TOP食について



梅の季節

義理母の畑で収穫した梅

IMG_20170519_072711.jpg

梅ジュース、梅干し、カリカリ梅を仕込み中↑

週末には子ども達と収穫して梅ジュースを作る予定です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
簡単蒸しパン作り

実験のようにも見えますが・・・

子ども達の要望でおやつ作りをしています。

IMG_20170227_160102.jpg

紙コップにホットケーキミックス30g、牛乳30g

ココア少々、チョコチップを入れてかき混ぜます。

あとはレンジで1分半チンすれば簡単蒸しパンの

出来上がり!

「あと何gで30gになるかな?」

「ホットケーキミックス30gと牛乳30g合わせて何g

になるかな?」とワイワイ会話をしながら作りました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
コロコロオムライス作り

〇ちゃん(5歳)はお絵描きが得意で細かなところまで

描きます。↓

IMG_20170218_103019.jpg

☆ちゃん(5歳)は社交的でパワフルな女の子

今回、☆ちゃんの提案でオムライスを作る計画をたてました。

☆ちゃん、はりきって炒めています。↓

IMG_20170218_103038.jpg

☆ちゃんと〇ちゃんと◇君3人でタコ焼き機を使って

コロコロオムライスを作りました。

写真を撮りそびれたのが残念


細かいことが苦手な☆ちゃんは、作る過程で

卵割で失敗をしたり、卵液を注ぎすぎたり・・・

いろんなハプニングがありましたが、みんなで

美味しいく食べることができました。

よかったね

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
そら豆収穫~感情と結びついた体験とは?~

そら豆の収穫時期です。

「お豆さんは何人家族かな?」

「どんなベットかな?」

「赤ちゃんいるかな?」など、

いろんな会話を楽しみなながら豆の皮むきをします。

CIMG7701.jpg

実際にオーブントースターでお豆を焼いて食べます。

小さい子ども達も美味しく食べてくれました!!


その後、お豆はどんなところになってるのかな?

「土の下?木の上?・・・」とイメージを膨らませて

収穫にいってみました。

空に向かって豆が生えるから「そら豆」と言われる

そうです。

とれたよ!!↓

CIMG7714.jpg

たくさんとれたね!↓

CIMG7712.jpg

袋に入れてパパにお土産をもって帰ろう↓

CIMG7702.jpg

今年はできるだけ、まずはそら豆を食べてから収穫して

みることにしました。

ただ「お豆ちぎりをするよ」と言ってちぎった時よりも

あきらかに、ほとんどの子ども達が目的をもって

しっかり収穫している姿がみられました。

「豆ちぎりをするよ」と言葉だけで行動したときよりも

「美味しかった」という感情が基盤になった方が活動

がより主体的で目的を持つことができます。


この時期の子ども達(2~3歳)のかかわりで困ることは

大人の指示通りに動いてくれなとい…う悩みをよく

お聞きします。この頃、自我が芽生える時期で、一般に

言われる「反抗期」ですが、子どもは自分で考え、自分の

意志で動きたいという気持ちが育ってくるので

「イヤ、ダメ、チガウ」を言いながら大きくなります。

一方で「楽しい」「美味しい」「面白い」という感情が、自主的

なやる気や意欲を育て、否定的な感情を小さくしてくれる

ようです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
べっこうアメ作りから感じること~

5歳児さんのべっこうアメ作り

砂糖と水を入れて煮ます↓

CIMG7595.jpg

白っぽい色から黄色く色づいていきます↓

CIMG7596.jpg

ペーパーの上にアメを流して冷やします。↓

CIMG7598.jpg

小学生の子ども達はイチゴアメを作りました。↓

CIMG7606.jpg

どんなお味?↓

CIMG7607.jpg

べっこうアメ作りは子どもたちの要望でときどきやりますが

どんなに注意をしても必ず誰かが火傷をしてしまします。

実は私もその一人・・・アメの場合、熱湯よりもあつかい

にくく、高温のアメが指にくっつくと、指でアメが固まる

ために火傷がひどくなります。

アメを食べたければ、とにかく私の話をよく聞いて

注意して取扱うようにしてもらっています。

その時の子ども達は、真剣な表情です。

何かを達成するためには、いろんな我慢や努力が

必要です。そして何よりもそこに子ども達の意志が

あることが大切です。

火傷というリスクはあるものの、子ども達が立ち向かう

意志があるとき、大人もそのリスクを背負う覚悟と

出来る限り危険を回避できるように注意払わなければ

いけません。

べっこうアメ作りの火傷は大したことはないのですが

やはり、少しの火傷でも傷の痛みはあります。

このような経験は子ども達にとっては大切なことと

いえども、これは親御さんの理解があってできる活動

でもあります。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:食について
| Top Page | Next