TOP未分類



今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます

  今年もよろしくお願いします。


お正月は、神社や墓参りに行き、実家に顔を出し、大型ホーム

センターに買い物にいったり、大切なお友達に会いにいったり・・・

お天気も良かったので気持ちよく行動できました。


久々に1日ゆっくり本を読む時間もとれました。

赤ちゃん学会に行ったときに買った本だったのですが

難しそうだったのでしばらく手つかずにしていた本なん

です・・・

経験を積んだ今だから、実体験と重ね合わせて

とても興味深く読むことができました。

松沢哲郎著「想像する力」は、

松沢先生ご自身、「人間とは何か」それをずっと考えながら

日本やアフリカでチンパンジーと寄り添う研究を30年以上

やってこられた経験をもとに、とてもわかり易く書かれてい

ます。

松沢先生の志や生き方にも感動です!↓

41MxNhmGa2L__SX351_BO1,204,203,200_

千住淳著「社会脳の発達」

「心の理論」について、もう一歩理解するにあたって

とても勉強になりました。少しだけ内容を抜歯して

ご紹介しますね。

「誤信念課題に通過しなければ、その個体は心の理論
を持たない」は必ずしも真ではないのです。実際、誤信念
課題に通過するには、心の理論以外にも、数多くの認知
能力が必要であることが知られています。(略)例えば、
「記憶能力」「言語能力」「実行機能能力(抑制、注意の切
り替え)」が必要です。もし4歳以前の子どもが心の理論を
持っていたとしても、これらの能力の発達が間に合わない
ため、誤信念課題に通過できない、という可能性も考え
られます。
他者の動きや意図、視線の理解などといった、心を読む
手がかりを処理する乳幼児の能力は、よく「心の理論の
前段階」として議論されてきました。

*「誤信念課題」については次回ご説明します。

社会脳の発達


どちらも人が社会の中で生きていくときに、大切なことは

何か?ということを考えさせられます。

そして、あそびのアトリエに通ってくる子ども達の行動で

私の中で引っかかっていた疑問がちょっとでも理解でる

発見があります。

例えば、「〇君の行動はこういうことだったのか!」とか

「☆ちゃんと接するときはこういうところに気を付け

たらいいのかな?」

「◇君の気持ちはこういうことだったのかな?」

等々…推測ではありますが、子ども達の気持ちに

少しでも近づけたようでとても嬉しくなります。


最近「老眼鏡」をかけて本を読むようになり

ちょつと複雑な気持ちにもなりますが・・・(笑)

まだまだ知りたい意欲は満々です!

今年も頑張ります

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
虹色教室奈緒美先生の本を紹介

子どもの思考力を育てるために何が大切なのでしょうか?

遊びや工作の中でどのようにして子どもの思考力が育まれるのか

が書かれています。ぜひみなさんに読んでほしい本です!

83303-1.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
(続)日本赤ちゃん学会 第16回学術集会「世界をつなぐ赤ちゃん」

「運動と赤ちゃん」のシンポシウム

ここでは、シンポジストとして元プロ陸上選手の為末大

さんのお話がありました。

為末さんは、オリンピックで400mバードル選手として

ご活躍された後、現在はパラリンピックに出場する選手

のトレーニングをされているとのことで、ご自身の様々

な経験から感じられたことをお話ししていただきました。

日本の選手はコツコツ練習を積み重ねる競技、スケート

やマラソン等は強いが、バスケやサッカー等の相手がい

て応用力のいる競技は弱いのだそうです。

選手は自分の体を意識しないとけないが、逆に意識

し過ぎると全くできなくなり、選手生命が絶たれてしまう

人もいる。意識をした上で、意識しないでできるように

なる…やはりプロって本当に厳しい世界なのだなぁと

いうことを痛感しました。

子どものスポーツ指導もされていて、手足の動きの

細かなことを言うとできなくなるので、オノマトペを

使って「ドーン」とか「ピョーン」とか言ったほうがイメ

ージが伝わってスムーズな動けるのだとか。

長嶋茂雄監督もオノマトペを使って指導されていた

そうですよ。


理学療法士の高塩先生のお話も興味深く

障がいのある子を正常に近づける訓練でいいのか?

という疑問を持たれ、高塩さんが所属されている

琵琶湖学園療育センターでは

脳性小児まひで動けない子が、安全で安心して移動

できたり、手足を動かしたりできる、電動車椅子による

サポートのおかげで、当事者の主体的な運動が見られ

るようになり、ビデオでの嬉しそうな笑顔が印象的でした。

寝たきりの姿勢から、安心できる、安定したサポートで

座った姿勢や立つ姿勢ができるようになると

自発的な運動がやりやすくなるのだそうです。
(これは私たちにも想像できます。)

指導者側主体の訓練ではなく、当事者自身の自主的

な動きを大切にされたサポートに感銘を受けました。


大阪大学の浅田先生はロボット工学の研究の視点

から話をされました。

運動があることで視覚情報が身につくこと、逆にいうと

視覚情報だけでは身につかないということです。

ロボットの2足歩行は難しいと言われていたが、1社が成功

すると、2足歩行は当たり前の時代になた。ロボットはパター

ン学習は優れているが、想定外のことや情緒面の学習は

まだまだ難しいのかなぁと感じました。



このように様々な視点からのお話に、頭の切り替えができ

なくてパニック状態です。

これらの貴重な研究をどう実践につなげていくのか・・・

毎回のごとく赤ちゃんについてはわからないことばかり

それが前提でこの赤ちゃん学会が開催されているの

ですが。


話は飛びますが…

「○○したら△△になります」「××したらIQ140になります」

というような幼児教室の宣伝文句、どうしそう言い切れるのか

不思議でたまりません。

美白化粧水、サラサラの髪になるシャンプー、ダイエット

や健康食品・・・一度は使ってみたけど、効果なかったわ~

ということないですか?

同じように、子育てや教育も安易にできるものではないと

思います。これだけの研究者の方々が日々研究されて

いてもまだまた解明できないことがたくさんあるのです

から。


私が一番残念だったことは、子育てをしている女性の

研究者が少なかったことです。ランドテーブルの司会

をされたNTTの研究職の麦谷先生でさえも、「保育園

が頼り、子育てに自信が持てない、罪悪感がある」と

いう母親としての本音を話されました。

毎年赤ちゃん学会に参加されている素敵印象の女性

なだけにショックな発言でした。

どんなに素晴らしい研究者といえども、母親の立場に

なると皆同じなのかもしれないなぁと感じました。

これからは、子育て中の女性の研究者の活躍を

応援したいものです。

赤ちゃん学会で購入した本はやはり女性の研究者

です。内容は難しいですが、乳幼児の心の世界を

細やかな視点で丁寧に探求されている素晴らしい

本のようです。(まだ途中までしか読めていません)

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
どんぐり倶楽部糸山先生のワークショップのお知らせ

今週日曜日にどんぐり倶楽部の糸山先生のワークショップ

があります。おひさまクラブの子ども達もゆる~くどんぐり

問題をやっているので直接お話が聞けるのはラッキーです!

私も参加申し込みをしました。楽しみです!!




*小学生の家庭学習についてのワークショップ*

  〜健全な思考力養成方法の理論と具体的手法〜

日時:2016.04/10(日)13:00-14:30<90分:入室は12:30〜>

場所:福岡市南区花畑2-21-33アンピール長住南:多目的ホール

0…親が知るべきこと…子供のエネルギー量とテンポ/双子でも異なる

1…一生守るべきもの…感味力/感じる力、味わう力。この感味力を守り育てなければならない。出力時の絶対必要条件となる最も大事な力

2…しつけの三段階/見ざる言わざる聞かざる

3…安定回路は同調されることで生まれる
安全時空間確保で安全回路ができる。安全回路と安定回路が作動していると、情緒の安定が生まれる。情緒の安定が入力の素地を育てる。入力準備ができたら、テンポとエネルギーを考慮して入力のみを行う。確認や出力はマイナス学習になる。具体物を連想しないで数字を扱うことや日常的な実体験で触れることのない物事の暗記などはマイナス学習の代表例となる。さらには、マイナス学習の筆頭であるスピード学習を加えたフラッシュカード学習や速読などは入力期には使ってはならない学習方法である。速度が要求される学習は、入力方法を確立した後で、強固にその方法が身についた後でのみ使うことが許される方法である。

目の機能確立の段階や時期や注意点などを眼科医の論文等で調べると納得できるでしょう。目の進化と視考力の進化は、使っている機能が同じなので同じような発展をします。

また、脳の構造的な役割分担の変化は、歯の抜けかわりという機能分担の変化と類似しているので歯科衛生の論文も参考になります。さらに、脳の働きを考える時には右脳左脳ではなく、前脳+後脳=大脳+小脳の働きの推移と役割分担と機能変化を理化学研究所の論文を参考に考えると、効率的な脳の役割分担とそのための進化方法がわかります。キーワードは「大脳の刺激拡張子統一理論…刺激の種類による拡張子の違いを統一する」「小脳モジュール」「思考のCMCC理論」「言葉のトリガー理論」「基本語義の再定義」…「記録と記憶と暗記」…「浅い理解と深い理解」…「浅い読解と深い読解」…「浅い思考と深い思考」「With Emotion」→「理論的な思考力養成をする時に感情の発育を妨げることがあってはならない」という、これまで不可能だった非常に難しい問題を克服できる学習方法が必要になった。
→どんぐり方式:言葉の説明や言葉よりも抽象度の高い数式での説明では理解不可能な年齢の時期に高度な思考力養成を可能にするのは、視覚思考である。しかし、その視覚思考を利用するだけでは、その時期に最も優先されるべき感情養成・安定、そして、その安定が可能にする高度な思考回路作成はできない。この難題を完璧にクリする方法がどんぐり式です。その理論が多少は難しいのは当たり前ですのでキッチリ学んで貰う必要があります。覚悟を持って集合...ですよ。

4...成熟順序「心→頭→体」自由でノビノビを掲げることは簡単であるが、頭の育成を含めた「自由でノビノビ」を実践しているところは見たことがない。そして、現実は、頭の育成をないがしろにされていると、結果として全体が壊れてしまう。感情過多の日常生活に困ってしまう「弱い子供」を育てかねない。頭の育成方法を知らずに過ごすことは、6歳までは手作り料理だったのに6歳以降はジャンクフードを見て見ぬふりして与えていることと同じです。6年間が水の泡ですね。

5…立式病の脅威…年長問題でも立式はまずできないという問題はゴロゴロあります。理系のお父さんでもお手上げです。絵図を参考にして立式して解くのは超簡単な問題だけに限られます。そんな問題は、どんぐりには殆どありません。反対に、絵図を最後まで使い切って止めない問題は世界にあり得ません。

◎今回は、大人用の説明ですので、実際の指導はしませんので、子供用の筆記用具は不要です。

6…日常生活という教育環境の変化を知らないと致命的な幻想教育をしてしまう…学校が機能していた時期の日常と機能していない現状の環境変化としての原因…ココを知らずに現代教育を語ることはできない。

7…視考力の誕生は、五億四千三百万年前のカンブリア紀に遡る。カメラ眼の誕生がキーポイントである。

8…幼児神話の崩壊

9…才能と弱点の勘違いがバランスを壊す原因となる理由

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
デジタル機器について考える

日曜日のNHKの朝の番組でふっと目にとまったのが

学習塾で最先端のデジタル機器を導入し、子どもの学習に

活用しているという内容のものでした。


タブレットを使って問題を解き、どの部分のどこでつまづいて

いるのかを細かく分析し、それを克服する問題に立ち返り

その子のペースで学習を進めていくというものでした。

子どもにしてみれば、自分のペースでゲーム感覚で学習が

できて、いつのまにか学力も上がるという仕組みです。

発達に問題をかかえた子ども達も、それぞれの長所を生かし

短所をデジタル機器でカバーしながら、自分の能力を発揮

していける時代になるのかもしれません。

すでにタブレットを導入しているという学校も新聞やテレビで

は見聞きするし・・・遠くない近い未来の学習方法なのかもし

れません。

番組で、そのソフトを開発されている方が言われていたのは

学習面で先生の仕事を効率化することで、もっと子どもの

心を大切にした教育に力を注げるのではないか・・・という

ようなことを話されていました。



雑談でそんな話をしていたら、リボンクラブのあるお母さん

が興味深い話をしれくれました。

自分がアイフォンを使ってみて衝撃を受け、その素晴らしさに

感動するとともに、子どもにどんな影響を与えるのか疑問

に感じネットで調べてみたら・・・アップルの開発者ステーブン

ジョブズやマイクロソフト社のビルゲイツは、我子の子育てに

はデジタル機器は使っていなかったのだとか・・・

私もネットで調べてみたら下記のような内容の記事が

たくさんあり驚きました。一部をご紹介します。




ジョブズ流子育て「子どもにはデジタル機器を触らせない

故スティーブ・ジョブズは、Appleの創始者としてiPhoneやiPadなど、たくさんのクリエイティブな製品を発表しました。
しかし、彼自身はデジタル機器を一切触らせない、アナログな子育てを実践していたそうです。

2011年に亡くなったジョブスは、テクノロジーに関して本能的な才能があったが、親としてはローテクを貫き、子どもたちの電子機器の利用を厳しく制限すべきだと固く信じていた。
(中略)
「スティーブ・ジョブス」の著者、ウォルター アイザックソンは、このアップル共同設立者の家で多くの時間を過ごしたが、そこで見たのは、スクリーンタイム(画面を見つめる時間)よりも、フェイス・トゥ・フェイス(面と向かった)の家族の会話を優先するジョブスの姿だった。

「お題」を決めて、家族みんなで食事を取りながらディスカッションしていたようです。
面と向かってのコミュニケーションを、とても大切にしていたことがわかります。

UCLA大学の研究者たちが最近発表した研究によると、数日間、電子機器利用を禁止しただけで、子どもたちの社交スキルがまたたくまに向上したそうだ。
このことは大いに考える材料を与えてくる。なぜなら最近のリサーチで平均的なアメリカ人の子どもは1日に7時間半以上スマホや他のスクリーン(テレビ、パソコン、ゲームなど)を見ていると言われているからである。

ジョブスとゲイツが厳しいハイテク機器制限を設定しているのなら、他のハイテク企業のリーダーたちはどんな子育てをしているのだろう。 ジャーナリストのビルトンは、ハイテク企業のCEOやベンチャーキャピタリストへの数多くのインタビューを通して、多くのハイテク企業リーダーたちも(スティーブ・ジョブスやビル・ゲイツと)同じような子育て戦略をとっていることを知る。彼らの多くは「子どもたちの画面を見る時間を厳しく制限し、平日は全ての小型電子ゲームを禁止し、休日にも厳しい時間制限を課している」のだ。

(アメリカでは子どもがスマホを持つときに下記のような約束を話し合う家庭が増えているそうです。)

スマホを持つ君へ~ママと君とのスマホ18の約束

1. これはママのスマートフォンです。ママが買って、あなたに貸しているのよ。だからママの言うことをよく聞きなさいね。

2. パスワードは必ずママに教えてね。

3. 電話が鳴ったら必ず出ること。画面に「ママ」や「パパ」と出ても、絶対に無視しないで、きちんと「ハロー」と応えてね。

4. 電源を入れるのは朝7時半から。夜は学校がある日は7時半に、週末は9時になったら、電源を切って電話を返してね。

5. 学校に持っていくのは禁止。友達とは面と向かって会話をしてね。

6. トイレや地面に落として壊したり、電話を失くしてしまったら、責任を持って自分のお金で修理・弁償すること。お金が必要になるから、草むしりや赤ちゃんのおもりをして、おこづかいを貯めておくのよ。

7. これで人を騙したり、馬鹿にしたりするのは禁止。常にいい子で、誰かを傷つけるような会話には入らないこと。

8. 面と向かって言えないことは、これでメールをしてもだめ。

9. 相手の親に言えないようなことは、メールしてはだめ。自分自身で厳しくチェックすること。

10. ポルノは禁止。インターネットではママと一緒に見られるようなものを見てね。何か知りたいことがあったら、人に聞くこと。できればママかパパに聞いてね。

11. 公共の場では電源を切るか、マナーモードに。特にレストランや映画館では。あなたは礼儀正しい子よ。iPhoneを持つことで変わらないでね。

12. 体の大事なところの写真を送ったり、受け取ったりしてはだめ。笑わないで。もしかしたらそうしたくなるときが来るかもしれないわ。でもそれは、あなたのこれからの生活を台無しにしてしまう行為なの。ネットの世界は、とても巨大で、あなたよりも強大な力を持っている。噂や風評でさえ、簡単に消すことができないわ。

13. 写真やビデオはたくさん撮らないこと。すべてを記録する必要はないの。それよりも経験を大切にして。それはあなたの記憶に永遠に残るものなのよ。

14. ときどき電話は家に置いて行きなさい。その選択は正しいと自分を信じていいのよ。電話は生き物でもないし、あなたの一部でもない。携帯なしで生活することが大事。なくなるのを恐れないで。

15. 最新曲やクラシックなど、たくさん音楽をダウンロードして、同じものをずっと聴くより様々な音楽を聴いて。あなたの世代は歴史上でもっとも音楽に触れることができる世代。その恩恵を受けて、世界を広げてね。

16. ゲームは言葉遊びやパズル、脳トレをやりなさい。

17. 常に上を向いていること。周りの出来事に目を向けること。窓の外を見ること。鳥の声を聞くこと。外を歩くこと。知らない人とも話をすること。グーグルで検索しないで感動できることを探しなさい。

18. 約束を破ったら携帯電話を取り上げます。そしてそれについて話し合い、一からやり直しましょう。ママはあなたのチームの一員。一緒に学んでいきましょう。





子どもが大人しいからといって、スマホやタブレットで

子守をする親は虐待ではないか・・・ということも書かれて

いました。

確かに幼児期に安易にデジタル機器に触れさせることは

とても危険だと思います。

しかし逆に、全く触れさせないでいると、欲求不満が起こり

後に、反動が大きくでてくることもよく聞く話です。

全世界にこれだけ普及しているこの機器を私達は、どう

有効活用していくのか?はたまた、振りまわれるのか?

個人に投げかけられた大きな問題だと思います。



私自身は、携帯電話とパソコンで十分なのですが・・・

子ども達のことを考えると、少しは理解しておかないと

いけないのかなぁ~と危機感を感じています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:未分類
| Top Page | Next