あそびは子どものペースで~

1歳2か月の★君

少し前までは、急ぐときはハイハイしていましたが

最近では、不安定ながらもとてもよく歩き回ります。

注意散漫なので、よく転びますが・・・めげずにウロウロ

よく身体が動きます。そして必ず手に何かをもっています。

IMG_20170522_121723.jpg

おでこに擦り傷、ほっぺに青あざができています・・・

子どもは多少のリスクを冒しながら自分の経験を広げ

ていきます。どこまで見守るかも大人によって違って

くるとは思いますが、この時期にできるだけ自由に動き

まわるとこは、心身の発達にとってとても大切なことの

ようです。

★君は段差があるところやお外にも行きたいのですが、

初めから勢いよくはいきません。周囲の様子を伺ったり、

大人の顔色をみたりしながら、少しずつ行動範囲を広げ

ていきます。

1歳7か月の〇ちゃんは、★君と一緒にウッドデッキで遊んで

いましたが、ウッドデッキの板の隙間からみえる地面に気付

くと、急に不安になりママに抱っこをされて、その後は外には

出ずに、★君の様子を中からジッと伺うだけでした。

ウッドデッキが大丈夫だと自分で納得するまでは、しばらくは

時間がかかるかもしれませんね。

丸と四角の積木の型入れをしています。↓

四角は角があるから難しい

IMG_20170522_105944.jpg

★君は冷蔵庫のおもちゃの扉を開閉↓

IMG_20170522_111429.jpg

キッチンコーナーでは、あれこれ出して

入れたり、出したりと大忙しのお二人さん↓

IMG_20170522_112956.jpg


朝起きて、ごはんを食べて、外遊びをして、お昼寝をして

おやつを食べて、遊んで、絵本をみて、お風呂に入って

~等々、子どもにとって日常の生活リズムは大切です。

それと同時に、子どもに合わせたゆったりとした時間も

同じように大事に考えて欲しいと思っています。

ゆったりとした時間は「生活」の中では難しいと思いますが

「あそび」の中では、大人の心がけ次第で十分にできること

だと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
やっとできた梅仕事!

土曜に男の子達グル―プは梅仕事ができませんでしたが

日曜日の女の子達はやる気満々でやってきました。

実は、女の子グループは日曜日に運動会がある子は1人

だけで、他はみんな秋にあるとのことでした。

という事情もあり、前日の男の子の嵐のようなおひさま

クラブとは打って変わって、何とおだやかなおひさま

クラブ!(笑)

人形劇ごっこ↓

IMG_20170521_134942.jpg

梅を収穫↓

IMG_20170521_143133.jpg

梅をきれいに洗います↓

IMG_20170521_151752.jpg

梅ジュースの下準備、梅の水分をふき取り

ヘタをとって、実に穴を空けています↓

IMG_20170521_153951.jpg

10日後には美味しい梅ジュースができると

思います!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
疲れた時には~

土日もおひさまクラブがありました。

土曜日は男の子グループで日曜日は女の子グループでした。

男の子グループの方は、全体的にイライラ、ピリピリ落ち着か

ない感じでした。私が一言でも何か提案しようものならば

「イヤー」「めんどくさ~」と反射的に反応。

「なんでだろう~?」と考えてみると、1週間後の日曜日に

運動会があるので「これ以上何も指示に従いたくない~!」

という感じでしょうか?仕方ないのかなぁ~と思い、予定していた

梅ちぎりには行きませんでした。

そのぶん、子ども達がやりたいことを存分に満喫しました。

一番盛り上がったのが、水風船投げと水遊びです。私もかなり

風船をぶつけられました。もちろん、ぶつけ返しましたが(笑)

水遊びもホースを出してきて、あちらこちらに水を飛ばし、車や

窓にジャンジャンかけてました。あ~あ~という感じ。

後半になると、反抗しつつもおやつは食べたかったようで

私が提案したホットケーキとカスタードクリームを作りました。

食べ物に関連して、庭にニラとスイセンが生えていたので

ニラとスイセンを探して違いを観察したりもしました。

帰るころには、イライラ感もなくなりスッキリしてみんな

帰っていきました。

成長過程でストレスも大事なことかもしれませんが

同時にストレスを調整する場も大切だなぁと改めて

感じました。



カプラにはまっている●君

「ベイブレイド」とい文字をカプラで作りました↓

IMG_20170520_161338.jpg

高い塔↓

IMG_20170520_151942.jpg

カードゲームにはまっている子は、レアなカードが買えない

ので自分でかなり精度の高いカードを熱心に作り、大満足

していました。

ゴタゴタした中でも、自分のやりたいことを見つけて集中

できる力もすごいと思います!!

子ども達は、その日、その日で違います。こちらに都合の

いいロボットではありません。

気分のいい日もあれば、悪い日もあります。

バタバタ、ゴタゴタもしますが、それでいいのだと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」

昨晩、NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」

という番組が放送されていました。途中からしかみてませんが

当事者の方の生きづらさや苦しみがひしひしと伝わってきました。

私達も日常の生活の中で、自分自身も生きづらさを感じたり、

周囲で困った子ども達はいないでしょうか?

映像を通して知ることも大切ですが、身近に困っている子の

声に真摯に耳を傾け、互いに理解を深め支え合っていける

社会になればいいと常々考えています。

NHKではこんなプロジェクトもあるようです。
      ↓
NHK発達障害プロジェクト

5月21日から1週間発達障害の特集番組が続くそう!
      ↓
5/21 (日) 総合 夜9時
NHKスペシャル「発達障害~解明される未知の世界~」

5/22 (月) Eテレ 夜8時
ハートネットTV「弱点を笑い飛ばす 発達障害の漫画家・沖田×華」

5/23 (火) Eテレ 夜8時
ハートネットTV「もうひとつの居場所 -発達障害の人たちが集うサッカークラブ-」

5/24 (水) 総合 朝8:15
あさイチ「自分の苦手とどう付き合う?」

5/27 (土) Eテレ 夜11時
ETV特集「“いるんだよ”って伝えたい ~横浜・特別支援学級の子どもたち~」


番組の中で、井上雅彦(鳥取大学医学部教授)先生が

発達障害の人が苦しまないようにするためには

周囲の理解と寛容さが必要だというようなことを

言われていました。(話された言葉は違いますが・・・)

周囲の無理解が当事者の方をどれだけ苦しめて

いるのか?

「普通って何?」という問いかけも考えさせられました。



発達障害をカミングアウトされたモデルの栗原類君が

「いろんな嫌なこともあったけど、自分は母親と主治医

が悩みを聞いて気持ちを理解してくれたから良かった。」

「身体的に見える障害はわかりやすいが、発達障害は

目に見えないがゆえに理解をしてもらえない・・・」(言葉

は違いますが)というような内容を話されていたのが

印象的でした。

こういう番組を機会に、いろんな方といろんな話がオー

プンにできるといいですね!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:発達に凹凸のある子
マイコさんの記事紹介「ひといちばい敏感な子~」

「『オールアバウト』へ「ひといちばい敏感な子」の親が知るべき5つの事をまとめました&HSCに無用な苦しみを与えないように」

というタイトルでマイコさんが記事を書かれています。

あそびのアトリエにも、大なり小なり過敏な子は多くいます。

何気ない対応が、過敏な子にとっては私達が想像する以上

に大な影響を与えているようです。

とても参考になると思うので、ぜひ読んで下さいね。
    ↓
マイコさんのブログ

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:発達に凹凸のある子
| Top Page | Next