TOP描画・工作活動



道具を使って棚作り


新5年生の〇君は、ナルトのマンガを片付けるための

棚を作る計画立てました。

本の大きさを調べて何冊入れるかを計算し、何段の棚に

するかを自分で計算して、4段でマンガ本が100冊入る棚を

作ることにしました。

それに見合った廃材を見つけ出して、寸法を計っていると

我家の旦那さんが帰ってきたので、電動丸ノコや電動ドリル

等、私には使えない道具を出してもらって一緒に作業をしま

した。

寸法を図っていることろ↓

外寸、内寸があるのでそれも計算していました。

IMG_20170416_163037.jpg

しっかりと抑えて電動丸ノコで木をきります↓

IMG_20170416_163543.jpg

これも寸法をきちんと測ってドリルで穴を空けて

棚を組み合わせネジでとめます。↓

IMG_20170416_170812.jpg

自然な木材の風合いを生かした素敵な棚が

できあがりました。↓

IMG_20170416_171936.jpg

次回はニス塗りをする予定です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
(続)サイクロン掃除機どうやって作るの?

小学3年生の〇君

家でもサイクロン掃除機の下調べをして

はりきって作り出しました。

写真も撮ってくれとの要望で手順の写真どりは

私の担当です。

まずは、ペットボトルを3等分に切ります↓

IMG_20170311_134614.jpg

羽の部分はアルミ缶で作ります↓

IMG_20170311_135335.jpg

アルミ缶にコンパスを使ってペットボトルに入るくらいの

円とその中心の小さな円を描く。

八等分に線を引く↓

IMG_20170311_135549.jpg

中心の円を残して八等分にハサミできる↓

IMG_20170311_135716.jpg

扇風機を観察しながら羽の向きを曲げる↓

IMG_20170311_140119.jpg

排気口を作る。

ペットボトルのお尻の部分にドリルで穴をあける↓

IMG_20170311_142125.jpg

3等分にしたペットボトルの真ん中にゴミを遮断する

ネットを付けます↓(今回はストッキングを使用)

IMG_20170311_153656.jpg

写真に撮りそびれたのですが、ペットボトルのお尻の

部分にモータを付ける作業が大事なポイントです。

モーターの中心に羽を付けるのはグルーガンで簡単に

付きますが、ペットボトルのお尻の中心ににモータを付け

る作業が難しくかなり難航しました。

モーターの線はお尻の部分の穴から出しておくのも

大事なポイントです。

モーターのついた部分とネットを付けた部分をビニール

テープで合体↓

IMG_20170311_154008.jpg

ペットボトルのキャップにドリルで大きめの穴を空け

大きめのストローを差し込みます↓

IMG_20170311_154343.jpg

ストローとキャップの部分をボンドで固定

先端のペットボトルは取り外しにしてもいいし

ビニールテープで固定してもOK!

最後に電池を取り付けて、モーターの線とつなげば

掃除機完成です!!↓

IMG_20170311_160851.jpg

電池ボックスも買ってはいましたが、今回あえて電池と

モーターの線をビニールテープで付けるようにしました。

プラスとマイナスのつなぎ方で風の方向が変わるので

自分で付け替えて試してみるといろんな発見があります。



これだけに満足せずに、

3年生の〇君は学校で学習したことを実践で試そうと

アルミ缶を間に挟んで電流を流してみたり

アルミ缶を使ってスイッチはできないかと試行錯誤

していました。

持ち手を銃のようにして付けている子もいました↓

IMG_20170311_155835.jpg



3年生の子ども達が物を作る時は、学校で学んだことを

応用しようとしている姿や、電流の流れやモーターの仕組み

にも興味をもちながら作っている様子にとても驚きました。


やらされることに抵抗を感じている1年生は「え~これ作らな

んと?」と聞いてきたので、「別に作りたい人が作るから、作り

たくない人は違うことしてもいいよ」と答えると、安心したように

違う遊びをやっていました。はじめは作らずに、次に来た時に

チャレンジする1年生もいました。


興味を持って取り組み始めた2年生は、作りたい気持ちと、他の

遊びも気になり、間に「ちょっと外で遊んでから、また後で作る

ね」と言って休憩を入れる子、今まで工作をしていなかった子

(自信がなかったため)も、途中から「やっぱりオレもやってみ

よう」と挑戦してきました。


大雑把にですが「拒絶する1年生」「揺れ動く2年生」「しっかり

取り組む3年生」といった感じです。

しっかり取り組んでいる3年生も、同じような道をたどって今がある

なぁ~としみじみ感じます。

勿論、同じものを作らずに他の素敵な物を作った子達もいます。

人と同じものを作らずに自分で考えたオリジナルのものを作

れるなんてすごいエネルギーですよね!!


私にとっては、小さい頃からお付き合いをしてきた子ども達の

不安や葛藤や攻撃性のエネルギーが、物作りや創造性に上手く

昇華されていく様子をみることができるいい機会となりました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
ドライヤーができちゃった?!

ペットボトルであれこれやっていたら・・・

あれれれドライヤー?できちゃった!!

中にプロペラを付けて音がします。

風もきた気分?!↓

IMG_20170306_153721.jpg

こちらは年長さんがお絵描きをしてくれて

貼り付けてくれました↓

IMG_20170306_153708.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
ベルトコンベアーで~

雪だるまのベルトコンベアー(3歳児さん)↓

IMG_20170303_161524.jpg

四角い机があればビニールひもで簡単にできます。

「工場のベルトコンベアーで~す」と言って動かして

みせると、たったこれだけの仕掛けなのに子ども達

の目はキラキラ・ワクワク!想像の世界は無限に広

がります。


まだ年齢的に完璧なものができるわけではありませんが

考えを言葉にしたりイメージしたものを作るプロセスが

素晴らしい

回転寿司では、「お寿司をのせるお皿がいるね」

「新幹線が運んでくるね」、「ボタンがいるよね」とか

色紙を丸めてジュースの缶を作ると、「缶を入れる

ゴミ箱がいるね」等々…

子どもが着目したものにピントを合わせて一緒に考え

たり、作ったりしていく過程は大人もワクワク楽しいもの

です。子どもの考えを邪魔しないようにかかわりを持ち

たいですね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
モーターを使った工作~サイクロン掃除機&戦闘機

私が試作で作ったサイクロン掃除機をみて

3年生の〇君がチャレンジ!!

はじめは「できるかな~?」「わからんけんレオさんしてよ~」

と不安そうでした。でもやってみると…説明をよく聞いて

少し手伝ってもらっただけでほとんど一人で頑張りました。

   ↓

IMG_20170304_154515.jpg

2年生も~

ペットボトルに電気ドリルで穴あけ

慎重に~↓

IMG_20170304_163823.jpg

悪だくみの計画を大笑いして立てていた2年生の◇君も

いつの間にやら作り出しました。↓

IMG_20170304_154526.jpg

はじめは興味がなかった2年生の●君も作り出し

アルミ缶を円に切ってプロペラ完成

回ったよ~↓

IMG_20170304_163815.jpg

モーターでプロペラが回る戦闘機が出来上がり!

   ↓

IMG_20170304_170618.jpg

ペットボトルのサイクロン掃除機は小さなゴミは

本当に吸い込ま~す!!

戦国武将好きの〇君は君は自分で作った掃除機に

真田の家紋を付けて「真田掃除機」と名付けていました。

   ↓

IMG_20170304_161746.jpg


プロペラがペットボトルに当たったり、羽がちぎれたり

排気口が少なかったり、プロペラの精度が悪かったり

…いろんな失敗もありましたが、それぞれに調整をしな

頑張って作業をする姿に感動!

戦闘機を作った◇君も、オリジナルで羽や形を考えて

工夫して作る姿感動!

みんな成長しているなぁ~としみじみ感じる瞬間でした。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:描画・工作活動
| Top Page | Next