TOPぼくは1人前! 5歳児



自制心が育まれる小さな経験

5歳の〇ちゃんはショッピングゲームが大好きで

4歳の☆ちゃんを説得しゲームをやることになりました。

喜び勇んで、はりきってはじめたものの・・・

動かすコマのキャラクターの取り合いになってしまい

5歳の〇ちゃんは「絶対にイヤダ!」と言い張り

4歳の☆ちゃんも「イヤダ」と言って、互いに一歩も譲り

ません。硬直状態が続く中、5歳の〇ちゃんが「ジャン

ケンをしよう」と提案し、4歳の☆ちゃんも「いいよ」と

承諾しジャンケンで決めることになりました。

しかし、〇ちゃんは見事にジャンケンに負けてしまい

ました。それでも諦めきれずに〇ちゃんは☆ちゃんに

もう一度ジャンケンを挑みますが、また負け、それが

2~3回続き、険悪な雰囲気に~💦〇ちゃんの目は

涙でいっぱいになり、いつまでもゲームが始まりません。

そこで私が「はじめに☆ちゃんが使って、次に〇ちゃんが

使って、時間を半分ずつにしたら?」と提案をしましたが

脚下、「じゃあ他のゲームにする?」それも脚下・・・

とうとう☆ちゃんが「じゃあいいよ」と〇ちゃんにキャラクタ

ーを譲りました。

しかし、それも気に入らない〇ちゃん。しばらく後向きに

なって沈黙が続きました。そして「私、こっちでいい」と言

って☆ちゃんにキャラクターを譲る決心がつきました。

私も、どうなることかと内心ハラハラしていましたが

〇ちゃんの苦渋の決断には驚きました。

その後は、2人ニコニコでゲームを楽しんでいました。

IMG_20171006_152646.jpg

私は〇ちゃんに、妥協策を提案したり、お姉ちゃん

だから頑張れるかな?と問いかけたりしながらも

こうしなさいということは言わず、2人のやりとりや

内側での葛藤する時間を見守っていました。

もちろん、〇ちゃんが奪い取ることも予測されまし

たが、それも大切な経験です。

〇ちゃんは葛藤の末に自分の意志で☆ちゃんに

キャラクターを貸せたことに、私は「〇ちゃん本当

によく頑張ったね」と言うと、〇ちゃんは少し照れくさ

そうにニッコリ微笑みました。

正しいことを大人が押し付けることは簡単なことですが

子ども自身が自分で考え判断することに大きな意味が

あります。たとえそれが間違っていたとしてもです。

いろんな状況はあるのですが、私の経験では、

大人が変に正義を押し付けない方が、子どもは

案外間違った判断をしないということです。

大人が正義を振りかざすほど反抗することも確か

です。もしくは、大人顔色ばかりを気にする子は

自分で考えたり、自分の意思を表現することが

できな場合もあります。

2,3歳さんの「欲しい!」と言ってジタバタする自己主張、

4、5歳さんの「欲しいけれどもジャンケンで負けたから我

慢する」という自制心、どちらも大切な成長過程です。

「ゆっくり しっかり まちがってもいい」という大らかな気持

ちで大人は見守ってあげたいものですね。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
新たな物を作り出す力


4歳の〇君が「立体駐車場ないの?」と言うので、一緒

に作りました。〇君と相談の上、大半は私が作りましたが

所々に〇君の素晴らしいアイディアがあります。

折り畳み式の出口のトンネルは〇君が考えました。

本人も大満足!!

気分を良くした〇君、その後ストローでサヤ付きの剣を

作ったり、お花いっぱいのレストランを作ると言って

花紙でお花を作りました。↓

IMG_20170923_114117.jpg

その隣で、ビルダーシステムのクレーン車を作っていた

☆君も創作意欲が刺激され、〇君のように新たな作品を

作り出しました。

この時期の子ども達の作るものは、着眼点はそれぞれ

違いますが、自分が経験した駐車場の出入口、レストラン

といったものから、思いもよらぬ発想のものまで出来上が

ります。☆君の考えでは車は下から空気が出てきて2階の

駐車場に上っていくとのこと~すごい発想です!!

IMG_20170923_114102.jpg

この子達は、小さい頃から、積み木や物を並べたり、見立

てたり、意味づけをしたりして、よく遊んでいました。

「遊び」に正解はありません。

だから自由に作っては壊しを繰り返す中で、自分の

思いを表現し、自分を見つめ、自分を信じて、イキイキ

と活動できるのだと思います。

「立体駐車場の出口の折り畳み式のトンネル」といい

「車が空気で2階に上がる駐車場」といい

「お花がいっぱいあるレストラン」といい

「レストランの入り口が上から開く仕組み」といい

どれも新発想の面白アイディア!!

きっとこういう自由な発想の中から、新しい物が

生まれるのでしょうね。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
あんなとこにも!こんなとこにも!

長洲町にある「きんぎょタクシー」にちなんで

5歳の女の子達が「きんぎょバス」を作っています。

バスにお絵描きをしていると、「人魚姫バスがいいね」

とバスの名前が変わります。

〇ちゃんバス停、☆ちゃんバス停、レオさんバス停、それぞれの

バス停で金魚さん達が4匹、2匹、5匹と乗り込みます。

みんなでどこにいくのかな?

動物園や温泉に行くのだそう~大型絵本や積木を

使って行き先ができあがります。

ご飯は何を食べるのかな?

おはじきが出てきたり、各自のお家まで出来上がり

ました

ちょっとしたきっかけで、子ども達の想像力はムクムクと

広がります!

IMG_20170610_103237.jpg

磁石の実験「どんなところにくっつく?」

みてみて!↓

IMG_20170610_110348.jpg

ここも↓

IMG_20170610_110329.jpg

これも↓
IMG_20170610_110304.jpg

ここもだ!↓

IMG_20170610_110245.jpg

これも↓

IMG_20170610_110227.jpg

これも↓

IMG_20170610_110214.jpg

ここも↓
IMG_20170610_110209.jpg

これもだ!↓

IMG_20170610_110154.jpg

まだまだ、たくさんくっつくところを見つけました。

最後には、地面の土から砂鉄を集めていました!

案外と集まるのもです。

「ネジのところはくっつくね」と物質の違いに気付いたり

土の中の見えないところから砂鉄を集める経験など…

主体的な活動は、子ども達をイキイキさせます。

自分の五感や知恵を使って発見したことは

大事な知識の基盤となっていくことでしょう。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
我慢する力~紙粘土のスイーツから本物のスイーツ作りへ~

子ども達の希望で、紙粘土に色付けしてスイーツ作り

をしました。

IMG_20170513_112323.jpg

実は、本物のスイーツを作りたかったそうですが、突然

材料はそろいません。次のリボンクラブでクッキーを作る

約束をして、紙粘土で作ることにしました。

それはそれで、楽しんで作っていました。

IMG_20170513_112326.jpg


次のリボンクラブで~

どんなクッキーを作るかまずは絵にしてみます。

ウサギや星形・・・

IMG_20170527_102416.jpg

お絵描きが嫌いな☆ちゃんも頑張って描きました。

IMG_20170527_102439.jpg

クッキーの材料を計って混ぜます。

IMG_20170527_103843.jpg

紙粘土のときと同じように

ココアや食紅で色付けをしていきます。

IMG_20170527_104621.jpg

出来上がったクッキーの写真を撮るのを忘れて

しまいました!

可愛らしい、美味しいクッキー出来上がりましたよ!


5歳前後になると、時間の概念が育ってくるので

「計画を立てて次にやろうね」とか「この前どんな計画

をしたっけ?」など、未来を見通して我慢する力や

時間を経ることで夢を膨らまし、楽しみにすることが

できるようになってきます。

「イヤだ~今がいい!」と駄々をこねる時期は、「後で」

とか「明日」という時間の概念が育っていないので

今を生きている子どもにとっては、とても辛いことなの

です。だからといって、すべてを叶えるわけにはいかない

ので、「そうだったの。また今度ね。」と大好きなママに

慰めてもらいながら、我慢する力が少しずつ育まれて

いくのだと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
あそびが変化するとき

汽車の線路を繋げて街を作ったり、ビルダーシステムで

クレーン車を作るのが大好きな〇君(5歳)↓

IMG_20170408_103318.jpg

5歳のお誕生日を迎えてますますパワーアップしています。

興味を持つ素材や物に変化がでてきました。

外で乗れるくらいの汽車を作りたいと言い出し

空き箱、木、ストロー、ペットボトルなどをかき集めて

キャスター付きの板に、自分で考えたものを貼り合わ

せて、電車を作っています。

作りながらイメージが広がっていきます。

ライトもつけよう!お顔も描こう!↓

IMG_20170506_101548.jpg

紐を引っ張ると汽車が動きます。

試運転中↓

IMG_20170506_095933.jpg

子ども達の遊びには、内側から湧き上がる内的な動機と

外側からの刺激による外的な動機があるようです。

そのバランスの比重は個々の子どもの家族構成や環境に

よって違ってきます。どちらが大切ということではなく

子どもがよく考えて、表情がイキイキとし活発に活動して

いるときは、きっとバランスがいい状態のときなのだろうと

思われます。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
| Top Page | Next