TOP2008年03月

何を大切にする?

P1010040.jpg


今年も荒尾のリボンクラブから
1年生になって卒業する子が4名います。キラキラ(ピンク)

毎年数名の子が卒業していくのは寂しいものですが・・・泣き顔
子ども達は未来に生きているので、寂しいなんて気持ちよりも明るい未来を見ています虹☆リン作

私も子ども達の様に、子ども達の無限の未来を見つめて笑顔で送り出したいですにっこり

「がんばれbikkuri01一緒に素敵な未来を創っていこうよ虹」と・・・・

幼児期は人間の基礎を作る大切な時期だと言われます。
実際に、私もそういう思いで
1回1回のリボンクラブを大切にしています。
子ども達の気持ちに寄り添って、一緒に笑ったり、時には怒ったり・・・
真剣にかかわってます。

完璧、完全、絶対なマニュアルなんてありません・・・sn
一人一人違うから、私のかかわりも、一人一人違います。

子ども達と私の関係が、
世話をする、世話をされる関係や教える、教えられる関係ではなく
対等に共に育ちあう関係の中で、
一人一人の子ども達と世界のどこにもないただ一つだけの
リボンクラブの時を共に刻んでいきたいと思っています星





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第2班 山登り ⑥

IMG_0734.jpg


帰りのJRでの写真です。
さすが年長さん!!帰りの電車の中でも元気一杯笑う
おやつを4人で分け合って食べたり、しりとりゲームをしたり・・・

「レオさんはあっちに座って!」と・・・
子どもだけの4人の結束力は強くなってます手をつなぐ
私は一人寂しく・・・orzエエェッ!?!?
子ども達の成長を感じて、充実感を味わってましたclover

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第2班 山登り ⑤

IMG_0679.jpg


頂上で記念撮影
「は~い  チ~ズピース

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第2班 山登り ④

IMG_0702.jpg


下山も結構大変・・・
足を滑らせて転ぶ子が・・・(気おつけて!!)えぇ

慎重に気おつけて行きます。star blue

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第2班 山登り③

IMG_0609.jpg


いよいよラストスパートbikkuri01
頂上は間近かです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第2班 山登り②

IMG_0589.jpg


舗装道路はお友達と手を繋いで歩きますが
登山道は一人づづ自分の力で歩きます。

だんだんきつくなってくると、おしゃべりもなくなり黙々と歩きます。うーん
この日は雨上がりで雨、石や木が滑りやすく
滑ったり、転んだりする子がおおく、ズボンの汚れは名誉の勲章ですグー!
下山してくる人を避けたり、歩きやすい道を探して歩いたり・・・
滑らないように工夫して歩いたり・・・
山登りって結構頭も使うんですよ~笑う

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
第2班 山登り①

IMG_0529.jpg


3月24日第2回目の山登りです。
荒尾からは年長さん4名が参加しました。グー!
写真は嬉しくて、嬉しくてたまらずホームを走ってま~す。(危なくないように・・・)

4才前から入っている子は、4・5・6才と3回山に登ります。山と空

 4才で始めて山に登る子は、ドキドキ、ハラハラしながらもふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
おにぃちゃん、おねぇちゃんになった喜びで出発しますが・・・・
歩きなれてない子や、精神力のない子は、歩き始めてすぐから
「疲れた~」「だっこして~」・・・等ブツブツ言いながら
山登りをします。
泣き出す子もいます。泣
どんなに文句を言っても、泣いても自分の力で登りきります。上
4才の子にとっては体力的にも、精神的にも
少しハードルの高い課題ですが、この経験は今後の大きな自信に繋がります。

5才になって2回目の山登りは
「山登り行きたくない」「きついからいや」「絶対いかない」・・・・
等々、子ども達からいろんなクレームがきます。
1年前のきつかった経験を記憶しているので、嫌がる子が多いんですsn
ここが頑張りどころなんです。
きついけれど、嫌だけれど、頑張って登ることがbikkuri01
ママに押し出され、レオさんに誘われて仕方なく登ります。
山を登り始めると、段々元気になってくるのが5才児。
この1年間で体力的にも、精神的にも成長してる子ども達は
思いもよらず、簡単に山が登れるようになっているんですえぇ
帰るときにはとてもいい顔をしています。

6才になった子は、山登りには誰が来るのか等・・・他の事を気にする余裕がでてきます。
ほとんどの子が山登りを楽しみにして、余裕をもって山登りができるようになりますjumee☆peace1

年に1度の山登りですが、子ども達の成長がすごく見える楽しい山登りですにっこり






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第1班 「山登り」 NO,5

IMG_0478.jpg

山の頂上で「はい~チーズ!!」

みんな自分の力で山を登った達成感で、充実した笑顔です笑う



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第1班 「山登り」 NO,4

IMG_0424.jpg


山に登りついたら
待ちに待ったお弁当の時間お弁当

ママの愛情たっぷりのお弁当でパワーアップ笑う
おやつも食べて・・・ドーナッツ満腹になった後は・・・

みんな元気に走り回ってましたbikkuri01

恐るべし子どもパワー炸裂です。
ホンとに子どものエネルギーは凄いです上

このパワーが未来を切り開く大きなエネルギーになるんでしょうねナイス

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第1班 「山登り」  NO,3

IMG_0484.jpg


いよいよ、山に登りますbikkuri01

ゴツゴツした石や岩を上手に登ったり、避けたりしながら登ります。
昨日からのシトシト雨のせいで岩が滑りやすくなって
歩きなれない道を、頑張って登りました。えるも

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第1班 「山登り」 NO、2

IMG_0387.jpg


バスから降りて登山口まで舗装道路を歩いていきます。sn
日頃歩きなれていない子は、少し歩いただけで
メソメソ、シクシク泣き顔

子ども達同士でも励ましあったり
スタッフに我がままを言う子もいますが・・・

基本は自分の力で登りきることです。
重たいリュックを背負って頑張りましたびっくり

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
第1班  「山登りに行きました!!」 NO,1

IMG_0365.jpg


心配していた天気も良くなり
いざ山登りへ山と空

荒尾から行く子は
車→電車→路面電車→バス→歩く
赤色の車  貨物車  電車   バス    足
とたくさんの乗り物に乗り継いで行きます。キラキラ(ピンク)

電車で外の景色を見て、楽しくおしゃべりして行きましたbikkuri01

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:野外活動
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
おもちゃの価値

ネフスピールを高く積み上げる5歳児


ネフ社のアングーラ積木で遊んでいる写真です。
この積木は色、デザイン、性能どれをとってもピカ1ハート8
日本では大人のファンも多いそうです。

小さい時ほど、子ども騙しの流行物ではなく
本当に質のいいものに触れさせたいですよね。

現代の、ものがありふれた社会だからこそ、
良いものと悪いもを見分ける自分の物差しをもっておかないといけないと思うんです。
冷凍餃子みたいなこともあるし・・・・おちこみ

見かけだけきれいにしておけば、何でも売れる時代はもう終わりにしたいですよね・・・
本当にいいものを見分ける消費者が増えてくると
販売側も、消費者のニーズに答えて
ごまかさずに、きちんとした品物を販売するはずですうーん

おもちゃも一緒です。
いろんなものに触れながら、親が本当にいいと感じるものを子どもに
触れさせることはとても大切なことです。

子どものいいなりばかりになっていたら
宣伝にでてくる流行物のおもちゃばかりで、すぐに飽きて
ごみになってしまいますよね汗;

これが絶対と言うものはありませんが、
「おもちゃなんて何でもいいわよ」という考えは子どもの長ーい人生に
大きな影響を及ぼすのではないかと思っています。びっくり

乳幼児期の子ども達は、大人が考えている以上に
周りの環境からも、たくさんのことを吸収して成長しています。
おもちゃは、常に子どもの身近な存在です。星

経済中心で作られたおもちゃを手渡すのか・・・
愛情や思いのこもったおもちゃを手渡すのか・・・

そういう視点で少し「おもちゃ」について考えるものさしを持つのも大切ではないでしょうか絵文字名を入力してください

いいおもちゃや積木は大人が触れても楽しいものですし
わくわくしてきますよキラリラ

何が良いか、悪いかは人それぞれ違うと思いますが
良い、悪いを見分ける感覚を子どもの時から育てることは、大切な事だと思います。
乳幼児期だからこそ、良いものに触れて感覚を育てることはとても大切だと思っています。sn

今後、おもちゃについてははずかちーvもっと詳しく書いていきますねキラキラ






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
リボンクラブ お泊り会9 

IMG_0322.jpg



2日目体育館で・・・
朝の体操はーと
ステージで一人ずつ自己紹介笑う

その後・・・
はないちもんめ、あぶくたったの伝承遊びを楽しみました。

最後に記念写真 「はい~チーズ!!」手書き風シリーズ26ピース

めーいっぱい楽しんだ2日間でしたLOVE



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
リボンクラブ お泊まり会 8「おはよう!」

IMG_0294.jpg


お布団をたたんでます。
大きな布団も頑張って片付けましたムキッ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
リボンクラブ お泊り会 7 「一人でねれるかな?」

IMG_0288.jpg


お風呂に入った後は
ボードゲーム大会Brilliant

好きなゲームを見つけて
お友達を誘ってゲームをたのしみました。

みんなリボンクラブでゲームやってるので
大人が入らなくても、子ども達だけてゲームをやれますOK

夜は・・・興奮してなかなか寝付けない子もいましたが
泣き出す子もいなくて泣、みんなスヤスヤいい夢みたかな月

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
リボンクラブ お泊り会6 「朝食」

IMG_0300.jpg



朝食はセルフサンドイッチサンドイッチ

上手にサンドできたかな?

一番食べた子は サンドイッチ用パン10枚食べましたjumee☆loud laugh1
みんなで食べるとおいしいねrainbow

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
リボンクラブ お泊り会5 「包丁上手に使えるよ」

IMG_0297.jpg


サラダのきゅうりを頑張って切ってますキラキラ(緑)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
リボンクラブ お泊り会4 「夕食づくり」

IMG_0267.jpg


エプロンをつけて夕食づくりのスタートbikkuri01

包丁で野菜を切ったり
お米を洗ったり
ハンバーグをこねたり
団子を作ったり

自分が出来ること、やりたい仕事を頑張りましたよ笑う
親が思っている以上に子ども達はしっかりやります。

地道な時間がかかる作業は、子どもによって個人差はありますが、難しい・・・sn

時々サボったり・・・時々手伝いしたり・・・
家庭的な雰囲気でわきあいあいの楽しい食事作りでしたは-と

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
リボンクラブお泊まり会3 「野草つみ」

IMG_0272.jpg


遊んだ後は夕食の準備。
メニューはハンバーグ・野菜スープ・サラダ・ごはん・デザートごはんステーキ
その他に、子ども達が収穫したもので
アップロードファイルよもぎ団子、はっぱっぱ野草の天ぷら、なのはな菜の花ごはん
も作りました。

自分で収穫した野草はおいしさ最高キラキラ(オレンジ)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
リボンクラブお泊り会 2 「登れるかな?」





現地に到着して、お昼ごはんを食べた後は
すぐ近くの小学校までお散歩・・・チューリップ
みんなでのんび、ゆっくり、道草して・・・

草花を採集する子clover
虫を見つける子いもむしさん
すべり台やジャングルジムの遊具で遊ぶ子jumee☆SaturdayNightFeverR

みんな思い思いに、楽しんでました。
一人の子が崖登りを始めると、2人、3人、4人・・・・
と次々にTRYする子がでてきます。

なかなか登れない子には
「ここに手をおいて、ここに足をかけて!」とアドバイスする子がいたり
「こっちの方が登りやすいよ」と教えてくれる子がいたり
自然と助け合う気持ちが生まれているんです手をつなぐ
大人が「仲良くしなさい」なんて言わなくても、大丈夫bikkuri01

子ども達は、安心して遊べる 時間場所仲間がいて
それを見守る人がいれば
自分で学んで大きくなっていくんですよにっこり

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
リボンクラブお泊り会 1

IMG_0244.jpg


3月8日~9日に年長さん11名でお泊り会をした時の写真です。
熊本と荒尾の年長さん合同企画で鹿央町の「ふれあい塾」で1泊2日の合宿でした。家

日常のリボンクラブは、少人数の教室なので
初対面の子ども達もいて、みんなドキドキ、ワクワク、ハラハラでしたが
子ども達は打ち解けるのが早いにっこり

「名前は・・・」と聞く子がいたり・・・
恥ずかしそうにうつむく子がいたり・・・
「今日は一緒に寝ようね」と約束したり・・・
マイペースな子は、虫や草花を見つけて
「ねぇ!見て見て!!」と何かを媒体にして、自然にお友達に・・・

子ども達は人と人とのコミニュケーションをそれぞれの個性に合った
やりかたでとっているんだな~とつくづく感心笑う

ママやパパから離れて、自分の力で出来るんだという
自信をつけてくれたと思います。

みんな3月でリボンクラブは卒業です。桜の木

みんな本当に立派な1年生ですbikkuri01


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
らくがき大好き!!


リボンクラブで遊んだ後、帰るのがなごり惜しくて
チョークを引っ張りだしてきて
入り口のコンクリートに落書きを始めました。アップロードファイル

チョークは雨が降るとすぐ消えるので  雨
めーいっぱい描きました。


やっぱり、描いてはいけないところに
落書きするっていつの時代の子ども達も大好きなんですよねハート

エネルギーの有り余っている3才児は
こんないたずら大好きですよ。

もっともっと子ども達に自由な場があって
いたずらもいっぱいできたらいいですね。きゃー

大人がそんな場所を作ってあげる知恵がいる時代ですよね・・・うーん

太めのチョークはお勧めですbikkuri01
粉で真っ白になりますが、はたけばすぐにとれるし
描いたところも水で流せばすぐに消えるし遊びやすいですよ。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
1・2・3・4・5・・・・楽しい数の遊び

IMG_0204.jpg


算数、数学というと難しくて幼児にはまだまだ・・・
と思ってませんか?
私もそう思ってました苦笑い

でも子どもを観察していると
どの子も2~3才位になると「1・2・3・4・6・8・10・・・・」
と何でも数を数えたがる時期があります。
それも、きちんと数えることができないのに・・・

そういえば我が家の娘が2才位の時に
「のせて のせて」という松谷みよこさんの絵本が大好きで
その本でねずみの親子が「のせて のせて」とまこちゃんの車に乗せてもらいます。
そのページにくると毎回あきることなく
こねずみを指差しながら「1・3・5・7・チュウ!!」    黒ネズミ黒ネズミ黒ネズミ
と何度も何度も楽しそうに指差して数を数えるんです。

その光景がおかしくて私も一緒になって「1・2・3・8・チュウ!!」と楽しんでました。

今考えると、これが数に対する感受性の芽生える時期だったんですね。
だからと言って、「違うでしょう!1・2・3・4・5・6・7・8・9・10ですよ。もう1回!」
なんて事は無用 bikkuri01
自分でやる行為が大切な時期なので間違いはオッケーハナマル

違うよと言われるといつもママの顔色ばかりを伺う子になってしまいますよあちゃー

この時期は、「楽しいし! もう1回やりたい!」という気持ちを大切にして
数の遊びを楽しめたらいいですよ。

上の写真は簡単な数遊びのゲームを作りました。
材料は・・・
子どもの好きそうなキラキラクリスタルの玉
厚紙に丸いシールを貼るだけ
(数は年令に合わせて無理しない数で、始めは1・2・3だけでもいいです。)
裏返しにしたカードをめくってでた丸の数だけクリスタルをもらえるという
簡単なゲームです。

3才前後からできると思います。(個人差がありますので、興味があるときに・・・)
1対1対応も難しいので、
子どもは丸の上にクリスタルを一つずつおいて確認します。賢いびっくり

きれいに並べてニッコリにっこり

日常の生活の中で数はなくてはならないものです。
おめめ目が2つ、お口口1が1つ、おてて待て~待て~は2つ

家族が何人?お友達が何人?車が何台?・・・・
おやつを分けてり、家族のお茶碗やお箸を数えてり・・・・
いろいろな場面で数に出会いますよね。ポッ
幼児は日常生活全てを吸収しているんです。
子どもの目線で数に触れてみるのも楽しいですよ。rainbow

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:数遊び
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
はじめてのゲーム

IMG_0178.jpg


赤、青、緑、黄の4色の島があります。アメリカ
袋の中から1匹だけサルを取り出します。
サルを同じの島におきます。   jumee☆monkey1
順番にサルを引いて、島に置いて・・・を繰り返していきます。

単純なゲームですが
袋の中を見ないでサルを取り出すことだけでも大変!
1匹が2~3匹取り出してしまう子も・・・

始めから上手くできないかもしれませんが
サルをカードの上に乗せるだけても
1対1対応の学習になります。     jumee☆peace1




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
はじめてのゲーム

IMG_0175.jpg


3歳からできるカードゲームです。ドキドキハート
5個のフーセンが割れたり、ママに元にもどしてもらったり・・・
一枚ずつカードをめくって何のカードが出るかな?!?

3歳の子は順番を待ったり、1枚ずつカードをめくるのは難しい課題です。
大人が一緒にゆっくりとゲームをやることで
子ども達は少しずつ
秩序やルールを学習していきます。にっこり
ゆっくりと子どものペースに合わせて楽しんで下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
はじめてのゲーム

IMG_0173.jpg


3歳前後からできるゲームを紹介します。
果樹園ゲームといって
カラスと人が果物を取り合う簡単なゲームです。

サイコロを振って出た色の果物をGETします。
さくらんぼさくらんぼ・青りんごアップロードファイル・プルーン(子どもはぶどうアップロードファイルと言ってます)・洋ナシふるーつ☆Cultivation・洋梨
ヨーロッパのボードゲームなので果物が日本風ではありませんが・・・sn

このゲームのいいところは
人対人ではなく
パズルのカラスとみんなが競い合うので
勝ち負けないことです。
みんなでカラスに勝って「ヤッタ!!クラッカー
とできるで、負けるのが我慢できない年令の子どもにはピッタリです。

それと、3才の子どもが1個、2個の数の取り出しをするのにピッタリ。
数が多すぎるとまだ難しいので
「赤いさくらんぼを1個ね」とおしゃべりしながら
子ども達はイキイキと果物をGETして
数や色を学習しているようです。
始めはゆっくりでも段々早くなります。上

気おつけなければいけないことは
大人が「お勉強させよう!」とか「教えてやろう!」と
目論むと子どもは嫌りますようーん

とても子どもにはいいゲームなんですが
一つ弱点は・・・
大人にはちょっと、まったりとしたゲームです・・・ぷぷ


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児から楽しめるゲーム
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |