TOP2008年01月

積木について

P1010078.jpg


 上の写真はリボンクラブの年長さんが
共同で積木遊びをしているところです。LOVE

積木って昔から子どもの定番のおもちゃなんですが
以外に「積木」のことを知っている人は少ないようです。
10年前の私は子育てする時に「積木って何だ・・・?」
と"ふっ"と考えた時に私の中に固定観念があり
我が子と積木遊びを楽しめませんでした・・・。汗;

子どもたちとのかかわりの中で「積木」の可能性や多面性を
たくさん教えてもらいました。
絵文字名を入力してください
我が子の時「シンプルで質のいい基尺の揃った積木がいいですよ」と
進められ、何一つ積木の知識のなかった私は
進められるがままに2万円近くする積木を子どもの誕生日に
清水の舞台から飛び降りるつもりで購入・・・汗

子どもの年齢は3才と1才。
買ったものの何をどうしていいやら・・・しばらくお蔵入り。
とにかく高い積木を買ったんだから遊ばせなくては!!と思い
子どものいつも目にする所に積木を置いてました。
          目
子どもは積んだり、並べたり、箱から出し入れしたり・・・
あれれれ・・・・私がイメージしていた積木あそびではない???
想像的ではないし、単調で地味な遊び・・・失敗したかな?
半分後悔しました。
orz
 10年たってわかった事は、私が無知で想像力がなかったんだと
いうことに気づかされました・・・。
子どもは積木あそびを通して様々な事を吸収していたようです。
実際積木は想像力を育てるおもちゃでもありますが、
それだけではありません。

星積むこと→手や指先の微細運動の学習
星並べること→秩序の学習
星箱に積木を入れること→形の概念の学習

現在、我が屋の中1と小5子ども達は算数・数学が大好きです。LOVE
我が家の方針は「勉強は学校で教えてもらう」としていたので
親も教えない、塾や教材は小学校6年間は何もせず過ごしました。
(*下の息子は、付録欲しさに3ヶ月通信の教材をとりましたがほとんど  何も手をつけずリタイヤ・・・なんのこっちゃ?!怒)

唯一私がやったことで心当たることは「積木あそび」。バブルキング
(それもただ与えただけ。なんの学習じみたこともしてません。)
その中で数や形の概念を無意識に学んでいたんだと推測しています。
だからなにもつまずく事なく算数を楽しめたのだと思います。
10年たった今「積木さん」に感謝です!!
猿
リボンクラブでも積木は定番のおもちゃです。
子どもの個性や年齢によって積木の遊び方は様々です。
もちろんこちらから年齢に合った提案はしますが
遊び方は子どもが決めます。
のってきて遊びが広がる子
我が道で自分のやりにこだわる子
全く違う遊びをする子
L
一番大切なことは
発達年齢に合った遊びを知っておくこと
子どもに押し付けたり、教え込まないことです。
ひよこ
健康な子どもには発達の道筋があるので、順序を知っておくと
子どもが見えてきてゆっくり待つことができるようになります。
はずかちーv
積木については年齢、遊び方、積木の種類・・・いろいろあるので
今後かいていきます。clover













にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
親子でコンサート

06-12-10_15-06.jpg


2006年12月合同リボンクラブ「コントラバスのコンサート」親子鑑賞会音符

コントラバスの大きさ、響を目の前で体験し、子ども達はその迫力に釘づけ・・・。
実際にコントラバスにも触れさせて頂き興味深々の子ども達でした笑い。


 リボンクラブは個を見ていく教室なので
毎回のレッスンは2~3名でやります。
そんな中でも、年に数回は合同のリボンクラブをやります。
チェロ
 その1つに芸術鑑賞を取り入れています。
現代は様々な文化が発達しいろいろな体験をする機会があります。
子ども達もいろいろな知識はテレビやビデオや絵本から得ています。
しかし、実際に本物の楽器の演奏を聞いたり
生のお芝居に触れる機会は少ないのです。汗;

子連れでは会場にいれない、迷惑をかける、親がゆっくり鑑賞できない
等様々な理由はありますが・・・。
一番感じて吸収しやすい、乳幼児の時期にこそ
テレビやMDなどの機械音ではなく
生の音楽や人の息づかいが伝わる舞台を
経験させてあげたいと思っています。
      normal

普段落ち着きがなくウロウロしている子も
演奏者や役者さんの気迫で周囲の空気を感じ取ります。
びっくりするほど静かに聴きいります。
慣れていない子は、その空気に耐え切れずに
会場の外に行きたがります。
聞けた、聞けなかったに関わらず
子どもが体験することが大切だと思っています。手書き風シリーズ星

わざわざ足を運んで子どもが喜ばなかった・・・
と無駄足に感じるかもしれません。
しかし、子どもはこういう経験を一つ一つ積み重ねる
ことで社会性を身につけていきます。

手書き風シリーズ星生の音楽や舞台に触れて感じること(情操教育)
手書き風シリーズ星公共の場でのルールを体験すること(社会性)

100回言葉で言い聞かせるよりも
1度の体験は子ども達にとって貴重な体験になります。

毎回どんな方に出会えるか、企画する私達も楽しみです。ドキドキハート













にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:芸術鑑賞
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
書初め

書初め


リボンクラブでは新年には書初めをします。
1歳の子も、筆を持って書きます。
小さい子は訳はわからないと思いますが
毎年続けていると「これしっとる!したことある!!」
と意気揚々としてやり始めます。
       はた

書道教室ではないので、上手に書くことが目的ではありません。
日本の文化を少しだけ体験するのです。
毎年続けている子は
筆、すずり、文鎮、墨等・・・体験を通して
ボキャブラリーを増やし、扱い方を覚えます。
      にっこり

はじめは、筆使いや力加減がわからずに
紙が破けるほど力を入れて書く子
逆に、力を入れるのが怖くて細い字になる子がいます。
しかし、何枚か書くうちに段々要領を得て
バランスの取れた力強い字を書き出します。
     

上の写真は年長さんが書いた名前です。
自分の名前の2文字を丁寧に書きました。
どの子も何枚も書いてその中から選んだ力作です。

「書道」は精神を落ち着け、集中させる
日本の素晴らし文化だと思います。
小さい時から自然に出会える機会を作ってあげたいですね!!
      ピンクのきらきら

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
やるときはやるよ!!

カプラで作ったおうち


3歳児のMちゃんはごっこあそびが大好き!!
毎回リボンクラブにきて
人形あそびをします。

どの子もよく観察していると
日常の生活をそのまま再現して
人形を動かしたり、おしゃべりしたり・・・
パパ、ママは少し恥ずかしくなるかもしれません!

ベッドから起きて顔を洗ったり、トイレにいったり、
朝食を食べたり・・・
とても忙しそうです。
おしゃべりがママの口調そっくりだったり・・・
毎回同じあそびばかりが続くと
大人も「違ったあそびもしたら?」と口をだしたくなりますよね。


この日のMちゃんはカプラをだして、カプラで囲いをつくり
ねんねする部屋、ご飯食べる部屋、トイレ、お風呂等・・・
いろんなお部屋ができました。
ドールハウスのベッド、テーブル、イス等を
並べ人形を動かして遊びます。

ごっこあそびの中に構成あそびを取り入れて
あそびに広がりがでてきました。
最近は数にも興味がでてきて
数に関するゲームをやりたがるようになってきました。
すごろくやおさるのゲーム等
1対1対応が確実にできるようになってきました。
知的な好奇心がグーッと芽をだしてきた感じがします。

子どもは繰り返しのあそびを好む時期があります。
繰り返しやることで細かい指先の機能を使ったり、
学習しているようです。
それを通過してはじめて
子どもの内側から次の課題がでてくるようです。

大人の都合で
大人の準備した課題を
こなせる子がいいとは限りません。

自分の中から出てきた課題をやり遂げる達成感は
喜びが自分の内側から湧き出てきます。
逆に大人から出された課題ばかりに偏り過ぎると
大人の喜ぶ顔ばかりを気にして
自分自身の喜びや達成感にはなりません。

特に幼児期は、自分の中から出てくる課題に向かって
やりとげる喜びをたくさん経験させてあげたいと思っています。

 ★見守ること
 ★待つこと
 ★個々に合った環境や課題を準備、提案してあげること

 リボンクラブの大切な仕事だと思っています。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
私もできるよ!

針仕事


上の写真は5才になるRちゃんの真剣な表情。
子どもは手先を使う仕事が大好きです。
年長児位になると
「あれが作りたい、これが作りたい」と自分から主張してきます。
そして目的を持ってリボンクラブに来ます。
     アップロードファイル    

特に好きなのが、針仕事です。
フェルトで財布や小物入れを作ります。
はじめて経験する時は
とにかく針に気をつける事を注意します。
縫い目はバラバラ
針はどっちから通していいかわからない
子ども達も大苦戦です。
        ミシン

しかし、どんなに縫い目が曲がっていても
自分で作り上げた作品に大満足の子ども達!!
人間の本能でしょうか?
自分の手を使って何かを作り上げる喜びは
大人も子どもも変わりないようです。
               ハート

几帳面な性格なRちゃん
苦戦しながら作ってます。
思うように縫えずに、泣きべそをかいたり
かんしゃくを起こしたする時もありますが
泣きながらも  大泣き
きれいに作りたい、上手に作りたい、
という意思はすごいですよね。えぇ   ピース

自分の意思でやる行為を
無心になって取り組む集中力は
大きくなってからの精神的なエネルギーになります。
大きくなって、自分がこれというものを見つけた時
きっとこの幼児期に経験した力が大きく花開くでしょう。

       花















にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
我が家の子育て

我が家には中1の娘と小5の息子がいます。
子どもにかかわる仕事をしているせいか
いつも、私の子育てこれでいいの?と
自問自答する日々です。

わが子になると
親としては盲目になりがちで
感情が先になっってしまうのは
みんな一緒ですね  笑


昨年12月に中1になる娘が
5年位習い続けているダンス教室で
初めて4人グループを結成して
イベントに参加しました。
    jumee☆SaturdayNightFeverRjumee☆SaturdayNightFeverL

運動の為に私が習いだしたダンス教室に
小2の娘もやりたいと言ってはじめたのがきっかけ。
私(母)のまね事で始めたダンス・・・
はじめは、月謝も安いから適当にいいか~
と思ってやり始めたものの
やはり年に1回の発表会ともなると
周りの空気も変わってくるし
私も年々と要求が高くなり5,6年生位になると
「誰が月謝はらいよるとね!やるきがないならやめなさい!!」
と何度子どもを脅したことか・・・
      ぶるぶる

そんなこんなで
小1から習い始めたピアノは小6で辞め・・・
学校の部活も4年生の一年間で辞め・・・
ダンスだけは辞めないと決めてレッスンを増やした娘。

親としても、あまり厳しく言い過ぎて子どもの可能性
潰したかな?と悩みつつも
高学年になっても、だらだらと続ける娘の姿にイライラして
しょっちゅう雷を落としていました。
        雷

娘が中学入学したての頃
皆、夢や希望を描いていろんな部活に入部するのに
娘は悩んだ末に、部活には入らず
ダンスと勉強を頑張ると決めました。

しかし、環境も変わり
おまけに入学してからすぐにインフルエンザで1週間のお休み。
学校に馴染めずに
暗~い中学校生活のスタートでした。
私も娘の暗い顔を見ると辛くなり
「部活にでも入って友達つくれば」等と安易に励ましてました。
「塾」「ダンス」を頑張る事を娘と話合い
娘もその二つは、はりきって楽しんで通いました。

ダンスでも突然変異が起きたかのように
踊りの腕を上げ
学校の試験の結果も彼女なりに上がり
少しずつ自分に自信がついてきたよう・・・。

クラスで一人だけ部活に入ってない娘は
先生からの部活の誘いも断り
最近では「先生から帰宅部部長に任命された」とケロリと
言って笑っています。
        にっこり

中学に入って数ヶ月で精神的に大きく成長した娘が
堂々と人前でダンスを踊る姿は
親としてとても感動でした。
本人にとってもとても貴重な経験だったと思います。

まだまだ甘えた娘ですが
これからの成長が楽しみです。cloverキラキラ(ピンク)









にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。門松
12月はブログをさぼってしまいましたが
今年は、がんばってムキッ
継続していきたいと思っています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:幼児教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page |