諦三氏の本には

幼児期の母子関係の大切さがしっかりと書かれていて

とても共感する内容のものでした。

次回もう少し詳しく書きます。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
夏休み最後の日曜日は・・・

IMG_3167.jpg

写真は娘のダンスイベントの様子です。(娘達ではありません苦笑い)

昨日、キッズダンスイベントにだしてもらった娘達のグループは

いろんなチームのダンスをみて、自分達も踊って

とても楽しかったようです。

私は・・・送迎とビデオ係り車

疲れましたが、とても楽しい時間でした。


娘は、幼児期はとても元気で活発な子だったのですが・・・

現在は、表面は内向的なおとなしい娘になりました。

きっと学校では、友達関係、校則、勉強といろいろ苦しいこと

辛いこともあるでしょうが・・・

(多かれ少なかれ思春期の子はいろいろ悩みはありますよね・・・)

ダンスをしている時の娘達の笑顔は最高でした。nico



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
げんこつやまのたぬきさん~♬

あかちゃんクラブでおもしろいのは

あかちゃん達の反応です。

誰でも知っている「げんこつやまのたぬきさん」の手遊びを

やってみせると、「んんん・・・なんか聞いたことぞ~」いうような顔で

はじめは、私の顔をじーっと見つめ

何度かやってみせると、体を揺らしたり、手を叩く真似をします。

11ヶ月の☆ちゃんはなんとなく振りを真似して

「♪おっぱおのんで~♪」のところだけは

口を真似して自分も「♪おっぱいのんで~♪」と

いうような感じで口を動かします。

私が、歌い終わるとじーっと顔を見つめて

「もう一回して~」と言わんばかりの目で訴えます。

もう1度歌いだすと、すぐに手を叩きだしてノリノリの笑顔。



あかちゃんの手遊びは毎日同じ歌を繰り返して

歌ってあげる方が、あかちゃんの反応もよくなるし

いろんなことが出来るようになります。

大人からすると単純で刺激がないように見えますが

発達途上のあかちゃんにとっては、安心できる空間

同じ人、同じ声、同じ歌を繰り返した方が良いようです。音符


歌や手遊び大好きの子は、見る力、聞く力がしっかりつき

後々の発達もすごく良いようです。

親子で簡単な手遊び楽しんでみて下さいね。

大きな子も手遊び大好きですよ。好き

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
バジルソース

IMG_3163.jpg

あそびのアトリエのママから教えて頂いた

バジルソースでパンを焼きました。

見た目はよくありませんが・・・

ソースが美味しくて、大好評でした!!

バジルの葉があれば作り方は簡単

バジルの葉50gを洗って水を切って干す。

にんにく1カケ

まつの実 10~15g

オリーブオイル 50~80g

黒コショウ  少々

塩     小さじ1

上記の材料を一緒にしてフードプロセッサー又は

ジューサーにかけたらできあがりです。

できたバジルソースでパンを焼いたり(チーズを少しいれると美味しい)

食パンに塗ってチーズと一緒に焼いてもOK!

パスタにあえたり、鶏肉を焼いたりするとすごく美味しいです。

私はまだまだ、使いこなせていませんが

いろんな用途があるようです。

ぜひ生のバジルが手に入ったらお試し下さい。笑顔 ニコニコ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
稲の花が咲き始めました~が!!

中学校の草取りにあそびのアトリエの草取りに・・・

今週は草取り三昧でした~。

大変だな・・・と思うけれども、きれいになった時の爽快感は

心地良いものですね。

(それにしても草は、とっても、とっても延々とあります・・・)

     

現在、あそびのアトリエの畑ではナス、ピーマン、トマト

かぼちゃ、オクラ、バジル等が収穫でき

子ども達が嬉しそうに収穫して持って帰ってくれます。


そして~

稲の穂に花が咲きはじめました。

嬉しいことなんですが・・・

実は私は稲アレルギーのようで~

ここ数日は目がかゆくて、鼻水がでで、くしゃみがでて

大変なことになっています。

頭もボーっとしてくるし~目が痛いですしゅん




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
福岡青少年科学館に行って来ました!

絵文字名を入力してください自転車のペダルをこいで、ベルヌーイの定理を体験~

とにかくペダルをこぐと風船が浮き出すのが不思議風船

TS3D0213.jpg

絵文字名を入力してくださいモニターの中の画像と自分が一体化

 楽しいビーチバレーゲームを体感。

TS3D0214.jpg

絵文字名を入力してください宇宙コーナーでは~平均感覚をためすゲーム。

 TS3D0212.jpg

とにかくたくさんの体験ができました。ゴールデントーテム

フライトシュミレーターでは、自分で飛行機を操縦して飛行、着陸を体験。

放電実験ステージでは100ボルトの落雷実験やアーク放電等

ダイナミックな実験がみれました。(日本には3ヶ所しかないそうです。)

科学実験ステージでは子ども達の大好きなシャボン玉のショーがありました。

家に帰ってやってみたいとう簡単おもしろ実験でした。

お話ロボットとお話したり、空気の振動体験、磁力線の観察

水の中のイオンの電気反応を観察、エアバズーカで空気の流れを体験

惑星体重計は惑星によって自分の体重が変わるのを体験

1日では足りないくらいで、子ども達は自分の興味のあるものや

珍しい体験をしておおはしゃぎしていました。ニコニコ

      電車

科学館ではいろんな科学体験をしましたが

その前後では~社会体験もたくさんできました。

自分の財布で切符を買って汽車や電車を乗り継いで

地図を見ながら現地に行きました。

雨にも降られてちょっとしたハプニングがあり

「雨に濡れて歩いたことない!」「本当に着くの?」等々・・・

子どもにとっては多少の不満や困難がありましたが

そういう経験こそが、子どもが自分で考える力や忍耐力を育てます。

つらいことを乗り越えたぶん、楽しさも、喜びも大きいものです。

帰りの子ども達の笑顔は自信に満ちたいい顔でした。にっこり

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子どもの秘密基地 ~ロフトベッド~

IMG_3148.jpg

写真はちょっとわかりにくいんですが・・・

ロフトベッドの上で滑車を使って注文の品を

運んでいるところです。

     ♪

物置として使うはずだった娘のお下がりのロフトベッド・・・

最近は子ども達の人気の遊び場です。


2歳前後の子は階段を昇り降りしたり

大きな子はおままごとの道具や人形を運んで

秘密のお部屋に~

子ども達は狭いところや大人の目の届かないところが

大好き・・・安心して遊べるようです。にこ

このスペースもっと有効利用して、子ども達と秘密基地みたいに

していきたいなぁと思っています。おうち

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
文化としての数学

IMG_3132.jpg



今読んでいる本が遠山啓氏の「数学としての文化」

遠山氏の「水道方式」を参考にして、和久洋三氏が

「かずの木」の積み木を考案されたそうです。

(子どものあそびと心理研究所のジジから教えて頂きました。)
              

数学は物理学、生物学、経済学等あらゆる分野に浸透している

と遠山氏は言っています。

子どもの生活環境と学科のできぐあいとの関係を調査したら

算数がいちばん生活環境を受けないことがわかったそうです。

つまり貧乏な家庭の子どもでも、できる子はできるし

金持ちの子どもでも、できない子どもはできないのが

算数だということになったそうです。

歴史上はじまって以来の大数学者

ニュートンは農民、ガウスは煉瓦工の家に生まれたそうです。

アルキメデスは貴族だったそうですが・・・

3人のうち2人がまでが労働者や農民の出身であることは

やはり数学が公平で庶民的な学問であるとも言っています。


確かに数は大人が意識して教えなくても

2歳代の子どもが対象物を指差しながら「1、2、3、6、8、10」

とめちゃくちゃな言い方をしたり

1対1対応を喜んでしたり

3歳児さんは何度も飽きることなく数を数えたり

大きい・小さい/多い・少ない/長い、短い

等を比較したり、分けたりするようになります。

子ども達は生活の中でごく自然に、数の文化を

自分の中に取り入れています。

算数は答えがはっきりとしているので

子どもの理解度に合わせてクイズ形式でやると

どの子も楽しんでやっています。


しかし年がたつにつれて、どうして算数、数学嫌いが

増えてくるのか?

学校教育の問題、入学試験問題のあり方で

数学嫌いの子が人為的に大量生産されているのではないか

とも遠山氏は言っています。

あそびのアトリエでは子ども達が数との出会いを

「楽しい」「もっと知りたい」「もっとやりたい」と

いうものでありたいと思っています。Wハート

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:数遊び
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
3歳児から楽しめるゲーム②

   下  ぐりとぐらかるた
IMG_1061.jpg

カルタの文字の部分に全てシールを貼ります。

絵だけをみてかるたをとります。

これなら文字が読めない子でも大丈夫!!というよりも

文字を覚える以前に・・・聞く力・見る力を育てます。

どうしても文字が読めるようになると文字だけを見て

かるたをとるので絵をじっくり見ることはありません・・・。

ぐりとぐらのかるたは文と絵がきちんとし一致しているので

小さな子でも大人気のかるたです。

例えば「りすのりゅっくは りんごでいっぱい」

     「れんこんひときれ れもんふたきれ」

     「ろばさん6さい ろうそく6ほん」

この文の絵を想像してみて下さい。

りすさんはどこ?りんごはどこ?りゅっくにりんごは一杯ある?

れんこんひときれある?れもんはふたきれある?

ろばさんのろうそくは6本ある?

大人もやってみると分かりますが、活字を見慣れているので

絵でかるたを探すのは案外難しいんです。

ボキャブラリーが多くないとかるたは取れません・・・。

ぜひ、文字を覚える前にやって欲しいあそびのひとつです。



かるたの数を減らして分かりやすいものを選べば

2歳児さんからでも楽しめます。


人差し指どんなかるたでもいいんですが、絵と文がきちんち一致

  するかるたを選ぶのがポイントです。


国語力は単純に五十音が読める、書けるだけでないことは

誰でも理解できることだと思います・・・

では、どうして、乳幼児期から「早く、早く」と目先のことばかりを

追いかけてしまうのでしょうか?

もう一度考えてみて下さい。

早く「あ」1文字を読めるようになるよりも

文章を耳で聞いて、その情景を想像できる力は

将来の国語力の基礎になります。

普通の知能の子であれば、早くに「あ」を教えなくても

環境の中で、必ず五十音の読み書きはできるようになります。

かるたの紹介が長々とした文になってしまいました・・・

すみません顔文字1(背景黒用)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
3歳児が楽しめるゲーム①

   コレ フルーツゲーム
IMG_1072.jpg

3歳の反抗期だからと言って何でもかんでも「いや いや」

ではありません。

「3歳のお兄ちゃん、お姉ちゃんしかできないゲームをしよう!」

と言って誘うと、俄然やる気満々のオーラがでてきます。

上記のフルーツゲームは以前ご紹介しましたが・・・

このゲームがなくても3歳児さんで楽しめるゲームを

紹介します。

〈用意するもの〉

星ベル(音が鳴るもの)

ダイソーなどの100均で300円位で同じようなベルあります。

ない場合は、おもちゃの太鼓、鈴等子どもが喜びそうな音のでる

小物を考えて下さい。

星トランプ又は子どもが集めていキャラクターのカード


〈ゲームのやり方〉

①トランプの場合は・・・はじめは1~5までのカードを選ぶ。

          (カードが多すぎるので他は片付けておく)

          子どもの好きな数字を選ばせます。

 *キャラクターカードの場合は・・・

          自分のお気に入りのキャラクターを選らぶ。

②ベルを真ん中に置く。

③大人がカードをめくって見せる。

  子どもが自分が決めた数字やカードがでたらベルを鳴らしてから

  カードをとる。

〈注意事項〉

 ゲームというよりは、ゲームに入る前の練習と思って

 楽しく遊び感覚でやって下さい。

 はじめは、子どもはベルが鳴らしたくて、何がでても

 リンリンと鳴らします・・・。その場合はまだゲームが成立しません。

 十分にベルで遊んで、子どもがのってきた時にゲーム開始です。

 慣れないうちは、自分のカードがでた時だけ、ベルを鳴らすことは

 とても難しいんです。(カードを瞬時に見分ける力)

 違うカードを出たときは「ブーブー」といってジェスチーャーを入れると

 面白がって、より集中力も高まります。

 勝ち負けは気にせずに、子どもができたことを一緒に喜んで下さい。

 このルールは一番初期の段階のかかわり方です。

 楽しいうちは子どもから「やろう!やろう!」とうるさいくらい

 催促がきますが、飽きてきたら次の高度なゲームに進む

 タイミングも大切です。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「子どもの脳が危ない」

福島章著「子どもの脳が危ない」より~

長年にわたり精神鑑定を手がけてきた著者は

重大犯罪において、胎・乳児期に由来する脳の異常が

高率に見られることを発見した。

学級崩壊、衝動的な少年非行

近年子ども達のこれらの問題行動は、脳の異常によるのも

ではないか?そこには胎・乳児期における環境ホルモンの

摂取が影響しているのではないか?

また情報環境の変化により、子どもの脳の働き方も変わりつつ

あるのではないか?
・・・・と

重大犯罪を犯した子ども達の脳のMRIの

写真が載せてありました。

十数年前から環境ホルモンやダイオキシンのことは

気になっていましたが・・・

目には見えない子どもの脳にここまで影響しているとは・・・

とてもショックな本でした。



早幼児期脳障害の診断

①知能は平均的で、知的障害はないが、ゲシュタルト心理学

  でいう図と地の分別機能に障害がある。

②集中力が低く、移り気で飽きやすく、大事なことを選んで徹底して

  行うことができない。

③感情が不安定で、すぐに泣き出したり、すぐにけろりと泣き止んで

  笑ったりすることがある。

④衝動的で、抑制がきかない。

⑤外からの刺激(ストレス)に敏感に反応することがある。

⑥対人関係の距離がとれない。未知の人に馴れ馴れしい反面

  持続的な人間的な結合能力に欠けている。

⑦危険に対する恐怖心に欠け、高いところから飛び降りたり

  危険なあそびに熱中したりする。

⑧学業成績は、知能の割には低いことが多い。字が下手で

  手先は不器用なことも多い。

         ↓

脳障害というものは、人間のからだの異常の中でも心理や行動に

直接かかわる最も基礎的な層の問題(生物学的次元)である。

脳の上に二次的に、特有の性格が形成され、生育環境や対人関係の

影響によってさまざまな心理的葛藤やコンプレックスが生じ

(心理学的次元)、その上に偶然のストレスや刺激が加わって思いも

かけない事件が起こるのである(行動科学的次元)。

脳障害そのものが非行や犯罪の原因になるというわけでは

ありません。



児童精神科医のブラッドリーは、脳障害そのものによる

「一次障害」と、このような障害をもつ子どもが学校や子ども仲間

の中で上手く適応できないところから生じる「二次障害」に分けた。

「二次障害」としては、劣等感、不安、攻撃性、固執性、自己中心性

自己愛的態度、イライラ、犯罪非行への傾向・神経症的傾向などを挙げた。



こういうことを書き連ねると・・・我が子は大丈夫かな?と

心配になってくると思いますが

本には「創造と病理」という項目があって

画家 山下清氏(イデオ・サバン)

作曲家 大江光氏(知的障害、自閉症、脳障害)

作曲家 モーツァルト(自閉傾向、早期幼児脳障害、微細脳障害

  注意欠陥多動性障害の特徴を共有していたのではないか?)

天才的才能をもつ偉人を例にとって、脳が人と違う形態や機能を

もつということは必ずしもマイナスではない・・・ともいっています。



脳の一次障害を 周囲の理解がなく無理に強制しようとすると

二次障害が起きていろんな問題が生じてくることが

一番問題のようです。

絵文字名を入力してください地球環境に目を向ける、まずは自分にできることを実行すること

絵文字名を入力してください軽度の脳に異常がある子どもが、社会の中でその子らしく

  生きていくために大人がどう対応するか。

どちらも大きな難題ですが、仕事をする上では

しっかりと向かい合って、考えていかなければいけない

問題だと強く思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
新しいお友達 ~2匹のかめさん~

IMG_3152.jpg

あそびのアトリエに新しいお友達がきました

草かめとミドリかめの2匹です。  毛亀

我が家で飼っていたかめさんが大きくなったので

あそびのアトリエで飼うことにしました。

子ども達の人気者lovecoUSA13



家も広くなったし、日当たりもいいし

みんな餌をたくさんやってくれるし~

かめさんも大喜びのようです。

現実のかめさんのお世話をしたり観察をして

動物カードでかめを探して名前を調べたりして遊んでます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
3歳児の「いや いや!」についてもう少し詳しく・・・

前回「いや いや!」は自立の為の大切な道筋と書きましたが

あそびのアトリエではこの「いや いや」が大切な節目だと

考えているのでもう少し詳しく書いてみたいと思います。

ブログも「3歳児」の記事がかなり少ないでね・・・スミマセン。


無意識かもしれませんが・・・

子どもの良い面があるとそれを記事に書きたくなって

反抗期まっさかりの3歳児さんの記事は

良い方向に向かいだした時の事を書いているようです・・・。


本当に反抗期まっさかりの時期は

子どもの口からでる言葉は「いや」「だめ」「しない」のオンパレード。

親も特に第1子は、うちのこ大丈夫かしら・・・と不安になります。

リボンクラブでも子どもと遊ぶ時に「これする?」と子どもに提案すると

この年齢の子は「いや!しない!」といいます。

「しない」と言いつつも、しばらくすると覗きにきて

自分もやりたがるのがこの時期の子の特徴です。

もちろん、自分に全く興味のないものは知らん顔しています~。

       三角くん

保育園でも3歳児クラスはベテランの先生が担任をされることが多く

2歳児よりもクラスの運営が大変な年齢なんです・・・。

それぞれが自分というものを確立しはじめて自己主張をするから

それはそれは大変です。

それも一人一人が自分中心にだからまとまるわけがありませんよね・・・アップロードファイル

「ぼくが!」「わたしが!」といい始める時期です。


プロの保育士さんでも大変な年齢なので

家庭の中での親の対応はもっと大変です!!!


でも私はこの「いや いや!」3歳児さんが大好きなんです。

機嫌の良い時の反抗は、大人の顔を見ながら「いや」と言って

表情はとても明るく元気いっぱいです。

逆に、家庭や幼稚園で精神的に何らかの負担のある子は

頑なに「いや」を言います。

どちらにしても「いや」「ダメ」という反抗や攻撃的な言葉を

安心して十分にだした子は、元気になって笑顔が多くなります。

                 たま

今までママと一心同体だった子が「いや」「ちがう」と表現することで

「ママと自分は違うんだ。」ということを自覚します。

いつもママと一緒、ママの言うことは「はい」と言ってばかりでは

いつまでたってもママから自立できません。

良い悪いという基準ではなく、「いや、ちがう」と言って自立をしていく時期です。


(反抗の強さは子どもの性格や親子関係によってかなり差があります。)


わがままではない、自立の為の「いや いや!」は大切なことだと

いうことを知っておいて下さいね。絵文字名を入力してください

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「いや いや!」は自立のサイン!

今日は鹿児島から月に1回通ってきてくれている

☆君のリボンクラブの日でした。

毎回元気な☆君、今日の様子は・・・

始めのあいさつでは・・・レオ「あいさつしよう」 ☆君「いや!」

おままごとでは・・・レオ「ご飯下さい」 ☆君「ダメ!」

遊びを誘うと・・・レオ「○○してあそぼう」 ☆君「いや!」

始めは「いや!」「ダメ!」のオンパレード~

反抗期真っ盛り!! しばらくして落ち着いてから・・・

↓フルーツゲームを一緒にやりました。
IMG_1072.jpg
3歳の☆君のルールは

イチゴのカードがでた時は「ピンポーン」とベルを鳴らしてとります。

そうでないカードの時は「ブブー」と言って両手で大きな×点をします。

(瞬間的に物を見わける力をつけます。)

数の敏感期にきている☆君は目をキラキラさせて

カードのイチゴを熱心に数えて大はしゃぎしていました。

時々間違いもしますが、そういうことはあまり気にしなくて大丈夫絵文字名を入力してください

すぐにきちんと数えることができるようになります。

この時期は「できる、できない」という物差しよりも

「楽しい、楽しくない」という物差しで計った方がいいようです。

もっとやりたい、楽しいという気持ちは

3歳児の反抗を和らげ、意欲や自信を育てます。


指先を使うことが少し苦手なことをママも心配していらっしゃいましたが

乗り物の4ピースパズル、汽車レールをつなぐ、大工さんセット等

指先を使う活動もしっかりやりました。

消防車の2重パズルにも興味を示して出したものの

すぐにやめてしました・・・。(3歳児にはとても難しいんです苦笑い

(年長さんの女の子が代わりにやってくれました。)

「☆くんが5歳になったらできるようになるからね。」と言うと

「僕5歳になったらできるようになるよ!」と

得意げにママに報告してました。

今の☆君は、あまり高度なことを求めずにやさしいものから

一緒に楽しんで、できたという達成感を育てることが大切

ではないかと思いました。

今日は粘土遊びや、ハサミ、マグネット遊びが出来なかったので

次回はこういう遊びもいれてみたいと思います。

家庭でも☆君が興味があればトライしてみて下さい。

粘土、ハサミ、マグネットは、指先を使うとてもいい遊びです。ねこいぽ~

         lovecoBEAR06

3歳児の「いや!」「ダメ!」の反抗は

ママから自立する為の必要な道筋です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
あかちゃんクラブ ―微細運動―

IMG_3153.jpg

磁石をくっつけたり、はなしたりしてあそびます。

もちろん口に入れてる子もいますが

磁石のおもしろさがわかってくると

口に入れる行為はだんだん減ってきます。

指先の力を使うのでお勧めのあそびです。



その他には

手遊び・いないいないばぁ・ボールあそび・・・

をして楽しみました。楽しい時間でした。ニコニコ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あかちゃんクラブ ―本物に触れる―

IMG_3154.jpg

あそびのアトリエでとれて野菜達~

1つ1つの名前を言いながら

触ったり、口に入れたりしてもらいました。絵文字名を入力してください

感触、色、匂い、大きさ・・・を体験

写真や映像では学べないことです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あかちゃんクラブ ―追視―

IMG_3157.jpg

ハウスクーゲルバーン&ジョージローズの玉おとし

玉が落ちていくのを追視します。

そして手を伸ばしますが・・・上手くとれません。

手と目の共応動作はあかちゃんにとってはとても難しいこと・・・

11ヶ月の○ちゃんは何度も見ているうちに

ハウスクーゲルバーンの玉を上手にとれるようになりました。

ジーヨージローズの玉おとしのビー玉の動きには目が釘づけ~

「見る事は学ぶこと」すごい集中力です絵文字名を入力してください



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あかちゃんクラブ ―微細運動―

IMG_3159.jpg

赤・黄・緑のビーズつまみ。

入れ物の中に手を入れてビーズをつまみます。

11ヶ月のお2人さんはまだ親指と人差し指でつまめませんが

それでも、必死になってビーズをつかんで口にもっていきます。

11ヶ月では、まだ口唇期を卒業していないので

とにかく手にしたものを口の中に入れて確かめます。

小さな物なので椅子に座って、ママにしっかり見てもらいながら

ビーズであそびました。

あと2~3ヶ月するとビーズをつまんで上手にペットボトルに

入れるようになりますよ。ハート

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あかちゃんクラブ ―微細運動―

IMG_3158.jpg

スポンジをつまむあそびです。

つまんだスポンジはポイポイしても大丈夫!

お口にもしっかりいれてました~

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あかちゃんクラブ ―粗大運動―

5月から月に1回のあかちゃんクラブを開催しています。

5月に7ヶ月だったあかちゃんが、もう11ヶ月です・!!

写真を撮りそびれたので遊んだおもちゃの写真をのせてます。ごめん


IMG_3156.jpg


上記の写真は斜めにした板の上をハイハイして登ってもらいました。

11ヶ月の☆ちゃんがおもちゃを目掛けてママに足の裏を支えてもらって

登りました。

斜面を登るときは足の親指で踏ん張らないと登れません・・・

ハイハイはとても大切な粗大運動です。

こういう板がなくても斜面のある公園を探して

お外でもたくさんハイハイさせて下さいね!

まだあんよができなくても

お布団を高く積んで登らせたり

階段登りも大好きな時期です。


乳幼児期の粗大運動は大きくなってからの運動能力と

大きく関係してくるそうです。

危険がない限りは子どもの要求する運動を

たくさんさせてあげて下さい。絵文字名を入力してください


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
嬉しいお知らせ☆

P1010040.jpg

あそびのアトリエのママから~

「8月13日に男の子出産しました~」とメールがきました。

次は・・・9月に出産のママ

12月には双子の出産を控えたママもいらっしゃいます。

嬉しいお知らせありがとうございますにこ


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
5ヶ月のあかちゃん2週間の成長!

IMG_3135.jpg

東京から熊本の実家に間里帰りしていた☆くん親子が

熊本のリボンクラブにきてくれました。

私は2回☆くん親子とお会いしましたが・・・

2週間の☆君の成長にビックリでした!

前回お会いしたときは、場見知り、人見知りをして

じーっと人や周囲の物をみつめて

なんだか少し不安そうにしていました。

床に寝かすとゴロンと寝返りが1度できるくたいでした。

5ヶ月にしてはしっかりした男の子だなぁという印象でした。

       赤ちゃん

今日の☆くんは「まだ5ヶ月だったっけ?」と思うくらい

またまた、すごい成長を遂げていました~。

手書き星支えてお座りができる。

手書き星意欲的な表情。

手書き星いろんな物に手を出して口に入れようとする。

手書き星子どもの声に反応して子ども達をジッーと見つめる。

手書き星寝返りして、うつ伏せから仰向けになる。

手書き星高い 高い をすると声を出して笑う。

手書き星声をかけると顔を見つめて大喜びする。

手書き星足の蹴りが強くなっている。

手書き星抱っこしてくれとせがむ。

2週間前にも上記の兆しは見えていましたが・・・

たった2週間で急激に成長している☆君の行動に

本当にビックリでした絵文字名を入力してください

☆君が帰ってくるのを東京で待っているパパは

ビックリでしょうね

5ヶ月とはいえ、この時期の親のかかわりや環境は

とても重要だなと改めて教えてくれた☆君でした。

次に会った時の☆君の成長が楽しみにです。にこ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
「NO!」と言える勇気大切です!

「良い人過ぎて何でも引き受けていたら自分が大変になる。

嫌なときはNO!という勇気がいるよ。」

十数年前に友人が言った言葉が鮮明に心に残っています。

その頃の私は、子育てしながらボランティアをしたり

困った人には自分が犠牲になってでも助けてあげることが

大事なことだと思い込んでいたので

「何でそんなこと言うのかな?」と思っていました。

でも私の無意識の心の中は、頑張る自分と疲れた自分が同居していて

なんだかバランスがとれずにイライラしていました。


そんな私が育った家庭環境は・・・

気丈で正義感の強い母と

自由奔放、我侭で短気な父

いつも喧嘩ばかりの仲の悪い夫婦でした。

私は、母の気の強さ、父の我侭さをしっかりと引き継ぎ

その性格をいつも否定されて

幼少期からかなり扱いにくい子どもで

幼稚園は登園拒否して行ってないし

親からは万年反抗期と言われ続けていました。


大人なると逆に「いい人でいる事」「我慢すること」

が自分の生き方になってしまい

「「NO!」と言うと人に嫌われるのではないか?」と

心配で無理をしてしまう自分がいました。


幼児期に気持ちを表現することを否定されずに育った子は

自分の気持ちを上手に表現できるようになります。

親も子どもの行為がダメな時は、その行為に対して

はっきりと「NO!」と言うことも大事です。

人格を否定しない「NO!」は子どもの心は傷つきません。

「NO!」は自分の気持ちを表現する言葉なので

人を傷つける言葉でも、反抗の言葉でもありません。

勇気をもって自分の意見を言える子どもになって

欲しいと思います。

もちろん私もですが・・・にこ

1歳児のイヤイヤ峠、だだこねの「NO!」

2~3歳児の反抗期の「NO!」

はとても大切な節目なんですよ。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Y君の成長記録(2歳2ヶ月)

今日は保育園をお休みして朝からリボンクラブへ~

ママと大好きな汽車を見てから来たのでニコニコ ハイテンションのY君。

私があいさつしようと誘うと「いや!」

いよいよ反抗期へ突入ですね~にこ

        絵文字名を入力してください

汽車レールセットは鼻歌を歌いながら一人でレールをつないで

ご機嫌で遊ぶY君。とても上手なんですよ。

IMG_3124.jpg


棒を立ててビーズをさしているところ

棒が細くて少し難しそう・・・

1対1対応、色に気付いて考えながら入れていました。

IMG_3126.jpg

型はめは、はじめて三角をいれることができました。

IMG_3127.jpg

流しそうめんを食べた後は・・・水遊びをしました。(ちょっとセクシィー笑)

IMG_3129.jpg

今日もたくさんあそんだY君でした顔

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
左利きの子・・・どうしてますか?

虹色教室さんで「左利きの矯正について」書いてあり

あそびのアトリエでもよくご質問を受けるので・・・

私の経験談と考えを書かせて頂きます。


       ぱー

遅い子でも3歳までには利き手が決まるそうです。

1歳児さんは

スプーンや箸を右手でもって左手で手づかみで食事をしたり

たまたま手にした方で落書きをしたり

どっちが利き手?と思うことがよくあるものです。


1歳児から遊べる「ジョージローズの玉おとし」

のような左右にビー玉を入れる穴があるおもちゃもあるくらい

1歳児は左右の指先を使った遊びを十分にやった方が

その後の発達にもいいようです。

(*ビー玉を誤飲しないようにだけ注意)

IMG_0954.jpg 矢印・左 ジョージローズの玉おとし


子どもをよーく観察していると

利き手はだいたい決まってはるものの

左右両方の指を使ってビー玉を入れています。

指先は第二の脳と言われるくらいだから

右脳も左脳も鍛えているのかなぁと感心します!


あそびのアトリエでは2~3歳ではっきりと左利きだとわかったら

お母さんと相談して、反抗期が終わってから

(具体的には就学前の5歳前後くらい)

「学校でお勉強する時は鉛筆は右手で持つんだよ。」

と子どもに言って持たせると

左利きの子でもとてもスムーズに右で書けるように

なった子が何人かいます。

実際、我が家の息子も元は左利きですが

その方法で鉛筆やハサミは右利きです。

(ご飯をだべる時のお箸は左利きです。)

楽しい食事の時間まではあえて矯正しませんでした。


3歳代の反抗期に矯正すると親も子も疲れてしまうし

手のことばかりを気にし過ぎると

他に集中しなければいけないことが疎かになってしまいます。



~矯正するかどうかを親が決める~

まずは左利きを矯正するかしないかはその家庭の方針。

私はどちらが良いとは言えませんが

それぞれに利点があると思いますので・・・。


~もし矯正しようと考えるならば~

1歳代は左右の指先を十分に使う時期

2歳代は手を使って物を操作する時期

3歳代は反抗期

4歳代は自制心が育つ時期

上記の発達を無視して矯正ばかりに気をとられ過ぎると

その時期に獲得しなければならない大切なことを

逃してしまうこともあります・・・。

子どもの体と心の発達を考えると

5歳前後で「勉強したい!小学生になりたい!」憧れを

もつ時期に子どもの意思を大切にして

右利きに直すのがお勧めです。

この方法は、母子関係が上手くいってなかったり

子どもが小学校に行きたいという憧れがないと

難しいかもしれません・・・・。

タイミングはとても大切だと思います。はーと

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
10の合成積木

熊本のリボンクラブに新しいおもちゃが~ビックリ

WAKUブロックの数あそびの積木です。

それがとてもきれいでステキで~絵文字名を入力してください

荒尾でも欲しいのですが・・・なにせ9万円もする高級おもちゃ。

すぐには購入できないので・・・うぁぁん

お盆休みに一部を手作りしてみました。&☆

IMG_3123.jpg

10・9と1・8と2・7と3・6と4・5と5になった積木です。

棒やビーズは取り外しができるので小さな子から遊べます。

基本は10の合成で、数だけではなく量も体感できます。


熊本のリボンクラブの子ども達は新しい積木を楽しみにしててね!

荒尾はレオさんの手作りですが・・・よろしくね!!

とにかくステキないいおもちゃです矢印



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
熊本弁カルタで「遊んでみてはいよ。」

IMG_3117.jpg

「あそびのアトリエで使わんね!!」と夫が買ってきてくれました。

「○○でしか売ってなかけん、どこででも買われんとよ!」

と自慢げに~ニコニコ


実は熊本生まれの私達もわからない言葉が結構ありました苦笑い

子どもが喜ぶというよりも・・・大人の方が盛り上がりそう~。

中学生の娘と息子は「エーわからん!」「聞いたことある!」

と喜んでいましたが・・・。

という訳で「熊本弁カルタ」仲間入りしました。アップロードファイル

         花火

夫はあそびのアトリエの影の応援団長です。

今日の夕方も夫と2人で畑周辺の草取り・・・

(なかなかはかどりませんでしたが)

感謝~感謝~。jumee☆thanks4

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
エネルギーのあり過ぎる子の対応 2

前回書いた2歳児さんと1歳児さんのエネルギーの

出し方は数ヶ月の差でもかなり違ってきますので

子どもさんの年齢や発達を理解して

対応することも大切になってきます。



1歳児のエネルギーのあり過ぎる子は

(叩く、噛みつく、物を投げる、落ち着きがない等・・・)

ついこの前までは0歳の寝んねの赤ちゃんが・・・

二足歩行ができるようになり欲しいものの所に歩いていき

手を伸ばして何でも自分で引っ張り出して確かめようとする

危険や善悪の判断なし、相手のことなんて考えない

自分の欲求のままに行動するので

親の想像を絶します・・・。

こういう子どもの行動はママの対応が悪いわけではありません。


以前にも書きましたがこの時期の子育てのポイントは

星粗大運動と微細運動のバランス

  身体を使った運動と指先を使った細かい運動の

  両方を好みます。

星支援センターでの友達との交流よりも

  母子関係が大切な時期です。

  お母さんのまなざしをエネルギーにして少し離れて遊べること。

星年齢意以上の要求を子どもにしないこと。

星自分でできることは自分でチャレンジする。


1歳児さんの特徴は探索活動が主なので

とにかく落ち着きがないように見えますが

子どもからしてみれば

「これなんだろう」「あれなに」「それなあに」と・・・

言葉がでないぶん、とにかく何でもかんでも引っ張り出す

ような好奇心旺盛な子が普通です。

外の世界に関心を示し、物と物との関係性が理解できるまでは

何でも口に入れて確かめようとします。

0歳児の頃からママとコミニュケーションが上手くできている子は

探索活動をしながらも、時々振り返ってママの表情を見て

行動をします。(ママの社会的基準を参考にしています。)




微細運動は「元気な探検家 1歳児」
を参考にして下さい。

粗大運動はダイナミックな遊びにチャレンジ

斜面を登る、すべり台遊び、階段の昇り降り、泥んこ遊び

水遊び、近所を子どものペースでお散歩

*とにかく汚れることを気にしない。事故や怪我は要注意。

パパやママと一緒に体を使った遊びも大好きです。

(お馬遊び、たかいたかい、追いかけっこ、スリルのあるあそび)

デパートやテーマパークに遊びにいくよりも

子どもと一緒に体を使った遊びをたくさんやって下さい。

少し大変ですが1歳児の探索活動を十分にやった子は

2歳児で大変身します。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
エネルギーがありすぎる子の対応

2歳4ヶ月の☆ちゃんはとてもエネルギッシュな女の子で

ボキャブラリーも多く理解力もあります。

でも・・・いったんテンションが上がると手に届くものを

ひっくり返してあそびにならず

私が片付けるとまたひっくり返します。にゃぁぁしくしく


先日リボンクラブで☆ちゃんが

キッチンのビーズや食材を流し台にひっくり返していたので

「台所を汚くしていたらゴキブリさんがくるんだよ。

だからきれいにしておこうね。」と言ってキッチンをお片付けすると

自分も一緒にお片付をしながら

「ゴキブリさんが来るの?」「どこから来るの?」と何度も

私に尋ねてきました。

そしてその後は散らかす遊びはしませんでした

ゴキブリさんが気になって・・・ゴキブリ


2歳児は表象活動が活発になる時期です。

おもちゃをひっくり返したり、ぐちゃぐちゃする

時期があってもいいんです。

そのエネルギーをどこに向けていくかが大切な視点です。


☆ちゃんを、2つのココロから観察してみると

「知性」の面はきちんと発達しているので

今は「情緒」の成熟を大切にしてあげると

両方のバラスがとれて落ち着いてくると思います。

子どものあそび心理研究所のジジ曰く

「イライラや不安は何らかの要求が満たされない時に起こりますが

性格や行動上の癖も情緒の領域と関係していると

考えられています。

欲求に対して思いやりをもって接してもらった子どもは

感謝という感情が生まれやすくなることは科学的にも

証明されています。」


      ヲW、J、O

今後の具体的な対応としては

☆ちゃん欲求を思いやりをもって受け止め

☆ちゃんのエネルギーを興味のあるごっこ遊びの方に

向けていくことがベストではないかと考えています。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
知性と情緒の関係

今日はお休みを利用して午後からスタッフの勉強会でした。

「子どものあそび」の本来の価値とは・・・?

リボンクラブではココロを「知性と情緒」の2つに分けて

子どもを観察しています。

知性はピアジェが研究した発達心理学のココロで

主に末梢神経と中枢神経によって構造化される領域です。

情緒はフロイトやM・クラインが研究した分離不安と関連していて

母子共生の状態から自立していく過程のココロです。

「知性」と「情緒」この2つを同じココロとしてとらえ

両方がバランスよく育つことが大切です。

知能は文化の影響を受けて発達するもので

情緒は身体の興奮に根ざして欲求という形で現れて

成熟してくるそうです。

知能と情緒は相反することのようにも感じますが

この2つが助け合いながら発達し成熟していくように

子どもを観察し援助していくことがスタッフの

プロの仕事です

今日学習したことは子どものあそびの心理研究所のジジが

まとめてくれたものです。

まだまだ上手く説明できないんですが・・・

これからまだまだ、勉強することたくさんあります。

    月

夜は・・・夫、娘、息子、甥っ子、姪っ子と一緒に

「ハリーポッター」の映画を観にいきました。

子どもが大きくなると、家族で共有する時間が減ってくるので

こういう時間がとても貴重です。絵文字名を入力してください


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page | Next