FC2ブログ
TOP2009年06月18日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
グレーゾーンの子ども達

「うちの子グレーゾーンといわれました。」

「病院に行ったら高機能自閉症と診断を受けました。」

私も本で読んで軽度の障害がある子って多いのだなという

知識はありましたが・・・

ここ数年、あそびのアトリエでも

保健センターでチェックされたり、病院で診断されたり

経過観察をしている等の子どもさんと出会う機会が

増えてきました。

私は医学的な観点からの病気のことや診断はできませんが

一人一人の子を観察し向かい合った対応をしていくなかで

・・・んんん「発達障害って何が基準で診断されるの?」

と疑問をいだいています。

もちろん、はっきりと診断を受けて子育てがスムーズになったり

子どもに対する理解が深まり、その子にとってベストな対処法が

見つかれば、それはそれでいいと思います。


逆に、「この子は障害があるから無理なんです。」と

子どもの可能性を親が諦めたり、甘やかしや過保護、反対に厳しい躾に

偏り過ぎないか危惧しています。

      絵文字名を入力してください   


以前、夫が大きな手術をした時に感じたことなんですが・・・

先生方は「手術の成功率は○%。約○ヶ月位で完治します。」

と言われました。

夫の手術は先生方のお陰で無事成功・・・がしかし

1週間たっても意識朦朧としてベッドから動けない夫

退院後も体調が安定せずに2年余りの入退院生活・・・。

私自身「そんなの聞いてないよ!」と悶々とするばかり

経済的には苦しくなる、先は見えないで

とても苦しかった時期がありました。


当たり前のことですが、お医者さんは体の悪いところを

見つけてくれたり、悪いところを取り除いてくれたり

薬を処方してくれたりはしてくれます。

しかし、その後の事までは分からないのが当然でしょう。

その当時の私は、お医者さんの言うことを信じてさえいれば

全てが上手くいくと幻想を抱いていたのかもしれません。

     emo25w

話は随分とそれてしまいましたが・・・

グレーゾーンの子を乳幼児期に診断するのは

難しいと言われるお医者さんもいらっしゃるし

一度の診察で診断されるお医者さんもいらっしゃるそうですが

私の個人的な考えは、もしかしたら軽度の障害を抱えていても

親や周囲の対応でよい方向に伸びていく可能性は

大いにあると思います。

病院に行けば病名ははっきりするかもしれません。

しかし、その後の対応は親がどう受け止め

どういう方針で子育てをしていくかが

大きな問題となってきます。


病院で診断はついても、その後の子どもの生活や将来については

病院の責任ではありません。

いろんな問題はあっても、我が子は我が子

しっかりと向かい合って親が大切に育てていくしか

ないのだと思います。

家族の絆や親子の愛情が、医学的にも予想のつかない

結果を生みだす可能性を持っているのではないのかと

思うんです。はみだしハート


































スポンサーサイト

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。