TOP番外編



大人の責任と勇気

夏休みの企画を子ども達と考えているところですが、

どこか近隣でキャンプらしきものができることろはないか

と探していましたが、この暑さで、さすがにテントで寝るの

は厳しいようなので、今回はキャンプ場でのお泊りは断念

し、いつものようにあそびのアトリエでお泊り会にすること

にしました。みんなで楽しい企画を考えましょう!



ここからは余談ですが・・・でもすごく考えなければいけない

ことではないかと思っています。

今回会場探しにあたって、とても心が痛んだことがあり

ました。行政に委託をされた青少年の体験施設なので

いろいろ規則は厳しいのは当然だと思います。

それにしても、「野外炊飯をするならば周りの人の迷惑に

ならないようにして下さい」「虫取りをされるならば他の

方の迷惑にならないようにして下さい」「シャワーは体育

館を使用している人も使うので迷惑にならないようにして

下さい」等、いかにもこちらが悪いことをするであろうといわん

ばかりに注意の連発「人に迷惑かけるな!」と…

キャンプ場の断りの電話をかけたものの、私もカチンときて

「迷惑ってどんなことですか?」「何を注意すればいいんです

か?」「こちらも常識はありますよ」と言い返してしまいました。

それでも「いや!聞いてください・・・」とまくし立てて来られた

ので、私の言い分も言わせてもらいました。「子ども達が体験

するための施設ではないんですか?虫取りをするのに他の

団体に迷惑をかけないようにってどんな注意ですか?こんな

にがんじがらめに注意をされたら、せっかくの体験施設なのに

何もできないじゃないですか!何のための施設なんですか?」

という具合で・・・こちらがそまで言うと、相手の方も「いろいろ

わかっておられるので・・・」と弱気な姿勢に急変。

お互いに言葉や気持ちのすれ違いはあるにしても

子どもの活動を委縮させるような施設では、何のために税金が

使われているのかわかりません。もちろんルールや危険がある

場合の注意事項は謙虚に受け止めるの当然のことです。

よくよく施設側の言い分を聞いてみると、最近は夜に虫取りを

する子がいたり、迷惑をかける人が多いために、みんなに

注意をしているということでした。確かに昨今は大人のマナー

も悪くて管理する側はとても苦労されていることは想像が

つきます。

とはいっても、そこまで注意され続けると、真面目な人ほど

周囲に気を使って子どもを管理しなければいけなくなります。

施設を管理されている団体は子供向けの企画もたくさんされて

いる大きな団体です。こういう考え方で子ども達が管理されて

いたとしたら、何のための体験なのかわかりません。

子どもは失敗を許してもらえるのだろうか?イキイキと

活動しているのだろうか?自主的な活動はできているのだ

ろうか?と・・・心配をしてしまいます。

ショーケースに並べられた見栄えのいい商品(体験)の売り

買いをして満足しているのは売り手(企業)と買い手(親)

だけなのかもしれません。一番大事にしなければいけない

子どもの心身の成長はあるでしょうか?

あまりにも窮屈な社会に私自身も「虫取りくらいこちらの常識

で勝手にやらせて!もういい加減にして!!」と爆発してしま

いました。もしかしたら子ども達も日常こんな気持ちでいるの

かもしれません・・・😢

子どもが育つ環境は、大人の共通理解がなによりも大切で、

委縮した大人がさらに子どもを委縮させてがんじがらめに

してしまう構造を垣間見た経験でした。

子どもを守るためには、大人の責任と勇気が必要です。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
赤ちゃん学会行ってきました!

日曜日に「赤ちゃん学会の学術集会」に行ってき

ました。以前、講演にお招きした遠藤利彦先生の

講演も聞くことができました。

毎年のことですが、内容は盛りだくさんで、胎児期・新生児

からの医学的な研究、保育士さんの実践発表、地域で活動

されている虹色キャップの発表、睡眠と発達障害の関係

の研究、発達障害の診断の研究、遠藤先生方が研究さ

れている「アタッチメント」の最新の研究などなど・・・

あまりにもたくさんの専門的な情報が有り過ぎて頭の

中の整理はできないのですが、そうは言っても、あそび

のアトリエで「なんでかな?」「どうしてだろう?」と心に

とめていた疑問の答えやヒントが見つかることもあり

たくさんの収穫があります。


「乳幼児のおける赤ちゃんの情緒安定」という

ラウンドテーブルでは

1歳前後の3人の赤ちゃんがたくさんのおもちゃの中から

同じ色のおもちゃを持って遊んでいるシーン

2歳前後の子ども達が牛乳パックにストローをさす作業を

助け合いながらやるシーン

お散歩で段差をよじ上るのを子ども同士で助け合うシーン

など、どんなに小さくても互いに共鳴し合ったり、かかわり

合う姿が伺われました。何かを教えただとか、出来るように

なったとか華やかな報告ではなく、小さな小さな出来事を

とても丁寧に大切にされている様子が印象的でした。


「未就学児の理想の発達評価」というラウンドテーブルでは

発表者の方への小児科医の小西先生から、診断法に関

する厳しい意見がありました。診断方法だけが先走りをして

原因究明やその後のケアは全く遅れているのに、診断だけ

が先走りをしているなと感じているところだったので、とても

貴重な意見だと感じました。

つづく・・・

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
日本赤ちゃん学会 第17回学術集会 『あかちゃん~発達のなかの自律と共調』 in 久留米

今年の赤ちゃん学会は久留米であります。

昨日からの雨で久留米近隣はとても大変で被害が心配です…

明日、明後日は大丈夫だといいですが。

日曜日のある市民公開講座は無料で参加できます。

以前、講演にお招きした遠藤利彦先生もこられます。

ぜひ、参加できる方お勧めです!!



「アタッチメント(愛着)と子育て」

座長:小西 行郎(同志社大学赤ちゃん学研究センター)
   山下裕史朗(久留米大学医学部小児科学講座)

「アタッチメント(愛着)と子どもの発達」
友田 明美(福井大学子どものこころの発達研究センター)
「自己と社会性の揺籃としてのアタッチメント」
遠藤 利彦(東京大学・大学院教育学研究科)

市民公開講座参加費:無料
(事前申込等は必要ありません。当日、会場にお越し下さい。)
7月9日(日)13:30~15:30




今回の講座は「アタッチメントと子どもの発達」というテーマ。

母と子のアタッチメントの問題は、その後の子どもの人生に

かかわる大事ことだと考えています。

お近くの方はお勧めです!ぜひご参加下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
「虹色オンライン算数教室」紹介

虹色教室の奈緒美先生の虹色オンライン算数教室を始められました。

幼児期から小学6年生までの算数が分かり易く説明

されています。ぜひご覧下さい

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
素敵な出会い

虹色教室の奈緒美先生からお誘い頂き土,日に大阪に

行ってきました。

奈緒美先生のネットワークで、子どもの育ちに関心を持たれて

活動をされている方、勉強をされている方、虹色教室に通われて

いる方、海外からはマイコさんやシアトルで幼稚園の先生を

されている方・・・スカイプではお話したことはありましたが、

お会いするのははじめての方ばかり。みなさんあそびの

アトリエのブログを読んで共感して下さり、子どもに対する

価値観が近く、たくさんお話ができとても嬉しかったです

今回は親子レッスンという形式ではなかったのですが

子どもさんも来られていて上は15歳くらいから3歳まで勢ぞろい。

奈緒美先生は「みんな過敏な子ども達がそろって…と言われて

ましたが、子ども達は久々に親戚一同で集まったというような

和やかな感じでみんなおおはしゃぎ。おひさまクラブの小学生を

思わせるような元気パワーでした。

押し入れに入ったり、大きな子に小さな子がおんぶしてもらったり

追いかけっこをしたり、4階のテラスにキノコを採りにいったり

ウンコ大好き少年はウンコの絵を描いて自分の額に張り付けたり

大人が入ってはいけない部屋を作ったり・・・

大人の言うことは半分も耳に入らず、お友達と一緒に過ごすことが

こんなにも楽しくて、嬉しいことなのだなぁと感じました。

学校でもない、家庭でもない、第3世界で子どもは成長すると言わ

れます。お勉強や躾は家庭や学校で身に着けても、自主性や協調

性や思いやりの心、突然の問題にぶつかった時に考える力は、第3

世界の子ども同士の関係性の中で育ち合うものではないかと思い

ます。奈緒美先生はそいう子ども同士の関係性で育まれるものを

とても大事に考えられていることが伝わりました。

本当にすごいなぁと思いました。

そして、マイコさん達からは海外から見た日本の素晴らしさや

おかしな点を率直に話してもらいました。

日本で生活をしていると海外での子育てにも憧れますが

現実には人種差別の問題や経済格差の問題は日本より

深刻です。どこの国でも、子育ての苦労は同じで、共感す

る部分がたくさんあるから話がつきません。


翌日は、「みんぱく(国立民族学博物館)」に連れていって

頂きました。本当にとても素敵なところで、どのコーナーでも

「あそびのアトリエの子ども達にみせてあげた~い

きっと喜ぶだろうなぁ~」と思うものばかり!

見学しながらも話は尽きず、みなさまと様々な情報交換

ができたことを嬉しく思います。

慌ただしく、夕方の新幹線に飛び乗り、3時間ゆったりと

帰りましたが、最後の最後、家の玄関に着くなり「ウンコ

事件」が起こりました!大したことはないのですが興味の

ある方は何かの折に聞いてください(笑)



奈緒美先生には、このような貴重な時間を作って頂き

本当に感謝しています。

そして、今回出会えたお母さん方、子ども達、本当に

ありがとうございました。




世界の面白いもの珍しいものいっぱい

「みんぱく」でとった写真です。↓

IMG_20170702_124108.jpg


IMG_20170702_124045.jpg


IMG_20170702_123612.jpg


IMG_20170702_123604.jpg


IMG_20170702_123553.jpg


IMG_20170702_144502.jpg


IMG_20170702_133634.jpg


IMG_20170702_125735.jpg


IMG_20170702_125513.jpg


IMG_20170702_124942.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
| Top Page | Next