TOP子どもの身体について



「身体知性」より抜粋~感情、情動の役割~

医師であり武道家でもある佐藤祐亮先生は「身体知性」

のなかでこう書かれています。




感情という言葉は複雑な意味合いをふくんでおり、神経生理学の世界では、より生物学的でシンプルなニュアンスを持つ、情動という言葉が好んで使用されます。二つの言葉は、医学の世界でも社会一般でも、一部重なり合った意味を含んで用いられています。
大辞林第三版では、

【感情】①喜んだり悲しんだりする、心の動き。気持ち。気分。
     ②ある状態や対象に対する主観的な価値づけ。

【情動】感情のうち、急速にひき起こされ、その過程が一時的でも
    急激なもの。怒り、恐れ、喜び、悲しみといった意識状態
    と同時に、顔色が変わる、呼吸や脈拍が変化する、など
    の生理的な変化が伴う。情緒。

と説明されています。(略)近年の研究により、情動は、思考、学習記憶、認知能力、などと同様に、ヒトにおいて最も発達した高次精神機能であることが分かってきました。
これは、言い換えるならば、人間は動物的、本能的に反応しなければならない事柄(命の危機や生理的欲求)を超えた人間固有の社会生活においても情動を機能させているということです。

身体が受け入れた情報に基づく感情(それは、経験の蓄積によって変化します)が、人間の決断に大きな影響を及ぼすというのが、ダマシオのソマティックマーカー仮説(SM仮説)です。身体を介して(ソマティック)生まれた情動と感情が目印(マーカー)となって、人間の決断をサポートしているというわけです。(佐藤先生ご自身の経験上、医師も知識だけでは判断を誤ることがあり、医療においてもとっさの判断や大事な判断は感情や情動の役割がとても大切だと言われています。)

恐怖という感情が判断力を低下させて、命を左右する結果になった例があります。(略)感情の大きな揺れ動きは、人間の運命を大きく左右することがあります。ですから、感情をできるだけ穏やかに保つこと、そして、その前提として、人間が自らの感情の状態を理解するということがとても大切です。




本の中には様々な研究結果や実践を交えてのお話が

書かれていていて、それを上手くお伝えすることが

できなくてもどかしいです💦

「身体」「感情」「知性」が別々のものではなく、つながって

いるということを改めて考えさせられました。

子どもの内側から発せられる身体の欲求を満たすこと

は大人の責任でもあると思います。「危ないから」

「汚いから」「迷惑をかけるから」等、大人が面倒なことを

禁止することは、もしかしたら子どもの発達を阻害する

要因になっているのかもしれません。



昨日、発達に凹凸のある子どもさんのお母さんが

このようなことを言われていたのが心に残りました。

「発達障害は親の責任ではありません。といろんな

本に書かれていますが、実際には子どもの育つ環境

としての親の責任は大きいですよね」というような趣旨

のことを話されました。私も感じていたことですが

発達に多少の凹凸を抱えている子はたくさんいます。

しかし、育ちの中で上手くいっている子もいれば

二次障害や三次障害までひき起こしてしまう子もいます。

その違いは何か?と考えたときに親や親を支える周囲

の役割の重要性を感じています。

発達に凹凸のある子ほど、子どもの身体の声、心の声を

いかに大人がキャッチするかが大事だということを

様々な子ども達と接するなかで学びました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どもの身体について
身体運動の繰り返しで獲得する力

あそびのアトリエで、たくさんのおもちゃがあるにも

かかわらず、「お外に行きたい!」という子ども達がいます。

そう言う子どもの背景を「なんでかなぁ」とよく観察してみると

雨で外遊びが不足していたり、飛躍的に身体運動が伸び

ようとするときだなぁと感じます。

年中さんが玉入れをしているとこと↓

IMG_20170623_155850.jpg

「投げる」「的に入れる」という二つの行為を同時に

できるようになるには、年齢と経験が必要です。

年中さん達は、元気よく投げることはできても

的に入れるとなると苦戦します。逆に的に入れること

に意識がいくと、投げるというよりも、できるだけ近い

所で的を引き寄せて入れようとしたりします。



年少さんがケンケンをしているところ↓

IMG_20170621_164303.jpg

はじめはぎこちなったケンケンが何度も何度も続ける

うちに、だんだんとスムーズになってきます。

地面に描いたケンケンの〇とにらめっこしながら

言葉と目で確認して「ケン」「ケン」「・・・・・パァ」と

ゆっくり ゆっくりやっていきます。何度も繰り返すうちに

目で確認しなくても、リズムを言葉にしなくても

スムーズにできるようになってきます。

こういう身体運動も記憶の一つと考えられていて

「意味記憶」や「エピソード記憶」とは大きく異なった性質を

持つ「手続き記憶」と言われるのだそうです。

手続き記憶とは、歩く、自転車に乗る、車に乗るなどの身体

技能で、いったん憶えると忘れることがない。

身体が記憶しているので普段の生活の中で、いちいち脳を

使わなくても済むということなのだそうです。

人が限られた資源の中で、いかに効率よく「脳」を使うかは

とても大切なことなのかもしれません。

例えば、勉強をする時にいちいち「鉛筆は右(左)手でもって

親指と人差し指でおさえて中指で・・・・」なんて頭で考えて

毎回やっていたら大変なことです。

手続き記憶を獲得するためには、普通長期にわたる練習が

必要で、例えば「歩く」という当たり前の動作も、歩き始めた

1歳児さんにとっては非常に困難で、懸命の努力の末に

獲得される技能です。

手続き記憶は、言語化が難しく、バランスの取り方や体重移動

身体のどの部分をどのように使うのかなど、言葉で精確に説明

できません。ブランコの乗り方や自転車の乗り方も説明できない

ですよね。

人の記憶にはたくさんの種類があり、分類の仕方も研究者に

よって違うのだそうですが、そいう科学的な手がかりを参考に

しながら、子どもの行動をみていく視点も大切にしたいと

考えています。


現代社会は、狩りで獲物を射止めるとか。危険なことを

回避するという場は激減しましたが、人間の歴史の中

では狩りをして食事をしていた時代もあり、野山を

飛んだり跳たりする身体能力も必要だったでしょう。

繰り返しの中で獲得する能力を子ども達は遊びの中

で獲得しているようにみえます。


付け加えますが、繰り返しの活動の中には「やりたい!」

という子ども自身の内面からでてくる欲求が大切だと

考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どもの身体について
ヨガのポーズ~2人で協力して~

ヨガの本の写真を見ながら2人で協力して

写真と同じポーズをしています。

CIMG6202.jpg

CIMG6203.jpg

CIMG6204.jpg

CIMG6205.jpg

CIMG6207.jpg


2人で話し合ってジェスチャークイズ↓

CIMG6208.jpg

次のクイズ↓

CIMG6211.jpg


心身ともに健康な子ども達です!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どもの身体について
小さい子も、体を動かすのが苦手な子も遊んでます!

4歳になった☆ちゃんツイスターゲームで

指定した色にジャンプ

前後にジャンプ

元気いっぱい

CIMG5657.jpg

小学生は6年生と1年生も一緒に~

CIMG5659.jpg

CIMG5662.jpg

ちょっと自信のない子はルーレットを回す役をやり

コミニュケーションをとっています。

「できそうかな?」と思った時に参加する子もいます。


ツイスターゲームは

●姿勢が崩れやすい子

●運動全般が苦手な子

●ぶつかる・転ぶが多い子等

ボディーイメージをつくるのに役に立つ。

効果としては、体の動きが全体的に柔軟になり、幅広くなる。

前庭覚もよく働くため、バランスをとる力がアップ。姿勢の改善

にもむずびつく。市販品ということもあり、練習ではなく遊びと

して入っていきやすい。

             
「感覚遊び・運動遊び」より抜粋

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どもの身体について
感覚とは?

感覚とは、体の外から入ってきた刺激を、脳で情報として

受け止め、処理することです。たとえば、においがただよって

きて、くさいと感じることも、感覚の一種です。

感覚にはさまざまな種類がありますが、実感しやすいのは

視覚や聴覚などの「五感」です。五感の乱れは周囲に気づかれ

やすく、比較的容易に対応してもらえます。

感覚の働きにドラブルがある子も、年齢や体の状態にみあった

適切な感覚情報を処理する経験をつむと、感覚の乱れが調整

されていきます。

 
 視覚や聴覚などの五感と違い、自覚しにくい感覚が3つあります。

その三つの感覚にトラブルがあると、生活上の困難が生じやすく

なります。

固有覚→筋肉や関節の動きを詳細に感知する感覚。

   この感覚が働いていない子は動作が雑になったり、加減

   ができなくなる。

触覚→触覚には自らさわるときの「アクティブタッチ」

   と、さわられて感じる「パッシプタッチ」の二つの使い方

   がある。どちらのときも脳の原始系と識別系が働いている。

前庭覚→いわゆるバランス感覚。姿勢の維持や目の

   動きのコントロールなどに関わっている。

上記の自覚しにくい3つの感覚は、ほとんど無意識に用いられて

います。専門家から説明を受けて、はじめて気づくのが普通です。

三つの感覚がうまく働かなくなることは、子どもの姿勢の崩れや

過敏な反応などにつながります。そういった状態になると

適応行動のつまずきが生じて、子どもが叱られたり、親が「しつけ

がなっていない」と指摘されたりしがちです。

いずれも誤解ですが、本人も親も自分のせいだと感じて、悩んで

しまいます。その悩みを解決するためには、三つの感覚をととの

える必要があります。


         木村順著「感覚遊び・運動遊び」より抜粋




私が最近、子どもの体についてこだわっているのは、4年前に

リボンクラブに通ってくれていた〇ちゃん(現在4年生)のことが

きっかけです。(お父さんの転勤のため引っ越し)

〇ちゃんのお母さんから、最近電話でこんな話を伺いました。

あそびのアトリエに通っていた4,5歳のときも発達に問題が

あり療育にも通われていました。

小学校に入ってから現在も療育や支援を受けながら普通

学級に通っています。

4年生になって赤ペンの訂正が多くなり、そのことでお母さんが

〇ちゃんと話をしているときに、赤と黒の識別が分かりづらい

ことが判明、他には緑が黄土色に見えるなどの色の認識の

違いがわかったのだそうです。

以前から病院で「色弱」という診断はついていて、お母さんも病名

は知っていたのですが、赤と黒の区別がつきづらいことは〇ちゃん

の話からはじめて知ったのだそうです。

眼科の先生は診断名を付けるだけが仕事、学校の先生も療育の

先生も知らなかった・・・これだけいろんな情報がある社会で

一番大事なことが抜け落ちていたのです。

先生がどんなにわかり易いように訂正しようとも、当事者にとって

は色の区別がつかないのだから意味がありません。

当事者に努力が足りないとレッテルを貼られることになるかも

しれません。

病名よりも、みんなと同じことができるよりも先に、〇ちゃんが

何で困っているのかをキャッチする大人の存在がいかに重要か

を痛感しました。

自分の体を意識すること、困っていることを言葉で伝えることは

大人でも難しいことです。

日常的に子どもにかかわる大人(親や先生)は、子どもをよくみて

「あれ?なんでかな」と疑問を持ち

「どうすればいいのかな」と一旦考えること

大事だと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どもの身体について
| Top Page | Next