大人の責任と勇気

夏休みの企画を子ども達と考えているところですが、

どこか近隣でキャンプらしきものができることろはないか

と探していましたが、この暑さで、さすがにテントで寝るの

は厳しいようなので、今回はキャンプ場でのお泊りは断念

し、いつものようにあそびのアトリエでお泊り会にすること

にしました。みんなで楽しい企画を考えましょう!



ここからは余談ですが・・・でもすごく考えなければいけない

ことではないかと思っています。

今回会場探しにあたって、とても心が痛んだことがあり

ました。行政に委託をされた青少年の体験施設なので

いろいろ規則は厳しいのは当然だと思います。

それにしても、「野外炊飯をするならば周りの人の迷惑に

ならないようにして下さい」「虫取りをされるならば他の

方の迷惑にならないようにして下さい」「シャワーは体育

館を使用している人も使うので迷惑にならないようにして

下さい」等、いかにもこちらが悪いことをするであろうといわん

ばかりに注意の連発「人に迷惑かけるな!」と…

キャンプ場の断りの電話をかけたものの、私もカチンときて

「迷惑ってどんなことですか?」「何を注意すればいいんです

か?」「こちらも常識はありますよ」と言い返してしまいました。

それでも「いや!聞いてください・・・」とまくし立てて来られた

ので、私の言い分も言わせてもらいました。「子ども達が体験

するための施設ではないんですか?虫取りをするのに他の

団体に迷惑をかけないようにってどんな注意ですか?こんな

にがんじがらめに注意をされたら、せっかくの体験施設なのに

何もできないじゃないですか!何のための施設なんですか?」

という具合で・・・こちらがそまで言うと、相手の方も「いろいろ

わかっておられるので・・・」と弱気な姿勢に急変。

お互いに言葉や気持ちのすれ違いはあるにしても

子どもの活動を委縮させるような施設では、何のために税金が

使われているのかわかりません。もちろんルールや危険がある

場合の注意事項は謙虚に受け止めるの当然のことです。

よくよく施設側の言い分を聞いてみると、最近は夜に虫取りを

する子がいたり、迷惑をかける人が多いために、みんなに

注意をしているということでした。確かに昨今は大人のマナー

も悪くて管理する側はとても苦労されていることは想像が

つきます。

とはいっても、そこまで注意され続けると、真面目な人ほど

周囲に気を使って子どもを管理しなければいけなくなります。

施設を管理されている団体は子供向けの企画もたくさんされて

いる大きな団体です。こういう考え方で子ども達が管理されて

いたとしたら、何のための体験なのかわかりません。

子どもは失敗を許してもらえるのだろうか?イキイキと

活動しているのだろうか?自主的な活動はできているのだ

ろうか?と・・・心配をしてしまいます。

ショーケースに並べられた見栄えのいい商品(体験)の売り

買いをして満足しているのは売り手(企業)と買い手(親)

だけなのかもしれません。一番大事にしなければいけない

子どもの心身の成長はあるでしょうか?

あまりにも窮屈な社会に私自身も「虫取りくらいこちらの常識

で勝手にやらせて!もういい加減にして!!」と爆発してしま

いました。もしかしたら子ども達も日常こんな気持ちでいるの

かもしれません・・・😢

子どもが育つ環境は、大人の共通理解がなによりも大切で、

委縮した大人がさらに子どもを委縮させてがんじがらめに

してしまう構造を垣間見た経験でした。

子どもを守るためには、大人の責任と勇気が必要です。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
おばけやしきごっこ

暑さのせいか、お疲れモードの年長の男の子グループ

はじめはグタグタ~とはじまり、フーセンを持ってきて

いた子がいたので、それを使って団扇でフーセン打ちゲーム

で盛り上がると・・・だんだんテンションが上がってきました。

体を動かすとイキイキとしてきます。

その流れで「おばけやしき」をやろうということになり、

それぞれ準備をしました。蛇を仕掛けたり、紙芝居の台の扉

を開けるとオバケがでてきたり、笛で効果音を付けたり・・・

それぞれに知恵を絞ります。

入り口には看板もできました↓

IMG_20170720_173020.jpg

仕掛けをしてスタンバイしてます↓

IMG_20170720_143403.jpg

こちらもスタンバイ↓

IMG_20170720_143410.jpg

紐でつったオバケが上から落ちてくるという仕掛け↓

IMG_20170720_151744.jpg

ママ達は一人ずつ部屋に入って脅かされます。

はじめのグダグダはどこへやら?!

子ども達は大盛り上がりでママ達を脅かして

大満足でした!

可愛いいたずらっ子達です。


気持ちが解放されると、元気のない子も、イライラして

いる子も、自信のない子も、恥ずかしがり屋な子も

イキイキとして自分を発揮しはじめます。

そして、いたずらの中にも、自主的に、工夫をしたり、

アイディアを閃いたり、協力したり・・・様々なことを子ども

達は体験しています。このような時間を大切にしてあげた

いものです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
子どもの葛藤や怒りの感情を受け止め理解すること

4,5年生のおひさまクラブの子ども達の様子です。

お母さんからお願いされて家から持ってきた3段ボックス

を補強。3段ボックスの裏面に板を張り付けるだけでグラ

グラしなくなります。

板の大きさをはかってノコギリで切ったり、釘を打ち付

ける所に定規で線を引いたり、釘を打ったり・・・地道な作業

を頑張りました。↓

IMG_20170716_140622.jpg

モーターを使て動く車を作るための土台の板を

切っているところ↓

IMG_20170716_144500.jpg

車のタイヤの部分を道具を使って切り取って

います。↓

IMG_20170716_164520.jpg

歯車をかみ合わせてタイヤがモーターと連動して

動くような仕組みにしました。大成功!!↓

IMG_20170716_160302.jpg

太陽光で動くスペースシャトルに組み換え中

説明書も見にくく苦戦↓


IMG_20170716_155942.jpg

組み立て成功!

太陽光を充電して動きました。↓

IMG_20170716_162629.jpg

モーターを使ってボートを作りました。↓

IMG_20170716_165642.jpg]

炭酸ジュースを作る機械で、炭酸アクエリアスを

作っています↓

IMG_20170716_171021.jpg

5年生はいろんなボードゲームを楽しんで

夏休みのお泊り会の計画やチラシ作り

手慣れたものです↓

IMG_20170716_143750.jpg

4,5年生のおひさまクラブは、いろんな工具を使って

工作がやれるように準備しています。
(私の得意分野ではないので、夫に手伝ってもらって…)

それがちょうど良かったようで、学校の理科の授業で習った

モーターや電気の仕組みを意気揚々と話し、自分で

考えた車や船作りにチャレンジし、できないときは、おじさん

(夫)に相談し、材料を選び、道具を使って作業します。

その過程では、「こんなのわかるわけないやん!」

「帰ったらママに文句いう!」「レオさんどうにかして!」

等々、高い目標を決めて頑張りだした子は、一度は

通る道のようで、さんざん文句を言いながら頑張って

やりあげます。時には失敗や挫折することもあります。

私も以前は、なんでこんなにブツブツいうのやら~

と思っていましたが、葛藤や怒りがエネルギーとなって

やりあげたときの子ども達は、一回りも二回りも

成長しています。

子どもを導くばかりが大人の役割ではありません。

葛藤や怒りの感情を受け止めたり、理解してあげること

もとても大事な役割だなぁと感じます。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
元気いっぱい1年生!

女の子達がフェイスペイントができる色鉛筆で↓

IMG_20170715_164133.jpg

マニキュアやらブレスレットが~💛

IMG_20170715_164329.jpg

男の子はこんな感じ↓

IMG_20170715_155326.jpg

ゾンビ?!↓

IMG_20170715_160528.jpg

何星人?↓

IMG_20170715_165214.jpg



4年生の男の子がロフトベッドから大型のピタゴラスイッチ

を作りました。それを見ていた1年生も一緒になって

IMG_20170715_164406.jpg

IMG_20170715_162749.jpg

最後はみんなで大盛り上がり↓

IMG_20170715_163427.jpg

1年生メインのリボンクラブに3.4年生が入って

少しお兄さん的な感じで頑張ってくれています。

その姿がとても微笑ましいです。

1年生の子ども達は、まだ慣れない学校ですごく

頑張っているようです。ここでは心も体も解放されて

元気いっぱいいに弾けています。

みんないい感じです!!







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
経験したことを再現、スキルアップする2歳児さん

2歳後半の子ども達の様子です。

動物が大好きな〇君

大型絵本を持ってきて動物を並べます。

私は動物さんにあげるごはんやら、小さな椅子を準備

してみました。

〇君はごはんには興味を示さずに、椅子を並べて小

さな動物を座らせて見せると、自分も並べだします↓

IMG_20170712_155209.jpg

先生役のお人形を登場させて、〇君が幼稚園で

歌っているであろう歌をうたうと、ニッコリします。

〇君がバスを持ってきたので、それに動物を

乗せてお出かけをすることにしました。

〇君は積木が気に入って、動物園の動物の

囲いをいくつも作りました。

そこにバスから降りた園児が動物園を見学に

いってます。↓

IMG_20170712_160437.jpg

パズル大好きな☆ちゃん

毎回来るたびにパズルがバーションアップしていきます。↓

IMG_20170609_113613.jpg

帰り際、ママに駄々をこねて用水路にいるカメさんを

見に行ってご機嫌の笑顔↓

IMG_20170713_124554.jpg

日差しの照り付ける中、「前に見たカメさんをもう一度

見たい!」という子どもの要求に応えて付き合うことは

親は大変なことです。しかし、何かを教えることよりも

子どもから発信されたものに付き合う時間もとても

貴重なことだと思います。


アタッチメントが正常で心に負担のない子は、良く遊び

感情を安心して表現します。

そして、心も体もしっかり成長していってます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
| Top Page | Next