TOPあそびのアトリエリボンクラブについて



あそびのアトリエの理念

乳幼児のあそびは自然に育まれるものです。
それは心の設計図に従って開発されてゆくと考えてきました。ですから、子どもがいつ頃どのようなあそびを好むかということや、それはなぜか?ということを予測できますし、ある程度の環境の調整をすることもできます。


子供の身体の三つの領域

知性 文化の基盤になっているもの。
精神 身体器官の興奮から生まれる気分のようなもの。
身体 外部環境から独立していて、自我によって統合されていると感じられる領域。
昇華 フロイトの概念で、精神から生まれる攻撃性(リビドー)を創造活動へ変容させる機能。
感情 精神と外的刺激から生じるもので、不快から快までのスペクトラムになっている。不安、恐怖、怒り etc、の不快感から生じるマイナス感情から、歓び、歓喜まで色彩で表現されるようなバリエーションがある。
表象 対象(例えばりんご)を頭のなかでイメージ出来ること。一般的に視覚表象が中心になっているが、聴覚・味覚・臭覚・触覚・運動etcの表象も考えられる。
思考 それぞれの表象を有機的(合理的・芸術的)に組み合わせる働き。



たとえば、子どものあそびは

生後4 ヶ月くらいから見られますが、見る・聞く・触る・ハイハイするなどのあそびの衝動は、身体の機能をつくることに向かっています。10 ヶ月くらいからは、対象の性質を感覚的に理解することや問題を解決することもできるようになってきます。1 才10 ヶ月くらいになるとごっこあそびが出来るようになりますが、これは象徴あそびともいわれ、言語的思考の発達と関連しています。4 才過ぎるころからは衝動の調整ができるようになってきます。衝動の調整とは「立ち止まって考えること」ですが、社会性を身に付けてゆくための基礎になってきます。


従来の幼児期のメソッドや教育は、はじめに教える内容があって、神経系への刺激や訓練によって子どもに身に付けさせるというものでした。そこには子どもの個人的な経験や感受性は反映されず、子ども自身は受け身にならざるを得ませんでした。IQ という概念は象徴的に扱われていますが、そこでは少なくとも子どもの感情は配慮されていません。
あそびのアトリエでは「子どもは能動的な存在であり、周辺の環境から意味や価値を自ら作り出している」ことが前提になっています。そして、発達心理学や認知科学の研究によって、子どものあそびの精神的・発達的内容を科学的に捕らえることもできるようになっています。そこでは、子どものあそびを「オッパイが欲しいetc.」の生物学的衝動や欲求からスタートして、ジブンでやりたい、考えたいのプロセスを経て、友だちとテーマを共有したい、計画的に物事を遂行したいなどの文化社会的欲求や衝動に変換してゆくシステムと捉えることもできますし、観察からも「そのようになっている」と判断できます。
そして、私たちは「あそびは行動の自由を保障する場ではなく、知性や精神の自由を保障する場であった」というホイジンガのことばを大切にしながら、子どもたちと関わって行きたいと思っています。
.

あそびの心理研究所 あそびのアトリエホームページより

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
あそびのアトリエの役割とは?

工学博士・武田邦彦先生の「『正しい』とは何か?」という

本の中で下記の図を使って、それぞれの仕事の役割を

わかり易く書かれていました。

申し訳ありませんが、私の頭を整理するために記録して

おきたいと思います。



命令者   正 義   命   真 理
       |    |     |
学 者   法学者  医学者  科学者 
       |     |    |
専門家   裁判官  医 師  教 師 
       ↓    ↓    ↓
社 会   事 件  患 者  学 生


人間社会では、「正義、命、真理」等のように大切な

ものがあり、それぞれ、法学者、医学者、科学者などの

学者が、少しでも正義や真理に近づき、命を守ることを

研究します。でも、それは「内的精神的活動」で

決して「直接的に社会と関係をもつものではありません。

例えば、日本では「安楽死」の研究を医学者がやることは

学問の自由として認められますが、専門家の医師が患者に

対して「安楽死」を施すことは法律上認めれていません・・・


         武田邦彦著「『正しい』とは何か?」より抜粋~




「日本赤ちゃん学会」に参加して、毎回感じていたことですが

日本の有名大学でいろんな研究がされているのに

なぜ、子どもとかかわる先生や保育者に伝わっていないのか?

なぜ、研究の一部分を取り出して「早期教育」の後押しを

するような情報ばかりが出回っているのか?

いつも不思議に感じていた部分が、この本を読んで少し

解決できました。

残念ながら、子どもに関する研究は、特に日本においては

とても遅れていて、まだまだはっきりとしていないこと

ばかりで、親が望む「正しい教育法」なんて分からない

ということです。

あそびの心理研究所のジジさんが言われるには

「日本は、子どもの研究に充てられる予算はとても少なく

長期の研究ができず、先進国の中でも遅れている…」

のだそうです。

あそびのアトリエのスタッフは専門家の位置になりますが

「正義、命、真理」という大切な使命を忘れないように

学者や先人の英知をしっかり学び、謙虚な気持ちで

子ども達と接していかなければいけません。


もう少し本をご紹介しますと〜



「正しい」ことが何なのか分かった場合、人はどうするの

でしょうか?その後の行動には3つのパターンが見られます。

①言い訳のスキルを磨く

②人格を磨く

③心で動く

①は日本の企業が迷い込んだ道です。企業の社会的責任を

まもろうとして、言い訳の技術を築いてしまったのです。

つまり正しい言動をしようとするのではなく、間違った

ことをしても、それを正しいと言いぬける方法を身につける

ことによって、わが身を守る方法です。

②は教育や学問によって人格を高め、高い判断力と精神力

によって「正義」を守るという方法です。

ただし、持続しない場合も多く見うけられ、現場の人間でも

出世したり、チャンスを得て偉くなったりすると

自分の名誉やお金に執着し始めます。

③は人の苦しみを理解すること

人間らしい心を持つということです。

・・・慣性力の正しさ、空気的事実による間違った正しさ、

専門家が求めれれる制限された正しさ、役割による仮の正しさ

親子の正しさの違いがもたらすもの・・・(中略)でももっとも

大切なものは、それは「他人の苦しみ」がわかる心なのでし

ょう。人間が頭で考えるものは何かの間違いを含んでいますが

素直な心が持つ正しさはそれを超えるものがあるからです。

・・・私たちが失いやすい「素直な心」が多くの争いを

解決することになると思います。




共感。シンプルでわかり易いメッセ―ジですね。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
良いお年をお迎えください。〜ホームページできました!!~

ホームページが完成しました。
     
あそびのアトリエホームページ

荒尾はもちろん!熊本や大阪の紹介も載っています。

あそびのアトリエの理念もジジさんやボッスさんが

図解してわかり易くまとめてくれています。

ぜひ見て下さいね!!



明日、熊本で1年のまとめ会?というかお食事会で今年の

あそびのアトリエは終了します。

今年も1年間アッというまでした〜!!

年齢を重ねると、少しずつ身体はガタがきますが・・・

子ども達と出い、人と出会い、本と出会い、経験を重ねて

以前よりも深~く考えるようになりました。


まだまだ足りない部分、たくさんありますが

来年も、ゆっくり しっかり まちがいながらも

一歩ずつ前進していきたいと思います。


みなさま良いお年をお迎えください。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
子育てに悩みはつきもの?!

精神科医の岡田尊司先生は、医療少年院で仕事をされた経験から

犯罪を犯した少年少女達と接する中で、母子の愛着関係の大切さを

科学的裏付けと具体例をあげながらわかり易く説明されています。


「お腹を痛めて産んだ子だらか可愛いという言い回しには、深い

真実がある。陣痛の最中大量に分泌されるオキシトシンが

母子の絆を一気に高め、授乳を通して、その絆さらに持続的な

ものとなっていく。

抱っこや愛撫といったスキンジップが重要なのは

このオキシトシンの分泌が、スキンシップによって促される

からだ。

オキシトシンの分泌が悪かったり、オキシトシンと

結びつくはずの受容体の数が少ないと、この仕組みが

上手く働かない。

不安を感じやすく、神経質で潔癖になるだけでなく、人との

接触や、子どもの世話をすることにも喜びを感じにくい。」


「イギリスの小児科医であり、児童精神科医の草分け的存在

でもあったウィニコットは、母親が子どものことに全神経を

傾けて過ごす母性的没頭こそが、この基本的安心感を

育むことだと考えた。

ウィニコットの臨床的な経験から、そう推測したのが今では

脳の分子レベルの研究から、そのことが裏付けられている。」


「オランダで行われた研究によると、生まれて間もない段階で

気難しいと判断された百人の赤ちゃんを2グル―プに分け

一つのグループは通常の対応だけを行い、もう一つのグループ

では、子どもに対する反応を意識的に増やすように指導した。

すると、1歳の段階で調べてみると、通常の対応だけの

グループでは、不安定な愛着を示すケースが過半数に達し、

反応を増やすように指導したグループでは、ほどんど全例が

安定した愛着を示したのだ。しかもこの効果は2歳の時点

でも持続していた。」

「最近の研究によると、日本人などアジア系の子ども達は

白人の子どもなどに比べて、不安の強い遺伝子タイプの

持ち主が多く、母親からの影響を、欧米人以上に受けやすい

ことがわかってきた。

白人は、鈍感なタイプが六割を占めているが、日本人などの

アジア人種は、割合が逆で、三分の二が敏感なタイプだ。

欧米で当たり前のように行われている子育てのスタイルを

そのまま真似することには、落とし穴があるということだ。

少しくらい愛情不足な環境で育っても、あまり関係なく

育つ人も、三分の一くらいはいるが、三分の二の人は

影響を受けやすく、中でも三分の一の人は、かなり敏感

なのだ。」

「幼いころに母親との間で育まれた愛着パターンは

かなりの恒常性を持つことが知られている。大人になった

段階でも、七割くらいは、幼いころの愛着パターンが

保持されているのだ。

ただし、一部の人では、大きく変化する場合もある…(略)

幼年時代がいくら幸福で恵まれていても、その後の体験が

大きな傷を受ければ、愛着が不安定になることも起こりうる」


「もう一つ、普通の家庭に起きやすいのは、子どもに対する

過度な支配やコントロールによって、母親が子どもの

主体性を侵害するという状況だ。母親は最善を尽くし

良い親をしているつもりでも、子どもが求めている

ものとの間にギャップが広がり、愛着は不安定となって

いく。子どもの気持ちを汲みとれていないからだ。

親との関係がもちろん重要だが、年齢が上がるとともに

その子を取り巻く、友達や教師などの関係も重要に

なっていく。安心していられる場所が確保され

安全基地になって、その子を見守ってくれる存在に

出会えること。たとえ家庭が不安定でも、その子の

愛着は次第に安定したものに変わっていく。

母親の役割は、外の世界とのかかわりにおいても

その子が安心できる環境や安全基地となる存在に

恵まれるように、さまざまな働きかけをすることだと

言える。(略)もちろん、母親の力だけではどうにも

ならない部分も大きい。社会全体が優しさや余裕を

失い、自分を守ることに汲々としたり、融通のきかない

ルールで杓子定規な対応をしたり、多数派の都合ばかり

優先したりするようになると、不安定で立場の弱い

ものは、ますます居場所を失っていく。

その意味で、母という病は、母親だけに原因があると

いうよりも、母親や子どもを守れない社会にも

原因があるということだ。」



前回記事にした双子ちゃんの例は、超未熟児で生まれ

一年近くも病院で過ごし、まして双子ということで

愛着関係の面からいうとすごいハンディーですが

ご両親の努力と周囲との連携で、時間はかかりますが

ハンディーを乗り越えていってるなぁと感じています。


困難を乗り越えた親子は、その後の人生の大きな

自信となるに違いありません。


岡田先生は、母子の愛着関係は1歳半までが大切だと

言われていますが

「自然分娩できなかった」

「母乳で育てられなかった」

「母親自身が愛着に問題をかかえている」

「家族間にトラブルがある」…等々

いろんな事情で愛着に問題を抱えたケースは多く

問題意識をもって、努力することで改善されていく

のだとも言われています。


あそびのアトリエの仕事を通して感じていることは

私自身も含まれるのですが、自信に満ちて子育てを

されている方はほとんどいません。

親御さんは子どもを愛するがあまりに、大なり小なり

それぞれの問題をかかえて日々奮闘されています。


逆に、あそびのアトリエを、子どもの息抜き・発散の場

くらいに捉えて、あまり問題意識を持たれていないと

我子がSOSの信号を発していても気付かなかったり

勘違いの対応になっている場合もあります。


子育てに悩みはつきもの~

ゆっくり しっかり まちがいながら、反省しつつ

子育てを楽しめたらいいですね。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
あそびのアトリエのスタッフの仕事って何?

IMG_1317.jpg

「あそびのアトリエって何をするところですか?」と

問われると、ジジさんもボッスさんもロッタさんも

ニーナさんもジェリーさんもランさんも

勿論私も・・・みんな答えが違うかもしれません?!

とても変な教室だなぁ〜と思われるかもしれません。


●遊びを通して子どもの発達をサポートする

●知性と精神と身体のバランスをみながら子どもの

 発達をサポートする

●年齢にそった遊びを通して成長を見守る

●積み木やカプラで遊べることろ

●親御さんの子育ての相談にのることろ

頭に浮かぶことをいくつか文字にしてみるとこんな

感じでしょうか?

ジジさんやボッスさんはこう言われます。

「スタッフのそれぞれのパーソナリティーで

いろんな教室があると楽しいよね」と・・・。


最近私が思うことは・・・

高級なおもちゃやテクニックよりも

どれだけ子ども達からのシグナルを受け止めれるか?

言葉にできない子どもの気持ちを親御さん達に

どれだけ伝えきれるか?ということがとても大事

だなぁと感じています。

なぜ私がそこにこだわるのか?よーく考えてみると

私自身が幼少期に自分の気持ちを親に理解してもらえず

とても悲しく辛い思いを経験したからです。

「あなたの気持ちわかるよ。」と言ってもらえたら

(言葉だけではダメですが…)

どんなに救われたことだろうと思います。

山あり谷ありの10年、あそびのアトリエを継続できたのは

私自身の生い立ちの中にあるのかなぁ~と。



元気がない子、反抗がひどい子、落ち着きがない子

癖がひどい子、コミニュケーションが取りづらい子

わがままな子、乱暴な子・・・

問題にみえるような行動は子ども達からのシグナルなので

大人がどう受け取ってどう対応するかはとても大切です。


私は子どもからのシグナルを正確に親御さんに通訳できる

スタッフになりた~い!!と常々思ってます。

これは英語やフランス語や中国語の通訳よりも

難易度が高いかも?!

まだまだ勉強することたくさんありそうです。


今年のあそびの心理研究所の学習課題は

「シュタイナー『自由の哲学』入門」だそうです。

文字も大きく、薄い本なのですが…内容はかなり

難しそう~ でも、やりがいはありそうです!!







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエリボンクラブについて
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
| Top Page | Next