TOP番外編



お正月に本を読みながらぼ~っと考えたこと

お正月に解剖学者の養老孟子さんと生物学者の池田晴彦さんの本を読みました。

お二人の物言いは、とてもはっきりしている一方で、自分が分からないことに関してはとても謙虚に言葉にされているところこに共感します。これだけの方の叡智を持ってもこれから先のことはわからない・・・。そんな時代を生きぬいていかなければならない私達はただ流されて生きていくのではなく、自分の心に引っかかるものを感じ「なんで?」「どうして?」という疑問を持ち続けて考えていくことが大切なのかもしれません。以下養老孟子さんの言葉をご紹介します。


ボクは78歳、小学生2年の時に戦争が終わった。その頃のみんなは生きるのに必死だったから「子供はなぜ勉強しないといけないの?」と聞いたら『そんなくだらないことを聞くんじゃない』と言われておしまいだっただろう。でも「そんなくだらないことを聞くんじゃない」ということは「考えるな」ということではない。お父さん、お母さんに聞いても「そういうものだよ」というだけでちゃんとした答えではないかもしれない。もし、それに納得したら考えることを止めることになる。納得せずに疑問を持ち続けることが大切。

勉強とは山に登ること。高いところに登って視野を広げること。見える範囲が広がることは人間として成長すること。

「なぜ勉強をしなくちゃいけないの」という疑問は「勉強をしたくない」ということかもしれない。そもそも学校という場所は子供に向いていない。子供はじっとしているなんてできない。それなのに、1日6時間も姿勢よく座っていることはできない。でも行かなくちゃならないから、学校はがまんの場所、我慢の練習だと思うほかない。社会に出たらいろんなガマンをしなきゃならないからね。

でもガマンと勉強は違う。

ぼくは子供のころムシが大好きだった。「くだらないことばかりしているんじゃない」とよく叱られた。でもムシのことを徹底的に調べようと思うと、いろんな知識が必要になる。標本を作るときの化学薬品や英語など。好きなことを徹底的にやろうとするとなんで数学をやらなきゃいけないのか、社会という教科がどういうときに役立つのかがわかってくる。学校での勉強が役立つときがやってくる。

答えよりも考えることが大切。いま、世の中がどんどん便利になっている。ボタンを押すだけで機械が何でもやってくれる。何かを調べるんだったらすぐに誰かが教えてくれる。

これが進むと人間がいなくてもいい世の中になってしまう。それってよいことだろうか?

人間が必要ない社会が本当に良い世の中なのか。ちょっと難しい問題だよね。

きっと答えなんかない。学校の勉強ではどんな問題にも答えがあるはずって思うけれど、世の中いつも答えがあるとは限らない。むしろ簡単に出てくる答えほど怪しいと思わなきゃいけない。テレビで偉そうなことを言っているコメンテーターの意見も疑って聞くべきだ。自分で考えることを大切にしてほしい。そもそも「なぜ勉強をしなくちゃいけないのか」という疑問に「答え」はない。でもその疑問を持ち続けて、考えることが大切なことなんだよ。





池田晴彦さんは「驚くべき乳幼児の心の世界」の著者ヴァスデヴィ・レディさんが来日された時の講演会に参加されていてその感想も述べられています。(一昨年の赤ちゃん学会で講演会の宣伝をしてあり、「行けたらいいな~」と漠然と思いつつレディさんの本を購入。こんな形でレディさんと出会えるなんてちょっとラッキーです)以下池田さんの言葉をご紹介します。




レディは乳幼児の心の研究者で、乳児と対面でコミニュケーションすること(二人称的アプローチ)により、1歳未満の乳児が、恥じらい、見せびらかし、おどけ、からかい、さらには他者の行為や応答への期待や予測を見せることを発見した女性である。

 従来いわゆる「心の理論」すなわち他者の心の状態(目的、意図、志向、疑念など)を推測する心の機能は、ヒトでは4歳くらいになって出現すると考えられていたが、レディは1歳未満でこの機能が獲得されていることを示したのだ。そのためには他者との二人称的なかかわりが極めて重要らしい。このかかわりが何らかの理由で阻害されると、乳児の心は上手に発達せず、自閉症に代表されるような状態が現れるという。

 一般的に乳幼児は1歳くらいにならないと意味のある言葉を喋らないので、心の発達は言語の獲得に先行するのである。多くの人は言葉によってコミニュケーションするので、言葉がないと正確なコミニュケーションはおろか、相手が何を考えているかも分からないと思いがちだ。しかし、事実は言葉がない方が深いコミニュケーションができるのではないかと、私は思う。(略)

赤ちゃんとお母さんや、ペットと飼い主のコミニュケーションが、きわめて親密なのは、言葉を交わさないからだと思う。





養老孟子さんはこうも言われています。



意味のあるものだけに取り囲まれてしまうと、いつの間にか、意味のない存在が許せなくなってくる。その極端な例が神奈川県の相模原市で生じた十九人殺害事件であろう。障害があって動けない人たちの生存に、どういう意味があるのか、そう犯人は問うた。

 その裏には、すべてのものには意味がなければならない、という暗黙の了解がある。さらにその意味が「自分にはわかるはずだ」という、これも暗黙の了解がある。前段の「すべてのものには意味がなければならない」までは信仰として許される。しかし第二段の暗黙の了解が問題である。「私にはそういうものの存在意義がわかりません」。そう思うのが当然なのに、自分がわからないことを、「意味がない」と勝手に決めてしまう。その結論に問題がある。なぜそうなるのかというと、すべてのものに意味があるという、都会と呼ばれる世界を作ってしまい、その中で暮らすようにしたからである。意味のあるものしか経験したことがない。そういってもいい。

山に行って、虫でも見ていれば、世界は意味に満ちているなんて誤解をするわけがない。





「学ぶとは何か?」「言葉とは何か?」「意味のあるものとは何か?」考えさせられます。

私は学校の成績が一番だとは思っていませんが、人が生きるための知識や考える力は重要だと思っています。そして「遊び」や「学び」という言葉に対して、人それぞれの考えが違うことにも気付きます。「遊ぶこと」と「勉強」が対立するように解釈している人、逆に「遊びは学び」と同等に解釈している人・・・どちらの解釈にしても一見「そうだよね」と表面的な言葉だけで合意をしているようにみえても、言葉の限界や溝を大きく感じることがあります。

言葉を通じで同調することも日本的な思いやりかもしれませんが、「自分はこう思う」とか「何でだろう?」という思考は育ちませんよね。逆に違うのが当たり前で相違点を見つけた方が、より言葉に敏感になり、よく考えるようになり、本当の意味でのコミニュケーションになるのではないかと思います。

それから私が一番危機感を感じていることが、養老孟子さんが言われるように「意味のあること」に大人が執着をしていないかということ。私も常々気を付けなければいけないことなんですが、「子どもの行動や遊びには大事な意味があります」と言いつつも、まだまだ分からないことだらけです(わからなくて当たり前かも💦)。大人が理解できる行動であれば安心して見守れます。でも、子どもはそうそう思い通りにはいきません…「駄々をこねたり」「いたずらをしたり」「言うことを聞かなかったり」「奇声を発したり」そんな子どもの行動を大人は「意味のないこと」ととして受け取り、すぐさま意味のある行動に修正しようと躍起になっていないでしうょうか?私は心に余裕のないとき時々そうした気持ちと葛藤することがあります。
「意味のあること」を全て否定するわけではありませんが、以前からもありましたが、近年加速するように、乳幼児の育ちにまで意味のあることを求めたり、意味のあることをやらせたり…子育てにゆとりや余裕というものがなくなりつつある世の中の雰囲気の息苦しさを感じます。

迷いもブレもない人はとても魅力的で頼りがいがあって安心できるようにみえますが、実際のところそんな神様のような人はいるのだろうか?とも思います。
現実には、迷いながら寄り道をしながら意味のないことをたくさんしながら、自分というものを確立していくしかないのかなぁと感じる今日この頃です。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
2017年お世話になりました!

2017年も“あっ”という間の1年間

今年も最後まで子ども達の笑顔と一緒に仕事ができた

ことに感謝します。



一昨日午前の2,3歳の子ども達

マグネットの魚釣りに夢中↓

IMG_20171226_114403.jpg

2歳児さんは3歳の子に強い憧れがあるために

お兄ちゃんがもっているものは何でも欲しくなります。

まだ譲ることができない3歳児さんも、怒ったり、泣いたり

して抵抗をします。何度かそんなやり取りをしながらも

お互いに刺激を受け合いながら遊ぶ姿が印象的。

少し落ち着いたところで絵本「11ぴきのねこどろんこ」

を読んであげると、3歳の子はじっくりと聞き入っていました。

「この年齢の子ども達、きょうりゅうのジャブみたい

でしょ?!」とママに言うと、すごく納得いかれた

ようでした。


一昨日午後の4歳児さんの双子ちゃん↓

IMG_20171226_144344.jpg

ゴム銃を見つけて大喜び。ロフトベッドから狙い撃ち

2人で交互に使っています。苦戦しつつも銃にゴムを上手に

引っかけることができます。他に蛇やゴキブリのゴム製の

おもちゃを見つけて、それを持ってママや私を脅かして

大喜びする二人。まるで「かいじゅたちのいることろ」の

マックスのよう!「かいじゅたちのいることろ」の絵本を

読んであげると二人とも熱心に聞き入っていました。


大暴れして落ち着くと…積木の構成遊びに夢中↓

IMG_20171226_152156.jpg



昨日の午前中は、パワー全開年長さんの男の子3人組💦

カプラのお城を作って対戦です。宇宙大好きな男の子は

ロフトベッドの上から大きな隕石を作り(新聞を丸めたもの)

隕石が落ちてくるという設定で私のお城を狙ってきます。

いつの間にか3人が結託して私のお城はすぐに崩されて

しまうという結果に…みんなで大ハッスル。


引き続き午後からのおひさまクラブもこれまたパワー全開💦

お天気も良かったのでおばぁちゃんの畑にあるパール柑の

収穫に行きました。↓

IMG_20171227_153056.jpg

大きめのミカンに子ども達のテンションも上がります

IMG_20171227_152906.jpg


IMG_20171227_152927.jpg

おひさまクラブの小学生は

ボードゲームやカードゲームをしたり~

IMG_20171227_142744.jpg

外で遊んだり~

IMG_20171227_161405.jpg

今年最後のおひさまクラブを満喫して帰りました。


1年間お世話になりました。
 来年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
虹色教室奈緒美先生の記事紹介「子どもとの間で生じる『力のゲーム』から抜けるには?

親子関係がこじれたとき「母対子」という単純な関係

だけで解決できない問題があります。

まして「子ども」だけの問題にしてしまうと、ますます

問題はこじれてしまい根本的な解決に至らないことも…

奈緒美先生の記事とても興味深かったのでご紹介します。

子どもとの間で生じる『力のゲーム』から抜けるには?<1>

子どもとの間で生じる『力のゲーム』から抜けるには?<2>


記事とは関係ありませんが、奈緒美先生のレッスンに参加

してモーターで遊べなかった年長さん達。お友達がモーター

で遊ぶ様子をみていて実は自分もやりたかったのだとか💦

ということで、うちにあるモーターでチャレンジすることに!

お友達が作っていたものを思い出しながら熱心に作って

いましたが、なかなか上手くいきません。

たまたま土台を紙コップにしてみると、モーターの振動で

紙コップが動き出しました。制御不能のロボットのように

クルクル回ったり予測不能な動きが面白い!!

プロペラを外すと動かない。土台が重たいと動かない。

プロペラの重さや大きさを変えてみたり・・・2人とも

創作意欲に火がついてそれぞれ面白いロボットを

作って持って帰りました。いつも一緒にリボンクラブを

やっている〇君のことを思い出し「○君もいいなぁって

いうかな?」と参加していないお友達の反応も想像し

ながら作っていました。

たくさんあるドングリの中ではどんな動きをするのかな?

その後☆君はドングリくっつき箒を開発していました↓

IMG_20171211_155410.jpg

予測不能の動きが面白い↓

IMG_20171211_155257.jpg

後半は☆君が最近覚えた将棋をやることに~

◇君もはじめてながらも熱心に取り組んでいました。

IMG_20171211_162550.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
マイコさんの記事を紹介

マイコさんがとても大事なことをわかりやすく書か

れています。ぜひ読んで下さい。↓
           
褒めすぎはキケン!? 「不幸せな子」にしてしまうママのNG行動4つ&自分で幸せをつかめる力を培う







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
奈緒美先生お泊りレッスンの感想紹介します。

奈緒美先生のお泊りレッスンの感想を頂きました。
素敵なコメントを頂いたのでご紹介しますね
(*文章は一部抜粋したり名前を変更していますのでご了承下さい。)





とっても楽しい2日間でした。ありがとうございました!一人っ子の娘にとっては、みんなとワイワイできる貴重な2日間でした。プラネタリウム!よかったですね。大人もきらめく星と惑星にワクワクしました。こんなことができるんだ~。と感動でした!

親の理想や希望とは裏腹に、奈緒美先生のレッスンに、ことごとく参加スルーしていた娘。
途中、私がイライラしましたが(せっかく来たのだから元とってほしいみたいな)意外と、娘は、自分から、帰りの車の中で、来年も行きたいと言いました。
「今度は、奈緒美先生がいる大阪に行ってみる?」と訪ねたところ、言葉が通じないかもしれないと心配していました。どうも、飛び交う大阪弁にびっくりしていたようで、「あかんよ!あかんで!」とお姉ちゃんたちが言ってたのにかなり驚いたようです。
いろんな気付きがあるもんですね。

ほんとにノンストップの2日間、全身全霊で子供とママに向かい合ってくださるお二人の先生にありがとうの気持ちでいっぱいです
これからもよろしくお願いします。




先日は本当にお世話になりました。ありがとうございます。

バタバタとあっと言う間でしたが、○も私も、少し世界が開けたというか、、孤独な子育てをしていた私には、本当に新鮮な週末でした。

なおみ先生にも、直接お礼を言えず残念でしたが、是非またお会いできたらと思います。

飛び込み参加でしたが、快く引き受けて下さり、感謝いたします。
荒尾教室のブログ、毎回楽しみに拝見しております。

帰る直前に、ぐずる○と私のそばに寄り添い話を聞いてくださったお母さんとても心強い言葉を掛けてくだって、、、感謝です。ありがとうございます、、

気持ちをわかって下さる方がいるのだということが、こんなに励みになるとは思いませんでした。

沢山ご迷惑お掛けしたと思いますが、皆さまに感謝いたします。
ありがとうございました!!




楽しい2日間でした。ありがとうございました。

年齢も幅広く個性豊かな子供達は本当に可愛かったですね。

大人はそれぞれ子供達に理想を描いてしまいがちですが、子供達は一人一人才能を持ち性格も様々ですから個々の育ちが大切にされる世の中になると良いですね。

私自身、子供への理想はありますが、それを子供に押し付けるのは自分の自己満足でしかないので、お母さんはお母さん、貴方は貴方。と子供に対して自分の理想を押し付けないように努力はしますが一応『お母さんはこういう性格だから貴方に色々言ったり思ってしまうけど、それはお母さん自身の意見だから、貴方は貴方自身で考えて思う事を選択して良いんだよ。』と念押ししています。だってつい願望を口にしたり心の中で思ってしまいますからね。

子供の年齢と発達にしても、だいたいこの年齢ならこういう事をする、出来るといったものにも神経質になり過ぎない方が良いかなと思っています。勿論、出来ない事が出来ないままで良いという事ではなく、それよりもその子がその時に一番興味があるもの、好きなもの、楽しめるものを思う存分どっぷり出来る環境を作ってあげる方が良いのではないかと考えています。
興味が一つだけでずっと続く子もいれば、色々と移っていく子もいると思いますが子供が熱中したい時に熱中出来る環境があればその子は本当に幸せですよね。付き合う親は大変な事もありますが無理せずとも出来るだけで良いと思うんです。自分が出来るだけ付き合う。後は子供に任せて。年齢によるとは思いますが少しでも子供が本当に欲している事に没頭できる環境があるといいかも。と思います。大人が興味を持たせたい事ではなく、あくまでも子供自身の内からの発信に応えてあげる環境ですね。
特に心の優しい子供は親の思いを汲み取って生きてしまいがちだと思うので、そういう優しい子供にこそ自分が心から興味を持てるものに出会ってどっぷり浸れる環境で短期間でも良いから過ごして欲しいと思います。

何が正しいかなんて分かりません。大人だって日々試行錯誤だし溢れんばかりの過多な情報に惑わされそうになる事も不安に押しつぶされそうな事だってあるはずです。
でも、大人がそれに振り回されて子供の本来の育ちを妨げないような環境が増えるといいなと願っています。

子供は皆良いものを持っていて、勿論、善も悪も持ち合わせていて環境に左右される事もあれば性格だって違うので同じ親で同じ環境にいても違う人生を歩むと思いますが、ただ自分の内なるものを大切にされた子供は例え思い通りにいかないことがあっても自分で生きていく強い力がつくのではないかと私は思っています。
結局これも私の願望ですが。




コメント頂いたお母さん方ありがとうございました。

こうして交流をすることで新たな気付きがありますよね

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
| Top Page | Next